韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:チャ・インピョ ( 9 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その729 「ボリウルの夏」
次回あたりから、新しめの作品をアップしていく予定。

b0097051_21572495.jpgボリウルの夏
制作年:2003年
監督:イ・ミニョン
出演:チャ・インピョ、パク・ヨンギュ、チャン・ミヒ、シネ
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
鑑賞:海外版DVD


全羅北道ボリウル村の田舎。夏休みに少年ヒョンウ(クァク・チョンウク)は、父親であるウナム僧侶(パク・ヨンギュ)のところに訪れて休みを過ごすことになる。ウナム僧侶は、事情があるらしく、周囲には親子という関係を隠し、ヒョンウを都会から来た少年としていた。少年ヒョンウと同じバスに乗ってこの村に訪れたキム神父(チャ・インピョ)は、主任神父として修道院に呼ばれてやってきた。この修道院は、孤児院にもなっており、院長修道女(チャン・ミヒ)とパシルラ修道女(シネ)が孤児たちの世話をしている。ベテランの院長修道女は、生真面目な性格でキム神父と意見が合わず、性格の緩いパシルラ修道女とは意見が合っている。ボリウル村の少女ドンスク(ペ・ジョンウン)を中心にサッカーチームを作って、町の学校のサッカー部とハンデをもらって戦うがいつも負けてしまう。少女ドンスクは、いつもテレビでサッカー鑑賞してルールに詳しいウナム僧侶にチームの監督を依頼し、ウナム僧侶はそれを引き受ける。一方、キム神父は孤児院の子供たちの中にもサッカーが好きなテス(キム・ボンジュ)らがおり、その手助けをしようとサッカーボールを購入して、修道院でサッカーチームを作ることになり、監督にキム神父がなる。キム神父は、ウナム僧侶にサッカーの試合を申し込み、雨の中で試合をし、その後二つのチームに交流が生まれて合同チームとなる。そして、いつも惨敗していた町の学校のサッカー部とハンデなしで試合に挑む。サッカーを通じて、多くの人たちの心を動かしていくお話。

監督は、『灼熱の屋上 (原題:犬のような日の午後)』『インシャラ』のイ・ミニョン監督。
出演は、キム神父を演じるのは『ドクターK』『アイアン・パーム』のチャ・インピョ、ウナム僧侶を演じるのは『ヒューマニスト』『ライターをつけろ』のパク・ヨンギュ、院長修道女を演じるのは『エニケーン』『父』のチャン・ミヒ、パシルラ修道女を演じるのは本作スクリンデビューのシネ、ヒョンウを演じるのは『愛と悲しみのマリア (原題:マリアと旅人宿)』『永遠の片想い (原題:恋愛小説)』のクァク・チョンウク、スノクを演じるのは『友引忌 (原題:悪夢)』のチョ・ムニ。

大人と子供の両方が関心を持っているサッカーを通して、今まで村人たちが対立していた様々な問題が解決していく。それには、きっかけがあり、村の外からやってきた二人の人物によって大きな影響があるのだ。大人では、新任でありながら主任神父として修道院の責任者であるキム神父であり、子供では都会から田舎に夏休みだけ父のところにやってきた少年ヒョンウである。

キリスト教と仏教の対立として、キム神父とウナム僧侶が代表となっている。それぞれの宗教の教えを詳しく示して対立する構図ではなく、キリスト教の教え、仏教の教えをお互いに語ることで物事を揉めることなく和解への道に進むようになっている。村内会議の席であったり、合同になったサッカーチームでの自分たちの位置、都会では教会に通っていた僧侶の子供ヒョンウの行動。個人的には、もっとキリスト教と仏教の二つの思想を含めて進行して、小難しくしてもよかったと感じる。

様々な対立がこの場所に存在しているのがみられるのである。キリスト教と仏教という宗教、キム神父と院長修道女、町の子供と村の子供、孤児院の少年テスとサッカーチームの中心選手である少女ドンスクとのいがみ合い、子供たちからみえる貧富の格差である。問題を抱えながら、それをひとつずつ解決へ導いており、そこにサッカーが絡んでいる。子供たちに厳しい院長修道女も最終的には、キム神父やウナム僧侶の考えに賛同していくのだ。

子供視点として少年ヒョンウを設定し、スノク(チョ・ムニ)との初恋も混ぜながら、サッカーチームにヒョンウが参加して、面白くみせようとしている。実際は、大人視点として子供を描いてしまっていることで、子供の世界が平凡に描かれているのだ。様々な出来事があって、子供たちの心の成長があるのに、深く切り込んでいないことで平凡になっている。息子ヒョンウとウナム僧侶の親子関係だけでも、大きなドラマを作りだせるのに軽く流している。

大枠の作りとしては理解できるが、謎な部分が所々あり、そこを意図的に仕組んでいたら褒めるが、単なる手抜きであろう。肝心のサッカーシーンに迫力がないので、残念なところであった。スポーツ作品として、製作されていないから仕方がないところであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2012-09-24 22:05 | 729.ボリウルの夏
韓国映画レビュー その723 「ドクターK」
b0097051_21284079.jpgドクターK
制作年:1998年
監督:クァク・キョンテク
出演:チャ・インピョ、キム・ヘス、キム・ハヌル
ジャンル:サスペンス
鑑賞:韓国版DVD


神経外科医のカン・ジミン(チャ・インピョ)は、現代医学では回復不能の幼い患者三人の脳外科手術を成功させた。神経外科長イ・ソンミョン(ユ・インチョン)は、ジミンの神業を信じることができず、手術現場を録画したビデオを外国に送り彼の秘密を探ろうとする。神経外科長イ・ソンミョンの姪で、医大でジミンと同級生だったピョ・ジス(キム・ヘス)は、ジミンが同級生だったために常に試験で二番の成績でおり、今では麻酔科医である。学生時代ジスは、ジミンがいつも試験で一番で、ジミンが同級生に勉強を教えたり、試験前にノートを貸したりして、クールな存在でいることで対抗心を持っていた。だが、解剖実習での出来事でジスはジミンに対して、対抗心から好奇心へと変化していった。ジスは、いつしかジミンを愛するようになっていた。ある日、病院に多形性膠芽腫を患ったオ・セヨン(キム・ハヌル)が入院する。セヨンは、担当医になったジミンに好意を持つようになる。ジミン、ジス、セヨンの恋の三角関係、カン・ジミンの衝撃的な真実が明らかになるお話。

監督は、『オクス湯』のクァク・キョンテク監督。
出演は、神経外科医カン・ジミンを演じるのは『アルバトロス』『チャン』のチャ・インピョ、神経外科長の姪で麻酔科医ピョ・ジスを演じるのは『ドクター・ボン』『チム』のキム・ヘス、患者オ・セヨンを演じるのは『バイ・ジュン さらば愛しき人』のキム・ハヌル、神経外科長イ・ソクミョンを演じるのは『チェンジ』『火の鳥』のユ・インチョン、医師パク・ホドンを演じるのは『ナンバー3』『娼』のパク・サンミョン、同僚医師を演じるのは『ファースト・キス (原題:キスしましょうか)』『チャン』のソ・テファ、後輩医師を演じるのは『悪い女 青い門』のアン・ジェモ。

病院を舞台にしたドラマであるが、単に手術をして患者を救う物語ではなく、ジミン医師の神がかりな手術の謎、そして主人公、同級生、患者の三角関係が絡む。だがジミンは、同級生のジスや患者セヨンに惚れられるだけで恋愛ドラマとは程遠い形をみせている。ジスの学生時代から現在までの出来事をジミンにスポットを当てた回想シーンになっており、ジミンへの想いをみせている。ジスの心の声で表現されていることが多く、今でもずっと片思いでいることをみせている。

ジミンとセヨンの関係は、あくまで医師と患者の関係を崩していない。セヨンがジミンに一方的に片思いをしているのである。だが、ジミンが出かけるところを尾行したジミンは、ジミンの秘めた力の秘密を知ってしまったり、温泉でジミンの裸をみてしまうのだ。セヨンは、それを脅迫の材料にして、ジミンとデートするのである。セヨンがジミン医師に出会ったことで大きく変化したところがあるのだ。

同級生のジミンとジスの関係もおもしろいところだ。学生時代は、試験で学力一位を争っていた二人で、ジスの方は嫉妬心で負けたくない気持ちが出ているが、ジミンはいろんな仲間に教えたり、ノートを貸したり、学力試験にはそれほど執着心がないところだ。学生時代はほとんど話していない回想シーンになっており、お互いが医師になってから、よく話すようになっていくのだ。

ちょっとしたヒントとなることを云うと、ジミンの母は巫堂であり、その力が遺伝している。患者の病気が治り、超常現象のようにみえる力であるが、それにはとても大きなリスクがあるのだ。もうひとつは、ジミン自身が霊に取り憑かれていることで、それが終盤の伏線になっているのだ。その謎は中盤でセヨンが知り、終盤でジスが知り、ラストに大きな決断が待っているのである。

頭蓋骨を割って脳を手術するシーンがあったり、外科手術を何度かみせていることで、医学作品としてもそこそこ楽しめるかもしれない。主人公のジミンだけが手術するのでなく、様々な医師が手術をするシーンがあったり、チームとして病院が回っているのだ。

一応、日本漫画「ドクターK」とは全くの別物と考えてほしい。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2012-09-10 21:36 | 723.ドクターK
韓国映画レビュー その549 「石ころの夢」
今年の8月から9月に『石ころの夢』『結婚式の後で』『楽園 (原題:楽園-パラダイス)』の三作品を地上波(テレビ朝日)で放送した。TV版は、編集しているからDVDで再鑑賞してレビューを書いた。

b0097051_18473432.jpg石ころの夢
制作年:2009年
監督:チャン・ヨンウ
出演:チャ・インピョ、キム・ヒョジン、チェ・ゴン
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:日本版DVD


かつては人気コメディアンだったが、現在落ちぶれた三流コメディアンのイム・サンヒョン(チャ・インピョ)は、ナイトクラブで司会をしている。ナイトクラブの社長を訪ねてきた中年男性とその幼い息子ジェヨン(チェ・ゴン)は、楽屋でサンヒョンがサッカー選手のパク・チソンと知り合いだと云って盛り上がっていた。その夜、社長と連絡がつかず帰る途中の中年男性と息子ジェヨンに不幸が起こる。中年男性は交通事故に遭ってしまい、偶然事故現場にいたサンヒョンが近づいていき、中年男性がサンヒョンに鍵付カバンと息子ジェヨンを母親のもとに送り届けてほしいと頼んで亡くなった。中年男性の葬式に出席したサンヒョンは、海外で生活しているジェヨンの伯母夫婦と会い、ジェヨンの母ヘス(ホン・チュンミン)が住んでいる江原道の東海市に届けて欲しいと依頼され、費用をくれたので渋々引き受けた。借金で首が回らないサンヒョンは、借金取りからの催促電話に追われており、更にギャンブル中毒で借金が膨らむばかりである。サンヒョンとジェヨンは、電車で江原道の東海市に向かっている途中、列車内で借金取りと偶然出会ってしまったことで持っていた費用を取られてしまい一文無しになってしまう。ジェヨンの母ヘスが住んでいる江原道の東海市に到着して、メモされた住所にいくと不在で、近所の人に聞いたらもう引越ししていたことを知る。太白山方面に歩き出した二人は、雪の降る山道で迷ってしまい、偶然ナイトクラブの女主人に助けられる。そこのナイトクラブで、かつてミュージカル女優として活躍していたイ・ハナ(キム・ヒョジン)が踊っていた。閉店後、ホールで酒浸りになるハナは、サンヒョンとジェヨンの事情を知って、母親探しの旅に同行することになる。果たして、サンヒョンたちはジェヨンの母親をみつけることができるのかというお話。

監督は、『19 (原題:19-Nineteen)』のチャン・ヨンウ監督。
出演は、コメディアンのイム・サンヒョンを演じるのは『韓半島』『クロッシング』のチャ・インピョ、ミュージカル女優のイ・ハナを演じるのは『裸足のキボン』『オガムド』のキム・ヒョジン、父を亡くした少年ジェヨンを演じるのは子役のチェ・ゴン、ジェヨンの母ヘスを演じるのは本作スクリンデビューのホン・チュンミン、ヘスの現夫チュンホを演じるのは『光州5・18 (原題:華麗なる休暇)』のキム・チョルギ、植林家ウソンを演じるのは『正しく生きよう』『目には目、歯には歯』のソン・ビョンウク。

この作品は、日本の脚本家がオリジナル作品を書き、韓国の人気俳優・監督で製作する日韓共同ドラマプロジェクト「テレシネマ」のひとつである。脚本を日本のTVドラマ「ハケンの品格」を手がけた中園ミホである。

三流コメディアンのサンヒョンが、中年男性の最後の言葉を叶えるために、中年男性の幼い息子ジェヨンと鍵付カバンをジェヨンの母のもとに届けるロードムービーである。そこに元ミュージカル女優のハナがその旅に加わることで、三人でジェヨンの母親探しが始まっていく。

売れなくなったコメディアンのサンヒョンが行きついた先は、ナイトクラブの司会で、ギャンブル中毒になってしまい、借金をギャンブルで返済しようとして借金が雪だるま式に増えてしまっている。ジェヨンを届ける依頼を引き受け、費用を貰ったことで、それもギャンブルの資金にしようとしているのがみえ、中毒から抜け出せないところをみせている。そのようになった原因としてサンヒョンの過去をみせている。サンヒョンが売れていた時期、仕事に夢中で家庭をみていなかったり、息子が死んだ悲しみもあったり、息子の死があったことで夫婦関係が上手くいかずに妻と離婚したりと人生の転落をみせているのだ。同じように人生の転落をみせているのが元ミュージカル女優のハナである。じん帯を負傷してミュージカル女優を諦める選択をして落ちぶれてしまう。未来に絶望して、現実逃避をしてアルコールに浸れるのだ。二人とも芸能人で一時期活躍しており、一線から退いた人生の姿をみせている。そこに無垢な少年ジェヨンと行動することによって、今後の人生のベクトルがみえてくるのである。

サッカー選手パク・チソンを成功者として、例えに表現しているところが多々でてくる。サンヒョンを含む多くの人たちを「石ころ」という表現をしており、石ころにも夢があることを語るのである。それだけでなく、実はパク・チソン選手がある伏線になっているのである。イギリスから帰国して、水原に三日間だけ滞在しているパク・チソン選手に会いたいジェヨンは、序盤から水原に行きたいと懇願しているのだ。サンヒョンがパク・チソン選手と知り合いという嘘が大きくなっていったり、三人でパク・チソン選手の事務所に行ったり、スタジアムでジェヨンにパク・チソン選手を会わせようとしたりとサイドストーリーをみせている。本物のパク・チソン選手が出演していないので、そのあたりは残念なところでもある。

中盤あたりから、サンヒョンとジェヨンの母ヘスと連絡がとれるようになり、ストーリーが大きく進展していく。母ヘスは、現在ヤクザ風のチュンホ(キム・チョルギ)と再婚していることもあったり、ジェヨンの世話をほとんどした記憶がないので、息子と会うことに臆病になっているのだ。母ヘスの描き方がかなり雑なので、現夫との関係や息子への感情をもっと描く必要がある。

鍵付カバンの中にお宝が入っているような流れになっており、暗証番号を必死に探したり、無理矢理電動ドリルでこじあけようとするサンヒョンなのだ。その鍵付カバンをヘスの現夫チュンホも狙っているのだ。鍵付カバンの中は、終盤に開けられ何なのかがわかるので、そこで楽しんでもらいたい。

全体的にみて、ストーリー構成がかなり強引になっているのが目立つ。こじつけ的に進めていたり、理由なく進行しているようにみえるところがあるのだ。地上波(テレビ朝日)で放送したTV版は、冒頭シーン、ナイトクラブでのサンヒョンとハナのパフォーマンス、ラストシーンとかなりカットしているところがある。エンディングロール内でラストシーンをみせているシーンを全部カットしていることで、TV版を視聴したら違う感想を持つ人も出てくるだろう。ノーカット版は死んで終わりではないし、更にサンヒョンとハナの関係を描いているから、ノーカット版をみた方がよいだろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-10-16 19:02 | 549.石ころの夢
韓国映画レビュー その369 「チャン」
最近、20世紀の韓国映画がマイブームになっている。日本国内で既に劇場公開&販売&レンタルしている作品のレビューを書き溜めたり、復刻した海外版DVD&VCDを鑑賞している。古い作品のレビューをアップしても興味ない人の方が多いから、アップすることはなるべく控え目にと思っている。
本作品は、出演者が結構豪華なのでレビューをアップしてみた。教師役にチャ・インピョ、ソン・ユナ、ソ・テファ、生徒役にはチャン・ヒョク、ホン・ギョンイン、パク・ウネ、ヤン・ドングン、キム・ミンジョン、カン・レヨン、キム・ジュニなどといった今でも活躍している俳優たちが共演している。俳優重視で映画を観る人なら必見かもしれない。特にチャ・インピョとチャン・ヒョクのファン。

b0097051_10424782.jpgチャン
制作年:1998年
監督:ヤン・ユノ
出演:チャ・インピョ、ソン・ユナ、ホン・ギョンイン、チャン・ヒョク
ジャンル:青春ドラマ
鑑賞:韓国版Video


テストの成績によってクラス分けをする高校に、新しい教師のファン・ギプン(チャ・インピョ)が赴任してきた。音楽教師のギプン先生は、若い頃から出来が悪く、成績も全国最下位、教育実習落第点のダメ教師である。そんなギプン先生が任されたのが、問題児ばかりを集めたクラスの担任であった。ギプン先生は、生徒たちの姿をみて、10年前の自分自身をみているように感じ、心から生徒たちを理解しようとする。ギプン先生のクラスの生徒たちには、問題ばかり起こす厄介なギチャン(ホン・ギョンイン)、暴力団からスカウトされている男子高生セビン(チャン・ヒョク)、セビンに対して罪責感を持つ女子高生ヘリ(パク・ウネ)、男子高生ペンジリ(キム・スンヒョン)に片想いする女子高生サンミ(キム・ジュニ)、ラップ好きなレゲエ頭のジョング(ヤン・ドングン)、「七王女」と呼ばれている女子高生たちと個性的な生徒ばかりであった。そこで、先生と生徒たちが結束して、落ちぶれている生徒たちに自信をつけさせようと得意の音楽で、全国高校音楽コンクールに参加することを決めた。ブラスバンドを主にした形態で生徒たちは楽器の練習をするが、なかなか上達していかない。その最中で、各生徒たちがトラブルを起こしていく中で、ギプン先生は生徒たちを真正面で受け止めていく。教師と生徒の信頼関係、生徒同士の結束や青春を描いたお話。

監督は、『ユリ』『ミスター・コンドーム』のヤン・ユノ監督。
出演者は、音楽教師のファン・ギプン先生を演じるのは『アルバトロス』のチャ・インピョ、英語教師のカン・ナヨン先生を演じるのは『1818』のソン・ユナ、男子高生ギチャンを演じるのは『美しい青年、全泰壱』『ピアノマン』のホン・ギョンイン、学生主任の教師を演じるのは『オクス湯』『ファースト・キス (原題:キスしましょうか)』のソ・テファ、男子高生セビンを演じるのは本作スクリンデビューのチャン・ヒョク、女子高生サンミを演じるのは『産婦人科』のキム・ジュニ、女子高生ヘリを演じるのは本作スクリンデビューのパク・ウネ、男子高生ジョングを演じるのは本作スクリンデビューのヤン・ドングン、女子高生のクラス長を演じるのは『キッド・カップ』『ミジ王』のキム・ミンジョン。

型破りの教師と落ちこぼれ生徒たちが、音楽を通して交友を深めていく中、生徒たちがあらゆる問題に衝突しながら成長していき、全国高校音楽コンクールに出場するという大きな目標に向かって努力していくのだ。主人公とされている音楽教師ギプンと英語教師ナヨン(ソン・ユナ)より、生徒たちが主役になっている作品である。それは、あまりに個性的な生徒が集まっていることや各々の生徒が抱えている問題をしっかりと描いているからであろう。

ギプン先生は、生徒たちの尻拭いをするように教頭(パク・ヨンシク)に怒られており、学生主任(ソ・テファ)が生徒たちに強い態度で体罰をすることで敵対している関係である。教師の中で上司と部下という関係をみせており、学生主任に強く対抗することが出来ないギプン先生だったり、ギプン先生の味方でありながら中立的な立場にいるナヨン先生なのである。

シンナーを吸って警察に捕まるギチャンを引き取りにいったギプン先生が刑事と言い争いになってギチャンと一緒に留置場に入ったり、一人でクラリネットを練習するサンミにギプン先生が教えたり、オートバイで暴走して暴力行為をするセビンを助けたり、セビンの怪我のことで悩んでいるヘリがギプン先生に相談したりとひとつひとつ問題を解決していくのである。

随所にコメディ要素を取り入れており、全員がテストでカンニングをしたり、他校の吹奏楽部に楽器を教わっていたが途中で大乱闘になったり終いにはギプン先生までも他校の先生を殴る始末なのだ。そして必ずオチとしてギプン先生が教頭に怒られるのだ。セビンが絡むシーンでは、不良同士の乱闘があったり、チンピラとの乱闘があったりと暴力シーンでアクション要素を取り入れている。ラブストーリー要素としては、ギチャンがサンミに片想いしていたり、サンミが優等生ペンジリに片想いしたり、距離を置いていたセビンとヘリが両想いであったりと青春ドラマっぽくみせている。

生徒で一番目立っていたのは不良生徒セビンであろう。全国高校音楽コンクールに全く興味を持たず、一人だけ単独行動をしていたセビンが徐々に変化していくところである。ギプン先生の影響もあるけど、一番影響を受けたのはクラスメートたちからであろう。そしてセビンとヘリの関係が良くて、絶対音感を持っていたセビンがヘリを助けるために片耳を怪我したという過去があったり、ずっとヘリが抱えていたセビンに対してすまない気持ちをしっかりと表現していたり、放課後に二人でセビンはサックス、ヘリはピアノを練習しているところがよかった。

音楽面としては、ラップを多く取り入れたヒップホップが中心になっている。ギチャンやジョングたちがいるところに、まだ新任教師と明かしていないギプンが一緒にブレイクダンスをしたり、音楽室では生徒たちがラップを披露して人から人へラップを回していたり、バックミュージックもヒップホップを意識したものになっている。中盤までにこのようなシーンをみせていることから、終盤の全国高校音楽コンクールでのパフォーマンスが面白くなっている。サンミのクラリネット、ジョングを中心としたラップ、ドラム缶を打楽器として叩く演奏、それに合わせてセビンのサックスとヘリのピアノ演奏は絶賛である。

主人公の音楽教師ギプンが落ちこぼれ教師という設定なのだが、あまり崩れていないところがマイナスなように感じとれる。従来の硬い教師像からすれば、ラフな感じになっているが、もっと悪い面をみせないと生徒たちとのバランスが保てないだろう。さらに英語教師ナヨンはこの作品に必要だったのかと感じるぐらい印象が薄いのだ。頻繁に出てくるラップのシーンで、歌詞がどのような意味なのかが分からなかったので、ストーリーと連動した内容で、韻をしっかり踏んだ歌詞であれば作品の評価がもっと上がるかもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-03-21 10:59 | 369.チャン
韓国映画レビュー その334 「クロッシング」
これで東京国際映画祭(協賛&提供企画も含む)の韓国ものレビューを書き終えた。この作品は一般上映されるから、観たい人は少し待てばスクリーンでみれるでしょう。重い内容になっているからちょっと疲れた。

b0097051_1921157.jpgクロッシング
制作年:2008年
監督:キム・テギュン
出演:チャ・インピョ、シン・ミョンチョル
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:第21回東京国際映画祭


北朝鮮の炭鉱村で、炭鉱で働いている元サッカー選手の父ヨンス(チャ・インピョ)、母ヨンファ(ソ・ヨンファ)、11才の息子ジュン(シン・ミョンチョル)、ペットの白い犬を飼って幸せに暮らしていた。中国を行き来して密貿易をする友人宅の家に遊びにいったヨンス一家たちは、テレビで南朝鮮のサッカーの試合をみたり、贅沢品を買ったりして、ヨンス一家よりもかなり裕福な生活をしている。その家は、ジュンが通っている小学校の同級生ミソン(チュ・ダヨン)の家であり、密かにジュンはミソンに恋心を抱いている。ある日、妊娠したヨンファが栄養失調で結核にかかってしまい、結核を治す薬が北朝鮮で手に入らないことから、ヨンスは中国に不法入国して薬を買ってこようと考え、中国と北朝鮮国境の豆満江を渡って中国にたどり着く。ヨンスは中国に渡ったのはよいが、中国警察の厳しい脱北者への取り締まりから逃げる日々が続き、ある取材を受ければお金がもらえるという甘い言葉に騙され、藩陽まで行ったヨンスたちはドイツ大使館へ駆け込み、亡命者として韓国に渡ることになる。このことで妻ヨンファや息子ジュンのいる北朝鮮に戻ることが出来なくなってしまった。一方、北朝鮮で父ヨンスの帰りを待つヨンファとジュンであるが、ヨンファの病状が悪化して亡くなってしまい、両親が不在になり経済的に厳しくなったジュンは家を出て浮浪児として路上生活することになった。何とかして家族に再会したいヨンスは、ブローカーに協力してもらい、家を離れたジュンの居場所をつきとめ、お互いにブローカーを通して何とか二人を会わせようとする。約束した場所モンゴルでヨンスとジュンの親子は再会できるのかというお話。

監督は、『オオカミの誘惑』『百万長者の初恋』のキム・テギュン監督。
出演者は、炭鉱で働く父キム・ヨンスを演じるのは『木浦は港だ』『韓半島』のチャ・インピョ、11才の息子ジュンを演じるのは『小さな池』のシン・ミョンチョル、ジュンの同級生ミソンを演じるのは『ブラザーフッド (原題:太極旗を翻して)』『霊 -リョン- 』のチュ・ダヨン、ヨンスの妻ヨンファを演じるのは『リターン』『スーパーマンだった男』のソ・ヨンファ、サンチョルを演じるのは『M』『追撃者』のチョン・インギ。

脱北者の父子の過酷な運命を描き、北朝鮮の実態に迫るストーリーになっている。多くの脱北者から情報を得て、北朝鮮の内情を調査して、実話を背景に制作された作品らしい。近年では親北的な作品が多いなかで、北朝鮮の闇の部分に突っ込んで残酷に描いた点としてはおもしろいところである。

冒頭では密貿易していたミソンの両親が当局に逮捕されたり、ヨンファの体調不良のために愛犬を鍋にして食べたり、ヨンスが中国に行っている間にヨンファが亡くなったり、浮浪児として路上生活するジュンといった衝撃的なシーンをみせている。この作品が脱北ものとして珍しいのは、北朝鮮でも地方を舞台にしているところで、現地を中心に描いているところだ。炭鉱の村の人々をみせたり、井戸水を使った生活、物品が少ない市場、多数の浮浪児たちの生活、反政府収容所といった韓国映画ではあまり表現しないところに切り込んでいる。日本のニュースで隠しカメラを使って現状の北朝鮮の姿といった特番を放送しているが、あれに近い映像をみせているのだ。

中国と北朝鮮国境の豆満江を渡っていくシーンとして、二つのシーンをみせている。父ヨンスの時とジュン&ミソン&むかつく浮浪児の時である。川を泳いで中国側に行くルートであるが、国境沿いだから北朝鮮側にいる兵士、中国側にいる兵士といった二つの難所を突破していかなければいけないのだ。結果的には、ヨンスは成功でジュンは失敗という形をみせているが、成功しても失敗してもどっちも厳しい現実が待っていることをみせているのだ。

「死」というものをみせて悲しみを刺激しているのが多々みられる。愛犬の死、母ヨンファ、初恋相手のミソン、亡命しようとする脱北者を容赦なく銃で撃つ兵士、遺体を物のように扱う兵士たちである。「死」を日常として捉えている感覚をみせているのかもしれない。感覚の麻痺をどこまでみせるのかも見せ所かもしれない。

脱北ルートとして、ヨンスのように藩陽の外国の大使館に入って第三国に亡命する方法をとるのが多いが、本作ではジュンがモンゴルに行くルートを取っているのがなかなか新鮮にみえた。近年では中国を南下して東南アジアのラオスやタイまでいくルートを使っているからだ。北朝鮮と国境を接している国は、韓国と中国とロシアがあるが、何故ロシアルートを使わないのかが疑問に思っている。拘束されることを恐れていることや寒さの問題があると思うが、夏場限定ならシベリア地域も暖かいから気候の問題は解消できるであろう。試しに、ロシア側へ脱北して北上していき、ベーリング海を渡ってアメリカ領土のアラスカに行くルートをしてもらいたい。中国-モンゴル間の灼熱のゴビ砂漠をいくルートもかなり過酷だと感じたからだ。

父子の感動もの、北朝鮮の現状、亡命としてはおもしろい題材で作られた作品だと感じている。実話をベースにしているようだが、どこまで実話を用いているのかが疑わしいところだ。違和感のある数々の表現されたシーンがあるからだ。ヨンスが韓国に行くまでの心情と行動、宗教、反政府収容所、ジュンの所在をみつけるブローカー・・・ときりがないが現実を考えると無理があるのがわかるはずだ。ジュンの所在をみつける優秀なブローカーが存在するなら、北朝鮮に捕らわれている日本人拉致被害者をみつけて欲しいものだ。

全体的に重たい内容になっていることで悲惨な運命を強調しているように感じた。亡命する過程や家族愛や悲しい初恋をアピールされている。同じ民族である韓国人が観たときにどのような感情を抱くのかを知りたいところである。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-10-29 19:20 | 334.クロッシング
韓国映画レビュー その282 「アイアン・パーム」
前回アップしたキム・ユンジン繋がりでこの作品。ちょっとにマニアックな作品かな。

b0097051_18325574.jpgアイアン・パーム
制作年:2002年
監督:ユク・サンヒョ
出演:チャ・インピョ、キム・ユンジン、パク・クァンジョン
ジャンル:ラブストーリー、コメディ
鑑賞:韓国版DVD


アイアン・パーム(チャ・インピョ)は、5年前に突然消えてしまった元彼女ジニ(キム・ユンジン)を追って、電気炊飯器だけ持ってロサンゼルスに行った。アイアン・パームは、空港で出会ったタクシー運転手ドンソク(パク・クァンジョン)と一緒に、ジニを捜すためにロサンゼルスにあるコリアタウンの飲み屋を片っ端から調べていった。ようやく、カクテルバーでバーテンダーとして働いていたジニを見つける。だが、ジニには既に在米韓国人の事業家アドミラル・リー(チャーリー・チョン)という彼氏がいる。アルコールが飲めないアイアン・パームと焼酎好きのジニは、ジニの部屋で酔っぱらった勢いで一夜を共にしてしまう。翌朝、ジニの家に来たアドミラルはパンツ一丁のアイアン・パーム、パジャマ姿のジニをみて、二人の関係を疑った。ジニは咄嗟の判断で、アイアン・パームはイトコだと説明してその場を凌いだ。彼氏がいるにもかかわらず、一途なアイアン・パームは、それでもジニに対して愛情をぶつける。金も地位も市民権も持っているアドミラル、国も名前も母国語も捨ててやってきたアイアン・パーム、この二人の男がジニを取り合いするお話。

監督は、本作デビュー作のユク・サンヒョ監督。
出演者は、韓国名チェ・ギョンダルで自称アイアン・パームと名乗る男を演じるのは『チャン』『ドクターK』のチャ・インピョ、アイアン・パームの元彼女ジニを演じるのは『シュリ』『燃ゆる月』のキム・ユンジン、タクシー運転手ドンソクを演じるのは『愛のゴースト』『幸福な葬儀屋』のパク・クァンジョン、ジニの現在の彼氏アドミラル・リーを演じるのは韓国映画デビュー作のチャーリー・チョン、ジニの友人グローリアを演じるのはアンジェリネス・サンタナ。

アイアン・パームの行動と表情が特長的に表現されている。ジニのために全てを捨ててロサンゼルスにやってきたことが、このような人物になっているのがみえる。入国してからは、韓国からアメリカにやってきたタクシー運転手ドンソク、再会を果たしたジニ、恋のライバルのアドミラル、友人グローリアたちにも英語で話すのだ。全てを捨てる意味として国を捨てることから、韓国語や名前を捨てる意味が込められており、このようなことになっている。中盤あたりから、韓国語も話しだすのだが。手だけでなくアイアン・パームの表情も硬く、喜怒哀楽がない感情表現が特長的になっている。それが、コメディ要素として込められており、笑いを誘う設定になっている。

三角関係の当事者であるジニは、今の彼か元の彼を取るかで悩む姿をみせることで、彼女の気持ちの変化をみせている。それが、ジニが骨折して自宅介護をアイアン・パームとアドミラルが日替わりで面倒をみているところにも表れている。アイアン・パームとアドミラルのやりとりは、完全にコメディを意識している。笑いの要素は、韓国風よりはアメリカ風な感じを受ける。彼らの違いが一目瞭然であり、アイアン・パームの真っ直ぐな想いだけがアピールになっている。

登場人物が少ない中、ポイントになっているが、タクシー運転手ドンソクの存在だ。初めはアイアン・パームが貸切でドンソクを指名していたが、ジニのこと知ると一緒に住んだり、タクシーの助手をさせたり、時にはアイアン・パームがピンチのときに現れるのだ。精神的な助けをしている存在が大きいのだ。

コメディ要素のアイテムとして電気炊飯器を全面に押し出しており、ご飯が詰まった電気炊飯器を開けて鉄拳をするシーンが複数回使われており、初めの方より忘れていた頃に出てくる方が笑える。アイアン・パームの目が血走っている表情が印象的だからだ。

監督がアメリカ在住というのがあってか、市民権に関するメッセージが込められている。アドミラル、ドンソク、グローリアは市民権を取得しているが、ジニとアイアン・パームは市民権がない。市民権がないことで、どのようなことで不便なのか、どのようなことが障害になっているのかもストーリーに盛り込んでおり、ジニとアイアン・パームに大きく関連してくるようになっている。

全体の台詞は、英語と韓国語が半々ぐらいで、アドミラルとグローリアは英語のみ、それ以外のアイアン・パーム、ジニ、ドンソクは英語と韓国語の両方を相手によって使い分けている。台詞だけを聞いていると韓国映画らしくなく、ストーリー展開も韓国映画というよりアメリカ映画に近い感じを受けるであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-04-16 19:09 | 282.アイアン・パーム
チャ・インピョ
b0097051_17121048.jpgチャ・インピョ
차 인표
1967年10月14日生

<映画出演作品>
b0097051_17125999.jpgアルバトロス
制作: 1996年韓国  監督: イ・ヒョクス
出演: チャ・インピョ、イ・ジョンジェ、イ・フィジェ 他
b0097051_17131214.jpgチャン
制作: 1998年韓国  監督: ヤン・ユノ
出演: チャ・インピョ、ソン・ユナ 他
b0097051_17132523.jpgドクターK
制作: 1998年韓国  監督: クァク・キョンテク
出演: チャ・インピョ、キム・ヘス、キム・ハヌル 他
b0097051_1713375.jpgアイアン・パーム
制作: 2002年韓国  監督: ユク・サンヒョ
出演: チャ・インピョ、キム・ユンジン 他
b0097051_17135121.jpgボリウルの夏
制作: 2003年韓国  監督: イ・ミニョン
出演: チャ・インピョ、パク・ヨンギュ、チャン・ミヒ 他
b0097051_1714651.jpg木浦は港だ
制作: 2004年韓国  監督: キム・ジフン
出演: チョ・ジェヒョン、チャ・インピョ、ソン・ソンミ 他
b0097051_17141878.jpg韓半島
制作: 2006年韓国  監督: カン・ウソク
出演: チョ・ジェヒョン、チャ・インピョ、アン・ソンギ 他
b0097051_22174091.jpgクロッシング
制作: 2008年韓国  監督: キム・テギュン
出演: チャ・インピョ、シン・ミョンチョル 他
b0097051_0403522.jpg石ころの夢
制作: 2009年韓国・日本  監督: チャン・ヨンウ
出演: チャ・インピョ、キム・ヒョジン 他
b0097051_21504062.jpgタワー
制作: 2012年韓国  監督: キム・ジフン
出演: ソル・ギョング、ソン・イェジン、キム・サンギョン 他
b0097051_21512877.jpg婚約
制作: 2012年韓国  監督: クォン・スンド
出演: ハン・ギョンヒ、チョ・ヨンジュ 他
b0097051_21505531.jpg風邪
制作: 2013年韓国  監督: キム・ソンス
出演: チャン・ヒョク、スエ、パク・ミナ、ユ・ヘジン 他
b0097051_18443633.jpg二人の少年
制作: 2013年韓国  監督: チョン・ギュファン
出演: チャ・インピョ、イ・テラン 他

[PR]
by nameinuuuu | 2007-07-07 10:41 | 俳優_FILE
韓国映画レビュー その149 「韓半島」
反日映画として有名になり、韓国国内で公開したときに日本のメディアも注目した作品。韓半島というよりは朝鮮半島という方が日本であればしっくりくる。韓流ファンの人たちも正面からこの作品を鑑賞することだ。

b0097051_1794083.jpg韓半島
制作年:2006年
監督:カン・ウソク
出演:チョ・ジェヒョン、チャ・インピョ、アン・ソンギ、ムン・ソングン、カン・シニル、キム・サンジュン、カン・スヨン
ジャンル:社会派ドラマ、アクション
鑑賞:韓国版DVD


韓国と北朝鮮の和解ムードが進み、韓国と北朝鮮を結ぶ京義線鉄道の開通式典が行われた。韓国の大統領(アン・ソンギ)と北朝鮮の総書記(ペク・イルソプ)が並んで座わり、歴史的な瞬間を待っているなかで、日本の外務省から連絡が入る。日本は、100年前の大韓帝国との条約を交わした条文をつきつけ、京義線所有権があると主張し、日本の主張はアメリカ、中国、ロシアといった国際社会が支持する。韓国と日本の会談でこの条文を破ると翌月に日本が韓国に貸す157兆円を白紙にし経済的圧力をかけると脅される。歴史学者のチェ・ミンジェ (チョ・ジェヒョン)は、100年前に交わした条文に印された高宗皇帝の国璽(こくじ:国家の印章)は日本が偽造した国璽で、本物はどこかに隠されていると言い出し、本物の国璽がみつかれば100年前に交わした条約は破棄されると信じている。韓国の首相クォン・ヨンファン(ムン・ソングン)は内政を考慮して日本の主張を呑むことを主張するが、韓国大統領は迷っている。首相からの命令で国家情報院書記官のイ・サンヒョン(チャ・インピョ)は、学生時代の先輩であるチェ・ミンジェのところに出向き、事を荒立てないで欲しいと言う。チェ・ミンジェは直接韓国大統領のところに出向き本物の国璽をみつければ日本の嘘を解明できるという。その言葉を信じた韓国大統領は個別にチェ・ミンジェを呼び出して本物の国璽をみつけることを認める。日本側の意向を受け入れるべきとする首相はイ・サンヒョンを使って、本物の国璽を探すことを妨害する。日本の圧力が強くなっていくなかで、本物の国璽を探すことができるのか、そして100年前に交わした条約を無効にして京義線鉄道を開通できるのかというお話。

監督は、『公共の敵』『シルミド』のカン・ウソク。出演者は、歴史学者チェ・ミンジェを演じるのは『悪い男』『木浦は港だ』のチョ・ジェヒョン、国家情報院書記官イ・サンヒョンを演じるのは『ドクターK』『木浦は港だ』のチャ・インピョ、韓国大統領を演じるのは『ピアノを弾く大統領』『シルミド』のアン・ソンギ、韓国首相クォン・ヨンファンを演じるは『秘花 ~スジョンの愛~ (原題:オー!スジョン)』『嫉妬は私の力』のムン・ソングン、高宗皇帝を演じるのは『散策』『闘師父一体』のキム・サンジュン、明成皇后を演じるのは『虹鱒』『輪廻 リ・インカーネーション(原題:サークル)』のカン・スヨン。

日本の報道では反日感情を全面に表現した作品として公開前から話題になっていた。韓国と北朝鮮を結ぶ京義線の開通を控えた未来の韓国が背景のフィクションということを冒頭から頭に入れとおく必要がある。ストーリー展開は、100年前の日本と大韓帝国で結ばれた条約を根拠に、韓国と北朝鮮の和解ムードに水をさし、日本の陰謀に立ち向かう韓国の大統領と歴史学者のチェ・ミンジェといったところだ。

京義線鉄道の開通中止するか続行するか悩んでいる韓国大統領において、なかなか結論を出さない日本は経済的な圧力に加えて、日本海に数艦のイージス艦、戦闘機を配備して軍事的圧力もかける。限られた時間の中で歴史学者チェ・ミンジェが主張する本物の国璽を探すことができれば、この事態は収まる。そして日本の主張は間違いであることを国際社会に示すことなのである。この事態は100年前に日本が大韓帝国を植民地にしたときの模様をダブらせる作りになっている。宮廷に日本軍が侵入してきて極悪非道な攻撃をして明成皇后を殺害して、高宗皇帝の側近たちと日本軍が手を組んで高宗皇帝を毒殺させてこの条約を交わした経緯を挿入している。明成皇后の殺害、高宗皇帝の毒殺といった明らかに怒りを煽るような作りになっている。やはり、悪の日本を象徴している内容になっているのは言うまでもない。100年前の日韓併合に至るまでも日本の軍事的な圧力によって行われ、現在も軍事的な圧力をかけて韓国を脅かすような感じだ。

『韓半島』を撮った監督のインタビューでは、「個人的な思いが強く作用した」「日本人の政治的な妄言や不適切な表現は、彼らの考えが現われている」といった具合である。そして国璽に関してはフィクションであるが、マッカーサーが日本から国璽を受け取り返したが、朝鮮戦争で行方不明になった事実を基づいて国璽を探し出すという設定をフィクションに盛り込んだそうだ。

まず、純日本人であるボクからしてみれば歴史を知っているのかと問いかけたい。日本の述べる歴史が捏造というのであれば、日本の歴史資料だけでなく、アメリカ、中国、ロシア、イギリス、オーストラリアなどの歴史資料を読めば一目瞭然である。サンフランシスコ講和条約で「朝鮮に対する全ての権利、権限、請求権の放棄」を認めているのであるから本作品の設定は絶対にありえないのである。近代史の本をかなり読んで勉強したので、この作品で描かれていることが完全なるフィクションであるのがわかるが、何も知らない人がみたらどのように感じるのか感想を聞いてみたい。この作品の出来事と歴史的事実の違いを述べるのは長くなるので省略する。

映画だから非現実的な設定はありかもしれないが、ちょっと無理があると感じる。描き方に足りない点は北朝鮮を完全に無視した形で韓国だけで事が進んでいることである。金正日似の北朝鮮の総書記を序盤に登場させたのであれば、南北での会談があってから日本と交渉になるのが政治的な進行であろう。北朝鮮を交えたストーリー展開であれば、もう少し盛り上がった気がする。

結局のところ、現実的思考の韓国首相と理想的思考の韓国大統領の戦いがメインとなっていて、悪玉を日本にしているだけである。韓国首相と韓国大統領のやりとりが多く、経済的な安定をとる韓国首相、過去の侵略や民族のプライドをとる韓国大統領がみえる。韓国大統領の苦悩や苦痛を顔のアップで表現しているが、正直何も感じなかった。

内容の構成は中盤まではしっかりと説明していたのでよかったが、終盤は中途半端に終わっているために結局どこまでを描きたいのかがみえない。終盤で日本政府の行動、韓国大統領と韓国首相の今後の動向を描いているが、序盤で設定している京義線鉄道開通のその後がどこかにいってしまっている。

是非、日本全国で一般上映してもらいたい作品である。有名な監督、日本でも知名度が高いかなり有名な俳優人たちがこの作品に出演している。日本で舞台挨拶にきて、この作品を宣伝して欲しい。そのときの日本人の反応をみてみたいからだ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-11-11 17:35 | 149.韓半島
韓国映画レビュー その32 「木浦は港だ」
b0097051_20553192.jpg木浦は港だ
制作年:2004年
監督:キム・ジフン
出演:チョ・ジェヒョン、チャ・インピョ、ソン・ソンミ、ソン・ビョンホ
ジャンル:コメディ
鑑賞:韓流シネマ・フェスティバル2005


ソウルの刑事イ・スチォル(チョ・ジェヒョン)はべク・ソンギ(チャ・インピョ)一派内部の麻薬ルートを探るために木浦のヤクザのソンギ組に潜入する。初め、ベク・ソンギと監房を共にしたチョ・テボムからの推薦書をイム・ジャギョン検事(ソン・ソンミ)が手に入れて、それをイ・スチョル刑事に渡す。その推薦書を持ってベク・ソンギを訪ねたイ・スチョル刑事は失敗。イ・スチョル刑事は自分の方法で潜入すると言って、ソンギ組の末端ヤクザになる。宝船探査事業誘致のための武術試合にソンギ組を代表するボクシング選手としてイ・スチョルが抜擢された。劇的なというかずるいKO勝ちをしたイ・スチョルは、これを期にソンギ組で出世した。べク・ソンギの右腕となったイ・スチョルは、麻薬密売の証拠を手に入れてソウルに戻ることができるかというお話。

本作がデビュー作のキム・ジフン監督。出演者は、『悪い男』『清風明月』のチャン・ヒョクチョ・ジェヒョン、『ドクターK』『ボリウルの夏』のチャ・インピョのベテラン俳優がメイン。そして、検事役にはヒロイン的存在のソン・ソンミを起用している。朝鮮半島の南西にある木浦(モッポ)が舞台で、景色は海が見える田舎町である。本作品は、2004年 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 グランプリを獲得した。

ソンギ組の麻薬密売の証拠を得るためにソウルの刑事イ・スチォルを潜入させる。組員になるまで大変な苦労をする。組員になったはいいが、末端組員で末端の中3人の先輩にパシリになっている。パシリっぷりがおかしくてしょうがない。この3人の先輩とは最後までコントのようなやりとりをする。笑いのツボに入ったので3人の先輩が出て来るだけでおもしろくてしょうがない。ボクシングの試合で勝ったイ・スチォルは、べク・ソンギの一番の弟分に出世して、ようやく潜入捜査ができる環境になった。そこそこ会っていたイム・ジャギョン検事とイ・スチォル刑事は、二人が一緒にいるところをべク・ソンギに見られてしまい、とっさにイ・スチォル刑事は彼女はイトコだと言って誤魔化した。しかし、べク・ソンギはイム・ジャギョン検事のことを一目ぼれし、メロメロになってしまう。

緑色のジャージを着た末端ヤクザの下働きから這い上がり出世して行く過程はテンポよく進み、みていてみやすい。軽快なギャグをうまいタイミングで入れているので笑いがたえない。べク・ソンギ親分は、本当は純情な心の持ち主である。『猟奇的な彼女』のクライマックスシーン(チョン・ジヒョン演じる彼女が山頂でチャ・テヒョン演じるキョヌに「キョヌ~、ミヤネ~」、「キョヌ~、ミヤネ~」と叫ぶシーン)、『8月のクリスマス』のクライマックスシーン(ハン・ソッキュ演じる青年と若い婦人警官を演じるシム・ウナが抱き合うシーン)を観て号泣している。べク・ソンギが鑑賞している映画のシーンをそのまま映している。しかも、パロディーチックに編集している箇所もある。

イ・スチォルが末端ヤクザの時につけられた「裏切り者」というあだ名が最後にちゃんと伏線になっている。イム・ジャギョン検事とイ・スチォル刑事は、本当のべク・ソンギの人間性をみることで情が生まれるのがわかる。ラストシーンも「おっ!」と意外な展開で幕を閉じるので見応えがある。チョ・ジェヒョンは、キム・ギドク監督作品に多数出演している俳優で、クセのある役柄ばかり演じているイメージだった。本作では、まともな人間でおもしろい刑事を演じているので演技の幅が広いなと感心した。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-05-23 21:03 | 32.木浦は港だ