韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:キム・レウォン ( 9 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その465 「仁寺洞スキャンダル」
絵画の価値、絵画の復元、絵画の贋作といった古美術の専門的知識がある人なら、詳しく描かれているから楽しめる作品だろう。
オム・ジョンファの日本語台詞が聴き取り難いので、どうにかならないのかな。

b0097051_1841567.jpg仁寺洞スキャンダル
制作年:2009年
監督:パク・ヒゴン
出演:キム・レウォン、オム・ジョンファ、イム・ハリョン、ホン・スヒョン
ジャンル:サスペンス、アクション
鑑賞:韓国版DVD


画家アンギョンが描いた名画「ピョガンド」が日本の京都で発見された。韓国の美術界を牛耳る女ボスの古美術画商ペ・テジン(オム・ジョンファ)は、400億ウォンの価値があるこの絵を買い付けた。そして、ペ・テジンと部下チャン・ソクチン(キム・ジョンテ)は、賭場で博打をしているイ・ガンジュン(キム・レウォン)に接触して、無理矢理連れて行った。イ・ガンジュンは、現在チンピラをしているが、パリの大学を卒業した天才復元家であり、過去の出来事によって復元作業の仕事をやめていた。ペ・テジンは、イ・ガンジュンに「ピョガンド」を復元するように多額の報酬で依頼した。ペ・テジンは、復元家イ・ガンジュンが一年で「ピョガンド」を復元することをニュースで公表して、大きく取り扱われた。イ・ガンジュンは、ペ・テジンが所有している仁寺洞のビル一階のフロアーで復元作業を始める。ペ・テジンは、世間から国宝と云われる名画の復元作業で注目されているが、裏では日本の古美術コレクターの黒田(白竜)と裏取引をしており、「ピョガンド」が復元したら高額取引することが決まっていた。一方で、イ・ガンジュンとその仲間たちサンボク(マ・ドンソク)、クンボク(オ・ジョンセ)、スジョン(チェ・ソンヒョン)は大きな計画を考えており、水面下で準備して徐々にその目的がみえてくる。また、骨董品や名画を取り扱った闇オークションが倉庫で行われ、チェ刑事(ホン・スヒョン)とカン刑事(キム・ビョンオク)ら警察たちは、違法取引を行う者たちを取り締まっている。果たして、名画「ピョガンド」を復元することが出来るのか、その背後にある謎の計画は成功するのかを描いたお話。

監督は、本作デビュー作のパク・ヒゴン監督。
出演は、古美術復元家のイ・ガンジュンを演じるのは『ひまわり』『花影』のキム・レウォン、古美術画商のペ・テジンを演じるのは『ミスター・ロビンの口説き方』『今、愛する人と暮らしていますか?』のオム・ジョンファ、クォン・マダムを演じるのは『ウォンタクの天使』『ブラボー・マイ・ライフ』のイム・ハリョン、ペ・テジンの部下チャン・ソクチンを演じるのは『ひまわり』のキム・ジョンテ、女性のチェ・ハギョン刑事を演じるのは『映画は映画だ』のホン・スヒョン、カン刑事を演じるのは『赤ちゃんと僕』『うちの学校のET』のキム・ビョンオク、イ・ガンジュンの仲間サンボクを演じるのは『ビースティ・ボーイズ』『グッド・バッド・ウィアード (原題:良い奴、悪い奴、変な奴)』のマ・ドンソク、イ・ガンジュンの仲間クンボクを演じるのは『京義線』『最強☆彼女 (原題:武林女子大生)』のオ・ジョンセ、イ・ガンジュンの仲間スジョンを演じるのは本作スクリンデビューのチェ・ソンヒョン。

古美術画商ペ・テジンが、名画「ピョガンド」を買い付け、復元家イ・ガンジュンに復元させるのが表向きの大きなストーリーの定義になっている。だが、多くのミッションが裏で実行されていることで、別々に進行しているサイドストーリーを理解していく必要があるのだ。

ペ・テジンは、儲けるためなら汚い手を使ってでも名品を得てきた古美術画商で、力ずくで手に入れたり、仲間を騙して自分が被害者づらしながらも実は一番儲けていたり、名声を得て今の地位にいるのである。ペ・テジンの過去の悪事を少しずつみせていくことで、多くのミッションが繋がっていくのである。

ペ・テジンの会社ビルで行われている画家ソン・テスの展示会で「ソン・テスの自画像」が盗まれる事件、闇オークションで「ソン・テスの自画像」が出品される事柄、イ・ガンジュンとその仲間たちが復元した「ピョガンド」を奪って贋作とすり替える計画、「ピョガンド」の贋作を作るまでの出来事、イ・ガンジュンが復元家をやめる原因となった行方不明の画家アンギョンが描いた名画「夢遊桃源図」、と様々な出来事が交錯しながらストーリーが展開されていく。非常にスピード感がある展開なので、ストーリーについていけないと混乱するであろう。

イ・ガンジュンが、ペ・テジンの会社ビル内で「ピョガンド」の復元作業をしているが、裏で「ピョガンド」の贋作を作る工程を詳しくみせている。美術に関して知識がなかったので関心したのが、絵画の復元作業や贋作の作り方である。絵画の紙が二枚重ねになっており、その意味や意図を説明している。そのようなことも含みながら、贋作を作っている工程もみせている。当時の紙質にするように紙を作るところから始まり、冷たい山の自然水を使ったり、長く使用していない廃屋の天井裏から塵を集めて紙に付着させたり、仕上げ作業に必要な液体を吹きかけている。絵画に詳しい人からみたら当然なのかもしれないが、全く知らなかったのでこれらの作業には驚きの連続であった。

ペ・テジンvsイ・ガンジュンの対決でもあるが、ペ・テジンの悪行によって多くの被害者がおり、彼らの復讐劇にもなっている。ペ・テジンの企みによって闇オークションで損害を受けたクォン・マダム(イム・ハリョン)や他の社長たち、右手が動かなくなった天才復元家、贋作工場の社長、亡くなった画家ソン・テス。もちろんイ・ガンジュンが復元した名画「夢遊桃源図」も絡んでいる。

警察の存在としては、イ・ガンジュンとペ・テジンに利用される役目であろう。二人がどのように警察を動かすかで、状況が変わるように出来ている。もう一つは、イ・ガンジュンとチェ刑事との因縁である。この部分は終盤のところだから触れないでおくが、イ・ガンジュンとチェ刑事の過去なのだ。

イ・ガンジュンの計画を遂行するのに重要な人物たちは、サンボク、クンボク、スジョンなのだ。イ・ガンジュンと三人の仲間たちとの関係は、同じ施設で育ったところからきている。かなり絆が深い関係であり、更にイ・ガンジュンが復元家になった経緯が絡んでいる。四人で海に行ったり、同じ部屋に泊まっているところをみると家族のような存在になっている。女性のスジョンが寝起きでお尻をかきながら堂々と歩いているシーンが物語っている。

多くのアイデアを用いている点は良いところであるが、構成に難があり、纏まっていないのが大きな欠点である。素材としては良いのだが、それを活かしきっていないのが現状だ。ひとつひとつの出来事の作りは良いのだが、これらを繋げるテクニックがあればと惜しい作品である。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-03-07 18:58 | 465.仁寺洞スキャンダル
韓国映画レビュー その372 「キム・レウォンの引越し大作戦 (原題:2424)」
b0097051_22255034.jpgキム・レウォンの引越し大作戦 (原題:2424)
制作年:2002年
監督:イ・ヨヌ
出演::チョン・ウンイン、チョン・グァンニョル、キム・レウォン
ジャンル:コメディ
鑑賞:日本版DVD


カン・ヨング(チュ・ヒョン)がボスをしている暴力団は、ナンバー2のパク・テホ専務(チョン・グァンニョル)、イ室長(キム・セヨン)、チェ課長(ハン・ピルス)、オ代理(チョン・ギョンホ)、そしてボスの妻グァンジャ(イェ・ジウォン)がいる。パク・テホ専務は、時価300億ウォンのダイヤモンドを唐辛子味噌の壺に入れて、国外へ持ち出して逃亡しようと計画しており、暴力団が借りていたマンションの一室を引き払うために引越し業者を雇った。暴力団の計画を察知していた検察と警察は、引越し業者に偽装して暴力団の所持している証拠品を押収して逮捕しようと計画する。「韓進宅配」という引越し業者に偽装したチェ・ドゥチル検事(チョン・ウンイン)とトッコ・ジン刑事(ソ・ユジン)たちは、パク・テホ専務たちに指示されながら荷物をトラックに運んでいく。一方、「韓進宅配」をクビになったイクス(キム・レウォン)は、前科ものの若者ハンシミ(パク・チェウン)、トゥドリ(パク・ソンジン)、タビニ(イ・サンイン)を部下にして引越し業の独立会社を設立した。ある夫婦の引越しを請負ったイクスたちは、荷物を積み込み、引越し先のマンションに到着したら、「韓進宅配」の作業員に偽装した検事と刑事に出くわした。「韓進宅配」に恨みを持つイクスは、業者に偽装しているチェ・ドゥチル検事に因縁をつけたり、業者に偽装しているトッコ・ジン刑事を口説こうとしている。検事と刑事たちは、荷物を積み込んだトラックを押収して多くの刑事たちが荷物を調べたが証拠品は見つからず、暴力団たちも唐辛子味噌の壺の中に入っていたはずのダイヤモンドが消えていた。唐辛子味噌の壺に入っているダイヤモンドをめぐって、暴力団、検事と刑事、そこに引越し業者、引越してきた夫婦が絡んだドタバタ劇を描いたお話。

監督は、本作デビュー作のイ・ヨヌ監督。
出演者は、チェ・ドゥチル検事を演じるのは『北京飯店』『マイ・ボス マイ・ヒーロー (原題:頭師父一体)』のチョン・ウンイン、暴力団パク・テホ専務を演じるのは『私にも妻がいたらいいのに』『ベサメムーチョ』のチョン・グァンニョル、引越し業者のイクスを演じるのは『ハーピー』『プライベートレッスン青い体験 (原題:青春)』のキム・レウォン、トッコ・ジン刑事を演じるのは本作スクリンデビューのソ・ユジン、暴力団ボスの妻チョ・グァンジャを演じるのは『アナーキスト』『気まぐれな唇』のイェ・ジウォン、暴力団ボスであるカン・ヨングを演じるのは『ハッピー・エンド』『これが法だ』のチュ・ヒョン。

単純に言うと、ダイヤモンドが隠された壺が、他の壺と紛れた事から沸き起こるドタバタ劇である。暴力団の内部抗争、暴力団と検事&刑事、検事&刑事と引越し業者、引越し業者と仕事依頼した夫婦といった形でストーリーが展開されている。暴力団の内部抗争は、パク・テホ専務とボス妻グァンジャが怪しい関係になっており、二人がボスを裏切ってダイヤモンドを占める計画をしている。暴力団と検事&刑事は、ダイヤモンドの行方をめぐる攻防である。検事&刑事と引越し業者は、捜査妨害されたり、イクスとトッコ刑事との恋をみせている。引越し業者と仕事依頼した夫婦は、引越しに纏わる押し売り業者のコメディをみせながら、家族の温もりをみせている。

本筋はダイヤモンドの行方であり、暴力団と検事&刑事の攻防なのであるが、そこに引越し業者、引越ししてきた夫婦、ボス妻グァンジャの友人、押し売り業者、謝罪を求めるしつこい男といった登場人物がどんどん広がっていくことで、物語に纏まりがないものに仕上がっている。幾つかの物語が並行に流れているのであるが、切り替えが下手なためにごちゃごちゃして観づらくなっているのが欠点である。

コメディ要素としては、非常に貧相であり一度も笑わなかった。イクスのガムテープ攻撃、眉毛がなくなりマジックで書くチェ検事、マヌケな暴力団のイ室長&チェ課長&オ代理の三人組みが作り出す笑い、引越ししてきた夫婦宅に現れる押し売り業者たちといったジャブのような笑いをみせているが、どれも面白くなくセンスが全くない。

コメディを主として、アクションやヒューマンドラマを混ぜながら、ラブストーリーをひとつまみ入れた作品になっている。コメディ作品としては完全に死んでおり、非常にテンポが悪いのだ。複数の物語をしっかりと整理して、切り替えを上手にすれば、少しは良くなるであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-04-04 22:34 | 372.2424
韓国映画レビュー その351 「ひまわり」
前回アップした『熱血男児』と同じようなテーマの作品。血縁関係でない年配女性とヤクザの男が母子のような関係を設定しているところである。両作品を比較してみたが、評価は五分五分な感じである。
余談だが、受験勉強するテシクとヒジュの会話の中に出てくる「微分積分」、終盤に出てくる「ラプラス変換」のところをみて、自分の学生時代を思い出してしまった。

b0097051_19311538.jpgひまわり
制作年:2006年
監督:カン・ソッポム
出演:キム・レウォン、キム・ヘスク、ホ・イジェ
ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ
鑑賞:日本版DVD


高校を中退して不良学生だけでなくヤクザたちも倒してしまう稀代の悪テシク(キム・レウォン)は、この町を縄張りとしていたヤクザのドピルと乱闘になり殺してしまい、殺人罪で刑務所に服役することになった。この町の縄張りは、当時テシクの子分であったヤンギ(キム・ジョンテ)とチャンム(ハン・ジョンス)が仕切ると思っていたら、暴力団のボスのチョ・パンス会長と手を組んでビョンジン(チ・デハン)が仕切ることになる。だが、ヤンギとチャンムも仕方なくチョ・パンス会長と手を組んでビョンジンを制圧し、この町はチョ・パンス会長が仕切り、ヤンギ、チャンム、ビョンジンを部下にしたのである。10年が過ぎ、仮釈放になったテシクは、服役中に頻繁に面会にきてくれた「ひまわり食堂」を切り盛りする女将トクチャ(キム・ヘスク)のところに訪ねる。そして、トクチャはテシクを息子のように受け入れてくれて、トクジャの娘ヒジュ(ホ・イジェ)と三人で一緒に暮らし、テシクの新たな人生が始まった。テシクは、刑務所に服役しているときから持っていた小さな手帳に自分が達成したいことをメモしてあったり、決して行ってはいけない事柄も書いてあり、その手帳を大切にしている。堅気として人生をやり直すために、近所の自動車整備工の会社で働き、真面目な勤務態度をみて社長(イ・ホソン)の信頼を得ていた。一方で、テシクが恐ろしい存在であることを知っているチョ・パンス会長、ヤンギ、チャンム、ビョンジン、そしてテシクの同級生だった警察官ミンソク(パク・ソンウン)もテシクの動きを警戒していた。この町はテシクがいない間に大きく変わってしまい、チョ・パンス会長は市会議員となって町の再開発を実行しようとしており、土地の権利をなかなか譲らない「ひまわり食堂」に暴力を使って狙ってくる。テシクは、「ひまわり食堂」の女将トクチャとその娘ヒジュと三人で人生の再出発を決意していたが、かつての敵や子分であった者たちの妨害によって裏世界の暴力に翻弄されるお話。

監督は、『どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるホン班長』のカン・ソッポム監督。
出演者は、刑務所から仮釈放されたテシクを演じるのは『マイ・リトル・ブライド (幼い新婦)』『Mr.ソクラテス (原題:ミスター・ソクラテス)』のキム・レウォン、ひまわり食堂を営んでいる女将のトクチャを演じるのは『霊 -リョン-』『マイ・ブラザー』のキム・ヘスク、トクチャの娘ヒジュを演じるのは『卑劣な街』のホ・イジェ、市会議員で暴力団のボスでもあるチョ・パンス会長を演じるのは『恋の罠 (原題:淫乱書生)』『礼儀なき者たち』のキム・ビョンオク、チョ・パンス会長の部下ヤンギを演じるのは『僕の彼女を紹介します』『おまえを逮捕する (原題:強力3班)』のキム・ジョンテ (旧芸名:キム・テウク)、チョ・パンス会長の部下チャンムを演じるのは『TUBE』『顔のない女』のハン・ジョンス、チョ・パンス会長の部下ヒョンジンを演じるのは『私の男のロマンス』『裸足のギボン』のチ・デハン、テシクの同級生で警察官のミンソクを演じるのは『チャーミング・ガール (原題:女、チョンヘ)』『Mr.ソクラテス (原題:ミスター・ソクラテス)』のパク・ソンウン。

若い頃やんちゃしていたテシクが、刑務所から出てきて全うな人生を送ろうと決意するが、それを昔の敵や仲間たちが妨害していく中、血のつながらない母トクチャとその娘ヒジュとの家族愛を描いている。

テシクと昔の敵や仲間たちの関係は冒頭のあらすじで書いたので繰り返さないが、テシクは喧嘩が極端に強く酒を飲むと無敵化するのである。昔のシーンは、テシクの同級生だった警察官のミンソク(パク・ソンウン)がパトカーで張り込みしているとき相棒に話しながら回想シーンをみせている。「ひまわり食堂」の土地を狙っていたチョ・パンス会長たちだが、テシクが「ひまわり食堂」に住み着いてしまったことで難しい状況に追い込まれ、あの手この手と考えて「ひまわり食堂」を潰しにかかろうとするのである。

テシク、トクチャ、ヒジュの三人の絆が徐々に深まっていく過程がよく出来ている。照れもあり素直になれないテシクが、トクチャの悲しい表情をみてストレートな感情をぶつけていたり、強気な性格で口が悪いヒジュが、本当は優しい女の子であるところをテシクにみせていくのだ。自動車整備の仕事を真面目にしたり、初めての給料でトクチャとヒジュにプレゼントをしたり、来年大学受験をするヒジュと同様にテシクも大学受験のために勉強したりと温かい家族を作り上げているのだ。テシクが初給料でトクチャとヒジュにプレゼントするところが好きなシーンで、トクチャに靴を渡すときにヒジュが「抱きしめろ」とテシクにジェスチャーしているところや、ヒジュにはポータブルマルチプレイヤーを屋上で渡すが一度断り再び勉強しているテシクの部屋に来てコーヒーを差し入れてポータブルマルチプレイヤーを差し出すところが素直になれないヒジュの性格をテシクがよくわかっていると感じられる。

現在では敵となっている昔の仲間やチョ・パンス会長の性格がうまく設定されている。喧嘩っぱやい単細胞なチャンム、冷静に状況を分析するヤンギ、昔テシクに足を負傷させられたが感情的にならず対話によって解決しようとするビョンジン、何が何でも手に入れる非道な性格のチョ・パンス会長という感じだ。敵の性格がしっかりと描かれていることで、チョ・パンス会長の組織の中での動きも明確にみえるし、テシクとの関係もおもしろいように表現されている。

ヒジュが通う予備校で数学教師をしているウンミ(パク・ウネ)が意外と影響力のある存在なのだ。テシクとかつて同級生だったウンミとの再会、ウンミにちょっと嫉妬するヒジュ、終盤にみせるヒジュの将来の方向性といった重要なところなのだ。特別出演だから少しだけの登場なのが残念なところである。

終盤は、暴力の連鎖をみせており、お約束のような展開をみせている。トクチャやヒジュや仕事場に被害がいくところ、テシクの最後の決断は誰もが予想できる流れであろう。隠し味として、テシクとトクチャの間にある真実、チョ・パンス会長の子分の裏切りといったところも見所になっている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-01-15 19:45 | 351.ひまわり
韓国映画レビュー その250 「ハーピー」
日本でも知名度があり、TVドラマでも活躍しているキム・レウォンとイ・ジョンヒョンが出演しているからDVD化されたのかもしれないこの作品。TVドラマ【美しき日々】が、NHKで放送していた頃にこの作品を劇場公開していたらお客が入ったかもしれない。同じようなホラー映画『REC』を劇場で鑑賞したから、これも手を出していたかもしれない。内容が『REC』以下なだけに危ない危ない。

b0097051_2115475.jpgハーピー
制作年:2000年
監督:ラ・ホボム
出演:イ・ジョンヒョン、キム・レウォン、キム・コッチ
ジャンル:ホラー
鑑賞:日本版DVD


女子高生スヨン(イ・ジョンヒョン)は、高校の映画サークルで脚本を担当している。この映画サークルは、学校側の資金が乏しいために生徒たちが資金を出している。金持ちの令嬢であるスヨンとイェリム(キム・コッチ)が多くの資金をサークルに投入している。スヨンは、同じサークル仲間で同じクラスの不良のヒョヌ(キム・レウォン)のことが好きであるが、ヒョヌは同じサークル仲間のイェリムと交際している。ヒョヌは、スヨンをバイクの後部座席に乗せたり、お金を借りたり、クラブに踊りに連れて行ったりと仲良くしていた。イェリムは、恋の三角関係によって苦しみ、スヨンに嫉妬をして、友人たちと一緒にスヨンを苛めるようになる。ある日、映画サークルの部員たちは、教室で殺人のシーンを撮影しているときにカメラマンのキョンジェ(キム・ジェドン)とヒョヌが殴り合いの喧嘩をして空気が悪くなった。その夜にキョンジェが何者かに襲われて、足を骨折して入院する羽目になり、カメラマンが不在になり映画サークルの部員たちは困っていた。そんなときに、顧問の先生がカメラマンのテドン(チョ・ドギョン)を新入部員として迎え入れた。纏まりつつある映画サークルの仲間たちは、スヨンが書き下ろした「ハーピー」というホラー映画の撮影のために人里離れた山荘に合宿する。そこで、脚本と同じように映画サークルの仲間たちが次々と殺されていく。果たして、この謎の連続殺人の裏には何が秘められているのかというお話。

監督は、本作がデビュー作のラ・ホボム監督。映画サークルで脚本を担当するスヨンを演じるのは『つぼみ』『愛と悲しみのマリア (原題:マリアと旅人宿)』のイ・ジョンヒョン、映画サークルでは俳優を担当する不良のヒョヌを演じるのは『男の香り』『プライベートレッスン 青い体験 (原題:青春)』のキム・レウォン、ヒョヌの恋人イェリムを演じるのは『バッド・ムービー』『リング・ウイルス (原題:リング)』のキム・コッチ。

前半は恋の三角関係を舞台にした学園ドラマ、後半は映画サークルの部員たちが山荘で連続殺人にまき込まれるホラーもの。ジャンルとしてはホラーになるが、前半の学園ドラマの尺が長いせいか青春ドラマっぽくみえるかもしれない。

前半の学園ドラマは、同じクラスで同じ映画サークルに所属しているスヨン、ヒョヌ、イェリムの三角関係が中心になっている。真面目でお嬢さんのスヨン、バイクに乗ったりクラブ通いをする不良なヒョヌ、援助交際をしたり校内でタバコを吸うちょっと不良なイェリムという設定でラブストーリーは進んでいく。イェリムの独占欲が大きく出ており、ヒョヌに対してはスヨンに近づくなと言ったり、スヨンに対しても忠告したり苛めたりとして、まさに悪役的な位置にいる。

新カメラマンのテドンの登場で学園ドラマが少しずつホラーっぽく変わっていく。テドンは、気になっているイェリムを尾行したり、謎の相手とチャットしたりと行動が怪しいのだ。そして、夜の教室でヒョヌのことでイェリムとスヨンは殴り合いの喧嘩になる事件が発生したことで、三角関係の問題も少しは収束したかにみえる。

大きくストーリーが動くのは、映画撮影のために山荘で合宿するところである。次から次へと部員たちが死んでいくシーンは、何故このようなことが起こるのかという謎が本作品の見せ所であろう。一応は、前半の学園ドラマのシーンで伏線らしきものをしているが、表現方法がヘタクソである。

全体像からして、ホラー要素としての恐怖は乏しくて残念なところである。そして、バックミュージックや効果音が映像と合っておらず、映像の貧弱さからして完成度が低く感じた。しかもナレーションを入れている意味が分からない。正直、ナレーションを入れないで無音の方がマシだ。でも、終盤に明かされる連続殺人の謎は、「なるほど!そうしたか」って感じでここだけは褒めるところかもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★
[PR]
by nameinuuuu | 2007-12-08 21:14 | 250.ハーピー
キム・レウォン
b0097051_1557101.jpgキム・レウォン
김 래원
1981年3月19日生

<映画出演作品>
b0097051_1558565.jpg男の香り
制作: 1998年韓国  監督: チャン・ヒョンス
出演: キム・スンウ、ミョン・セビン 他
b0097051_15581969.jpgハーピー
制作: 2000年韓国  監督: ラ・ホボム
出演: イ・ジョンヒョン、キム・レウォン、キム・コッチ 他
b0097051_15583189.jpgプライベートレッスン青い体験 (原題:青春)
制作: 2000年韓国  監督: カク・チギュン
出演: キム・レウォン、キム・ジョンヒョン、チン・ヒギョン、ペ・ドゥナ 他
b0097051_15584562.jpgキム・レウォンの引越し大作戦 (原題:2424)
制作: 2002年韓国  監督: イ・ヨヌ
出演: チョン・グァンニョル、チョン・ウンイン、キム・レウォン 他
b0097051_1558593.jpgアメノナカノ青空 (原題:...ing)
制作: 2003年韓国  監督: イ・オニ
出演: イム・スジョン、キム・レウォン、イ・ミスク 他
b0097051_15591022.jpgマイ・リトル・ブライド (原題:幼い新婦)
制作: 2004年韓国  監督: キム・ホジュン
出演: キム・レウォン、ムン・グニョン 他
b0097051_15592641.jpgMr.ソクラテス (原題:ミスター・ソクラテス)
制作: 2005年韓国  監督: チェ・ジノン
出演: キム・レウォン、カン・シニル、イ・ジョンヒョク 他
b0097051_15593981.jpgひまわり
制作: 2006年韓国  監督: カン・ソッポム
出演: キム・レウォン、キム・ヘスク、ホ・イジェ 他
b0097051_10295089.jpg花影
制作: 2007年日本  監督: 河合勇人
出演: 山本未來、キム・レウォン、石黒賢、佐藤浩市 他
b0097051_1851561.jpg仁寺洞スキャンダル
制作: 2009年韓国  監督: パク・ヒゴン
出演: キム・レウォン、オム・ジョンファ 他
b0097051_104657.jpgマイ・リトル・ヒーロー
制作: 2012年韓国  監督: キム・ソンフン
出演: キム・レウォン、イ・ソンミン、チョ・アン、イ・グァンス 他

[PR]
by nameinuuuu | 2007-07-07 10:25 | 俳優_FILE
韓国映画レビュー その201 「Mr.ソクラテス (原題:ミスター・ソクラテス)」
新たな気持ちで201本目のレビュー。2006年12月に日本で劇場公開された作品。コメディとしては大して笑えないし、アクションとしては迫力がない中途半端な感じである。

b0097051_18171213.jpgMr.ソクラテス (原題:ミスター・ソクラテス)
制作年:2005年
監督:チェ・ジノン
出演:キム・レウォン、カン・シニル、イ・ジョンヒョク、ユン・テヨン
ジャンル:アクション、コメディ
鑑賞:日本版DVD


周囲から恐れられていた不良青年のドンヒョク(キム・レウォン)は、ヤクザ組織に拉致された。そのヤクザ組織とは、バカで何も疑わない奴を選択して警察組織にスパイとして忍び込ませるのだ。今まで警察組織にスパイしていた者が死亡したために新しい人材としてドンヒョクが選ばれた。古ぼけた廃校に閉じこめ、ドンヒョクを教育するのがボムピョ先生(カン・シニル)である。ボムピョ先生は軍隊経験と刑務所暮らし経験があり、ヤクザ組織の中では偉い存在の人物である。教育する内容は、受験勉強をして検定試験、警察官採用試験に合格するための勉強である。強制的に勉強をさせられたドンヒョクは、見事に検定試験、警察官採用試験を突破して交通課の警官になった。ヤクザ組織の手助けもありドンヒョクは幾つもの事件を解決して、ついに凶悪犯罪を扱う強力班の刑事になった。刑事となったドンヒョクは、服役している父、不良の弟ドンピル(ホ・ジョンミン)、直属の上司シン・テソプ班長(イ・ジョンヒョク)と接して正義の道に目覚め始めていた。だが、ドンヒョクが刑事まで育ててくれたヤクザ組織の陰謀がわかり、ドンヒョクの心の中で葛藤しだす。果たして、ドンヒョクは刑事として正義を貫く選択をするのか、それともヤクザ組織の目的通りスパイとしてずっと潜り込んでいくのかというお話。

監督は、『ファミリー』のチェ・ジノン監督。出演者は、ヤクザ組織のスパイとして刑事になったドンヒョクを演じるのは『アメノナカノ青空 (原題:...ing)』『マイ・リトル・ブライド (原題:幼い新婦)』のキム・レウォン、ヤクザ組織のボムピョ先生を演じるのは『Some(サム)』『公共の敵2』のカン・シニル、ドンヒョク刑事の上司シン・テソプ班長を演じるのは『マルチュク青春通り (原題:マルチュク通り残酷史)』『シンソッキ・ブルース』のイ・ジョンヒョク、ヤクザ組織の仲間のチョ・デス弁護士を演じるのは『HEAVEN ヘブン (原題:天士夢)』『おまえを逮捕する (原題:強力3班)』のユン・テヨン、ヤクザ組織のボスのチャン・テチュン会長を演じるのは『4人の食卓』『ファミリー (原題:家族)』のチョン・ウク、ヤクザ組織のハンドゥを演じるのは『天国からの手紙 (原題:火星に行った男)』『無影剣』のパク・ソンウン。

ヤクザ組織らの陰謀により刑事となった元不良青年ドンヒョクが、何故自分が刑事になったのかという真実を知り、正義と悪の間にいる自分の存在を見つめなおし、自分の生き残りをめざすアクションコメディもの。

序盤は、不良青年ドンヒョクを強調するため電車内での悪行、友達が犯罪をして困って相談しているのに警察に通報して仲間を裏切ったり、服役している父との関係を描いている。ヤクザ組織に拉致されて教育を受けるが、反抗する態度をコメディタッチで表現している。暴力で押さえつけたり、ドラム缶に逆さずりにして水攻めをしたり、電車の線路に手錠で縛りつけて問題を解かせたり、逃亡もできずにこの勉強から逃れるには死ぬしかないと脅され、めちゃくちゃな行動で勉強させるのだ。警察になるまでの勉強シーンやヤクザ組織の行動やドンヒョクの父や弟の説明が長いために、途中で飽きてくるのが正直なところだ。本筋の警察とヤクザ組織の対立が描かれている後半のシーンが短くなってしまっているので、細かいところが描けずにショートカットしている感じを受けた。検定試験を受けるところと合格シーンはあるが、その先にある警察官採用試験までの道程がスッポリと抜けていきなり警察官になっているのは手抜きにしかみえない。

中盤以降は、交通課の警察官になったドンヒョクであるが、ヤクザ組織らはこの状態では使い物にならないから刑事まで昇進させ、刑事としてレベルを上げるために手助けをするのだ。ここもいい加減に作られており、ヤクザ組織の仲間たちが強盗を装ったふりをしてドンヒョクに捕まるようにしたり、ドンヒョク刑事の上司シン・テソプ班長が無理難題の事件を担当させるが、ヤクザ組織の力によってドンヒョクは事件を次々と解決していく。一番の見せ所である刑事とヤクザ組織の対立を描くシーンが時間上なのか短くなってしまい、全体の構成が完全に失敗している。

ヤクザ組織に絡んでいるチョ・デス弁護士やヤクザ組織のボス、警察側のシン・テソプ班長と検事との関係、ドンヒョクとシン・テソプ班長の関係をもっと多く描く必要があり、犯罪ものアクション色が弱くてコメディ色だけが強調して残ってしまっている。ドンヒョクの親子関係も今一歩であり、弟の位置も有効に使われていない。ドンヒョクがヤクザ組織の正体を知ってからが盛り上がるところだが、その状況をもう少し早い段階で描いていればヤクザ組織と警察のどちら側につくのかというドンヒョクの選択がおもしろく表現できたと思われる。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2007-04-20 18:27 | 201.Mr.ソクラテス
韓国映画レビュー その166 「アメノナカノ青空 (原題:...ing)」
b0097051_2175818.jpgアメノナカノ青空 (原題:...ing)
制作年:2003年
監督:イ・オニ
出演:イム・スジョン、キム・レウォン、イ・ミスク、チェ・ドンムン
ジャンル:ラブストーリー
鑑賞:韓国版DVD


幼い頃から体が弱く病院を入退院していたミナ(イム・スジョン)は、高校生になり学校生活を楽しく過ごすつもりでいたが、なかなか友人もできず馴染めなかった。ミナの左手は先天的な奇形でそれを隠すために常に白い手袋をつけて学校に通う。父は既に亡くなっているが、とっても仲のよい母ミスク(イ・ミスク)と幸せに過ごしている。ある日、ミナのマンションの階下に写真専攻の大学生ヨンジェ(キム・レウォン)が引っ越してくる。ミナの宝物のライターを借りたことを口実にヨンジェはミナに近づき始める。ヨンジェは、ミナの写真を撮ったり、学校の前に迎えにきたり、自分が育てた亀をプレゼントする。日常生活の中に入ってくるヨンジェにミナは徐々に惹かれていく自分に気づき始める。しかしミナが残り少ない命であると知り、二人の関係は今後どのような展開になっていくのかというお話。

本作品がデビュー作の撮影当時28歳の若い女性イ・オニ監督。出演者は、体が弱い女子高生ミナを演じるのは『ピアノを弾く大統領』『箪笥(原題:薔花、紅蓮)』のイム・スジョン、カメラマンの青年ヨンジェを演じるのは『プライベートレッスン 青い体験(原題:青春)』『2424』のキム・レウォン、ミナの母親ミスクを演じるのは『燃ゆる月』『スキャンダル』のイ・ミスク。

難病に侵されているミナが、図々しいけれど人がよい憎めない青年ヨンジェと出会って、今までに体験できなかったことを楽しみ、生きていることの充実感でいっぱいに暮らせるようになる。だけど、死ぬ運命にあるミナは恋人ヨンジェや母ミスクとどのように愛を感じることができるのかというところだ。

ミナは、母には内緒でビールを飲んで、煙草も吸ってロックサウンドが大好きだが決して非行少女ではない。たまたま窓際で煙草を吸っていたミナをみかけたヨンジェは、ミナに興味をもち近づき、陽気なヨンジェに初めはなかなかミナは自分をみせずにいた。だが、積極的なヨンジェがミナに近づくことによって、ふとした瞬間にヨンジェのことが好きになっていたのだ。ラブストーリーとしては、大学生と高校生の純愛系でゆったりした恋の流れになっている。これだけなら、ただのハッピーエンドになってしまうが、ミナは難病を抱えているのだ。

ミナとヨンジェのラブストーリーでもあるが、もう一つの見せ場は母ミスクと娘ミナの熱い母娘愛が感動を誘うのだ。母を名前で呼び合う仲の二人は、お互いが信頼し合っているし、気持ちも繋がっている。残り少ない命であることを医師から聞かされていた母は、娘を死ぬまで入院させるのでなく好きなように生活をさせて楽しませるようにさせる気持ちが伝わる。旦那に先に逝かれて一人で娘を育てる母は、日記帳に娘ミナへの気持ちや旦那への気持ちを綴っているのだ。この日記帳が大きな伏線になっていて、ミナが自分の命が残り少ないことを知ったのがこの日記帳なのだ。なんだか、恋愛よりも母娘愛の方が強い感じを受けるストーリーになっている。

いい味を出しているのは、ミナが通っている高校で自主的に交通整備をしている青年である。過去に交通事故で恋人を亡くしたことで、忘れられなくてはじめた交通整備。登場は少ないが、この青年の行動にミナの心を変化させることになる。

難病を抱えるヒロインとの泣かせる恋愛ものになっているが、母ミスクの存在が大きいことで娘への愛をうまく表現して、ありきたりの恋愛映画と違って工夫をしている。映像面で気を使っているのがわかり、内面に青空と雲の絵が描いてある傘が空に舞う演出やマンションの下から上にドーナッツ状にしたタバコの煙を飛ばすといったところだ。非常にもったいないところは、ミナの左手を序盤でみせてしまったところだ。ミナが買い物帰りにヨンジェともみ合って偶然左手がみえてしまい気まずくなるシーンだ。最後の最後までこの左手の状態を映像化せずに隠して、最後のあのシーンに繋げていればもっと感動的になったと思う。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2007-01-04 21:13 | 166.アメノナカノ青空
韓国映画レビュー その130 「マイ・リトル・ブライド (原題:幼い新婦)」
b0097051_224252100.jpgマイ・リトル・ブライド (原題:幼い新婦)
制作年:2004年
監督:キム・ホジュン
出演:キム・レウォン、ムン・グニョン、キム・インムン、ハン・ジニ
ジャンル:ラブストーリー
鑑賞:韓国版DVD


24歳のプレイボーイの大学生サンミン(キム・レウォン)、16歳の純粋な女子高生ボウン(ムン・グニョン)は家が隣りの幼なじみ。サンミンの祖父とボウンの祖父は親友であり、ある約束をしていた。それは二人の子供を結婚させることであったが、両方とも男の子であったために孫の代まで続いてしまった。二人はボウンの祖父から突然、二人は結婚しなければならないと命令される。当然のように拒む二人であったが、昔から二人が結婚するのが夢だった祖父が、病状が悪化して入院することになった。祖父の最後の願いと言われ断りきれず、サンミンとボウンは仕方なく結婚する。結婚をしたがキスもしていない16歳の幼い花嫁をなんともできないサンミンは、既婚者になってしまいナンパもできずにいたが、結婚生活に誠実にボウンの世話をすることを決めた。新婚旅行で済州島へ行くつもりでいたが、当日ボウンは空港から逃げだし、サンミンは仕方なく一人で済州島に行くはめになった。ボウンは以前から憧れていた野球部の主将ジョンウとデートする。そんなときにサンミンが教習生としてボウンの学校に行くことになった。学校や周囲には結婚していることを隠していたサンミンは、よりによってボウンのクラスで授業する。ボウンはサンミンに内緒でジョンウと高校生らしい付き合いをして、秘密にしているサンミンとボウンの結婚生活はどうなっていくかというお話。

本作品がデビューのキム・ホジュン監督。出演者は、大学生サンミンを演じるのは『プライベートレッスン青い体験 (原題:青春)』『アメノナカノ青空 (原題:...ing)』のキム・レウォン、女子高生の妻ボウンを演じるのは『永遠の片想い (原題:恋愛小説)』『箪笥 (原題:薔花、紅蓮)』のムン・グニョン。おもしろいことに『箪笥』で主役の姉妹の姉役を演じたイム・スジョンは、『アメノナカノ青空 (原題:...ing)』でキム・レウォンと共演している。

ボウンの祖父の勝手でサンミンとボウンは結婚することになるが、新婚旅行から逃亡するボウンは戸惑っているのがわかる。今まで兄妹のような関係で育ってきた二人だからだ。サンミンとボウンが結婚していることを知っているのは、お互いの家族、親戚、ボウンの親友、サンミンの大学の友達、ボウンの学校の校長ぐらい。結婚生活は、賃貸マンションでお互い別々の部屋で大人の関係のない単なる形だけの生活。

前半は、お互いが憧れている人物との関係が中心になっている。ボウンは野球部のジョンウに憧れていて相手も好意をもっておりデートする。ジョンウは女子高生から人気者であるので、ボウンは周りから反感もかわれていた。ボウンの気持ちとしては、本当の気持ちにまだ気づいていない段階である。言ってみれば普通の女子高生の感覚になっている。サンミンは、大学で美術の勉強に励むというよりは、友人たちや密かに憧れている先輩ジス(キム・ボギョン)と飲み食いしている。友人たちから高校生の妻をもらって羨ましいという感じでからかうが、先輩ジスはボウンのことも気をかけている。先輩ジスの存在は、登場シーンは少ないが大きな役割を果たしており、サンミンの本当の気持ちに気づいているからだ。

後半はサンミンが教習生としてボウンの学校に行くことになってからだ。二人が夫婦であることを同僚の先生たちや生徒たちにばれないようにしなければばらないからだ。授業中に汗を拭くのにポケットからだしたのがボウンのパンツで、それに気づくボウンはジェスチャーで知らせるヒヤヒヤする学校生活。この結婚に危うい人物は、ボウンの担任のキム先生(アン・ソニョン)。キム先生の積極さには笑いがとまらない。年下好きのキム先生はサンミンを口説き落とそうと、酒に酔った振りをしながら肩にもたれ誘惑してくるは、昼ごはんの弁当を作ってくるは、そして家まで押しこんでくる始末。このような邪魔なキャラがいることでコメディさをだしている。

この結婚もクライマックスに新たな展開を見せる。要はサンミンとボウンの心の奥底にある感情に気づくことである。ボウンの気持ちを加速させたのは学園祭での壁画であったのかもしれない。青春ドラマでもあり、ちょっとしたコメディを交えたラブストーリーである。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-09-19 22:49 | 130.マイ・リトル・ブライド
韓国映画レビュー その27 「プライベートレッスン 青い体験 (原題:青春)」
b0097051_22123631.jpgプライベートレッスン 青い体験 (原題:青春)
制作年:2000年
監督:カク・チギュン
出演:キム・レウォン、キム・ジョンヒョン、チン・ヒギョン、ペ・ドゥナ
ジャンル:青春ドラマ
鑑賞:日本版Video


ソウルから田舎の河東に転校してきた高校三年生のジャヒョ(キム・レウォン)は、スイン(キム・ジョンヒョン)と親友になる。ジャヒョは、同級生のハラ(ユン・ジヘ)の誘惑のまま初体験を済ませる。だが、ジャヒョはハラを負担に感じて冷たい態度をとるようになり、ショックを感じたハラは自殺してしまう。スインは、国語のジョンヘ先生(チン・ヒギョン)に恋をするが失恋してしまう。ジャヒョとスインは、慶州の大学に進学し、一つの部屋で二人は暮らしはじめた。ジャヒョは手当たり次第にヤリまくっていたら性病にかかり、通院している病院の看護婦のナモク(ペ・ドゥナ)と付き合うようになる。一方で、スインはジョンヘ先生を忘れるために先輩ユニョン(キム・ジュリョン)と付き合うがジョンヘ先生のことが忘れることが出来なかった。対照的なジャヒョとスインの若者の波乱に満ちた性体験を通して、青春期特有の葛藤を描いたお話。

監督は、『冬の旅人』『若き日の肖像』の代表作を生み出したカク・チギュン監督。出演者は、ジャヒョを演じるのは『男の香り』のキム・レウォン、スインを演じるのは『Interview』のキム・ジョンヒョン、看護婦ナモクを演じるのは『ほえる犬は噛まない』のペ・ドゥナ、ジョンへ先生を演じるのは『ディナーの後に』『新装開店』チン・ヒギョン、ジャヒョの初体験の相手ハラを演じるのは『囁く廊下』のユン・ジヘ、スインの大学時代の相手ユニョン先輩をキム・ジュリョンが演じる。役者として成長した彼ら彼女たちは、今ではかなりの豪華キャストにみえてしまう。日本では、セックスシーンが多いことで「エロス」系の棚にあるのが悲しい。実際は、単なるエロス映画ではなく、若者たちの恋愛模様を描いている。

主要キャラ6人の登場人物を整理してみてほしい。

ナモク(ペ・ドゥナ)                 ユニョン(キム・ジュリョン)
 ↑                           |
今の恋人                       好き
 ↓                           ↓
ジャヒョ(キム・レウォン) ←?- 親友 ─→ スイン(キム・ジョンヒョン)
 ↑                           |
昔の恋人                       好き
 ↓                           ↓
ハラ(ユン・ジヘ)                  ジョンヘ先生(チン・ヒギョン)

誰が誰に好意を持っているのかがわかれば、ストーリーはかなり解けこみやすくなる。高校時代と大学時代では大きく心の変化が見えている。高校時代は受身の姿勢で消極的であったが、大学時代では積極的に女性と接している。高校時代にジャヒョは自分の態度によって同級生ハラを自殺に追い込んでしまう。スインは、ジョンヘ先生に片想いするが子供扱いされて相手にされない。大学時代、ジャヒョはいろいろな女性とヤリまくっていたが看護婦ナモクに出会う。スインは、ユニョン先輩と愛のないセックスをし、未だにジョンヘ先生のことが忘れられない。ジャヒョとスインの違う恋愛感と苦悩がみえる。

後半で大きく変わるのが、スインが偶然ジョンヘ先生と出会い一夜だけ共にするところだ。スインは自殺してしまい、ジャヒョ宛てにテープが残っている。そしてナモクから手紙をもらう。そこで、スインの気持ちが全てわかる。そして、今までスインの行動や態度をみているとジャヒョに対して親友以上の気持ちをもっている気がする。だから上述の相関図に「?」をつけているのだ。手紙の内容やその後の態度をみると、まさにペ・ドゥナ演じるナモクに助演女優賞を与えたいぐらいだ。本当は、綿密に作られている作品なのにセックスシーンの多さで日本では駄作扱いのように端っこに置かれているのが残念である。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-05-19 22:43 | 27.プライベートレッスン青い体