韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ソン・ソンミ ( 8 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その347 「セックスインポッシブル~男はみんな狼だ!~ (原題:銀粧刀)」
b0097051_23575565.jpgセックスインポッシブル~男はみんな狼だ!~ (原題:銀粧刀)
制作年:2003年
監督:キム・ソンドク
出演:シネ、オ・ジホ、ユン・ダフン、ソン・ソンミ
ジャンル:コメディ
鑑賞:日本版DVD


観光名所にもなっている安東の実家で暮らす高校生ミンソ(シネ)は、厳しい父(ソン・ジェホ)、優しい母(ソン・オクスク)、知恵遅れの兄(チョン・ミョン)の4人家族で暮らしていた。ミンソは、父から護身のために先祖から伝わる銀粧刀を貰い受けた。ミンソは、父の反対をおしてソウルの大学を受験して合格した。真夜中に、母の手助けもあって夜逃げのようにしてミンソはソウルへ行った。法学部のミンソは、寮の同じ部屋でカリョン(ソン・ソンミ)、キョンジュ(チェ・ユンソ)と暮らしている。同じ大学のジュハク(オ・ジホ)は、ミンソに猛烈アタックしてようやく二人は付き合うようになった。肉体関係を望むジュハクであったが、ガードが堅いミンソは銀粧刀を使ってなんとか阻止していた。兵役を終えて復学したスンギル(ユン・ダフン)は、色気を武器に迫るカリョンといい感じになっていったが、肉体関係までいかないことにカリョンはイライラしていた。ジュハクを何とか男にしてやろうとスンギルがあるアイデアを提供して実践したが、なかなかミンソのガードは崩れない。大学の友人たちの間の恋愛をエロティックでコメディに仕上げたお話。

監督は、『ボス上陸作戦』のキム・ソンドク監督。
出演者は、女子大生ミンソを演じるのは『ボリウルの夏』のシネ、男子大生ジュハクを演じるのは『寵愛 (原題:美人)』『アイ・ラブ・ユー』のオ・ジホ、男子大生スンギルを演じるのは『夢中人』『ファミリー』のユン・ダフン、女子大生カリョンを演じるのは『盗られてたまるか』『菊花の香り』のソン・ソンミ、男子大生ドンジュを演じるのは本作スクリンデビューのハム・ジェヒ、女子大生キョンジュを演じるのは本作スクリンデビューのチェ・ユンソ、女子大生イネを演じるのは本作スクリンデビューのソン・ソニ、女子大生セジンを演じるのは本作スクリンデビューのユン・セヒ。

冒頭に歴史描写として、日本と朝鮮との間で起こった壬辰倭乱、清と朝鮮との間で起こった丙子胡乱といった出来事を使って銀粧刀の存在を示している。歴史アクションみたいな感じで始まっているから、これが続くのかと期待していたらほんの数分で終わってしまい、あとはミンソが幼い頃の時代(1988年)、ミンソが小~中学生ぐらいの時代(1996年)、ミンソが高校生の時代(2001年)という具合にスキップして進んで現在になっていく。冒頭シーンは、どんなことがあっても貞操を守ってきた家系というのをみせるためで、ミンソの父は先祖から受け継いできたことをミンソに分からせようとしている。星一徹のように食台をひっくり返すシーンは頑固オヤジを強調しているのがみられ、「巨人の星」を意識しているようにみえてしまう。

大学では、男三人組みジュハク(オ・ジホ)、スンギル(ユン・ダフン)、ドンジュ(ハム・ジェヒ)、女三人組みミンソ(シネ)、カリョン(ソン・ソンミ)、キョンジュ(チェ・ユンソ)の6人が勉強、恋愛、サークル、ダンス、食事、旅行といろいろな集まりで絡むように進行している。それぞれが自分の恋愛観とセックス観を持っており、それが6人の個性になっている。男性陣では、ジュハクは欲求不満でヤリたくてうずうずしており、スンギルは過去のトラウマで勃起不全になっていたり、ドンジュは真面目であるがそれなりに性欲がある。女性陣では、ミンソは結婚まで性的交渉を持つことを拒み、カリョンは色気全快で攻める恋愛であるがセックスがご無沙汰で焦っており、キョンジュはセックスに対して開放的な考えでよく男と寝てしまう。ジュハク-ミンソ、スンギル-カリョン、ドンジュ-キョンジュというカップルであるが、飛び入りで入ってくる女子大生たちが、男性陣と性的関係を持つことで揉めるような展開である。

エロティックな表現と下ネタ全快のコメディで笑いで押しているが、どれも笑えないコメディである。ひとつひとつのコメディネタが浅く、テンポも悪く、安っぽいノリがどうも気に障るのだ。ベットシーンもコメディを基本にしているから、セクシーな描写はほとんど見られないのが残念なところだ。

俳優陣に着目すると唯一の収獲は、ソン・ソンミの今までにないぶっ飛んだキャラクターだけである。二枚目のオ・ジホがどこまで変貌するか期待してみたがパッとしないし、シネは主役としてのパンチ力が弱くて表現力が乏しくみえてしまった。お薦め出来るような作品ではないが、クソ映画と分かった上で鑑賞するのであれば、諦めがついて新しい発見を探しながら、別の意味で楽しんでもらいたい。

【なめ犬的おすすめ度】 ★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-12-29 00:04 | 347.セックスインポッシブル
韓国映画レビュー その269 「菊花の香り」
韓国版DVDを発売日に購入した記憶があるこの作品。その当時は、日本で劇場公開するとは思わなかったからである。最近、久しぶりに再鑑賞したのでレビューを書いてみた。時間が経つと感想も変わってきた。

b0097051_20293712.jpg菊花の香り
制作年:2002年
監督:イ・ジョンウク
出演:チャン・ジニョン、パク・ヘイル、ソン・ソンミ
ジャンル:ラブストーリー
鑑賞:韓国版DVD


高校までアメリカで生活していた帰国子女のイナ(パク・ヘイル)は、ある日地下鉄のホームですれ違った菊の花の香りをした女性ヒジェ(チャン・ジニョン)に一目ぼれした。大学に入学した新入生イナは、勧誘する先輩に歴史研究会のサークルへ連れていかれ、そこでヒジェと再会した。ヒジェは、責任感が強く逞しい性格でこのサークルの会長であり、イナの先輩でもあった。夏の合宿で先輩たちは、よく働く後輩イナをみてサークルの仲間たちから受け入れられ、ヒジェの親友ジョンナン(ソン・ソンミ)は後輩イナのことを密かに心を寄せていた。その合宿中で溺れかけたヒジェを助けたイナは、目を覚ましたヒジェに愛の告白をするがあっさりとかわされてしまった。そして、ヒジェは大学を卒業してデザイナーの仕事に就いて活躍し、結婚間近であった。だが、ヒジェ、婚約者、ヒジェの父母の4人は交通事故に遭ってしまい、婚約者とヒジェの父母は亡くなってしまい、ヒジェだけが生き残った。ヒジェは、心を閉ざしてしまい、殻に閉じこもるような生活をしてしまう。一方、イナは兵役も終わり、大学を卒業してからラジオのPDをしていた。今でも好きでいるイナは、リスナーからの葉書ということで、ヒジェへのメッセージをDJが読んでいた。ジョンナンの助けもあり、再会したイナとヒジェは心を通わせ、ついに結婚した。幸せな日々を過ごす二人であったが、ヒジェは病魔に侵されていることがわかる。果たして、二人は今後どのような人生を歩み、どのような決断をするのかというお話。

監督は、本作デビュー作のイ・ジョンウク監督。
出演者は、イナの大学の先輩で現在デザイナーのヒジェを演じるのは『鳥肌』『オーバー・ザ・レインボー』のチャン・ジニョン、ヒジェの大学の後輩で現在ラジオのPDをするイナを演じるのは『ワイキキ・ブラザーズ』のパク・ヘイル、イナの大学の先輩で現在医者のジョンナンを演じるのは『マイ・ボス マイ・ヒーロー (原題:頭師父一体)』『盗られてたまるか』のソン・ソンミ、ソンホを演じるのは『江原道の力』『魚と寝る女』のキム・ユソク、イナのラジオ放送でDJをするウナを演じるのはアナウンサーのチョン・ウナ。

大学時代から先輩ヒジェのことを一途に愛していていたイナが、ようやく結ばれるが二人には悲しい運命がある純愛もの。

序盤は大学時代のサークル内の活動を中心に描かれ、先輩ヒジェと後輩イナの関係をみせている。イナからすると憧れの女性であるが、ヒジェにとっては良き仲間という関係がみられ、恋愛というよりは大学でよくある風景である。夏の合宿で二人の関係は接近するが、愛について深く考えているヒジェ、情熱的なイナというところで女性の方がかなり大人に描かれている。大学時代を多くみせたことで中盤以降の展開がおもしろく進んでいるように感じとれる。

大学時代の明るいヒジェ、両親と婚約者を亡くして落ち込むヒジェ、イナによって心を回復するヒジュという形で複数の顔をみせることで、感情の波をうまく描かれている。何気ないラジオ放送のメッセージと思いきや、気持ちが詰まったメッセージなのがなかなか憎い趣向だ。初めはイナ、次にヒジェがそのラジオ放送のメッセージを使うところもアイデアとしてはおもしろいところである。

ヒジェとイナの主役に隠れているジョンナンの存在が輝いている。大学を卒業して産婦人科医として活躍するジョンナンは、卒業後もヒジェとイナの両方と仲が続いている。二人の架け橋になっている存在でもあるが、イナに心を寄せているジョンナンは自分の気持ちを抑えているのがみられる。ヒジェに対してイナの一途な気持ちを知っているからであり、そして何より親友ヒジェのためでもある。二人の愛を妨害するのでなく、最後まで二人を支える彼女の姿勢が美しくみえた。

一番の見せ所は、ヒジェが妊娠を喜ぶと同時に末期ガンというところである。選択肢はいろいろあり、どれが最善であるかは一概にいえないが、お互いが相手を想う気持ちを持っていることでの決断であろう。ヒジェとイナの両方の感情をみながら、二人の愛の形を感じとって鑑賞してほしい作品だ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-03-04 20:38 | 269.菊花の香り
韓国映画レビュー その234 「ライアー」
アップするのに最近の作品にするか、ちょっと前の作品にするか悩んだすえにこの作品にした。ドタバタコメディであるが、「間」の使い方がうまいと感じた作品であった。

b0097051_12154962.jpgライアー
制作年:2004年
監督:キム・ギョンヒョン
出演:チュ・ジンモ、コン・ヒョンジン、ソ・ヨンヒ、ソン・ソンミ
ジャンル:コメディ
鑑賞:韓国版DVD


タクシー運転手のマンチョル(チュ・ジンモ)は、清純なミョンスン(ソ・ヨンヒ)と色っぽいジョンエ(ソン・ソンミ)の二人の女性の間を行き来しながら二重の結婚生活をしている。ある日、偶然にマンチョルはお客さんとして脱走犯で懸賞手配がかかっている凶悪犯(ハン・デソク)を乗せ、多めに運賃を払ってくれて降りたが、凶悪犯はタクシーに忘れたカバンに気づきマンチョルの車を追うが、マンチョルは多めのチップをとられると思い込んでスピードを上げて振り切ろうとしたところタクシーは横転して事故を起こし、それと同時に凶悪犯もこの事故にまきこまれてしまい、警察に身元がばれて逮捕された。偶然の事故が犯人逮捕に繋がったマンチョルに、市民の英雄を取材するためマスコミが押し寄せ、警察が捕まえられなかった凶悪犯とマンチョルが何か関係があると疑うパク刑事(ソン・ヒョンジュ)はマンチョルを調べ出す。二つの家を持つマンチョルは、両方の家にマスコミが流れてきて重婚がばれるのを恐れて、無職の親友ノ・サング(コン・ヒョンジン)に全てを話して助けを求めた。マンチョルとサングの二人は、その場限りの嘘をついて難を逃れていくが、次々と嘘を重ねていくことで問題は複雑になっていった。果たして、マンチョルはマスコミ、警察、ミョンスン、ジョンエに重婚がばれずに済むことができるのかというお話。

監督は、『同い年の家庭教師』のキム・ギョンヒョン監督。出演者は、タクシー運転手で重婚しているマンチョルを演じるのは『リアル・フィクション (原題:実際状況)』『MUSA -武士-』のチュ・ジンモ、マンチョルの親友サングを演じるのは『ラブ・インポッシブル~恋の統一戦線~ (原題:南男北女)』『踊るJSA (原題:東海の水と白頭山が)』のコン・ヒョンジン、マンチョルの妻ミョンスンを演じるのは『嫉妬は私の力』『ラブストーリー (原題:クラシック)』のソ・ヨンヒ、マンチョルのもう一人の妻ジョンエを演じるの『盗られてたまるか』『菊花の香り』のソン・ソンミ、パク刑事を演じるのは『あきれた男たち』『孟父三遷之教』のソン・ヒョンジュ、キム記者を演じるのは『爆烈野球団! (原題:YMCA野球団)』『TUBE』のイム・ヒョンシク。

タクシー運転手のマンチョルが偶然脱走犯を捕まえたことでマスコミや警察が騒ぎ出し、二重の結婚生活がばれるのを恐れて、親友サングをまき込み二人の妻、刑事、記者らに嘘で嘘を固めるようなことをして難を逃れていく姿を描いたコメディである。

いきなりマンチョルが事故を起こしたところからはじまり、マンチョルとミョンスンとのラブシーン、マンチョルとジョンエのラブシーンが連続に繋げて結婚写真をみせることで、マンチョルが二人の女性と結婚しているのを説明している。ミョンスンとは3周年、ジョンエとは1周年の同じ結婚記念日でしかもマンチョルの誕生日になっており、その日に事故を起こしているのだ。厳密には、ジョンエとの結婚は婚姻届を提出していないだけで事実上の結婚生活をしている。それぞれに2つの家があり、ミョンスンがいる家には現在親友のサングが居候し地味な生活をしている一方で、ジョンエがいる家はジョンエ自身が毛皮のディーラーで儲けているためゴージャスな生活をしている。事故後、マスコミがミョンスンのいる家に押し寄せてきたこと、そしてジョンエのいる家にも記者が押し寄せてきたことでマンチョルはサングに全てを話してこの危機を嘘で乗り越えようとする。

おおよその設定を記したが、この作品の良さは台詞にある。マンチョルとサングが仕掛け人の立場にいて、騙され役に妻ミョンスン、妻ジョンエ、パク刑事、キム記者、ゲイのアレックスという構図である。騙され役は、それぞれ違う事柄で説明されている点でおもしろさがある。騙され役通しが顔を合わせて会話しても話しが噛み合わないところ、変なレッテル(ミョンスンをアルツハイマー、ジョンエを女性の服を好んで着る男などなど)を知らずに貼られていたり、自分らにホモのレッテルを貼ったりするのだ。騙され役が、どのような嘘で騙されているのかを整理してみていると全体がみえて楽しめるし、その場を逃れる咄嗟の嘘とは思えないようなストーリーが展開しているのもこの作品の良さだろう。

本作品は、イギリスの舞台劇が原作になっていることで、ストーリーの骨組みがちゃんとしている。撮影されている場所がミョンスンやジョンエの家が中心になって少ないことから、台詞の言いまわしやテンポでみせるように感じとれる。

俳優陣に目を向けてみると、マンチョルやサングを追い回すキム記者がいい味を出しており、空気が読めない行動がなお一層笑いを誘う。それは全員が集結する終盤でおもいっきりみせてくれるのだ。キム記者を演じるイム・ヒョンシクだけでなく、コメディ作にはハマリ役のサングを演じるコン・ヒョンジン、夫を愛するあまりあたふたする姿をみせてくれるミョンスン演じるソ・ヨンヒ、かなり上から目線のジョンエ演じるソン・ソンミ、意地悪な刑事を演じるソン・ヒョンジュと脇を固める役者の活躍が目立つ。もちろん主人公マンチョルを演じるチュ・ジンモも忘れてはいけない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2007-09-17 13:35 | 234.ライアー
ソン・ソンミ
b0097051_2226340.jpgソン・ソンミ
송 선미
1976年9月13日生

<映画出演作品>
b0097051_22263832.jpg美術館の隣の動物園
制作: 1998年韓国  監督: イ・ジョンヒャン
出演: シム・ウナ、イ・ソンジェ、アン・ソンギ、ソン・ソンミ 他
b0097051_2226558.jpgマイ・ボス マイ・ヒーロー (原題:頭師父一体)
制作: 2001年韓国  監督: ユン・ジェギュン
出演: チョン・ジュノ、チョン・ウンイン、チョン・ウンテ 他
b0097051_2227759.jpgROUND1
制作: 2002年日本・韓国  監督: 山田大樹
出演: 畑山隆則、ソン・ソンミ、西村和彦 他
b0097051_22271950.jpg盗られてたまるか
制作: 2002年韓国  監督: イム・ギョンス
出演: パク・サンミョン、ソ・ジソプ、ソン・ソンミ 他
b0097051_22273255.jpg菊花の香り
制作: 2002年韓国  監督: イ・ジョンウク
出演: チャン・ジニョン、パク・ヘイル、ソン・ソンミ 他
b0097051_2228737.jpgセックスインポッシブル~男はみんな狼だ!~ (原題:銀粧刀)
制作: 2003年韓国  監督: キム・ソンドク
出演: シネ、オ・ジホ、ユン・ダフン、ソン・ソンミ 他
b0097051_22282431.jpg木浦は港だ
制作: 2004年韓国  監督: キム・ジフン
出演: チョ・ジェヒョン、チャ・インピョ、ソン・ソンミ 他
b0097051_22283638.jpgライアー
制作: 2004年韓国  監督: キム・ギョンヒョン
出演: チュ・ジンモ、コン・ヒョンジン 他
b0097051_22284967.jpg浜辺の女
制作: 2006年韓国  監督: ホン・サンス
出演: キム・スンウ、コ・ヒョンジョン、ソン・ソンミ、キム・テウ 他
b0097051_171065.jpg北村方向
制作: 2011年韓国  監督: ホン・サンス
出演: ユ・ジュンサン、キム・サンジュン、ソン・ソンミ、キム・ボギョン 他

[PR]
by nameinuuuu | 2007-06-27 21:38 | 俳優_FILE
韓国映画レビュー その142 「浜辺の女」
相変わらずホン・サンス監督らしい作品。個人的にこの監督の作品は苦手であったが、過去の作品と比べれば出来はよい方だ。映画祭ということで監督のティーチ・インも行われた。ボクにとってのこのティーチ・インはある意味答え合わせであった。

b0097051_15541053.jpg浜辺の女
制作年:2006年
監督:ホン・サンス
出演:キム・スンウ、コ・ヒョンジョン、ソン・ソンミ、キム・テウ
ジャンル:ラブストーリー
鑑賞:第19回東京国際映画祭


新しく作品の脚本がなかなかできず行き詰っている映画監督のジュンレ(キム・スンウ)。そこで、ジュンレは友人でもあり美術監督チャンウク(キム・テウ)を旅行に誘う。チャンウクは恋人ムンスク(コ・ヒョンジョン)とデートの約束をしていたがジュンレの誘いを断れず三人で西海岸のシンドゥリに行く。ジュンレはチャンウクからムンスクがジュンレ監督のファンであることを聞かされ、ジュンレはムンスクが気になりそしてムンスクもジュンレが気になる。その夜、チャンウクがシャワーを浴びている間にジュンレとムンスクは浜辺でデートをして、キスを交わし、ホテルの空き部屋で二人は愛を交わす。翌朝、ジュンレはムンスク、チャンウクと一緒にいることが気まずくなり、ソウルに帰ることにした。二日後、また同じシンドゥリに来たジュンレは、女友達と旅行にきていたソニ(ソン・ソンミ)に映画の取材をしたいと言って料理店に誘ってその後二人は一夜を過ごす。翌日、ムンスクは気になりジュンレのもとへたずねていき、ソニと出会う。西海岸シンドゥリを舞台に4人の男女のラブストーリー。

監督は、『気まぐれな唇(原題:生活の発見)』『女は男の未来だ』のホン・サンス。出演者は、映画監督のジュンレを演じるのは『人生の逆転 (原題:逆転に生きる)』『吹けよ春風』のキム・スンウ、チャンウクの恋人ムンスクを演じるのは本作がスクリンデビューのコ・ヒョンジョン、ジュンレの友人で美術監督チャンウクを演じるのは『女は男の未来だ』『顔のない女』のキム・テウ、ジュンレから取材を受けて関係をもつソニを演じるのは『菊花の香り』『木浦は港だ』のソン・ソンミ。

有名俳優四人を起用したラブストーリーであるが、実際は二つの三角関係で成り立っている内容である。前半は、ジュンレ(キム・スンウ)、チャンウク(キム・テウ)、ムンスク(コ・ヒョンジョン)といった男二人女一人の組み合わせの三角関係。後半では、ジュンレ(キム・スンウ)、ムンスク(コ・ヒョンジョン)、ソニ(ソン・ソンミ)といった男一人女二人の組み合わせの三角関係。ホン・サンス監督の特長は非常に表れた作品で、日常的な会話を中心とした男女の関係、必ず酒の席で長い時間議論し合う。

前半の中心人物は映画監督ジュンレ。前半の三角関係は、友人の恋人を取ってしまう離婚暦のある映画監督ジュンレ。飲食店で店員の態度の悪さにキレて出て行ってしまうジュンレ、店員に謝るチャンウクであるが、店から出て今度はチャンウクがジュンレにキレて戻って店員に謝るように怒鳴る。この一連の流れでも男の気持ちを出しており、ジュンレにとっては大した行動ではなく、チャンウクは恋人ムンスクがみていることでかっこいいところをみせようとしている。ホテルで三人で飲んでいるとき、海外留学の経験があるムンスクは、あっちでどれくらい男と付き合っていたのかをジュンレはムンスクの過去の恋愛を聞き出す。チャンウクは聞きたくないと拒否するが、ムンスクは素直に答えてしまう。二人の男たちは彼女の過去の恋愛を非常に強く気にしているのがみられる。

後半の中心人物はムンスク。後半の三角関係は、結婚しているが離婚寸前の悩みをかかえたソニと出会うジュンレが寝てしまうことで、ムンスクが二人の関係を突っついていく。ジュンレはムンスクにしつこくあの夜のことをきくが、あの手この手で誤魔化す。ノートにめちゃくちゃな論理を繰り広げて説明しているところは笑える。ムンスクとソニは嫉妬でいがみ合うような関係でなく、徐々に親しくなっていく。大人の女性な対応をしているムンスクとソニに対して、ジュンレがあまりに幼稚にみえてダメ男ぶりが表れている。

ソニがジュンレの部屋で財布をなくし、ソニの財布には大切なものが入っているという事柄が何かの伏線になっているのかと思っていたが、考えすぎであった。いろいろ伏線をはっているようにみえたが、結局はいつものホン・サンス・ワールドであった。男の言い訳や女の嫉妬心がおもしろく描かれており、会話だけでなく顔の表情や仕草でもわかるようになっている。ソニが登場してから三角関係の連鎖を表現しているのがわかる。男二人女一人から男一人女二人と移行していくからだ。ラストシーンにもその正解が出ている。このことはティーチ・インで監督が話していたから「やっぱり」と思った。

ダメキャラを演じるキム・テウのファンの人にとっては寂しいだろう。ソニが登場してから、全くチャンウクが登場しないからだ。ボクとしては早くソニを演じるソン・ソンミが出てこいと待っていた。正直、ソニとチャンウクが何らかの関係があるとずっと疑って鑑賞していたが、深読みしすぎていた。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-10-26 01:07 | 142.浜辺の女
韓国映画レビュー その114 「盗られてたまるか」
b0097051_20541165.jpg盗られてたまるか
制作年:2002年
監督:イム・ギョンス
出演:パク・サンミョン、ソ・ジソプ、ソン・ソンミ、チュ・スルギ、キム・ソク
ジャンル:コメディ
鑑賞:日本版DVD

国内最高のゲームプログラマーであるチェ・ガンジョ(ソ・ジソプ)。あらゆるもの全てを手に入れ、生活が退屈な彼にひとつだけ我慢できない誘惑がある。それは「盗み」であること。一方、小心者の公務員サンテ(パク・サンミョン)は、味覚音痴の妻マリ(ソン・ソンミ)、娘スア、息子スミンの四人暮らしで、郊外の家に住んでいる。ある日、サンテの家がガンジョのターゲットになった。家から30000ウォンがなくなり、テレビのリモコン、冷蔵庫の寿司が消えた。始め家族たちはサンテが盗んだと思いこんだが、泥棒の仕業であると気づいた。ガンジョはマリが作る今までに味わったことのない料理に魅了され、それから毎日のようにガンジョはサンテも家に盗みに入る。家族からダメ親父のレッテルを貼られたサンテが天才泥棒ガンジョを捕まえることができるかというお話。

本作がデビュー作のイム・ギョンス監督。出演者は、主人公の公務員サンテを演じるのは『ヒューマニスト』『達磨よ遊ぼう』のパク・サンミョン、ゲームプログラマーで泥棒のガンジョを演じるはスクリンデビューのソ・ジソプ、サンテの妻マリを演じるのは『美術館の隣の動物園』『マイ・ボス マイ・ヒーロー』のソン・ソンミ。原作は斉藤浩で、そもそも日本では1994年に萩庭監督が本作の元を映画化している。そのときの出演者は武田鉄矢、明石家さんま、田中美佐子である。日本映画のリメイクで、アクションシーンに色を付けたようなものである。

サンテの家族四人の紹介から始まり、味覚音痴の妻マリは遺伝からきているもので、見かけかは美味そうだが味がめちゃくちゃであり、その味覚音痴は娘や息子も遺伝しているのでサンテだけが妻マリの料理を美味しく食べれない。豚の耳を寿司にするのはどのような味がするのだろうか。沖縄料理のミミガーのような調理方法をとっていれば美味しいのだが、ただ豚の耳を千切って寿司にしていていれば予想がつかない味だ。一方、ガンジョは会社のプレゼンで泥棒をテーマにしたソフトを製作しており、自分の泥棒体験をベースになっている。サンテの家に泥棒に入ったことでサンテ vs ガンジョ に死闘が始まる。

サンテはあらゆる手を考えて泥棒ガンジョと対決する。愛犬を室内に入れてガンジョを捕まえようとしたり、家中を改造したり、体を鍛えるために道場に通ったりとサンテは努力する。家族からダメ親父と思われているサンテが父としてのプライドをかけて泥棒に立ち向かうといったところだ。内容は簡単に推測できてサンテがガンジョに勝つだろうと思うが(いつまでも泥棒が盗みを続けたらエンドレスになるから)、最後にオチをつけている。オチもなんだか物足りないものであり、舞台がほとんど家であるから大きな進展がないのだと感じる。序盤からすでにやることは決まっていて泥棒ガンジョから守るサンテをどのようにおもしろおかしくみせるかであるが、ちょっとしたユーモアとちょっとしたアクションを取り入れただけだ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-08-16 20:57 | 114.盗られてたまるか
韓国映画レビュー その44 「マイ・ボス マイ・ヒーロー (原題:頭師父一体)」
b0097051_1923591.jpgマイ・ボス マイ・ヒーロー (原題:頭師父一体)
制作年:2001年
監督:ユン・ジェギュン
出演:チョン・ジュノ、チョン・ウンイン、チョン・ウンテク、オ・スンウン
ジャンル:アクション、コメディ
鑑賞:韓流シネマ・フェスティバル2005


大親分からの信頼があるケ・ドゥシク(チョン・ジュノ)は、明洞(ミョンドン)派の親分として任された。副親分サンドゥ(チョン・ウンイン)と副親分テガリ(チョン・ウンテク)が親分ドゥシクを信頼している。だが、副親分を含む組員の教養がないことで大親分から高校を卒業しろと命令が下された。ドゥシクは、2年留年した20歳になりすまして私立高校に編入した。この高校の校長は、敵対する組と癒着していることが明らかになってくる。校長のやり方に反対する数学の先生(パク・チュンギュ)や英語の先生(ソン・ソンミ)を理不尽な方法でクビする。果たしてドゥシクは、この高校を卒業できるか、敵対する組との対決はどうなるかというお話。

本作がデビューのユン・ジェギュン監督。出演者は、親分役を演じる『アナーキスト』『黒水仙』のチョン・ジュノ、自称大卒の副親分を演じるチョン・ウンイン、石頭で教養のない副親分を演じる『友へ チング』のチョン・ウンテク、親分ドゥシクと恋に落ちる女子高校生イ・ユンジュ役を演じる新人のオ・スンウン、英語の先生役に『美術館の隣の動物園』のソン・ソンミ。

ヤクザの親分ドゥシクの教養のなさから始まった高校編入。本当の年齢を誤魔化して、周りの同級生や教師にはヤクザということを秘密にしている。無事卒業するために同級生にパシリをやらされても、カツアゲされても、手を出さないのが笑える。子分はそれをみてしめようとする素振りも笑える。原題の頭師父一体とは、親分と師匠と父は同じと意味で、先生はドゥシクにとって師匠と同じように感じている。その先生に暴力を振るう同級生の番長をドゥシクはキレて本気で番長をぶん殴ってしまってから同級生のみる目が一転、正義の味方みたいなってしまう。英語の先生に惚れる副親分サンドゥも一癖あるキャラである。生徒から尊敬されている数学の先生、コートを着たフルチンおじさん、本当にバカな副親分テガリなどキャラ設定はよい。だが、ラストの騒動は中途半端で終わっている。「悪の学校+敵対ヤクザ」対「正義の生徒+クビ教師+ドゥシク一派」になるのだが、グダグダになるのでその点がマイナス要因である。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-05-26 19:26 | 44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
韓国映画レビュー その32 「木浦は港だ」
b0097051_20553192.jpg木浦は港だ
制作年:2004年
監督:キム・ジフン
出演:チョ・ジェヒョン、チャ・インピョ、ソン・ソンミ、ソン・ビョンホ
ジャンル:コメディ
鑑賞:韓流シネマ・フェスティバル2005


ソウルの刑事イ・スチォル(チョ・ジェヒョン)はべク・ソンギ(チャ・インピョ)一派内部の麻薬ルートを探るために木浦のヤクザのソンギ組に潜入する。初め、ベク・ソンギと監房を共にしたチョ・テボムからの推薦書をイム・ジャギョン検事(ソン・ソンミ)が手に入れて、それをイ・スチョル刑事に渡す。その推薦書を持ってベク・ソンギを訪ねたイ・スチョル刑事は失敗。イ・スチョル刑事は自分の方法で潜入すると言って、ソンギ組の末端ヤクザになる。宝船探査事業誘致のための武術試合にソンギ組を代表するボクシング選手としてイ・スチョルが抜擢された。劇的なというかずるいKO勝ちをしたイ・スチョルは、これを期にソンギ組で出世した。べク・ソンギの右腕となったイ・スチョルは、麻薬密売の証拠を手に入れてソウルに戻ることができるかというお話。

本作がデビュー作のキム・ジフン監督。出演者は、『悪い男』『清風明月』のチャン・ヒョクチョ・ジェヒョン、『ドクターK』『ボリウルの夏』のチャ・インピョのベテラン俳優がメイン。そして、検事役にはヒロイン的存在のソン・ソンミを起用している。朝鮮半島の南西にある木浦(モッポ)が舞台で、景色は海が見える田舎町である。本作品は、2004年 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 グランプリを獲得した。

ソンギ組の麻薬密売の証拠を得るためにソウルの刑事イ・スチォルを潜入させる。組員になるまで大変な苦労をする。組員になったはいいが、末端組員で末端の中3人の先輩にパシリになっている。パシリっぷりがおかしくてしょうがない。この3人の先輩とは最後までコントのようなやりとりをする。笑いのツボに入ったので3人の先輩が出て来るだけでおもしろくてしょうがない。ボクシングの試合で勝ったイ・スチォルは、べク・ソンギの一番の弟分に出世して、ようやく潜入捜査ができる環境になった。そこそこ会っていたイム・ジャギョン検事とイ・スチォル刑事は、二人が一緒にいるところをべク・ソンギに見られてしまい、とっさにイ・スチォル刑事は彼女はイトコだと言って誤魔化した。しかし、べク・ソンギはイム・ジャギョン検事のことを一目ぼれし、メロメロになってしまう。

緑色のジャージを着た末端ヤクザの下働きから這い上がり出世して行く過程はテンポよく進み、みていてみやすい。軽快なギャグをうまいタイミングで入れているので笑いがたえない。べク・ソンギ親分は、本当は純情な心の持ち主である。『猟奇的な彼女』のクライマックスシーン(チョン・ジヒョン演じる彼女が山頂でチャ・テヒョン演じるキョヌに「キョヌ~、ミヤネ~」、「キョヌ~、ミヤネ~」と叫ぶシーン)、『8月のクリスマス』のクライマックスシーン(ハン・ソッキュ演じる青年と若い婦人警官を演じるシム・ウナが抱き合うシーン)を観て号泣している。べク・ソンギが鑑賞している映画のシーンをそのまま映している。しかも、パロディーチックに編集している箇所もある。

イ・スチォルが末端ヤクザの時につけられた「裏切り者」というあだ名が最後にちゃんと伏線になっている。イム・ジャギョン検事とイ・スチォル刑事は、本当のべク・ソンギの人間性をみることで情が生まれるのがわかる。ラストシーンも「おっ!」と意外な展開で幕を閉じるので見応えがある。チョ・ジェヒョンは、キム・ギドク監督作品に多数出演している俳優で、クセのある役柄ばかり演じているイメージだった。本作では、まともな人間でおもしろい刑事を演じているので演技の幅が広いなと感心した。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-05-23 21:03 | 32.木浦は港だ