韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:チ・ジニ ( 7 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その765 「家を出た男たち」
b0097051_1254857.jpg家を出た男たち
制作年:2010年
監督:イ・ハ
出演:チ・ジニ、ヤン・イクチュン、イ・ムンシク
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
鑑賞:日本版DVD


ラジオの生放送中に人気ラジオDJのソンヒ(チ・ジニ)は、唐突に妻ヨンシム(キム・ギュリ)と離婚することを宣言する。ラジオの生放送が終わったソンヒは、後輩の映画監督ドンミン(ヤン・イクチュン)と一緒に、ドンミンの車で気晴らしにカンヌンへ向かう。翌日、ソンヒは妻ヨンシムのことが心配になったので電話をしても連絡がとれずにいたので、二人で自宅に戻る。そこに、妻ヨンシムから手紙が届いており、手紙の内容は別れを告げるものであった。しかも、手紙の消印をみるとラジオの生放送で離婚宣言した日よりも一日早いことがわかる。ソンヒは、ドンミンに妻ヨンシムを捜しに行こうとせがみ、一緒に行動することになる。ドンミンは、十年前にヨンシムと交際していた過去があり、そのときヨンシムから返された携帯電話が家に残っていることを思い出し、古い携帯電話の電話帳を頼りに捜しはじめる。バーのママをしているヨンシン(キム・ヨジン)に会いに行き、過去にヨンシムはここでホステスをしていたことを知らされる。次にVNMというマルチ商法をしているキム・ヤンスク(オク・チヨン)に会いに行き、過去にヨンシムがここの団体に所属していたことを知らされる。次にヨンシムの兄という怪しいユ・グァク(イ・ムンシク)が現れ、今まで妻から兄弟がいることを聞いたことがないので疑う。役所で戸籍を見に行くとグァクは本当の兄であることがわかり、ヨンシム捜しに合流する。ソンヒは、後輩ドンミンと義兄グァクと一緒に妻ヨンシムを捜す旅をするお話。

監督は、『チ・ジニ×ムン・ソリ 女教授 (原題:女教授の隠密な魅力)』のイ・ハ監督。
出演は、人気ラジオDJのソンヒを演じるのは『楽園 (原題:楽園-パラダイス)』『パラレルライフ (原題:平行理論)』のチ・ジニ、ソンヒの後輩で映画監督ドンミンを演じるのは『息もできない (原題:糞蠅)』『マジック&ロス (原題:香りの喪失)』のヤン・イクチュン、ヨンシムの兄ユ・グァクを演じるのは『カン・チョルジュン 公共の敵1-1』『ロマンチック・アイランド』のイ・ムンシク、バーのママのヨンシンを演じるのは『ウェディングドレス』『菜食主義者』のキム・ヨジン、VNMのディレクターのキム・ヤンスクを演じるのは『お姉さんが行く』『6年目も恋愛中 (原題:6年目の恋愛中)』のオク・チヨン、ヨンシムの幼馴染でグァクの妻のホン・クムソンを演じるのは『ビューティフル・サンデー』『大韓、民国さん』のチェ・ボグァン、クムソンの娘クムジュを演じるのは子役シン・チェヨン、ソンヒの妻ユ・ヨンシムを演じるのは『美人図』『オガムド』のキム・ギュリ。

ソンヒはラジオの生放送中に妻ヨンシムとの離婚を一方的に宣言したが、帰宅したソンヒを待っていたのはラジオ放送前に書かれた妻ヨンシムからの別れを告げる手紙。妻ヨンシムを捜すため、ソンヒと後輩ドンミンの珍道中を描いていたロードムービーのようになっている。

夫ソンヒと妻ヨンシムの過去の夫婦生活がみえていないことで、二人がどのような状態になっていたのか鑑賞する側もさぐりながら観るようになっており、妻を捜す旅によって妻の別の一面を知っていくのである。夫が妻を捜す流れになっているから、夫視点で物事が進むようになっていき、終盤に妻視点の物語をみせる構成になっている。

ヨンシムが自殺未遂の経験があったり、VNMというマルチ商法に関わっていたり、前科のある兄がいるのを知ったり、妻の過去や現在も知らない夫なのだ。妻の悩み、妻の過去、妻の家族といった夫婦として知っておきたかったことが出てきて、妻のことが分からなかった夫ソンヒの心情を切々にみせているのである。夫婦だからといってお互いのことを全て知っているわけはないし、お互い秘密を持っており話さないことは当たり前であるが、夫があまりにも妻に対して無関心のようにみえてくるのだ。悪く云ってしまうと。

ソンヒとドンミンとのホテル生活の姿、ヨンシンの占い、マルチ商法の手口といったところでコメディ要素を少しずつみせて、ヨンシムの兄グァクが登場してからコメディ要素を強めに出しているのがみられる。金に困っているグァクが悪さをしたり、ある者達から追われていたり、女好きであったりと全体の流れに波を作っている。兄グァクのプライベートが明らかになってくるあたりから、人間ドラマ要素を強くみせる展開へと変わっていくのだ。

終盤に全てのことが分かってきて、ヨンシムの決断にソンヒがどのような行動をとるのかがポイントかもしれない。妻を追うことで、妻のことを知り、しかも義兄グァクの状況も変化していくのだ。新たな女性の生き方をソンヒに当てはめているようにもみえ、考えさせる終盤の展開になっている。だから、ヨンシムの行動は、単純に考えてはいけないと感じられる。コメディ要素よりも人間ドラマ要素を噛みしめてみていくと味のある作品になっている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-03-31 13:07 | 765.家を出た男たち
韓国映画レビュー その571 「パラレルライフ (原題:平行理論)」
序盤でユンギョンを殺した真犯人が誰だか直ぐに見抜いてしまったので楽しさが半減してしまった。このような絡繰りのサスペンスはちょっと評価が下がるかな。

b0097051_193553.jpgパラレルライフ (原題:平行理論)
制作年:2009年
監督:クォン・ホヨン
出演:チ・ジニ、イ・ジョンヒョク、パク・ピョンウン、ユン・セア
ジャンル:サスペンス
鑑賞:日本版DVD


史上最年少で部長に任命された判事キム・ソクヒョン(チ・ジニ)は、妻ユンギョン(ユン・セア)、娘イェジンと幸せな人生を送っていた。そんなある日、妻ユンギョンが何者かに殺害され、山で死体として発見させる。一方で、キム判事の大学時代の同級生であるイ検事(イ・ジョンヒョク)は、妻の殺人で逮捕されたソン教授(オ・ヒョンギョン)の担当をすることになる。ソン教授は、「時を隔てて生きる二人の人間が、同じ運命を繰り返す」というパラレルライフ(平行理論)を唱えており、自分が数学者ゲーデルと同じ人生であると取り調べ室で供述している。キム判事は、検察から送られてきたソン教授の取り調べデータを見て、興味を示した。そして、キム判事に近づいてきた女性記者ナム・ガヒ(オ・ジウン)が、ソン教授事件のことと同時に、キム判事と同じく最年少で部長判事になったハン・サンジュン判事の妻が30年前の同じ日に殺されたという事件を知らされる。キム判事は、独自にハン・サンジュン判事のことを調べていき、自分と同じ年齢で同じように部長判事になっており、同じ日に同じ場所で同じように妻が殺されていることが分かる。その後、ハン・サンジュン判事は逃走した容疑者に我が子共々殺されていることを知り、キム判事は自分と娘がハン・サンジュン判事と同じような運命を辿るのではないかと感じる。イ検事らの捜査により、キム判事に怨みを持ち、過去にキム判事の下した判決に不満を持つチャン・スヨン(ハ・ジョンウ)が逮捕される。果たして、キム判事はパラレルライフに巻き込まれているのかというお話。

監督は、『ある日突然 2番目の話-4番目の階』のクォン・ホヨン監督。
出演は、部長判事のキム・ソッキョンを演じるのは『なつかしい庭 (原題:古い庭園)』『ス SOO (原題:壽)』のチ・ジニ、検事のイ・ガンソンを演じるのは『ラヂオ・デイズ』『ミスにんじん』のイ・ジョンヒョク、キム判事の事務官のソ・ジョンウンを演じるのは『ビューティフル・サンデー』『マリン・ボーイ』のパク・ピョンウン、キム判事の妻ペ・ユンギョンを演じるのは『血の涙』『宮女』のユン・セア、ソン教授を演じるのは『血の涙』『連理の枝』のオ・ヒョンギョン、高等裁判所の長官ペ・ビョンホを演じるのは『ボス上陸作戦』『公共の敵2』のパク・クニョン、ユンギョンの父ペ・ビョンホを演じるのは『達磨よ、ソウル行こう』『愛してるから大丈夫』のチョン・ハニョン、元刑事のパク・ウンボンを演じるのは『シークレット・サンシャイン (原題:密陽)』『霜花店』のコ・インボム、容疑者チャン・スヨンを演じるのは『チェイサー (原題:追撃者)』『ビースティ・ボーイズ』のハ・ジョンウ。

パラレルライフ(平行理論)の説明が劇中であり、その一例として暗殺されたアメリカの大統領エイブラハム・リンカーンとジョン・F・ケネディをあげている。共通点だけをピックアップしているが、実際は違う点の方が遥かに多いのに示していないことで、信憑性としては欠けている理論のようにみえてしまう。都合の良いところだけ一致させるようなものは、理論として成立するのかと感じてしまう。

現在軸のキム判事の妻ユンギョンが殺された事件と過去軸のハン・サンジュン判事の妻が殺された事件の両方を平行して進めていることで、少し観づらい構成になっている。フルネームで登場人物が紹介されていくので、顔と名前を覚えていく必要があり、各々が重要な役割を果たしているのである。現在軸と過去軸の両方に登場する人物たちがいるので、そこの部分を気をつけるところだろう。

妻を亡くしたキム判事は、既に亡くなっているハン・サンジュン判事と人生があまりにも符合していることを知り、パラレルライフに巻き込まれたと思ってしまうのだ。キム判事は、ハン・サンジュン判事の事件を調査するが、重要な資料は機密文書として厳重に保管されていたり、何とか機密文書をみることが出来ても途中で書類が破けており、全ての真相がみえないのである。ハン・サンジュン判事事件を調べるに連れて秘密な事件であることが徐々にみえてくるのである。その事件に携わった人物たちが、現在軸に存在しており、過去のハン・サンジュン判事事件と現在のユンギョン殺人事件とが繋がっているようにみえてくるのだ。キム判事は、過去のハン・サンジュン判事事件を調べていくうちに、誰もが容疑者にみえてくるようになり、イ検事であったり、ソ・ジョンウン事務官(パク・ピョンウン)であったりと周囲の人物も怪しくなっていくのである。

容疑者チャン・スヨン(ハ・ジョンウ)の存在が大きなものになっている。警察が何とか見つけて逃げようとするチャン・スヨンを取り押さえ、事情聴取をしてユンギョンの殺害を自白をするが、腑に落ちない点が幾つかでてくるのだ。そして、チャン・スヨンは警察署のトイレから逃走して、キム判事、その娘イェジン、ソ・ジョンウン事務官と接触しようとするのである。

ユンギョンが殺害されるまでの序盤に、事件を解く鍵となるシーンが幾つかみせており、それを伏線のようにしているのがみられるのだ。キム判事がハン・サンジュン判事事件を解き明かしていくことで、無理に理屈づけて「パラレルライフ」に近づけようとしているのがみられる。常にキム判事の思考によってストーリーが揺れていることで、それがこの作品を解くヒントにもなってしまっている。終盤の展開は、過去の事件の真相と現在の事件の真相を両方みせる手法をとっており、意外な展開でラストシーンになるのだ。荒削りなシーンが幾つかあるので、不満が残るところもある。過去軸と現在軸の切り替え部分のタイミングが悪いことや物事の説明がくどいことで全体のテンポも悪くなってしまっている。ユンギョンが殺害された後、ストーリーが進むことで関連人物が死亡するのであるが、その点においてあまり触れていないことがあり、後処理の悪さがある。そもそも、「パラレルライフ」になっていない気がする。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-01-14 19:29 | 571.パラレルライフ
韓国映画レビュー その552 「楽園 (原題:楽園-パラダイス)」
映画祭期間中は、映画祭の作品のレビューをアップするのはちょっと難しいかな。暫定版として『虹 (原題:レインボー)』を下書きしたが、文章が纏まっていないので見直す時間が必要かな。

b0097051_1848090.jpg楽園 (原題:楽園-パラダイス)
制作年:2009年
監督:イ・ジャンス
出演:キム・ハヌル、チ・ジニ、キム・ユジョン、チョン・スギョン
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:日本版DVD


雪が降る日、江陵刑務所から出所した女性ミギョン(キム・ハヌル)は、あてもなく南へ向かう列車に乗り込む。ミギョンは、列車の中で横に座っている老婆からのり巻を貰い、お礼に老婆が売り物にしていた花の種を買うことにした。ミギョンは、包み紙として使っていたチラシを開くと「最後の楽園 ハナ島リゾート」と書かれており、写真や文字に惹かれてハナ島に行くことを決める。ハナ島行きの船に乗り、船内で服を着替えて、出所時に着ていた服と出所時に受け取ったお金が入っていた封筒を船のゴミ箱に捨てた。そのとき、同じ船に乗っていたハナ島で教師をしているキム・イルホ(チ・ジニ)が、「ハン・ミギョン」の名前が記載された封筒を拾い、笑顔のハン・ミギョンを見詰める。船が島に着くとミギョンは、チラシに載っていた場所を探しに森へ行き、そこで小学生の少女ファラン(キム・ユジョン)と出会い、そして森の中で迷子になり、そこから抜け出して海辺にある洋館「パラダイス・カフェ」の庭のハンモックで眠ってしまう。翌朝、ミギョンは役場に行き仕事を紹介してもらい、学校の給食職員として働くことが決まる。履歴書を書くように云われ、ミギョンは「イ・ユリ」と偽名を書き、「イ・ユリ」として学校で子供たちに給食を作る仕事をし、先輩の給食職員パク・アラム(チョン・スギョン)と一緒に住み込みで生活をする。パク・アラムもこの島の出身者でなく、事情があってこの島に居座っている。ミギョンは過去を捨て、人生の再出発をしようとするお話。

監督は、『ラブ 最愛の人 (原題:ラブ)』『顔と心と恋の関係 (原題:私の目にさや)』のイ・ジャンス監督。
出演は、江陵刑務所から出所したハン・ミギョンを演じるのは『6年目も恋愛中 (原題:6年目の恋愛中)』『7級公務員』のキム・ハヌル、学校教師キム・イルホを演じるのは『なつかしい庭 (原題:古い庭園)』『ス SOO (原題:壽)』のチ・ジニ、少女ファランを演じるのは『ソウルが見えるか?』『TSUNAMI-ツナミ- (原題:海雲台)』のキム・ユジョン、学校の給食職員パク・アラムを演じるのは『最強ロマンス』『喧嘩 -ヴィーナス vs 僕- (原題:けんか)』のチョン・スギョン、役場職員チェ・ジェグァンを演じるのは『執行者』『キル・ミー』のチョン・ミンソン。

この作品は、日本の脚本家がオリジナル作品を書き、韓国の人気俳優・監督で製作する日韓共同ドラマプロジェクト「テレシネマ」のひとつである。脚本を日本のTVドラマ「ちゅらさん」を手がけた岡田惠和である。

ミギョンが惹かれて訪れたハナ島は、かつて活気があった島だったが、徐々に観光客が減っていき、雑草が広がり廃れた洋館「パラダイス・カフェ」が残り、楽園とは程遠い場所になっていたのだ。島民たちは、若い女性が少ないこともあり、ミギョンを歓迎して気持ちよく受け入れるのだ。高校を卒業すると若者は島を離れてしまう実情があり、イルホを含む同級生の男性陣が島を盛り上げていくのである。

刑務所から出所したミギョンがどのような罪で服役したのかを序盤では明かさず、ストーリーが進むことで、彼女に隠されていた過去がみえる構成になっている。ミギョンの過去と重ねるように設定しているのが、少女ファランの存在である。ファランの家庭は、父を亡くし、母は男を家に連れ込み寂しさを紛らわしており、ファランにとってそれが許せないでいる。この状況が、幼いファランには母の行動が理解できず、同じような経験があるミギョンがファランに対して優しく接していくのである。ミギョンと少女ファランとの交流も見せ所になっている。

小学生を教える教師イルホは、船でミギョンを見かけていることで、偽名を使っていることを唯一知っている人である。過去を詮索せずにミギョンを陰ながら見守る存在から、愛する人へと変わっていくのである。イルホは、ミギョンの心の傷を癒してくれる位置におり、この島がミギョンにとっての楽園にしようとするのである。ミギョンの歓迎会をひらき、島民たちで「パラダイス・カフェ」を改装したり、庭を手入れしたり、歌を歌ったり、花火を打ち上げたりと島民の温かさをミギョンに与えていくのである。逆にミギョンは島民たちに申し訳ない思いを感じて、ある決断をするのだ。

この作品の味付けとして膨らみを持たせているのが給食職員のアラム(チョン・スギョン)であろう。アラムも心の傷を背負ってこの島にやってきたひとりである。ミギョンと同じような立場におり、お互い詮索しないことを初めに話すが、少しずつ過去を語っていくのである。役場職員チェ・ジェグァンとのちょっとしたロマンスを混ぜていることで、微笑ましい一面をみせているのだ。

全体像としては、脚本を手がけた岡田惠和の作風がよく出ているものになっている。ミギョンの過去とファランの現在に共通点を持ちながら、二人の心の描写を中心に描いている。片思いの相手ミギョン、教師と生徒の関係のファラン、この二人を包むように絡むのがイルホになっている。独身男性グループやアラムといったサイドストーリーも含んでいることで、ストーリーに幅が出来ているように感じる。「楽園」というキーワードもしっかりと表現しており、個々の人間ドラマをみせている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-10-27 18:57 | 552.楽園
韓国映画レビュー その364 「ス SOO (原題:壽)」
原作は韓国の漫画で、それを脚色して作られた作品。監督が日本で活躍している崔洋一監督なので、どのように韓国映画を作り上げているのか興味があった。崔監督といえば、在日朝鮮人の人生を描いたビートたけし主演の『血と骨』は個人的には名作だった。

b0097051_23143277.jpgス SOO (原題:壽)
制作年:2007年
監督:崔洋一
出演:チ・ジニ、カン・ソンヨン、ムン・ソングン
ジャンル:アクション
鑑賞:日本版DVD


裏世界で有名な殺し屋「ス」と呼ばれているテス(チ・ジニ)は、表世界では表具師をして裏世界ではテスのボスであるソンイン(チョ・ギョンファン)と一緒に活動している。テスには、双子の弟テジン(チ・ジニが二役)がおり、19年前にテスが空腹に耐えられずに麻薬組織のお金を盗み、身代わりにテジンが捕まってそのまま生き別れてしまった。テスは、弟テジンの行方を興信所に依頼しており、ようやく居場所がわかり会うことになった。だが、二人が再会をしたその瞬間、テスの目の前で弟テジンの頭に銃弾が貫通して即死してしまった。何者かが遠方で狙撃したようであり、テスは亡くなった弟テジンを埋葬して、弟の復讐を誓った。テスは弟テジンが刑事になっていたことを亡くなってから知り、弟テジンになりすまして刑事として警察に潜入して情報を得ようとする。だが、弟テジンの恋人の女刑事ミナ(カン・ソンヨン)に偽者であると見破られてしまい、テスはミナに事情を説明して、次第にミナもテスに協力するようになっていく。弟テジン殺しの捜査が進むことで、19年前の出来事に直接関係していた麻薬組織が浮かび上がってきて、組織のボスのヤンウォン(ムン・ソングン)だと知り、テスの復讐心が燃える。果たして、テスは弟テジン殺しをした麻薬組織に復讐することができるのかというお話。

監督は、『クイール』『血と骨』の崔洋一監督。
出演者は、双子の兄テスと弟テジンの二役を演じるのは『チ・ジニ×ムン・ソリ 女教授 (原題:女教授の隠密な魅力)』『なつかしい庭 (原題:古い庭園)』のチ・ジニ、テジンの恋人で刑事のミナを演じるのは『このまま死ねない』『王の男』のカン・ソンヨン、サムギョン物産のボスのク・ヤンウォンを演じるのは『韓半島』『頭脳遊戯プロジェクト、パズル』のムン・ソングン、ナム・ダルグ刑事を演じるのは『愛なんていらない』『ビューティフル・サンデー』のイ・ギヨン、兄テスのボスのソンインを演じるのは『ボーン・トゥ・キル』『パートナー』のチョ・ギョンファン、殺し屋を演じるのは『ライアー』のオ・マンソク。

日本映画で数々の作品を監督してきた崔洋一監督が初めて韓国映画のメガホンをとった作品。大筋としては、双子の兄が殺された弟の復讐劇であるが、兄が有名な殺し屋であったり、弟の代わりに刑事になりすましたり、兄弟の過去に大きな因縁がある麻薬組織との対決を描いている。

序盤は、テスの素性をみせながら弟テジンとの後悔の別れ、殺し屋としての腕、ボスのソンインとの関係、弟テジンの存在を探し求めるところをみせている。裏世界のテスを描くことで、今後刑事として動くところでどのように違いをみせるのかが含まれているのであろう。ド派手なカーチェイスでヤクザも仰天する姿をみせて、テスの恐さをみせている。

テスが刑事として潜入して直ぐにした仕事は、弟テジンを狙撃した殺人犯(オ・マンソク)の事情聴取なのだ。殺人犯も死んだ人間が生き返ったことで驚きをみせており、社会的にはテジンは生きていることになるので殺人犯は釈放されるのである。その後もテスと殺人犯の攻防が続くのでそこも見所になっている。

テスとミナの関係も複雑なものになっている。テジンだと思っている組織たちが自宅まで押し入って攻撃を仕掛けてくることで、弟の恋人ミナを守るためにテスのアジトで寝泊りをしたり、だんだんと協力するようになっていくのだ。決して二人は男女の仲にならず、復讐劇のパートナーとしての役割になっている。その点においては、一般的な韓国映画と違ってメロ路線にしない良さをみせている。

中盤から終盤にかけては、麻薬組織とテスの対決、刑事になりすましていたテスを殺し屋「ス」と感ずくナム刑事(イ・ギヨン)の行動、ソンインの運命、ミナ刑事の役割などが詰まっている。終盤の殺し合いは、如何にも日本映画のヤクザものという感じになっており、瀕死の状態でも立ち上がってくる演出が続くからだ。戦闘の残酷さは多少強めにしているのがみられ、そこは韓国映画のテイストを入れたのであろう。全体を通して作風は、韓国映画でありながら日本映画のテイストが色濃く出ていると感じた。日本映画独特な静寂な空気感を映し出したり、対人関係においても一定の距離感を持っていたり、強弱という緩急をつけた展開をみせているからであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-03-01 23:23 | 364.ス SOO
韓国映画レビュー その324 「なつかしい庭 (原題:古い庭園)」
前作の『ユゴ 大統領有故 (原題:その時、その人々)』でもそうだが、おもしろい視点で描く監督だと感心している。レビューを書くのに何回か修正したが、なかなか纏まらず苦労してしまった。

b0097051_11322981.jpgなつかしい庭 (原題:古い庭園)
制作年:2007年
監督:イム・サンス
出演:ヨム・ジョンア、チ・ジニ、キム・ユリ、ユン・ヒソク、ウンソン
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
鑑賞:韓国版DVD


1980年代の独裁軍事政権の時代に、民主化運動に積極的に参加していた活動家ヒョヌ(チ・ジニ)が逮捕されて、約17年ぶりに釈放された。変わってしまったヒョヌの家族たち、ソウルの風景、韓国の政治といった逮捕前と全く違う世界になっている現代の韓国に戸惑いを感じていた。監獄中は、大切に持っていた若き頃のユニ(ヨム・ジョンア)の写真が彼に勇気を与えてくれていた。ヒョヌは、母からユニの手紙を渡されて、ガンで亡くなったことを知る。17年前、逃亡生活を続けていたヒョヌは、学校の美術教師ユニ(ヨム・ジョンア)と出会い、自分の思想や状況を理解した上で匿ってくれ、田舎の小さな家屋で二人は恋に落ちた。幸せな日々は長く続かず、同志の活動家たちが逮捕されていく状況から、ヒョヌは再び活動家としての行動をとるためにソウルへ向かった。独裁軍事政権という時代背景で、ヒョヌとユニという男女の悲しい恋のお話。

監督は、『浮気な家族』『ユゴ 大統領有故 (原題:その時、その人々)』のイム・サンス監督。
出演者は、ユニを演じるのは『サッド・ムービー』『少年、天国へ行く』のヨム・ジョンア、ヒョヌを演じるのは『H』『チ・ジニ×ムン・ソリ 女教授 (原題:女教授の隠密な魅力)』のチ・ジニ、ミギョンを演じるのは『ラブリー・ライバル (原題:女先生 VS 女弟子)』『百万長者の初恋』のキム・ユリ、ヨンジャクを演じるのは『アドリブ・ナイト (原題:とても特別なお客さん)』のユン・ヒソク、ヒョヌとユニの娘ウンギョルを演じるのは『多細胞少女』のウンソン。

1980年代と現代の二つの時代背景をみせながら、現代軸ではヒョヌの視点、1980年代軸ではユニの視点で進行していく。

光州事件が発生して軍によって鎮圧され、再び民主化運動を背景にしていることから、光州事件に関わった人々の心の傷が癒えない姿をみせている。ヒョヌが実際に光州にいたことで事件の真相を知っていること、ユニのようにラジオからの情報や人から伝わった情報という第三者的な角度でみていること、この違いが二人の人生の分岐になっているのであろう。

現代軸と1980年代軸を頻繁に切り替えていることで、主人公ヒョヌとユニだけでなく、周囲の人たちの変化もみせている。現代軸で、当時一緒に民主化運動した仲間と光州で再会するのであるが、社会的に成功した者もいたり、未だに当時のトラウマから精神的にまいっている者、時代の流れのまま生きている者といった様々な人生をみせられることで、ヒョヌが時間の流れを恐ろしく感じている。ヒョヌがユニと過ごした家屋にいくことで、空白の17年をユニの記憶と共に手に入れていく流れだ。

1980年代軸では、ユニとヒョヌの二人の愛を描き、この時代によって引き裂かれた愛をみせている。視点を変えれば、この時代だったからこそ二人が出会っていたという見方もある。運動家たちと知り合いが多いユニは、偶然町中で出会ったようにみえているが、ユニはヒョヌのことを知っていることから、出会うことは必然的に決められていた感じがみられる。ユニは、ヒョヌの思想や経験を関係なしに愛し合い、いつかこの場から居なくなることを覚悟しているのもみえる。ヒョヌへの愛情が深くなることで、いつまでも一緒にいたいことを望む気持ちが生まれてきて、彼女が葛藤している姿が痛々しく感じてしまう。当時のユニとヒョヌとで、愛情の重さがあまりにも違う。ヒョヌが去ってから生まれた娘ウンギョルを育てるユニ、いつか必ず戻ってくると信じている気持ちが親子三人でいる夢のようなシーンを挿入しているのであろう。17年という月日がそれをヒョヌに教えているのであり、ユニと過ごした17年まえの幸せな日々を痛いほど心に衝撃を与えている。ヒョヌへのメッセージが手紙ではなくユニが描いた絵というのもよく出来ている表現方法だ。所々で出てくる幾つかの時間を越えた絵が印象的で、しっかりとラストの伏線になっている。

運動家たちの暴動だけでなく、民衆の抵抗もみせていることで、当時の民主化運動の激しさを表現している。火ダルマになる警察、屋上から飛び下りる運動家、極めつけはユニと親しい者までも焼身自殺するシーンがあり、壮絶な時代をこれでもかとみせつけている。全体的に重たい内容になっているために鑑賞するのにかなり疲れる作品である。ユニとヒョヌのラブストーリーは、ユニが死んでいることが序盤から分かっているので、ラブストーリーに爽快感が全くなく、心に刺さるような痛さを切々とみせつけられる。ラブストーリーに対する表現はこれで構わないが、それとは別に政治的背景を強く主張していることで、さらに重い作品に仕上がっている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-09-15 11:42 | 324.なつかしい庭
韓国映画レビュー その267 「チ・ジニ×ムン・ソリ 女教授 (原題:女教授の隠密な魅力)」
この作品を日本で劇場公開した勇気だけは褒めたい。おそらくチ・ジニが出演しているからだと思うが。男女間の微妙な感情を絡めた大人のコメディだから、観る側がどこまで理解して笑えるかであろう。一般受けするような作品でないのは断言できる。それにしても、この邦題は何とかなんないのか。センスが全くない。

b0097051_12195019.jpgチ・ジニ×ムン・ソリ 女教授 (原題:女教授の隠密な魅力)
制作年:2006年
監督:イ・ハ
出演:ムン・ソリ、チ・ジニ、パク・ウォンサン、ユ・スンモク
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
鑑賞:日本版DVD


シムチョン大学の染色科の女教授、そして環境団体で活躍する環境活動家のチョ・ウンスク(ムン・ソリ)は、知的で魅力的な女性である。「私の故郷の環境を守る」という企画でTV番組を撮るためにウンスクを取材したキム・ヨンホPD(パク・ウォンサン)は彼女の魅力に吸い込まれていった。キム・ヨンホPDは妻も娘もいるが、ウンスクに激しくアプローチする。環境団体のメンバーたちは、小学校の教師のユ先生(ユ・スンモク)、アン教授(キム・ヨンホ)、ムン教授(チョン・ウヒョク)といった学のある人物たち、若い女性ミョンヒ(シン・ジュア)、メンバーから憧れの存在にみられているウンスク女教授といった個性的なメンバーたちである。一方で、シムチョンデザイン大学で講師として赴任することになった漫画家のパク・ソッキュ(チ・ジニ)は、ウンスクが所属する環境団体から環境漫画の依頼を受けた。環境団体から料理屋に招かれたソッキュは、環境団体メンバーから激しい嫉妬に駆られる。若くて顔立ちが良くて才能があるソッキュの存在は、メンバーたちが密かに恋心をもつウンスク女教授が取られるのでないかと恐慌をきたす。ユ先生は、今まで優しく接してくれたウンスク女教授が最近冷たくなったことに、ソッキュが現れたことが原因であると思い込み激しく嫉妬する。ウンスク女教授は、ソッキュでなくキム・ヨンホPDを愛することで態度が変わっており、そのことを環境団体メンバーたちは知らなかったのだ。そして、ウンスク女教授とソッキュには隠された接点があり、その秘密がばれないかいつも落ち着かない。果たして、地位も名声も美貌も備えたウンスク女教授にどのような秘密があるのか、そして彼女を取りまく男性たちとの関係はどのようになるのかというお話。

監督は、本作がデビュー作のイ・ハ監督。
出演者は、大学の女教授で環境活動家のウンスクを演じるのは『大統領の理髪師 (原題:孝子洞の理髪師)』『愛してる、マルスンさん』のムン・ソリ、大学の教授で漫画家のパク・ソッキュを演じるのは『H』『ウィンター・ソング (香港映画)』のチ・ジニ、キム・ヨンホPDを演じるのは『ダンサーの純情』『奇跡の夏 (原題:アンニョン、兄ちゃん)』のパク・ウォンサン、小学校教師のユ先生を演じるのは『トンマッコルへようこそ (原題:ウェルカム・トゥー・トンマッコル)』『四月の雪』のユ・スンモク。

公私とのギャップがあるウンスク女教授を取りまく男性たちとの愛の駆け引き、変わった登場人物たちの人間模様をユーモアを交えて表現されたコメディである。

番組の取材で出会ったウンスク女教授とキム・ヨンホPDが、すぐに激しいベッドシーンに切り替わるのでアダルト映画かと思うかもしれない。そこは世間的に女性で大学教授ということや環境活動家という堅いイメージというギャップを最初から衝撃を与えているようにみえた。男性関係がキム・ヨンホPDと思いきや、環境団体メンバーたちと食事しているシーンでアン教授と過去に肉体関係があったことをチラッと匂わせていたり、ユ先生が口説いてきたりと人気のある人物である。常にウンスクだけがモテるのでなく、環境団体メンバーの中で若い女性ミョンヒが男性たちからチヤホヤされていることにウンスクは嫉妬を焼いて意地悪したりするのだ。ウンスクは、プライドが高く、特定の男性だけでなく、全ての男性の視線を独り占めしたい欲望がみえるし、自分が一番綺麗であることを強く思っている女性にみえる。

パク・ソッキュが環境団体メンバーと接触してからウンスクの心境が変わってくる。これは愛情ではなく、消し去りたい過去を思い起こすからだ。その過去とは、序盤で回想シーンを挿入しているから直ぐにわかるであろう。二人は、中学時代の同級生であり、タバコを持っているのを先生に見つかって居残りさせられたり、ソッキュの兄の恋人関係であったり、ソッキュとも肉体関係があったり、兄の友人の不幸が絡んでいる。ウンスクはそのために過去の悪い素行を全て知っているソッキュには再会したくなかったのだ。そのために初対面のように振る舞いながらも、二人きりになったときは別の人格がみえる。ウンスクの表と裏の顔が違う恐さ、男性たちと駆け引きをしながら誘惑する悪い女でもある。

コメディ作品だから、笑わせるためのシーンを取り入れたりしているが失笑って感じである。現在のソッキュの兄の怪しい仕事、草野球を観戦するソッキュ、中学生時代のソッキュたちの行動、ソッキュの母の出来事などが例である。それよりも何げないシーンでみられるユーモアの方がおもしろく感じた。あれだけ熱心にウンスクを口説こうとしていた真面目なユ先生だが、ある出来事によって終盤に登場する妻と娘の存在には笑った。ウンスクがキム・ヨンホPDの妻と接触するシーンがあるのだが、キム・ヨンホPDの妻は声が低く顔立ちが男っぽいからミスターレディーかとずっと思っていたら本物の女性だったことにも笑ってしまった。主要な登場人物たちには、心が歪んでいる人たちばかりで、その人間の裏の顔をコメディタッチに表現されているのを感じとれる。

このような作品って一般受けし難い内容だから鑑賞者側が如何にして理解していくかにかかっている。プラスにみれば独創的だとか作家性が強いという表現になるが、マイナスにみれば全体を通して何を言いたいのかわからないとか単なるアダルト映画になってしまう。個人的には、主要人物たちの性格をうまく表現されており、微妙な人間関係のズレをおもしろく描いている作品にみえた。でも、ひとつひとつのシーンをみていると不要なシーンや演出に物足りなさを感じたことでマイナスなイメージが残る作品であった。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-02-20 12:58 | 267.女教授の隠密な魅力
チ・ジニ
b0097051_16594282.jpgチ・ジニ
지 진희
1973年6月24日生

<映画出演作品>
b0097051_170357.jpg
制作: 2002年韓国  監督: イ・ジョンヒョク
出演: ヨム・ジョンア、チ・ジニ、チョ・スンウ 他
b0097051_1704923.jpgもし、あなたなら ~6つの視線~
制作: 2003年韓国  監督: 多数
出演: 多数 他
b0097051_171246.jpgウィンター・ソング
制作: 2005年香港  監督: ピーター・チャン
出演: 金城武、ジョウ・シュン、ジャッキー・チュン 他
b0097051_1711510.jpgチ・ジニ×ムン・ソリ 女教授 (原題:女教授の隠密な魅力)
制作: 2006年韓国  監督: イ・ハ
出演: ムン・ソリ、チ・ジニ 他
b0097051_1712858.jpgなつかしい庭 (原題:古い庭園)
制作: 2007年韓国  監督: イム・サンス
出演: ヨム・ジョンア、チ・ジニ 他
b0097051_1714387.jpgス SOO (原題:壽)
制作: 2007年韓国  監督: 崔洋一
出演: チ・ジニ、カン・ソンヨン 他
b0097051_172039.jpgまぶしい日に
制作: 2007年韓国  監督: パク・クァンス
出演: パク・シニャン、ソ・シネ、イェ・ジウォン、カン・ソンヨン 他
b0097051_073149.jpg楽園 (原題:楽園-パラダイス)
制作: 2009年韓国・日本  監督: イ・ジャンス
出演: キム・ハヌル、チ・ジニ 他
b0097051_20504885.jpgパラレルライフ (原題:平行理論)
制作: 2009年韓国  監督: クォン・ホヨン
出演: チ・ジニ、イ・ジョンヒョク、ユン・セア、ハ・ジョンウ 他
b0097051_1338133.jpg家を出た男たち
制作: 2010年韓国  監督: イ・ハ
出演: チ・ジニ、ヤン・イクジュン、イ・ムンシク 他
b0097051_1335626.jpgラブフィクション
制作: 2011年韓国  監督: チョン・ゲス
出演: ハ・ジョンウ、コン・ヒョジン 他
b0097051_10511129.jpg道の上で
制作: 2012年韓国・中国  監督: キム・プンギ
出演: チ・ジニ、ホアン・シェンイー、チャ・スヨン 他

[PR]
by nameinuuuu | 2007-07-07 10:33 | 俳優_FILE