韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:チャ・スヨン ( 8 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その801 「容疑者S (原題:姦通を待つ男)」
b0097051_16353153.jpg容疑者S (原題:姦通を待つ男)
制作年:2012年
監督:キム・ヒョンジュン
出演:パク・ヒスン、パク・シヨン、チュ・サンウク
ジャンル:サスペンス、コメディ
鑑賞:日本版DVD


カン・ソヌ刑事(パク・ヒスン)は、ある事件で二年間停職中にも関わらず、副業として探偵事務所を経営している。不倫事件について実績があり、刑事のときも同僚からこの件については秀でており、助手チェ・ギプン(イ・グァンス)と二人で事務所を回している。刑事への復職を三日後に控え、依頼者キム・スジン(パク・シヨン)は事務所に現れて夫ナム・ヨンギル(チョ・ウォニ)が不倫をしており、懲らしめたいと云う。ナム・ヨンギルは、事業家をしており、裕福な生活と資金を持っている。カンはその依頼を引き受け、スジンの夫ナム・ヨンギルを尾行して、ホテルに入っていくのをみて、303号室に泊まっていることを確認し、更にカンは部屋を間違えたふりをして303号室のドアをノックして夫ナム・ヨンギルの後ろに見知らぬ女性がいることも確認した。302号室に部屋をとったカンは、電話でスジンを呼び出し、303号室に夫と女性が一緒にいることを報告する。スジンは、カンに缶ビールを差し出して一緒に呑み、カンが急に寝込んでしまう。カンが目を覚ますとベッドの隣に血だらけの女性の死体があり、更に303号室から悲鳴をきいて、直ぐにカンが駆けつけるとナム・ヨンギルが血だらけで死んでおり、怯えているスジンがいた。カンは、すかさず助手ギプンをホテルに呼び、そしてホテルの外を調べ、無人受付で、セキュリティー装置を切断し、監視カメラの映像まで持ち去ったことから偶発的起こったのでなく計画的な犯行であることに感ずく。カンは、復職してから本格的に犯人を捜すことを決め、ホテルの二部屋を綺麗に掃除をして、二つの遺体を毛布に包んで助手ギプンと運び出し、車で山まで走り二つの遺体を埋めた。探偵事務所を畳んだカンは、刑事として復職する。キム・スジンは、警察に出向いて夫の失踪届けを提出して、ハン刑事(チュ・サンウク)とソ刑事(キム・ジョンテ)が詳しい状況を聞く。復職したカン刑事もその捜査に加わることで真犯人を捜すお話。

監督は、『容赦はない』のキム・ヒョンジュン監督。
出演は、カン・ソヌ刑事を演じるのは『血闘』『依頼人』のパク・ヒスン、キム・スジンを演じる『タチマワ・リー -悪人よ 地獄行急行列車に乗れ』『マリン・ボーイ』のパク・シヨン、カン刑事の後輩ハン・ギルノ刑事を演じるのは『容赦はない』『地獄まで90分 (原題:90分)』のチュ・サンウク、カン刑事と友人のソ刑事を演じるのは『逮捕王』『特捜本』のキム・ジョンテ、カン刑事の上司サ班長を演じるのは『第7鉱区』『神弓 -KAMIYUMI- (原題:最終兵器 弓)』のイ・ハヌィ、カン刑事の探偵時の助手チェ・ギプンを演じるのは『平壌城』『ワンダフル・ラジオ』のイ・グァンス、カン刑事の妻イ・ヘヨンを演じるのは『執行者』『結婚式の後で』のチャ・スヨン、ジムのトレーナーのイ・ジングクを演じるのは『アタック・ザ・ガス・ステーション!2』『戦火の中へ (原題:砲火の中へ)』のキム・ユンソン、キム・スジンの夫ナム・ヨンギルを演じるのは『神機箭』『戦火の中へ (原題:砲火の中へ)』のチョ・ウォニ。

カンが停職中に起こったホテルでの殺人事件で、死亡者は不倫中の男ナム・ヨンギルと身元不明の女、事件で唯一の目撃者はナム・ヨンギルの妻キム・スジンだけ、状況的にはカンが容疑者にされる恐れがあり、この危機を何とか処理して真犯人を捜して、自らの寃罪を晴らすため事件を調べていく。

サスペンス風にして推理しながら犯人を捜していくのだが、明らかに怪しい人物は一人であり、どのようにして殺害したのかぐらいであろう。気になる点として、カンはホテル外部にある電源装置をみてセキュリティー装置が切断されているのを目撃しているが、監視カメラについての確認映像がなく、なぜ監視カメラの映像が持ち去られたと発したのかが不思議なところである。単に編集でカットをしたのであれば納得いくが、終盤に監視カメラの映像は貴重なものになるから、序盤のところでしっかり演出すべきところであったであろう。

刑事たちの捜査によって、身元不明の女の名が「キム・スジン」というのがわかり、二人の「キム・スジン」が存在することがみえてくるのだ。亡くなったキム・スジン(ユンジェ)は、イ・ジングク(キム・ユンソン)というジムのトレーナーと同棲しており、ジムの会員とトレーナーの関係から始まり恋愛関係に発展したのである。結果的には、亡くなったキム・スジンと亡くなったナム・ヨンギルは不倫関係であり、同じホテルで遺体となって発見されている。徐々に駒が揃ってきた頃に、毎度カン刑事に不利な情報が警察に入り、事件が進展していき、カン刑事の隠蔽工作が剥がれていくのだ。

カン刑事とイ・ヘヨン刑事(チャ・スヨン)は同業者であり、一応夫婦の状態である。女絡みで停職をくらったカン刑事は、二年間もヘヨン刑事が離婚をしたいと要望しても受け入れてもらえず、カン刑事が今でもヘヨン刑事を愛していることで止まっているのだ。この二人は、警察署内で会ったり、ある人物を追跡中に出会ったりしている。夫婦だけにしかわからない問題があり、そこをどのように消化したのかはラストにわかる仕組みになっている。

サスペンスとしては、あまりにも捻りがなく、犯人が誰だが直ぐに解けてしまうものである。謎解きを基本構造にしてはいるから、観る側にとってみると残念に展開かもしれない。刑事たちのコメディ要素であったり、カン刑事とヘヨン刑事の夫婦問題、キム・スジンの魅惑なところであろう。

宣伝では、キム・スジンを演じるパク・シヨンの大胆なベッドシーンやセクシー面を披露したエロティックを強調している。英題にもなっている香水や匂いと云った意味を、劇中に登場する香水が、どこまで本編と絡むのかだ。どれだけ魅力的なのかというところにスポットを当てており、姦通を待つ男へと繋がるようにしているのだろうか。

ストーリー構成としては、散けている事柄をバラバラに当てはめている。犯人が誰かを解くサスペンス要素、場を盛り上げるコメディ要素、ベッドシーンを含めた官能的要素が機能せずにいるように感じられた。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-07-28 16:48 | 801.容疑者S
韓国映画レビュー その541 「ここよりどこかへ」
b0097051_1672918.jpgここよりどこかへ
制作年:2008年
監督:イ・スンヨン
出演:チャ・スヨン、ユ・ハジュン、パン・ジュンソク
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:韓国版DVD


両親と弟と一緒に生活している無職のスヨン(チャ・スヨン)は、プロミュージシャンを夢見ている。スヨンは、母に留学したいとお願いしてもお金がないと断られ、お小遣いをせびったり、ダラダラな日々を過ごしている。CDや弟のTVゲームなどを持ってフリーマーケットで小銭を稼いで帰ってきて家族と喧嘩になり、スヨンは旅行カバンに荷物を詰め込んで家出をする。女友達のところに泊めてもらう予定であったが断られたので、ボーイフレンドのトンホ(ユ・ハジュン)のアパートに住みついてしまう。トンホは、兵役を終えて大学に復学しており、アマチュアバンドのギターを担当している。ある日、小さなホールで行われているコンサートに行ったスヨンは、プロミュージシャンのヒョン(パン・ジュンソク)の歌と演奏に見入ってしまう。コンサート後にヒョンに近づくスヨンは、何とかプロになるための糸口を探るために会話をする。ヒョンは、スヨンにいつかレッスンをしてあげると云った。スヨンは、ピアノ教室で子供にピアノを教える仕事をみつけて、少しずつ夢に近づいていく。スヨンが、プロミュージシャンの夢を追いかける中で幾つもの困難を描いたお話。

監督は、本作デビュー作のイ・スンヨン監督。
出演は、主人公スヨンを演じるのは『永遠の魂 (原題:星の光の中へ)』『ビューティフル (原題:美しい)』のチャ・スヨン、トンホを演じるのは『下流人生』『レストレス ~中天~ (原題:中天)』のユ・ハジュン、ヒョンを演じるのは俳優として本作スクリンデビューのパン・ジュンソク、ヨンジンを演じるのは本作スクリンデビューのペ・ジナ、スヨンの父を演じるのは『ホリデー』『光州5・18 (原題:華麗なる休暇)』のイ・オル。

漠然とした夢を持って家出をしたスヨンは、ボーイフレンドのトンホのアパートに住みつき、お互い音楽に夢中になるなかで多くの問題にぶつかり、現実を知っていくのである。

スヨンは、夢を実現しようと努力してもがき苦しむタイプでなく、何となくそうなりたいといった脱力感を終始みせているキャラクターなのである。ピアノは弾けるが、バンドを組んでいるわけでもなく、ソロで何かをやるといったわけでもないから、将来のベクトルが見えずにいるのだ。そこで、ヒントを得るのがヒョンのコンサートで、バックバンドでキーボードを弾いていた女性を自分と重ねることで少し希望がみえてくるのだ。スヨンは、ピアノ教室で子供にピアノを教える仕事をみつけて、少しずつ夢に近づくが、怠け癖があり子供たちの言葉に乗せられてあまりレッスンをしていないことがばれてしまいクビになってしまう。

一方で、大学に通うトンホは、ちょっと変わった学生である。そして、アマチュアバンドのリーダーとあまり上手くいっておらず、そのリーダーとヒョンは先輩後輩の関係になっているのだ。ヒョンに頭が上がらないリーダーは、アマチュアバンド内に不穏が流れ、トンホはバンドから脱退することになるのだ。

ヒョンの存在が、この作品のポイントになるであろう。海外留学の経験を持ち、プロミュージシャンとして演奏しながら歌い、傍からみれば成功者のようにみえる。だが、実際は対して収入がなく、CAの彼女と同棲しており、ヒモ状態になっており彼女に頭が上がらないのだ。プロミュージシャンになったところで、高収入を得れるものでなく、食っていくのがやっとなのだ。華やかなイメージがあるミュージシャンの世界だが、現実はとても厳しいものをみせている。スヨンがヒョンの生活をみていたことで、夢と現実のギャップを感じてくるのである。ヒョンの性格にも問題があり、スヨンの体目当てでマンションに連れ込んだり、CAに下手な言い訳をしている情けない男でもあるのだ。

中盤から終盤は、スヨンがキーボード担当、トンホがギター担当となって二人でユニットを組んで、一生懸命練習をしてコンテストに出場する流れになっている。スヨンとトンホの恋も描いているが、かなり控え目な形をとっているのは、そこが主でないからだろう。夢への絶望感をみせながらかすかな希望をみせていたり、現実の厳しさを肌で実感したり、心の葛藤を描いたものになっている。かなり否定的な作風になっているのが印象に残る。韓国の音楽業界の閉塞感をみせているのかもしれない。その影響なのかはわからないが、国内を飛び出して外国で稼ごうという現在のK-POPの姿がみえてしまう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-09-23 16:26 | 541.ここよりどこかへ
韓国映画レビュー その535 「オガムド」
b0097051_20234319.jpgオガムド
制作年:2009年
監督:ピョン・ヒョク、ホ・ジノ、ユ・ヨンシク、ミン・ギュドン、オ・ギファン
出演:チャン・ヒョク、チャ・ヒョンジョン、キム・ガンウ、チャ・スヨン、ペ・ジョンオク、キム・スロ、キム・ミンソン、オム・ジョンファ、ファン・ジョンミン、キム・ヒョジン、キム・ドンウク、シン・セギョン、ソン・ジュンギ、イ・シヨン、チョン・ウイチョル、イ・ソンミン
ジャンル:オムニバス
鑑賞:動画


五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を刺激するエロスをテーマに描かれたオムニバスである。

■第一話 『his concern』

出張のため釜山行きの電車に乗った男性ミンス(チャン・ヒョク)は、向いに座った女性ジウォン(チャ・ヒョンジョン)に目がいく。少しの間、二人は他愛もない会話をして、ジウォンはチョナンで下車することを知る。チョナンに到着し、列車から降りたジウォンを知らぬ間に追いかけていたミンス。果たして、二人の間に何が起こるのかを描いたお話。

監督は、『インタビュー』『スカーレットレター (原題:朱紅の文字)』のピョン・ヒョク監督。
出演は、ミンスを演じるのは『僕の彼女を紹介します』『Sダイアリー』のチャン・ヒョク、ジウォンを演じるのは『6年目も恋愛中 (原題:6年目の恋愛中)』のチャ・ヒョンジョン。

構成としては現在、過去、現在という形になっており、二回の偶然の出会いを見せる二人の男女である。電車の中でミンスは、向いに座ったジウォンに対して、男の本音を心の声でコメディチックに叫んでいるのだ。実際声に出す言葉は、普通にみえるが、心の声ではいろいろと考えているところを面白くみせている。ミンスは、途中下車した形になり、ジウォンの連絡先を知るが、その後目的地の釜山に行っている。二人の出会いから冒頭の再会に戻り、その後二人のラブストーリーへと進む流れになっている。短編らしいラブストーリーといった感じである。

■第二話 『Me,I'm Hero』

夫ヒョヌ(キム・ガンウ)はいつも会社から帰宅すると妻ヘリム(チャ・スヨン)はどこかに隠れている。二人の鬼ごっこは、毎度続いている。妻ヘリムは、体調が悪くて夫ヒョヌのために何も出来ないことで、すまない思いをしている。残り限られた命の妻を愛する優しい夫、夫を気遣う妻の姿を描いたお話。

監督は、『四月の雪 (原題:外出)』『ハピネス (原題:幸福)』のホ・ジノ監督。
出演は、夫ヒョヌを演じるのは『仮面』『マリン・ボーイ』のキム・ガンウ、妻ヘリムを演じるのは『ビューティフル (原題:美しい)』『ここよりどこかへ』のチャ・スヨン。

病気で亡くなる妻とその現実を受け入れる夫ヒョヌを描く切ない物語である。ホ・ジノ監督らしい作風になっており、過去の作品と通じるものがある。病魔に苦しむ妻ヘリムは、狭い家の中で帰宅する夫ヒョヌとかくれんぼをすることが楽しみであるのだ。そのかくれんぼも永遠に続くものでなく、かくれんぼがなくなることは妻の死を意味することになるのだ。お互いの夫と妻の心情を繊細に描いており、終盤の流れは魅了してしまう。

■第三話 『33rd MAN』

名女優ファラン(ペ・ジョンオク)のシーンは、すんなり撮影が進み順調である。だが、新人女優ミジン(キム・ミンソン)は、同じシーンを何度も撮り直し、厳しい映画監督チャヌン(キム・スロ)から「OK」の掛け声がない。休憩になり、名女優ファランと新人女優ミジンは同じ控え室で休み、名女優ファランが新人女優ミジンに映画監督を誘惑するテクニックを教える。二人の女優の企みにまんまと引っかかる映画監督を描いたお話。

監督は、『アナーキスト』のユ・ヨンシク監督。
出演は、名女優ファランを演じるのは『ラブ・トーク』『ハーブ』のペ・ジョンオク、映画監督チャヌンを演じるのは『撃つ』『うちの学校のET』のキム・スロ、新人女優ミジンを演じるのは『仮面』『美人図』のキム・ミンソン。

ホラー風の劇中劇を含みながら二人の女優と映画監督との攻防をみせている。新人女優ミジンが芝居をすると「カット」という言葉が鳴り響き、何度も何度も同じシーンを撮り続けるのである。キム・ミンソン演じる下手糞な新人女優の劇中劇の演技が面白く、神経質な映画監督も決して妥協しないのだ。休憩中に名女優ファランが新人女優ミジンに助言をすることで、映画監督が変わっていく姿は、二人の女優の策略でもあるのだ。名女優ファランと新人女優ミジンの同性愛を描いたものになっているので、ここに気づくかがポイントかもしれない。

■第四話 『In the End is My Beginning』

妻ジョンハ(オム・ジョンファ)は、夫ジェイン(ファン・ジョンミン)が愛人ナル(キム・ヒョジン)と不倫中に交通事故で死亡してしまう。ジョンハは、夫の母(イ・フィヒャン)と夫の弟(キム・ガンウ)と一緒に散骨をしていたところに、愛人ナルが現れて揉めてしまう。ある日、ジョンハの家にナルが訪ねてきて奇妙な同居生活が始まるお話。

監督は、『私の生涯で最も美しい一週間』『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』のミン・ギュドン監督。
出演は、妻ジョンハを演じるのは『今、愛する人と暮らしていますか?』『仁寺洞スキャンダル』のオム・ジョンファ、夫ジェインを演じるのは『ハピネス (原題:幸福)』『星から来た男 (原題:スーパーマンだった男)』のファン・ジョンミン、夫ジェインの愛人ナルを演じるのは『ダメ男の愛し方 (原題:生、ナル先生)』『裸足のキボン』のキム・ヒョジン。

夫ジェインと浮気した愛人ナルとが同居する妻ジョンハの奇妙な生活をみせている。ファンタジーの要素を強調した作風になっているのだ。夫ジェインがある美術品を育てることで、あるものが生まれたことが事の発端であろう。ナルは、突然現れたり、写真を浮かしたり、花を発生させるマジックをみせたりとかなり不思議なのである。幻想的に表現している作品であり、中盤から終盤の展開をどのように理解するかである。

■第五話 『One Fine Day』

男子高生ジウン(キム・ドンウク)と女子高生ユンジョン(イ・ミンソン)、男子高生ジェヒョク(ソン・ジュンギ)と女子高生スジョン(シン・セギョン)、男子高生サンミン(チョン・ウイチョル)と女子高生セウン(イ・シヨン)は付き合っており、仲良しグループである。一日だけお互いのパートナーを取り換えることをする。女子高生スジョンと男子高生サンミンは駅で待ち合わせて海へデートに行き、男子高生ジェヒョクと女子高生ユンジョンは自宅でデート、男子高生ジウンと女子高生セウンは喫茶店で待ち合わせて美術教師の登場で修羅場になる。三組の高校生カップルがパートナーを取り換えることで、愛を確認するお話。

監督は、『ラスト・プレゼント』『ナンパの定石 (原題:作業(ナンパ)の定石)』のオ・ギファン監督。
出演は、男子高生ジウンを演じるのは『アパートメント (原題:アパート)』『甘いウソ』のキム・ドンウク、女子高生スジョンを演じるのは『マイ・リトル・ブライド (原題:幼い新婦)』『シンデレラ』のシン・セギョン、男子高生ジェヒョクを演じるのは『霜花店』のソン・ジュンギ、女子高生セウンを演じるのは本作スクリンデビューのイ・シヨン、男子高生サンミンを演じるのは『ドレミファソラシド』『ロマンチック・アイランド』のチョン・ウイチョル、女子高生ユンジョンを演じるのは本作スクリンデビューのイ・ソンミン。

高校生カップルらの愛の確認を描いたものが主になっている。三組のカップルがパラレルに進行しており、六人の登場人物をしっかり見分けることが第一条件になってくるだろう。一日限定のカップルであるが、三組のカップルはキス以上の関係に踏み込もうとする危ない状況になるのだ。青春群像劇のような形で進行しており、青いラブストーリーと云った感じである。真カップルと偽カップルの違いを序盤と終盤にみせているので、そこの区別をしっかりしていれば、この作品の意図を捉えられるだろう。


総合的にみて、第二話のホ・ジノ監督作品がずば抜けてよく出来ており、他の作品はどんぐりの背比べといった感じである。豪華な出演者を起用しており、キム・スロやチャ・スヨンやキム・ガンウは、複数のエピソードに出演している。オムニバスだから、それぞれ個性的な作品になっており、好き嫌いが分かれるであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-09-13 20:47 | 535.オガムド
韓国映画レビュー その530 「ヨガ教室 (原題:ヨガ学院)」
b0097051_9595453.jpgヨガ教室 (原題:ヨガ学院)
制作年:2009年
監督:ユン・ジェヨン
出演:ユジン、チャ・スヨン、チョ・ウンジ、パク・ハンビョル、
   キム・ヘナ、ファン・スンオン、イ・ヨンジン
ジャンル:ホラー
鑑賞:動画


通販番組の司会をするヒョジュン(ユジン)は、一緒に担当している若くて綺麗な後輩に仕事を取られてしまう。ヒョジュンは、恋人のチェ・ドンフン刑事(チェ・ダニエル)と最近上手くいっておらず、後輩の若さをみて容姿に不安を感じていた。そんなとき、同窓会に出席したヒョジュンは、遅れてきたソナ(イ・ヨンジン)の姿をみて驚いてしまった。学生時代は苛められていたソナが、今では綺麗な姿になっており、ヒョジュンの番組を仕切る地位を持っておりキャリアウーマンとして成功している。ある日、ヒョジョンはソナから成功の秘訣を訊いたところ、女優カン・ミヒが院長を務めるヨガ教室を紹介してもらい、そこにかけこみ何とか自分を変えようとする。そのヨガ教室に集まったのは、ヒョジョン、ダイエット強迫症のインスン(チョ・ウンジ)、元アイドル歌手のヨンジュ(パク・ハンビョル)、整形依存症のユギョン(キム・ヘナ)、おひとよしのボラ(ファン・スンオン)である。ヨガを指導するのは、若い先生でナニ(チャ・スヨン)で、一週間の訓練をする上で約束事項を守ることを云われる。外部との連絡をしない、限られた飲食、訓練後一時間以内にシャワーをしない、鏡をみない、この訓練を他人に話さない、といった項目である。ヨガの訓練を泊り込みで行う五人の生徒たちは、不可解な事件に巻き込まれていくお話。

監督は、『狐怪談 (原題:女子高の怪談 3番目の話 狐階段)』のユン・ジェヨン監督。
出演は、ヨガ教室の生徒ヒョジョンを演じるのは『ロマンチック・アイランド』『その男の本198ページ』のユジン、ヨガ教室の先生をしているナニを演じるのは『ビューティフル (原題:美しい)』『ここよりどこかに』のチャ・スヨン、ヨガ教室の生徒インスンを演じるのは『妻の恋人に会う』『私たちの生涯最高の瞬間』のチョ・ウンジ、ヨガ教室の生徒ヨンジュを演じるのは『狐怪談 (原題:女高怪談 三番目の物語)』『宿命』のパク・ハンビョル、ヨガ教室の生徒ユギョンを演じるのは『娼婦の羽 (原題:HERs)』『ビバ!ラブ (原題:慶祝!私たちの愛)』のキム・ヘナ、ヨガ教室の生徒ポラを演じるのは『女高怪談5:心中』のファン・スンオン、ヒョジョンの同級生ソナを演じるのは『アフリカ』『4時間目 推理領域』のイ・ヨンジン、女優カン・ミヒを演じるのは『氷雨』『肩ごしの恋人』のイ・へサン、ヒョジョンの恋人でチェ・ドンフン刑事を演じるのは本作スクリンデビューのチェ・ダニエル。

不安を抱えた生徒五人がヨガ教室に泊り込みで教えを受け、その生活の中で不思議な現象を体験していくのである。更に、サイドストーリーとして女優カン・ミヒ(イ・へサン)が映画撮影をしており、その過程を同時に進行していき、ヨガ教室と女優カン・ミヒとの接点が終盤に繋がる展開になっている。

生徒五人のそれぞれの悩みを生徒同士の会話の中でみえてくるのである。若さや容姿を得て完璧なキャリアウーマンに復帰することを願うヒョジョン、食欲に負けて食べてしまいダイエットの繰り返しをしているから直したいインスン、売れなくなったアイドル歌手が全盛期の美貌を取り戻そうと願うヨンジュ、整形の失敗や離婚のために心が傷つき人生の再スタートを望むユギョン、他人に対して心配をしてしまうお人よしでそれを変えようとするボラ。

薄暗いビルの中でヨガを教えるナニ先生は、生徒たちに見本をみせながら、ヨガの実習をしていくのである。そこだけを映しているのであれば、何もストーリーが進まないので、ヨガをしているシーンは少なくなっており、実習が終わり自由時間になったときの生徒たちの行動や不思議な出来事を体験するところを主に描いている。

食欲に負けるインスンがテーブルにたくさんのご馳走を食べたり、禁止されていた時間外にシャワーを浴びるユギョン、容姿が気になり鏡をみてしまうヨンジュ、ヨンジュの要求で手鏡を渡してしまうボラといったあらゆる誘惑にまけていく生徒たちに不可解な出来事が起こっていくのである。これは死んだのか、と思わせておきながら翌日には生きていたりと謎を残しながら進行しているのだ。

サイドストーリーとしているのが、女優カン・ミヒが出演していた作品のカン監督(チョン・インギ)が殺害されて、第一発見者のチェ・ドンフン刑事とコンビの刑事が事件を追うのである。劇中劇のように映画の撮影をみせており、女優カン・ミヒとライバル関係にある女優ウンシル(ファン・ハナ)の仲をみせていたり、撮影中での出来事をみせている。そこで女優カン・ミヒという人物が、どのような人なのかがみえてくる展開なのである。終盤になるに連れてヨガ教室との繋がりが強くなってくるので、どのように絡んでいるのかを理解していく必要があるのだ。

ホラー要素のレベルとしては、中の下といった感じでヨガ教室内での出来事の描き方だけはまあまあなものである。しかし、映画関係者やソナの死の描き方をみると、かなり雑になっており、強弱のつけ方に問題を感じる。生き物を使った演出をしているので、ここは個人差があって気持ち悪くなる人も出てくるかもしれない。映像的に空間を歪ませたり、狂気的になる人物描写の演出は、評価できる点である。ラストも工夫しているところだから、思っていたより駄作に感じなかった。観るまえは、かなり低評価なイメージを持っていたからかもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-08-29 10:09 | 530.ヨガ教室
韓国映画レビュー その492 「ノーボーイズ、ノークライ (原題:ボート)」
b0097051_2130260.jpgノーボーイズ、ノークライ (原題:ボート)
制作年:2009年
監督:キム・ヨンナム
出演:ハ・ジョンウ、妻夫木聡、チャ・スヨン、徳永えり
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:日本版DVD


ヒョング(ハ・ジョンウ)は、小さなボートで韓国の釜山から日本の山口まで密輸品を運んでいる。ヒョングが6歳のとき、ストリッパーの母親は弟だけを連れて家を出て行き、それ以降はヤクザのポギョン(イ・デヨン)に息子のように育てられた。日本の闇組織のボスであるポギョンは、ヒョングに多くのバッグやキムチ壺をボートに積んで釜山から運び出し、山口でボギョンの手下の亨(妻夫木聡)がいつも出迎えて密輸品を受け取る。ある日、ヒョングはいつものようにボートで密輸品を運んでいたとき、ボギョンの姉(キム・ブソン)が作ったキムチ壺から麻薬が入っているのをみて、知らずに闇の運び屋として使われていたことに気づく。そして、ヒョングがポギョンから命令されたことは、死体らしきものを運ぶ仕事であった。ヒョングは釜山で死体らしきものを積んで、山口で待っていた亨と合流して、一緒に汚い雑居ビルの部屋に死体らしきものを運んだ。少しの間、死体らしきものと同じ部屋で寝ころんでいたヒョングは、その中身をみたら女性がまだ生きているのを発見した。そんなとき、怪しい二人組みがヒョングのいる部屋に入ろうとしていたので、ヒョングは部屋を燃やして火事にして、騒動の中にヒョングはラッピングしてある状態の女性と一緒にその場から逃げ去り、助けを呼ぼうと亨に電話をして呼び出した。ヒョングが亨に電話をしているときに、女性が逃げてしまい、困っているときに亨と合流して、近くの地下駐車場を探すと女性の声がしたことで捕まえることができた。だが、女性は二人に5000万円ずつ渡すから、自分の父を探して欲しいと依頼される。三人は、ファミレスに入って、どのような経緯で女性チス(チャ・スヨン)が拉致され、チスの父とポギョンがどのような関係だったのかを知る。一時、亨はポギョンの元に戻り状況を探り、ヒョングのボートは燃やされ、ヒョングは組織から狙われていることを亨から訊かされる。この事件を利用して、亨は組織を裏切り、後戻り出来ないヒョングと一緒にチスの父を探して大金を得ようするお話。

監督は、『ドント・ルック・バック (原題:私の青春に叫び)』のキム・ヨンナム監督。
出演は、ヒョングを演じるのは『チェイサー (原題:追撃者)』『ビースティ・ボーイズ』のハ・ジョンウ、亨を演じるのは『ブタがいた教室』『ザ・マジックアワー』の妻夫木聡、チスを演じるのは『ビューティフル (原題:美しい)』『ここよりどこかへ』のチャ・スヨン、亨の妹なみを演じるのは『アキレスと亀』『うた魂♪』の徳永えり、ヒョングの育ての親で闇組織のボスのポギョンを演じるのは『スカウト』『クォン・スンブン女史拉致事件』のイ・デヨン、亨の元恋人あつこを演じるのは『包帯クラブ』『ジェネラル・ルージュの凱旋』の貫地谷しほり、ポギョンの姉を演じるのは『ユア・マイ・サンシャイン (原題:君は僕の運命)』『救世主』のキム・ブソン、ポギョンの息子の隆司を演じるのは『守護天使』『ラッシュライフ』の柄本佑。

国籍の違う二人の男の友情というよりは、「家族」を主にした内容になっており、そこに裏社会の抗争、チスの父を探すサスペンス、亨の企みを含んでいる。

亨は、ボスの息子隆司(柄本佑)の嫁で妹なみ(徳永えり)、妹の三人の子供(亨からみると甥と姪)、祖母の六人で貧しい生活をしている。亨にとって家族は重荷であり、お金さえあれば今の生活から抜け出せると思い込んでいる。幼い姪が難病で大した治療も出来ずにおり、祖母は痴呆症で奇妙な行動をとったり、妹は隆司と別居状態で売春して稼ぎをしていたり、と亨は家族に縛られて生きているのだ。一方、ヒョングは母親に捨てられ一人で生きていることで背負っているものがなく、どこかに飛んで行ってしまう存在になっており、予測不能な人物になっている。そんなヒョングが、亨たちと一緒に逃亡生活をすることで「家族」を感じていくのである。

ヒョングが何故母親に捨てられたのか疑問に感じていることを亨が明確に答えているところがある。チス、妹なみ、祖母、三人の子供を後部座席に乗せて、車で逃亡中にヒョングが子供たちを見て亨に「もし置いていくならどの子を置いていく?」という質問に真ん中の子と平然と答え、その理由は体が丈夫で一人で生きていけるからだと語る。それがヒョング自身に当てはまるのだ。ヒョングは軽い気持ちで質問した結果、思いもしない答えが返ってきたことで動揺するのである。「家族」を対照的に捉えている二人だからこそ、このようなやりとりが出来るのである。

サブキャラクターの設定が良く出来ており、誰とでも寝てしまうどうしょもない亨の妹なみ、パンク・ロッカー風の個性的なチス、いつでも冷酷になれるポギョン、亨の僅かな希望を残す元恋人あつこ(貫地谷しほり)。主人公の二人と上手く絡ませていることで、ストーリーに笑いやスリルが生まれている。サブキャラクターたちとはあまり関係ないが、一番笑ったシーンは、ヒョングの携帯電話の表示で、亨の登録名を「ヨボセヨ」にしていたところである。

幻想的なところとしては人魚の登場とその意図であろう。序盤にヒョングのボートに人魚が登場して、キムチ壺を奪おうとするところがある。そこはヒョングに現在何をしているのかを知らせる意図がみえる。終盤でみせる人魚は別の意図があり、完全にネタばれになるから伏せることにする。人魚(日本語)とマーメイド(英語)には深い意味があり、ヒョングに直結しているところなのだ。

登場人物は、妻夫木聡以外の人たちは母国語を主に話しており、妻夫木聡が演じる亨は韓国語をある程度話せる設定になっている。ストーリー上、亨かヒョングのどちらかが同一言語を話さないと進行しないから、このような手法をとっているのであろう。

脚本家に『天然コケッコー』『メゾン・ド・ヒミコ』『約三十の嘘』『ジョゼと虎と魚たち』を担当した渡辺あやなので、彼女らしいシナリオの良さが出ている作品である。日韓合作でなく、監督や出演者を全部日本人にして日本映画にしていたら、もっと良くなっていた作品なだけに惜しいところである。キム・ヨンナム監督が、脚本を渡辺あやに依頼した経緯があるから、上述のような形には決してならないのはわかっている。日韓合作作品としては、まともな作品に仕上がっている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-05-07 21:38 | 492.ノーボーイズ、ノークライ
韓国映画レビュー その439 「執行者」
内容としては重いテーマを題材にしている。ティーチ・インでは、別のラストも考えていたことを説明していたが、本編のラストの方が自然であるように思えた。

b0097051_22263139.jpg執行者
制作年:2009年
監督:チェ・ジンホ
出演:チョ・ジェヒョン、ユン・ゲサン、パク・イヌァン、チャ・スヨン
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:韓国映画ショーケース2009


刑務官として就職が決まったチェギョン(ユン・ゲサン)は、初仕事で先輩刑務官のチョンホ(チョ・ジェヒョン)の指導を受けるが雑な扱いをされ、更に新米刑務官だから囚人らに舐められる。刑務官として半人前なチェギョンは、先輩刑務官のチョンホから囚人に対しての扱い方として、強い者には襲ってこないことを教わる。囚人に対して攻撃的な態度と行動をする先輩刑務官チョンホ、温厚な死刑囚ソンファン(キム・ジェゴン)とテーブルゲームをして親しくしているキム主任(パク・イヌァン)といった不思議な光景をみてチェギョンは戸惑っている。そんなとき、世間で騒がれている連続殺人鬼の死刑囚チャン・ヨンドゥが、チェギョンの勤務先の刑務所に服役することになった。死刑囚チャン・ヨンドゥの態度は、チョンホ刑務官に対して挑発したり、他の囚人と違っていた。ある日、12年間中止されていた死刑の執行が、連続殺人犯チャン・ヨンドゥ事件を契機に再開することになり、法務部から死刑執行命令書が渡され、刑務官たちは動揺する。誰もが死刑を執行することに拒否反応をするなかで、チョンホ刑務官、キム主任、新人チェギョン刑務官らが執行者として決まる。死刑執行を担当する刑務官たちが直面する苦悩と葛藤を描いたお話。

監督は、本作が長編デビュー作のチェ・ジンホ監督。
出演者は、刑務官のチョンホを演じるの『千年鶴』『マリン・ボーイ』のチョ・ジェヒョン、刑務官のチェギョンを演じるの『6年目も恋愛中 (原題:6年目の恋愛中)』『ビースティ・ボーイズ』のユン・ゲサン、刑務官のキム主任を演じるの『あぶない奴ら~TWO GUYS~ (原題:トゥーガイズ)』『無道里』のパク・イヌァン、チェギョンの恋人ウンジュを演じるのは『ビューティフル (原題:美しい)』『ここよりどこかに』のチャ・スヨン、死刑囚ソンファンを演じるのは『偉大なる系譜』『極楽島殺人事件』のキム・ジェゴン。

死刑を扱った作品としては、2006年上映の韓国映画『私たちの幸せな時間』があるが、本作品は死刑執行する刑務官の立場の感情を描いた作品になっている。12年ぶりに死刑執行することで、死刑制度を考えさせ、刑務官が自らの手で人間を殺す行為を仕事として行うため、苦しい立場に置かれている刑務官の心境をチョンホ刑務官、チェギョン刑務官、キム主任の三人の視点から描いている。

新人刑務官のチェギョンは、この仕事をずっと続けていくつもりで就職したのではなく、繋ぎのつもりで職についたのである。チェギョンの恋人ウンジュ(チャ・スヨン)は、公務員試験を受けるために日々勉強しており、それでも二人の恋愛は順調であった。だが、ウンジュが妊娠したことで、産むか堕ろすかの決断ができずに時間だけが過ぎていくのである。産む場合は新しい命の誕生、堕ろす場合は殺すという、生死の選択を二人に突きつけている設定がアイデアとして良くて、「死」に関わる仕事をしている刑務官チェギョンに心の迷いを表現させている。

10年間刑務官の仕事をしているチョンホは、刑務官になるために苦労してきた過去がある。囚人に対して強暴な態度をとっているのは、若い頃に同僚が囚人に襲われたのを目の前で経験しているからなのだ。囚人に対して憎しみと警戒心を持っているチョンホは、囚人を人間扱いしておらず、堂々とした態度でいつも厳しい表情でいるのだ。チョンホの私生活もみせており、40歳近い年齢で独身であったり、女性に奥手だったりと意外な一面をみせていることで、刑務所でみせる表情とのギャップが楽しめるであろう。

死刑囚に対して、三つの視点で表現しているのが、新人のチェギョン、中堅のチョンホ、ベテランのキム主任である。ベテランのキム主任は、20年ぐらい服役している温厚な死刑囚ソンファンと近い距離で接していることで、友人のような関係になってしまっていた。ソンファンの死刑執行が決まり、死刑執行現場でのキム主任の心理状態が非常に重たいのである。首に紐を括りつけるときに、チョンホを退かしてキム主任自らが行うところは、ソンファンに対する感情が映し出されている。一方で、死刑囚チャン・ヨンドゥといがみ合っているチョンホは、死刑執行現場で燃え上がる感情を全面にみせており、トラブルが起こったときの緊張感がスクリーンを通して伝わってくるのだ。チェギョンとしては、初めての経験ということで動揺している姿をみせており、この場から逃げたい気持ちをみせながら、早くこの出来事を終わらせたい思いがみられる。

ソンファンとチャン・ヨンドゥという二人の死刑囚が、対照的な構図になっているのが面白くしている。ソンファンの場合は、温和な性格で風貌から何故死刑囚になったのかと疑問になるぐらいだ。死に対して恐怖も持っており、人間らしい感情をみせている。一方でチャン・ヨンドゥの場合は、凶暴な性格で明らかに「悪」といった感じである。死に対して恐怖を持っておらす、死刑執行のときでも怯えることがないのだ。

死刑執行後、チョンホ、チェギョン、キム主任の三人に人生の岐路をみせている。定年間近のキム主任の決断、錯乱して精神的苦痛に悩むチョンホの運命、死刑執行の経験によって逞しくなったチェギョンの将来、といった三人の今後の人生を終盤にみせている。再び味わう感覚や死刑囚を一人の人間として接してきたことで苦悩したり、人を殺める業務であることがどれだけ精神的なストレスになっているのか、これで良いのかという葛藤など、刑務官の心情を繊細に表現している。

死刑執行する刑務官の心情を描くというテーマは、昨年上映された日本映画『休暇』と内容が重なっていることで新鮮さは感じなかった。韓国で12年間死刑が執行されていないことで、韓国国内であれば死刑制度の問題を提起するような作品だと感じた。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-11-27 22:42 | 439.執行者
韓国映画レビュー その329 「ビューティフル (原題:美しい)」
新しい作品で久々に自分好みの良作を発掘した感じである。原作をキム・ギドクが書き下ろしているところから、かなり彼の色が出ているが、それをうまく脚色してチョン・ジェホン監督の色に染め直している感じを受けた。ラストの胸から下の裸体が出るが、あれってチャ・スヨンの裸体でなく代役のボディを使用しているのかな。

b0097051_1933128.jpgビューティフル (原題:美しい)
制作年:2008年
監督:チョン・ジェホン
出演:チャ・スヨン、イ・チョニ、チェ・ミョンス、キム・ミンス
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:韓国版DVD


美しい顔とスタイルの持ち主である女性ウニョン(チャ・スヨン)は、いつも男性から熱い視線を感じ、いつもナンパをされ、女性からもその美しさから芸能人に間違えられるぐらいの存在である。女友達ミヨン(イ・ミン)と喫茶店で待ち合わせをしたときに、ミヨンの恋人ミノ(キム・ボムジュン)も後からやってきた。ウニョンは、トイレから出てきたときにミノに口説かれるが、頑なに拒否をして逃げる。自宅に帰ってきたウニョンは、留守番電話のメッセージをきくと男性たちからの誘いの言葉ばかりである。さらにミノはしつこく誘いのメールを送信してきたり、自宅マンションのまえで待ち伏せている。マンションの管理人のおじさんは、毎度のように男性たちから預かったたくさんの花束をウニョンに渡すが、あまりの多さに大半を捨てることになる。ある日、ウニョンのストーカーの一人であるソンミン(キム・ミンス)が業者を装ってオートロックされた入り口を突破し、強引にウニョンの部屋に入った。ソンミンは、ウニョンの美しさに吸い込まれていき、ウニョンを強姦して証拠写真を撮った。強姦犯ソンミンは、そのまま警察に自首をして、ウニョンの部屋にキム刑事(チェ・ミョンス)と警察官ウンチョル(イ・チョニ)が駆けつけた。憔悴しているウニョンを保護して、事情聴取のために警察署に連れていった。衝撃的な出来事にウニョンはショックを受けており、この出来事の発端は自分が美しいからだと思い込み、なんとか醜いようにしようと試みていく。果たして、突然の不幸な出来事から奈落の底に落ちていったウニョンは今後どのような行動をとるのか、そしてウニョンを支えようとする警察官ウンチョルは彼女を助けることが出来るのかというお話。

監督は、本作デビュー作のチョン・ジェホン監督。
出演者は、美しい女性ウニョンを演じるのは『永遠の魂 (原題:星の光の中へ)』のチャ・スヨン、警察官ウンチョルを演じるのは『台風太陽』『堤防伝説』のイ・チョニ、キム刑事を演じるのは『強敵』『セブンデイズ』のチェ・ミョンス、強姦犯のキム・ソンミンを演じるのはキム・ミンス、ウニョンの女友達ミヨンを演じるのはのイ・ミン、ミヨンの恋人ミノを演じるのはキム・ボムジュン。

本作品の原作は、キム・ギドク監督が書き下ろしており、そこからチョン・ジェホン監督が脚本を書いて監督も務めている。元々チョン・ジェホン監督は、キム・ギドクの助監督の経験があることで、本作品は非常に作風がキム・ギドク作品に近いものを感じる。

序盤では、美しさが罪と言わんばかりに多くの男性たちがウニョンに近づいてきたり、女性たちからは憧れの眼差しと嫉妬の両方をみせている。ウニョンは、自然に備わった自分の美貌に特別な感情を抱いていない始まりが非常に良い設定であり、ストーリーが進むにつれてウニョンが変貌していく姿を強烈にみせているのだ。ウニョンの性格は、友人ミヨンとの会話からすると特別変わった性格ではなく、マンションの管理人のおじさんとの会話からして常識的な人間のようにみえるのだ。しつこく言い寄ってくる男性らに対してはかなり鬱陶しい態度をみせているが、それは当たり前の振る舞いにみえる。

大きな分岐点としては、ストーカーのソンミンがウニョンを一途に愛し、偏った愛の感情表現をみせてしまい、終いには強姦をしてしまい、この一連の行動はウニョンが美しいからだと強姦犯ソンミンは相手のせいにしている点である。性に対しての表現は、男は野生的な動物で欲望のまま行動しているようにみせ、女は男の支配下にいる存在で弱い立場に置かれており、自然の原理に基づいた動物的な行動をみせているようだ。人間も動物であるが、理性を持って行動をとっているところに大きな違いがある。そして、処女性に対する美意識がみられる点として、強姦犯ソンミンがウニョンを犯したときに、処女であることがわかったときの言葉と表情だろう。

追い討ちをかけるように、警察署での事情聴取では、被害者のウニョンに対してキム刑事からえげつない言葉を浴びるのである。強姦は女性側にも非があるから起こるといった感じだ。明らかに女性の立場を軽視した言葉や態度をとっており、どちらかというと強姦犯ソンミン側の思考に近いのだ。女性側の位置に属しているのが、キム刑事の事情聴取に一緒にいた警官ウンチョルである。階級が上のキム刑事に対して堂々と意見をぶつけ、ウニョンの壁の役割をしている。警官ウンチョルの気持ちは、ウニョンに惚れてしまったことでの行動ととれるのが本心であろう。

被害者であるウニョンが、自虐的になっていく姿を痛々しくみせていくところから本作品の魅力である。周囲から嫌がられることを考え、ベンチに座っている太った女性を通行人が不機嫌にさせるのを目撃したことで、大量に食事をとることで太って醜い体にしようと行動していくのだ。また、この行動が失敗すると今度はテレビ番組で痩せている女性は魅力がないことを男性が発していたことで、ウニョンは極端なダイエットをして拒食症になり食べては戻すといった症状になっていくのだ。このように、「美しさ」を崩していく過程がおもしろく、それと同時に周囲からの視線も同時にみせていることで、ウニョンが変化していく姿に驚きを感じるであろう。顔の表情が凄まじく変化しており、中盤以降は目の下に薄黒いクマが目立ち、視点が合っておらず、意識が飛んでいるような表情なのだ。

壊れていくウニョンを一途に愛するのが警官ウンチョルであるのだ。ウニョンがピンチのときにはいつも現れて手助けしたり、美しさによってウニョンに近づく男たちを守ったり、倒れるウニョンを病院に運んだりとスーパーマンのような存在であるが、マイナスの見方をするといつも後ろをつけているストーカーにも見えるのだ。ウニョンの意識としては、警官ウンチョルに対して好きという気持ちを持っていないのだ。ウニョンが警官ウンチョルをどのような感覚でいるのかも見所のひとつであろう。終盤の二人の結末も究極な愛と言えるような形をとっていることで、味のある展開になっている。

悲しいラブストーリーともとれるが、やはり精神の崩壊や人間の脆さをみせるドラマに強く感じとれる。どん底な状態に陥ったウニョンに対して、精神が崩壊してからの彼女の視線は全く逆転する。そこでみえる周囲の反応に悲愴感もあるが、それ以上に冷たい態度をとる嫌悪感が表現されている。ウニョンの心身の状態によって態度をコロコロと変化していく周囲の冷たさが痛々しくみせているのだ。生まれながら美しさを持ったことでプラス面とマイナス面を究極に表現しているように感じとれる。惚れ薬でも吹きかけているのかというぐらいに、多くの男性の視線を独り占めする状況は、かなり異常な光景にも見えるのだが。作風からして、キム・ギドク作品が好みの人には受けるであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-10-09 19:47 | 329.美しい
チャ・スヨン
b0097051_22412228.jpgチャ・スヨン
차 수연
1981年8月15日生

<映画出演作品>
b0097051_113349.jpgコマ (TV映画)
制作: 2005年韓国  監督: コン・スチャン、ユン・ジュンソク、チョ・キュオク、キム・ジョング
出演: イ・セウン、ミョン・ジヨン、イム・ウォニ、イ・ヨンジン、イ・ジョンホン、チャ・スヨン 他

b0097051_2243121.jpg永遠の魂 (原題:星の光の中へ)
制作: 2007年韓国  監督: ファン・ギュドク
出演: チョン・ギョンホ、キム・ミンソン、チャ・スヨン 他
b0097051_2243285.jpgビューティフル (原題:美しい)
制作: 2008年韓国  監督: チョン・ジェホン
出演: チャ・スヨン、イ・チョニ 他
b0097051_2244198.jpgここよりどこかへ
制作: 2008年韓国  監督: イ・スンヨン
出演: チャ・スヨン、ユ・ハジュン、パン・ジュンソク 他
b0097051_1832284.jpgノーボーイズ、ノークライ (原題:ボート)
制作: 2009年韓国・日本  監督: キム・ヨンナム
出演: ハ・ジョンウ、妻夫木聡 他
b0097051_2271373.jpgオガムド
制作: 2009年韓国  監督: ホ・ジノ、ピョン・ヒョク、ユ・ヨンシク、オ・ギファン、ミン・ギュドン
出演:ファン・ジョンミン、オム・ジョンファ、チャン・ヒョク、キム・ミンソン、キム・ガン
       ウ、ペ・ジョンオク、キム・スロ 他
b0097051_2272967.jpgヨガ教室 (原題:ヨガ学院)
制作: 2009年韓国  監督: ユン・ジェヨン
出演: ユジン、パク・ハンビョル、チョ・ウンジ、チャ・スヨン、キム・ヘナ、イ・ヨンジン 他
b0097051_14331754.jpg執行者
制作: 2009年韓国  監督: チェ・ジンホ
出演: チョ・ジェヒョン、ユン・ゲサン、パク・イヌァン、チャ・スヨン 他
b0097051_16144672.jpg結婚式の後で
制作: 2009年韓国・日本  監督: キム・ユンチョル
出演: シン・ソンウ、イェ・ジウォン、ペ・スビン 他
b0097051_18113268.jpgカフェ・ノワール
制作: 2010年韓国  監督: チョン・ソンイル
出演: シン・ハギュン、ムン・ジョンヒ、チョン・ユミ、キム・ヘナ 他
b0097051_21383594.jpg火車
制作: 2012年韓国  監督: ピョン・ヨンジュ
出演: イ・ソンギュン、キム・ミニ 他
b0097051_10361576.jpg容疑者S (原題:姦通を待つ男)
制作: 2012年韓国  監督: キム・ヒョンジュン
出演: パク・ヒスン、パク・シヨン、チュ・サンウク 他
b0097051_13462259.jpgラブコール
制作: 2012年韓国  監督: キム・サムリョク
出演: チャ・スヨン、ヤン・ジヌ 他
b0097051_21021529.jpg道の上で (原題:我在路上最愛你)
制作: 2014年中国・韓国  監督: キム・プンギ
出演: ウェン・ジャン、ホアン・シェンイー、チ・ジニ、チャ・スヨン 他

[PR]
by nameinuuuu | 2008-04-09 00:00 | 俳優_FILE