韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:キム・ユンジン ( 7 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その768 「隣人」
b0097051_13733100.jpg隣人
制作年:2012年
監督:キム・フィ
出演:キム・ユンジン、マ・ドンソク、チョン・ホジン
ジャンル:スリラー


ウォン・ヨソン(キム・セロン)は、夜遅くに塾が終わり継母ソン・ギョンヒ(キム・ユンジン)から携帯電話に連絡があって、塾へ迎えに行けないことになり、ひとりでバスに乗って最寄駅に着き、雨の中歩いて団地に向かう途中、ヨソンに車が近づきそのまま疑いもなく車に乗り込んで消息が途絶えた。京畿道で14歳の中学生ヨソンがバラバラ死体で発見され、テレビのニュース番組で放送される。カンサン団地11棟202号に住む継母ギョンヒは、泥んこ混じりの娘ヨソンが帰宅する幻覚をみて、夫ウォン・ジョンマン(チャ・グァンス)が娘の死を受け入れるよう説得し、娘が生きていたときの生活を思い出す。鞄屋店主キム・サンヨン(イム・ハリョン)は、ニュース番組で赤い鞄が映り、その鞄が自分の店で売ったのを思い出す。ピザ屋の店員アン・サンユン(ト・ジハン)は、いつも10日毎にピザとコーラを注文するカンサン団地11棟102号に住むリュ・スンヒョク(キム・ソンギュン)の部屋に配達へ行っており、ニュース番組で殺人が10日間隔で起こっているのを聞き、偶然の一致に驚いている。11棟302号に住む金貸し屋のアン・ヒョンモ(マ・ドンソク)は、警察に疑われて任意同行に応じ、指紋と髪の毛を渡しDNA鑑定をし、アリバイがあることでそのまま釈放される。アン・ヒョンモは、叔父(チョン・インギ)の借金返済を催促しており、親族ですら暴力を振るう。10棟303号に住むハ・テソン(チャン・ヨンナム)は、ゴミ処理について管理室にいるファン警備員(キム・ギチョン)に話しており、同じ団地の住人が少女殺人事件の被害を受けていることで、自分の娘スヨン(キム・セロン二役)の身を心配している。ピョ警備員(チョン・ホジン)は、夜遅く中学生スヨンが管理室に現れて、福祉センターのイベントについて話し、真っ暗だから気をつけて帰るよう気にかける。周辺で10日おきに連続殺人事件が起きており、カンサン団地の住人たちは恐怖におびえながら日々過ごしている。そんなとき、カンサン団地内である事件が起こり、第二の被害者が出てしまう。カンサン団地の住人や周辺の人々は、事件に巻き込まれていくお話。

監督は、本作デビューのキム・フィ監督。
出演は、11棟202号に住む継母ソン・ギョンヒを演じるのは『ハーモニー』『ハートビート (原題:心臓が走る)』のキム・ユンジン、11棟302号に住む金貸し屋アン・ヒョンモを演じるのは『犯罪との戦争:悪い奴らの全盛時代』『パーフェクト・ゲーム』のマ・ドンソク、団地の警備員ピョ・ジョンロクを演じるのは『あなたの初恋探します (原題:キム・ジョンウク探し)』『マイウェイ』のチョン・ホジン、11棟102号に住むリュ・スンヒョクを演じるのは『犯罪との戦争:悪い奴らの全盛時代』のキム・ソンギュン、ギョンヒの娘ヨソンとテソンの娘スヨンの二役を演じるのは『冬の小鳥 (原題:旅人)』『アジョシ (原題:おじさん)』のキム・セロン、鞄屋店主のキム・サンヨンを演じるのは『私の愛、私のそばに』『グッドモーニング・プレジデント』のイム・ハリョン、10棟303号に住むハ・テソンを演じるのは『Mr.アイドル』『青い塩』のチャン・ヨンナム、ピザ屋の店員アン・サンユンを演じるのは『マイウェイ』のト・ジハン、団地の警備員ファン・ジェヨンを演じるのは『チャンプ』『占い師たち』のキム・ギチョン、ピョ警備員と一緒にいるキム・ジョングクを演じるのは『逮捕王』『特捜本』のキム・ジョンテ、ヒョンモの叔父を演じるのは『死体が帰ってきた』『ヨンガシ』のチョン・インギ、ギョンヒの夫ウォン・ジョンマンを演じるのは『薔薇色の人生』のチャ・グァンス。

作品のジャンルとしてはスリラーになるが、娘を失った継母ギョンヒや秘密の過去を持つピョ警備員をみせることで情緒を交えており、異質なスリラーものになっている。冒頭に殺人事件の被害者がカンサン団地の住人の中学生ヨソンであり、ヨソンを監禁するリュ・スンヒョクをみせていることで、謎解きのようなサスペンス要素をみせるのではなく、猟奇的な行動をとるリュ・スンヒョクが様々な人物と接触することで恐怖を与えていく展開である。

継母ギョンヒ、金貸し屋ヒョンモ、ピョ警備員、殺人鬼リュ、女子中学生スヨン、鞄屋店主キム、母テソン、ピザ屋の店員サンユン、この八人に各々物語があり、それぞれ接点がありながら、殺人犯と同じ団地に住む人々の心理戦が加わっている。

継母ギョンヒは、連れ子のヨソンを失ったことで、あのとき自分が塾へ迎えに行っていればという後悔を持ち、決まった日に帰宅するヨソンの幻覚をみて精神的に追い詰められるのだ。生前のヨソンとの関係を回想シーンでよみがえらせ、実は二人の間は徐々に近づいていたことがみえてくるのだ。ヨソンは、器用に心を開くことが出来ず、「新しいママ」に遠慮しながら話していたが、継母ギョンヒが柿が好きなことを知って用意したり、卓上カレンダーに継母の誕生日がチェックしていたのだ。継母ギョンヒは、ヨソンの幻覚が繰り返し現れることによって、母子の関係を強くみせていくようになるのだ。更にギョンヒは、ヨソンにそっくりな眼鏡をかけたスヨンと出会うことで変化が生じ、終盤ターゲットになるスヨンを守ることで過去の呪縛を振り払おうとしている。

金貸し屋ヒョンモは、如何にも犯罪者面をしており、腕の刺青をみせつけるような服をきている。親族の叔父に仕事として殴って催促しているが、実は他にも理由がありヒョンモの母が亡くなったとき、母の弟のくせに葬式に来なかったことを未だに怒っているのだ。強面な存在だが、女子中学生スヨンが駐車場でヒョンモが運転する車を誘導したり、刺青を触って好意的なことを発したり、ヒョンモを怖がらず普通に接していることで、見かけとは違う一面をみせているのだ。いつも殺人鬼リュがヒョンモの駐車スペースに車を止めるから喧嘩になり、ヒョンモが圧倒的な強さをみせている。ガチンコ勝負になれば殺人鬼リュも所詮は雑魚なのだろう。

殺人鬼リュが序盤で殺人犯であることをみせており、ヨソンの殺害証拠をみられてファン警備員(キム・ギチョン)を殺すことで周囲が動きだすのだ。殺人鬼リュの部屋には地下室があり、そこで死体を処理したり、人を監禁するのに使っている。殺人鬼リュの部屋に訪れるテソンであったり、水道代が膨大なため水道管の点検にきたピョ警備員、殺人事件と関連があって怪しいと睨んで部屋を覗き込むピザ屋の店員サンユン、紙一重の状況をみせることで恐怖をみせている。鞄屋店主キムが鞄を買った人を思い出したことで殺人鬼リュに監禁されるあたりから、ストーリーが激しく揺れ動いていくのだ。

ピョ警備員は、過去に大きな過ちを犯したのを徐々にみせているのだ。序盤からピョ警備員の傍にいる眼鏡をかけたキム・ジョングク(キム・ジョンテ)の存在である。会話をしているようにみえるが、一方的に聞き手になっていたり、その会話の内容でピョ警備員の過去が推測できるようになっている。ピョ警備員は、ずっと過去の行動を悔いているのをみせており、その感情を小出しのようにみせている。精神的に追い込まれていくピョ警備員にある能力を持っていることがわかり、それによってキム・ジョングクが何者か明確にわかるようにしているのだ。

一番盛り上げている人物は、二役を演じている子役キム・セロンであろう。控えめな性格ではあるが心優しいヨソン、社交的で誰とでも話しをするスヨン、この二人を使い分けて演技していることで、別々の人物としてみえるようになっている。顔が似ていることで近隣の人たちも間違えてしまうシーンが幾つかみせているが、ヨソンとスヨンは違う。継母ギョンヒと娘ヨソン、母テソンと娘スヨン、ギョンヒとスヨンの組み合わせをみせることで、それぞれに色をみせている。

観る側は、殺人犯が始めからわかった状態なので、殺人犯探しではなく、殺人犯がどのような行動をとって、その後収束していくのかをみせている。そこに同じ団地住人の人たちの心情をみせながら進行して、各々のエピソードが交わる形をとっている。各々に接点があって絡み合っているのでオムニバス作品ではないだろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-04-19 13:35 | 768.隣人
韓国映画レビュー その511 「ハーモニー」
b0097051_1858337.jpgハーモニー
制作年:2010年
監督:カン・デギュ
出演:キム・ユンジン、ナ・ムニ、カン・イェウォン、イ・ダヒ
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:動画


女性刑務所で臨月をむかえた囚人ホン・ジョンヘ(キム・ユンジン)は、服役中に男の子ミヌを出産した。ジョンヘと同室の囚人たちである死刑囚キム・ムノク(ナ・ムニ)、太った囚人カン・ヨンシル(パク・チュンミョン)、パーマ頭の囚人チ・ファジャ(チョン・スヨン)、囚人たちと親しくしている若い刑務官コン・ナヨン(イ・ダヒ)は、赤ちゃんのミヌをわが子のように可愛がる。ジョンヘたちの監房に、口数が少ない囚人カン・ユミ(カン・イェウォン)が入ることになる。無愛想なユミは、近づいてきた赤ちゃんのミヌを追っ払ったことで、ジョンヘと殴り合いの喧嘩になり、二人とも独房に入れられる。二人は、独房で過去に自分が起こした犯罪を思い出してしまい、ユミはその苦しみに耐えられず壁に頭を叩きつける行動に出てしまい、病院で手当てするほど怪我をした。監房に戻ったジョンヘとユミは、重苦しい空気が流れるが、赤ちゃんのミヌがユミに近づき抱きしめることで、死刑囚ムノクがミヌの行動をユミに解説して、監房の雰囲気はいつものように戻った。囚人たちは、刑務所のホールに集まり、招待された合唱団の歌を聴くイベントが行われ、その後に刑務官が囚人たちで合唱団を作るといった呼びかけのポスターを貼る。そこで、ジョンヘと同室たちの囚人や希望した囚人たちが集まって合唱団を結成する。そんな中で、各々の囚人たちは、自分の家族との間に問題が多発していく。多くの問題を乗り越えながら、囚人たちは合唱団を続けていき、4年が過ぎ去る。そんなとき、ジョンヘたちを収容している女性刑務所の合唱団「ハーモニー」が、クリスマスイヴにソウルで行われるイベントに招待された。そのイベントには、合唱団に所属している囚人たちの家族を招待することができる。果たして、各囚人たちとその家族たちがそのイベントを通して、それぞれの問題を解決できるのか、そしてトラブルが発生したこのイベントに彼女たちは参加できるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のカン・デギュ監督。
出演は、囚人ホン・ジョンヘを演じるのは『6月の日記』『セブンデイズ』のキム・ユンジン、囚人キム・ムノクを演じるのは『大誘拐 ~クォン・スンブン女史拉致事件~』『ガールスカウト』のナ・ムニ、囚人カン・ユミを演じるのは『1番街の奇跡』『海雲台』のカン・イェウォン、太った囚人カン・ヨンシルを演じるのは『サイボーグでも大丈夫』『大誘拐 ~クォン・スンブン女史拉致事件~』のパク・チュンミョン、パーマ頭の囚人チ・ファジャを演じるのは『殺したい男』のチョン・スヨン、若い刑務官コン・ナヨンを演じるのは『腹黒い母娘』のイ・ダヒ、パン女性刑務官を演じるのは『7級公務員』『不信地獄』のチャン・ヨンナム。

囚人たちとコン刑務官で構成されたチョンジュ女性刑務所合唱団「ハーモニー」の結成と公演がありながら、各々の囚人たちとその家族たちとの間の問題を描いているヒューマンドラマである。

同じ監房にいるのが、服役中に出産した子持ちのジョンヘと息子ミヌ、古株のムノク、太ったヨンシル、パーマ頭のファジャ、新参者ユミである。この囚人たちと親しくしているのが、若いコン刑務官であり、いつも彼女たちの味方になっている。コン刑務官と対照的で囚人たちに厳しいのがパン刑務官であり、中立的位置にいるのが所長である。

囚人たちがなぜ犯罪を犯したのかをそれぞれ回想シーンでみせている。殺意があって殺しを実行したのは、ムノクだけかもしれない。二人の子供と外出しているときに自宅に愛人を連れ込み、しかも愛人はムノクの親しい友人であったことで、幼い子供たちが見ているところで夫と愛人を車で轢き殺したのだ。ジョンヘの場合は夫のDVが原因で自己防衛で起こった事件であったり、ユミの場合は母の再婚相手の養父に強姦されそうになったことで自己防衛で起こった事件であったり、それぞれに理由があるのだ。

新参者ユミが同室の囚人たちと親密になっていったのは赤ちゃんのミヌである。ミヌが原因で起こったジョンヘとユミの喧嘩であるが、ミヌの無垢な行動によってユミが気持ちを受け取ったり、他の囚人たちがグラウンドでミヌにちょっかいを出しているのを見かけ、ユミがいち早く気づきその囚人たちに殴りかかり、その行動によって同室の囚人たちと仲良くなっていくのである。口数の少ないユミに近づくのが、ジョンヘだったり、ムノクなのである。

合唱団の結成は、コン刑務官と音楽経験者ムノクが審査していくのだ。希望者は何でもいいから歌を歌い、その声質と音域をみて、ムノクが区分けしていくのだ。囚人たちの個性が出ているので、このオーディションは見所のひとつかもしれない。20人ぐらいの囚人のパートが決まり、ピアノをコン刑務官が弾き、ムノクが指揮をするのである。もちろん、はじめは素人集団だからへたくそであり不平不満が出ていたが、それぞれの囚人たちが話し合いをしたり、自分の犯した犯罪を語ったり、自らをさらけだすことで徐々に囚人たちが結束していく姿をみせているのだ。かなり笑えたのが、囚人や刑務官をホールに集めてお披露目会をするところである。プロモーションビデオみたいになっているからだ。高音の発声から始まり、ピアノが入ってきたところで、急にリードシンセ、ブラス、ドラム、ベース、オルガンと音が厚くなっていき、振り付けがあったり、カラオケのようになっていて、伴奏のピアノなんて必要ないと感じてしまう。これは演出だから「あり」なんだろうけど。

この作品のポイントは、囚人と家族のドラマである。ジョンヘの場合は、囚人が服役中に出産したとき一年半で子供を養子縁組に送らなければならないという法律が定められており、ミヌと離れなければならないところである。ミヌが養子にもらわれていくところをジョンヘとコン刑務官が遠くでみたりと感極まるシーンがあるのだ。ムノクの場合は、息子と娘に背を向けられており、二人の子供たちがどのようにして母を受け入れていくのかをみせている。ユミの場合は、母の愛する人を殺してしまったことで自らを苦しめており、母に会わす顔がないと思い込んでおり頻繁に面会にくる母に会おうとしないでいる。母と娘の溝をどのように埋めていくのかをみせている。ファジャの場合は、夫と子供たちがいることで合唱団の公演で再会を楽しみにしている。ヨンシルの場合は、愛しの人と再会するのを楽しみにしている。このような各囚人と家族との問題が生じており、それをどのように消化していくのかをドラマチックに描いているのだ。

公演決定からの囚人たちの行動、公演間際のトラブル、素晴らしい合唱団の熱唱、公演後にみせる囚人と家族のドラマ、法の掟という避けられないラストの出来事、といった演出が多く含まれている。印象的なシーンとしては、ミヌの左手のホクロであり、ミヌが赤ちゃんのときにホクロを映しているシーンを伏線にしており、終盤に成長したミヌが本人であるかホクロをみてジョンヘが判断しているところである。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-07-06 19:21 | 511.ハーモニー
韓国映画レビュー その282 「アイアン・パーム」
前回アップしたキム・ユンジン繋がりでこの作品。ちょっとにマニアックな作品かな。

b0097051_18325574.jpgアイアン・パーム
制作年:2002年
監督:ユク・サンヒョ
出演:チャ・インピョ、キム・ユンジン、パク・クァンジョン
ジャンル:ラブストーリー、コメディ
鑑賞:韓国版DVD


アイアン・パーム(チャ・インピョ)は、5年前に突然消えてしまった元彼女ジニ(キム・ユンジン)を追って、電気炊飯器だけ持ってロサンゼルスに行った。アイアン・パームは、空港で出会ったタクシー運転手ドンソク(パク・クァンジョン)と一緒に、ジニを捜すためにロサンゼルスにあるコリアタウンの飲み屋を片っ端から調べていった。ようやく、カクテルバーでバーテンダーとして働いていたジニを見つける。だが、ジニには既に在米韓国人の事業家アドミラル・リー(チャーリー・チョン)という彼氏がいる。アルコールが飲めないアイアン・パームと焼酎好きのジニは、ジニの部屋で酔っぱらった勢いで一夜を共にしてしまう。翌朝、ジニの家に来たアドミラルはパンツ一丁のアイアン・パーム、パジャマ姿のジニをみて、二人の関係を疑った。ジニは咄嗟の判断で、アイアン・パームはイトコだと説明してその場を凌いだ。彼氏がいるにもかかわらず、一途なアイアン・パームは、それでもジニに対して愛情をぶつける。金も地位も市民権も持っているアドミラル、国も名前も母国語も捨ててやってきたアイアン・パーム、この二人の男がジニを取り合いするお話。

監督は、本作デビュー作のユク・サンヒョ監督。
出演者は、韓国名チェ・ギョンダルで自称アイアン・パームと名乗る男を演じるのは『チャン』『ドクターK』のチャ・インピョ、アイアン・パームの元彼女ジニを演じるのは『シュリ』『燃ゆる月』のキム・ユンジン、タクシー運転手ドンソクを演じるのは『愛のゴースト』『幸福な葬儀屋』のパク・クァンジョン、ジニの現在の彼氏アドミラル・リーを演じるのは韓国映画デビュー作のチャーリー・チョン、ジニの友人グローリアを演じるのはアンジェリネス・サンタナ。

アイアン・パームの行動と表情が特長的に表現されている。ジニのために全てを捨ててロサンゼルスにやってきたことが、このような人物になっているのがみえる。入国してからは、韓国からアメリカにやってきたタクシー運転手ドンソク、再会を果たしたジニ、恋のライバルのアドミラル、友人グローリアたちにも英語で話すのだ。全てを捨てる意味として国を捨てることから、韓国語や名前を捨てる意味が込められており、このようなことになっている。中盤あたりから、韓国語も話しだすのだが。手だけでなくアイアン・パームの表情も硬く、喜怒哀楽がない感情表現が特長的になっている。それが、コメディ要素として込められており、笑いを誘う設定になっている。

三角関係の当事者であるジニは、今の彼か元の彼を取るかで悩む姿をみせることで、彼女の気持ちの変化をみせている。それが、ジニが骨折して自宅介護をアイアン・パームとアドミラルが日替わりで面倒をみているところにも表れている。アイアン・パームとアドミラルのやりとりは、完全にコメディを意識している。笑いの要素は、韓国風よりはアメリカ風な感じを受ける。彼らの違いが一目瞭然であり、アイアン・パームの真っ直ぐな想いだけがアピールになっている。

登場人物が少ない中、ポイントになっているが、タクシー運転手ドンソクの存在だ。初めはアイアン・パームが貸切でドンソクを指名していたが、ジニのこと知ると一緒に住んだり、タクシーの助手をさせたり、時にはアイアン・パームがピンチのときに現れるのだ。精神的な助けをしている存在が大きいのだ。

コメディ要素のアイテムとして電気炊飯器を全面に押し出しており、ご飯が詰まった電気炊飯器を開けて鉄拳をするシーンが複数回使われており、初めの方より忘れていた頃に出てくる方が笑える。アイアン・パームの目が血走っている表情が印象的だからだ。

監督がアメリカ在住というのがあってか、市民権に関するメッセージが込められている。アドミラル、ドンソク、グローリアは市民権を取得しているが、ジニとアイアン・パームは市民権がない。市民権がないことで、どのようなことで不便なのか、どのようなことが障害になっているのかもストーリーに盛り込んでおり、ジニとアイアン・パームに大きく関連してくるようになっている。

全体の台詞は、英語と韓国語が半々ぐらいで、アドミラルとグローリアは英語のみ、それ以外のアイアン・パーム、ジニ、ドンソクは英語と韓国語の両方を相手によって使い分けている。台詞だけを聞いていると韓国映画らしくなく、ストーリー展開も韓国映画というよりアメリカ映画に近い感じを受けるであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-04-16 19:09 | 282.アイアン・パーム
韓国映画レビュー その281 「セブンデイズ」
アメリカのTVドラマ【LOST】season3 に夢中な時期にこの作品を鑑賞した。このTVドラマにはキム・ユンジンが韓国人女性として出演している。【LOST】もseason3まで鑑賞済みで、現在アメリカ本土でseason4が放映中で日本でDVDになるのを待っている。なかなか面白くて、過去と現在を並列に進行しているのであるが、season3の最終回で未来の物語が出てくるので、過去、現在、未来の3つの時間軸が交錯して、より面白くなってきた。
キム・ユンジン繋がりで、『セブンデイズ』と全く関係ないことを書いてしまった。この作品は韓国国内では前評判は良くなかったが、徐々に人気が出た作品である。かなり手が混んでいるのでサスペンスが好きな人は鑑賞してもらいたい。

b0097051_9485485.jpgセブンデイズ
制作年:2007年
監督:ウォン・シニョン
出演:キム・ユンジン、キム・ミスク、パク・ヒスン、チェ・ミョンス
ジャンル:サスペンス
鑑賞:韓国版DVD


シングルマザーの敏腕弁護士ユ・ジヨン(キム・ユンジン)は、仕事に追われる毎日で小学生の娘ウニョンの世話を満足にできていなかった。娘ウニョンの運動会に参加したジヨンは、母子リレーで娘ウニョンからバトンを貰い激走して一番になった。ジヨンは、喜びを娘ウニョンと共に分かち合うために探すが見つからず、運動会が終わっても行方不明のままであった。翌日、警察が張り込むジヨンの家に誘拐犯から連絡があり、車に乗って移動するジヨンは警察の車を撒いて、誘拐犯からの要求を手にした。その条件とは、現在裁判中の強姦殺人罪の被告人チョン・チョルジン(チェ・ミョンス)を7日以内に無罪にすることであった。ジヨンは、唯一信頼できる幼なじみの刑事のソンヨル(パク・ヒスン)に無理難題を押し付けながら、二人で事件の真相を調べ直していった。被害者の女子大生の死因、司法解剖医からの情報、被害者の交友関係、被害者の母スッキ(キム・ミスク)から被害者についての情報を得て、どのような事件なのかを整理しながら、ジヨンは誘拐された娘ウニョンを気にする毎日であった。果たして、完璧な殺人で状況証拠が揃っている強姦殺人の被告人チョン・チョルジンを無罪にすることができるか、娘ウニョンは無事に戻ってくるのか、そして事件の真相はどのようなものなのかというお話。

監督は、『鬘 かつら』『殴打誘発者たち』のウォン・シニョン監督。
出演者は、有能な女弁護士ユ・ジヨンを演じるのは『密愛』『6月の日記』のキム・ユンジン、被害者女性の母で大学教授ハン・スッキを演じるのは『マラソン』のキム・ミスク、ジヨンの幼なじみで刑事のソンヨルを演じるのは『南極日誌』『ラブトーク』のパク・ヒスン、強姦殺人事件の被告人チョン・チョルジンを演じるのは『強敵』『恋の罠 (原題:淫乱書生)』のチェ・ミョンス、ジヨン弁護士の事務長を演じるのは『王の男』『愛を逃す』のチャン・ハンソン、精神科に入院している歌手カン・ジウォンを演じるのは『伝説の故郷』『青い自転車』のヤン・ジヌ、検事部長カン・サンマンを演じるのは『拍手する時に去れ』『あなたを忘れない』のチョン・ドンファン、チェ検事を演じるのは『シルミド』『最強ロマンス』のイ・ジョンホン。

敏腕弁護士ジヨンが、自分の娘を人質にした誘拐犯と死闘を繰り広げ、強姦殺人事件の被告人を無罪で7日以内に釈放させるという無茶な条件をつきつけられ奔走する。

娘ウニョンの誘拐事件、強姦殺人事件の真相という二つのストーリーが並列に進行している。娘ウニョンを救出するための条件が、強姦殺人事件で逮捕されている被告人チョン・チョルジンを無罪にすることである。この二つがどのようにして結びついているのかという疑問であり、被告人チョン・チョルジンの仲間がこれを計画したのかといろいろ推測できるであろう。幾つかの疑問があり、被告人チョン・チョルジンは本当は殺人をしたのかそれとも潔白なのか、誘拐犯は一体誰なのか、一体誰が特をするのか、この計画の真意は何なのかと問題が山積みなのだ。

強姦殺人事件の経過は、美大の女子大生が一人暮らしの部屋から血痕が流れているのを配達員がみつけ警察に通報したことで、部屋は血痕まみれで女子大生は消えており、二週間後に原っぱでその女子大生の遺体が発見された。遺体は全裸の状態で尖った凶器によって何十箇所もの切り傷が残って死んでいた。凶器は未だに発見されずに、遺体から麻薬のような薬物反応があり、遺体の状態から雑に扱った部分と巧妙に扱った部分があることがわかった。女子大生の部屋からチョン・チョルジンの指紋と足跡が発見されたことで逮捕され起訴された。この事件の大枠を覚えておくと、中盤以降はより一層楽しめる。

木曜日に娘ウニョンが誘拐され、金曜日に交渉、土曜日、・・・という感じで一日ごとの時間経過をみせることで、限られた時間の焦り、混迷する事件の真相、強姦殺人事件に関係する一癖も二癖もある登場人物たちの怪しさで緊迫感があるのだ。かなりスピード感がある展開になっており、多くの怪しい登場人物が設定されているので、手の凝ったサスペンスものであると感じであろう。

強姦殺人事件の真相を追うのが、ジヨンとソンヨル刑事であり、主導権はジヨンが握っている感じだが、ここぞというところでソンヨル刑事が単独で行動をとっている。女子大生被害者の男性関係や生活態度、被告人チョン・チョルジンの事件当日のアリバイ、チョン・チョルジンの女ギョンスク(オク・チヨン)、裁判の進行を急がせるチェ検事(イ・ジョンホン)やカン・サンマン検事(チョン・ドンファン)、被害者女性との交友があった精神疾患の歌手カン・ジウォン(ヤン・ジヌ)、ジヨンの元依頼人で暴力団のヤン・チャング(オ・グァンノク)、精神病院の女院長(キル・ヘヨン)・・・、ひとつひとつ謎を解いていくことで真実が徐々にみえてくるので、人の繋がりがうまく設定されているのがわかるであろう。

母の心境という観点も重要視するところである。被害者の母スッキは、娘を失ったことの悲しみに加え、事件の真相が進むに連れて被害者の多くの知りたくない事実を知ることの苦しさがみえる。娘を失ったスッキ、娘を誘拐され命の有無が不明のジヨンといった母親の視点の悲壮感をうまく表現している。

終盤はどんでん返しの連続なので、鑑賞して楽しんで貰いたい。ここが繋がっているのか、殺人はこのようにして起きたのか、こいつは味方なのか、という具合に幾度となく謎が明かされる終盤になっている。

公開まえは、『木曜日の子供』という題名で公開される予定で、キム・ソナが主演で撮影も進んでいたが途中でトラブルが起きて裁判沙汰となって降板となり、キム・ユンジンが抜擢された。しかも、この作品がハリウッドでリメイクすることが決まってしまった。『木曜日の子供』という題名の名残が幾つか出て来るシーンがあるので、副題として残してもよかった気がする。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-04-12 22:01 | 281.セブンデイズ
キム・ユンジン
b0097051_19314422.jpgキム・ユンジン
김 윤진
1973年11月7日生

<映画出演作品>
b0097051_19324690.jpg殺す話
制作: 1997年韓国  監督: ヨ・ギュンドン
出演: ムン・ソングン、ファン・シネ 他
b0097051_1933152.jpgシュリ
制作: 1999年韓国  監督: カン・ジェギュ
出演: ハン・ソッキュ、キム・ユンジン、チェ・ミンシク、ソン・ガンホ 他
b0097051_19331425.jpg燃ゆる月
制作: 2000年韓国  監督: パク・チェヒョン
出演: キム・ソックン、ソル・ギョング、チェ・ジンシル、キム・ユンジン、イ・ミスク 他
b0097051_19332764.jpgRUSH!
制作: 2001年日本  監督: 瀬々敬久
出演: キム・ユンジン、哀川翔、柳葉敏郎 他
b0097051_19333965.jpgイエスタデイ 沈黙の刻印 (原題:イエスタデイ)
制作: 2002年韓国  監督: チョン・ユンス
出演: キム・スンウ、キム・ユンジン、チェ・ミンス、キム・ソナ 他
b0097051_19335141.jpgアイアン・パーム
制作: 2002年韓国  監督: ユク・サンヒョ
出演: チャ・インピョ、キム・ユンジン 他
b0097051_1934512.jpg密愛
制作: 2002年韓国  監督: ビョン・ヨンジュ
出演: キム・ユンジン、イ・ジョンウォン 他
b0097051_19341759.jpg6月の日記
制作: 2005年韓国  監督: イム・ギョンス
出演: シン・ウンギョン、キム・ユンジン、ムン・ジョンヒョク 他
b0097051_1612753.jpgセブンデイズ
制作: 2007年韓国  監督: ウォン・シニョン
出演: キム・ユンジン、パク・ヒスン、キム・ミスク 他
b0097051_18475699.jpgハーモニー
制作: 2010年韓国  監督: カン・デギュ
出演: キム・ユンジン、ナ・ムニ 他
b0097051_1926473.jpgハートビート (原題:心臓が走る)
制作: 2010年韓国  監督: ユン・ジェグン
出演: キム・ユンジン、パク・ヘイル 他
b0097051_13405666.jpg隣人
制作: 2012年韓国  監督: キム・フィ
出演: キム・ユンジン、マ・ドンソク、キム・セロン 他
b0097051_23415577.jpg国際市場
制作: 2014年韓国  監督: ユン・セギュン
出演: ファン・ジョンミン、キム・ユンジン、オ・ダルス 他

[PR]
by nameinuuuu | 2007-06-27 21:30 | 俳優_FILE
韓国映画レビュー その185 「6月の日記」
キム・ユンジンも出演しているアメリカのTVドラマ【LOST】を継続的に鑑賞している。なかなかおもしろいけれども登場人物の過去ばかりふり返り、現在の状態の進展が遅いので不満もある。キム・ユンジン繋がりでこの作品をアップすることにした。

b0097051_0275218.jpg6月の日記
制作年:2005年
監督:イム・ギョンス
出演:シン・ウンギョン、キム・ユンジン、ムン・ジョンヒョク
ジャンル:サスペンス
鑑賞:韓国版DVD


恋愛よりも仕事を優先するベテラン女刑事チュ・ジャヨン(シン・ウンギョン)は、プライベートを大事にする今どきの若者の後輩男刑事ドンウク(ムン・ジョンヒョク)とコンビを組んでいる。歩道橋の上で中学生の優等生インウが殺害され、その二日後に同級生の優等生カンテが自殺をする事件が発生した。カンテの司法解剖をした結果、胃の中から紙切れの入ったカプセルが発見された。その紙切れは日記を切り取ったもので、そこには殺人の予告が記されていた。カンテの司法解剖の結果を考察したジャヨン刑事とドンウク刑事は、無断でインウの遺体を引っぱり出してきて胃の中を探ったら同じように紙切れの入ったカプセルがあり、それにも殺人の予告が記されていたことで連続殺人であると警察は判断して、ジャヨン刑事とドンウク刑事は被害者二人が通う学校に捜査しに行った。紙切れの筆跡を鑑定するために全生徒の筆跡をみた結果、当てはまる人物は一ヶ月前に交通事故で亡くなったヨ・ジンモの筆跡と一致した。ヨ・ジンモの両親を調べ、父は借金のために逃げてしまい、母ソ・マリア(キム・ユンジン)は病院に勤務している。警察はジンモの母マリアを指名手配して病院に着いたときに、ジャヨン刑事は高校時代の親友ユニと偶然出会い、中庭のベンチで話していた。そのときに、ジャヨン刑事のもとに無線が入り第三の被害者ヘジュンがジャヨン刑事がいる病院にいることを聞かされた。第三の被害者ヘジュンのもとに向かうジャヨン刑事は、その被害者も同じ学校の生徒であることがわかった。ジャヨン刑事は、容疑者と思われるマリアの自宅に捜査しに行ったときに、見慣れた絵と写真をみてマリアは親友ユニであると確信した。果たして、今後の連続殺人の行方はどうようになっていくのか、何故このような連続殺人が起こるのかというお話。

監督は『盗られてたまるか』のイム・ギョンス監督。出演者は、ベテラン女刑事ジャヨンを演じるのは『花嫁はギャングスター (原題:極道の妻)』『SSU』のシン・ウンギョン、事故死したジンモの母ソ・ユニを演じるのは『イエスタデイ』『密愛』のキム・ユンジン、若手の男刑事ドンウクを演じるのは『甘い人生』のムン・ジョンヒョク、ジャヨン刑事やドンウク刑事の上司ヤン刑事を演じるのは『ARAHAN アラハン (原題:阿羅漢 掌風大作戦)』『デュエリスト (原題:刑事)』のユン・ジュサン、ジャヨン刑事の甥ジュナを演じるのは『菊花の香り』『天国からの手紙 (原題:火星に行った男)』のメン・セチャン。

二つの連続殺人から殺人予告が記された日記の紙切れを発見し、二人の刑事が犯人逮捕に全力を注ぎ、事件の真相を暴いていく。そこには、同じ学校の中学生が被害者になり、この連続殺人の謎が明らかになっていくのだ。序盤の30~40分だけで、犯人もわかり、動機もわかり、最終的な結末もみえてしまうサスペンスものだから謎解きが好みであれば物足りなさがある。しかし、殺人の動機には社会問題にもなっている「イジメ」が根底にあるのだ。

序盤は事件の全体像を説明されており、二人の被害者、殺人予告が記された紙切れ、筆跡鑑定から浮かび上がった事故死したジンモ、行方不明になったジンモの母マリアの名前は偽名でユニが本名、ジャヨン刑事とユニは学生時代の親友、ジャヨン刑事の甥ジュナも被害者たちと同じ学校に通っている。このように初めから多くの情報をみせすぎたことで、展開が予想されてしまう欠点がある。

中盤以降は、犯人側の視点を交えながらの展開になっていく。第三、四、五の被害者と発生していくなかで、学生たちの恐怖心も描き、どのようにして連続殺人が続いていくのかに興味が移っていく。殺し方も残忍になっていくのでホラー要素も含まれているのでなかなかおもしろみがある。

驚愕な事実がわかるのが、イジメを撮影した動画がインターネット上にアップされていることである。ジンモに対してどのようなイジメにあったのか、誰が関わっていたのか、イジメの光景から被害者たちはどのようにして犯人からターゲットになっていくのかが見せ所である。次のターゲットになるのではと怯える学生たちの心理的な恐怖をうまく描くところで、犯人の心理戦もうかがえて緊張感ある展開にもっていっている。終盤には、ジンモの事故死の謎がわかり、オチも付いている。もう少し犯人像を判りにくくするのであれば、行方不明のジンモの父を絡ませるとか、学校の先生を絡ませるとかいろいろ手があった気がする。

日本でもイジメは問題視されているが、韓国でもイジメ問題があり、ニュースで流れている。韓国でインターネット上にイジメをしている動画シーンをインターネットで公開した事件がニュースで放送していたのをみると深刻な問題を抱えているのがわかる。正直なところ、解決策がないのが現状であろう。でもこの作品のような形で、イジメをすると自分にふりかかってくる展開もありだと思う。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2007-02-23 00:37 | 185.6月の日記
韓国映画レビュー その139 「密愛」
映画祭で鑑賞したので、ゲストとしてビョン・ヨンジュ監督と主演のキム・ユンジンがきた。海外からのお客さんもみえていて、英語で質問をされていたが、キム・ユンジンは帰国子女のため英語で返答していたのが印象的であった。

b0097051_9402816.jpg密愛
制作年:2002年
監督:ビョン・ヨンジュ
出演:キム・ユンジン、イ・ジョンウォン、ケ・ソンヨン
ジャンル:ラブストーリー
鑑賞:第15回東京国際映画祭


専業主婦ミフン(キム・ユンジン)は、出版社を経営する夫のホギョン(ケ・ソンヨン)と娘に囲まれ、幸福な生活を送っていた。ところがあるクリスマス・イヴの日の午後に、突然、夫の浮気相手が家に押しかけてきた。夫と肉体関係にあったことを暴露し、夫を奪おうとする浮気相手と揉み合いになり、ミフンは頭に怪我まで負ってしまう。ヒョギュンはすべてをやり直そうと出版社をやめて、田舎にある知り合いの書店を引き継ぐことにして、小さな村での新たな生活がはじまるが、ミフンは頻繁な頭痛に悩まされ神経安定剤に頼る日々が続いていた。ミフンは近所に住む医師のインギュ(イ・ジョンウォン)と知り合った。そして、この2人のゲームがはじまる。ルールは夏が終わるまでの4ヶ月間恋人として付き合い、先に「愛してる」といったほうが負けなのだ。愛してはいけない危ないゲームにのめり込んでいく不倫のお話。

ドキュメンタリー作品『ナヌムの家』が世界的に高い評価を得たビョン・ヨンジュ監督の劇映画デビュー作である。夫に浮気されて自らも不倫に身を投じてゆくミフンを演じるのは『シュリ』『燃ゆる月』のキム・ユンジン、ヒロインの不倫相手で医師のインギュを演じるのは『契約カップル』のイ・ジョンウォン、ミフンの夫ホギョンを演じるのは『血も涙もない』のケ・ソンヨン。この作品はキム・ユンジンの体当たりな演技がみられる。ホテルでのベッドシーンもあり、野外セックスシーンもありとヌードを披露している。

全体像として暗い感じがする作品である。夫に不倫されて、今度は妻が不倫すると単純にみえるが、男女間の心理がでている。夫ホギョンが原因でミフンは頭に怪我をしたことと精神的にも参ってしまい、夫は反省して愛人とは別れ一からやり直すために田舎へ引っ越した。田舎に引っ越してからは、妻だけを愛するよい夫に変わったが、ミフンは魂が抜けたようになっていた。

だが、村であまり評判のよくない医師インギュと出会ってしまうミフン。インギュと恋愛ゲームをスタートしてから徐々にミフンの心が変わっていった。インギュはミフンの過去を知らないでこの恋愛ゲームを始めたことに少し疑問が残る。ミフンが深く心に傷ついていることを知って接しいたら、インギュの気持ちも分かるがこれではただの女たらしになってしまう。まさに医師の直感というところなのだろうか。小さな村なだけに誰にもわからないように二人は会い、そして恋愛ゲームを楽しむ。このばれないようにする行動が、みていてドキドキ感を与えている。インギュの妻が近くにいるのに、二人は野外セックスをしてたりと。また、サイドストーリーとしては、娘の同級生の母親。ミフンは旦那の問題に悩んでいるその母親を助ける。ミフンが徐々に力強くなっていくところが現れるところだ。

ミフンは医師インギュとの不倫関係で精神的に落ち着きがみえた頃に、このゲームの結末がきてしまう。その後のミフンの人生は鑑賞して確かめて欲しい。エンディングソングに「ドナドナ」が使われているので何故だと思うだろう。監督曰く、ヒロインが再スタートをしようとするラストシーンに、あえて相反する曲を隠喩的につけてみたと言っていた。

b0097051_21252267.jpg


【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-10-16 21:35 | 139.密愛