韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:キム・スミ ( 10 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その809 「家門の災難 (原題:家門の栄光4 家門の受難)」
b0097051_206915.jpg家門の災難 (原題:家門の栄光4 家門の受難)
制作年:2011年
監督:チョン・テウォン
出演:キム・スミ,シン・ヒョンジュン,タク・チェフン,イム・ヒョンジュン
ジャンル:コメディ、アクション
鑑賞:日本版DVD


極道世界から足を洗い、食品会社「(株)母の手食品」のホン・ドクチャ(キム・スミ)会長が務め、三兄弟や子分たちもそこで働く。検事の妻を持って暮らしの達人になった長男インジェ(シン・ヒョンジュン)、女好きでついに離婚してしまった次男ソクチェ(タク・チェフン)、気が短く未だにヤクザ根性が抜け切れない三男ギョンジェ(イム・ヒョンジュン)。ドクチャ会長は、業績を考えており日本での売り上げ成績が悪いことを知る。ホン会長一家に出国禁止解除がなされたことを知らされ、ドクチャ会長と三兄弟と子分(表向きは秘書)ジョンミョン(チョン・ジュナ)は、日本の情勢と保養を兼ねて、日本の福岡に海外旅行をする。福岡空港に到着したホン会長一家たちは、旅行ガイド兼通訳の在日韓国人の森ふじこ(キム・ジウ)が、一緒に行動していく。ホン会長一家たちは、日本円を持っておらず、近くの銀行で韓国ウォンを両替するため中に入ると、偶然かつて長男インジェとお見合いをしたヒョジョン(ヒョニョン)と再会する。そんなとき、前科七犯いせきけんじ(チョン・マンシク)率いる銀行強盗団が入ってきて、銀行の中は混乱する。そこで三兄弟たちは銀行強盗たちを素手でやっつけたが、いせきけんじだけがホン会長一家たちの両替したお金を持ち逃げしたのをみて、ホン会長一家五人とヒョジョンが、犯人が逃亡するトラックの荷台に乗り込み捕まえようとする。暫くして、トラックは止まって犯人いせきけんじは運転席から逃亡し、山奥に乗り捨てられたトラックからホン会長一家五人とヒョジョンが降りる。自分たちがどこの場所にいるのかわからないホン会長一家五人とヒョジョンは、サバイバル生活をしながら、犯人いせきけんじを追う。一方、ホン会長一家と銀行ではぐれた旅行ガイド森ふじこは、国家情報院要員と名乗るキム・ヒョンジュン(チョン・ウンイン)と出会い、一緒にホン会長一家を探しだす。森ふじこの証言や防犯カメラから、警察はホン会長一家が銀行強盗をやっつけた人たちとわかり、行方不明になった韓国人旅行者のホン会長一家を捜していることが、テレビのニュースで放送される。ホン会長一家は、銀行強盗の仲間と警察が勘違いしていると思い込んでおり、お金もなく逃亡生活をする。果たして、ホン会長一家たちは無事に韓国へ戻れることができるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のチョン・テウォン監督。
出演は、三兄弟の母で「(株)母の手食品」の会長をするホン・ドクチャを演じるのは『拝啓、愛しています (原題:あなたを愛してます)』『危険な相見礼』のキム・スミ、三兄弟の長男インジェを演じるのは『キル・ミー』『私たちの隣の犯罪』のシン・ヒョンジュン、三兄弟の次男ソクチェを演じるのは『幼い王子』『夕べのスキャンダル (原題:あなたが寝ている間に)』のタク・チェフン、三兄弟の三男ギョンジェを演じるのは『私の愛、私のそばに』『男たちの挽歌 (原題:無敵者)』のイム・ヒョンジュン、三兄弟の子分チョンミョンを演じるのは『家門の危機 (原題:家門の危機-家門の栄光2)』『家門の復活 (原題:家門の復活-家門の栄光3』のチョン・ジュナ、ヒョジョンを演じるのは『花嫁はギャングスター ソウルウエディング (原題:極道の妻3)』『最強ロマンス』のヒョニョン、国家情報院要員キム・ヒョンジュンを演じるのは『間違った出会い』『残念な都市』のチョン・ウンイン、旅行ガイド兼通訳の在日韓国人の森ふじこを演じるのは『同い年の家庭教師』『恋の潜伏捜査 (原題:潜伏勤務)』のキム・ジウ、銀行強盗いせきけんじを演じるのは『生き残るための3つの取引 (原題:不当取引)』『記憶の中の僕たちへ (原題:私たち会ったことありますか)』のチョン・マンシク、日本人アナウンサーを演じるのは『青燕』『憑神』のユミン(笛木優子)。

前作『家門の復活-家門の栄光3』の続きからストーリーが展開されているため、主要な登場人物は前作と同様のキャストを揃えている。残念なのは、長男インジェの妻ジンギョン(キム・ウォニ)と次男ソクチェの元妻(シニ)が登場してない。前作は家族たちの過去の回想シーンを中心に描いて進行していたが、本作では現在の時間軸になっており、冒頭から堅気になって食品会社をするホン会長一家が、日本へ海外旅行して災難に見舞われる姿をコメディ要素を強調して描いている。

「家門の栄光」シリーズは、はじめの頃が一番面白く、続編を作る毎に劣化しているようにみえる。母と三兄弟の登場は、固定しているのであるが、初期の頃に登場していた俳優たちが有名になったからか、続編に登場するシーンが減ったり、のっけから登場しないといったり、監督が変わったり、しかもストーリーの質が落ちている。

コメディ要素は、小さなネタをちょこちょこ出していく手法で、登場人物に合わせたネタで笑いを作っている。女をみるとナンパを繰り返す次男ソクチェ、血の気があってキレる三男ギョンジェ、体臭ネタを最後まで貫き通す子分チョンミョン、天然ぶりを発揮する途中合流したヒョジョン、意味不明な拳法をみせる長男インジェ。初めての海外旅行をするホン会長一家は、空港での出国審査からひっかかり、飛行機内でCAに対しても自由な振る舞いをし、自由すぎる行動をとるのだ。三兄弟は飲料水や食事が無料と知ると好きなだけ取ったり、トイレがないと思って小便を我慢するドクチャ、子分チョンミョンの屁によって乗客が気を失ったり、トラブルを引き起こす元凶たちなのだ。日本に到着して、銀行強盗に遭遇してから、サバイバル生活をギャグを入れながら進行している。

いつも強敵が出てくることで盛り上げており、本作では前科七犯の銀行強盗いせきけんじが、それに相当する。銀行強盗いせきけんじとホン会長一家の追いかけっこがずっと続き、最後はお互い一文無しの状態で対決するといった情けない形になっているのだ。銀行強盗いせきけんじが弱すぎるのが、そもそもつまらなくしており、ひったくりの若者から小バカにされたり、最後の長男インジェとのタイマン勝負も呆気ないのだ。

親孝行の面としては、母ドクチャが誕生日なのを長男インジェが気にしており、母へのプレゼントをするために三兄弟と子分チョンミョンがお金を集めるのだ。長男インジェは、弟や子分に汗水たらして稼ぐことを命じて、本人は日雇い建設作業をするのだが、次男ソクチェは軍資金を拾ってパチンコをしたり、三男ギョンジェは殴られ屋をしたり、子分チョンミョンは乞食に扮して通行人からカンパしてもらう。オチも結局集まったお金は、三兄弟がトラブルに遭い、子分チョンミョンの分だけなのだ。母ドクチャの誕生日会をやることで、一応親子愛をみせているが、それを台無しにするのが子分チョンミョンとヒョジョンなのだ。感動と笑いを融合させようとしているのであろう。

敢えて救いだったのが、サイドストーリーでホン会長一家を追っている国家情報院要員キム・ヒョンジュンと旅行ガイド森ふじこのところだろう。過去の活動を自慢する国家情報院要員キム・ヒョンジュン、森ふじこが在日韓国人とカミングアウトしてずっと韓国語で会話が続いていくのだ。ホン会長一家の足跡をたどって行動していることで、ホン会長一家たちの出来事が終わった後に登場する形をとっており、最後もこの二人の出来事で作品が終わるようになっている。

「家門の栄光」シリーズの第五弾が2012年に韓国で上映され、主要出演者が全員変わっている。監督は、「家門の栄光」シリーズの「2」と「3」のチョン・ヨンギ監督になっている。主要出演者が全員変わるのに、このシリーズを続ける意味があるのかちょっと疑問に感じてしまう。本作品も過去の作品と比べて劣化しているから、引き際を考えて欲しいところだ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-09-11 20:25 | 809.家門の栄光4 家門の受難
韓国映画レビュー その806 「ミス・ギャングスター (原題:六穴砲強盗団)」
b0097051_19155645.jpgミス・ギャングスター (原題:六穴砲強盗団)
制作年:2010年
監督:カン・ヒョジン
出演:ナ・ムニ、キム・スミ、キム・ヘオク、イム・チャンジョン
ジャンル:アクション、コメディ
鑑賞:日本版DVD


最年長のジョンジャ(ナ・ムニ)、真ん中のヨンヒ(キム・スミ)、最年少シンジャ(キム・ヘオク)は、平均年齢65歳の仲良し三人組である。ジョンジャは、社会人の大きな息子がいるけど、アパートで一人暮らしをしている。ヨンヒは、離婚した娘と孫の赤ちゃんを連れて戻ってきて一緒に生活している。ジュンソクは、息子夫婦と女学生の孫と一緒に生活している。それぞれ境遇は異なっており、三人とも事情は違うが家族に恵まれず、老人が住みにくい世の中になっている。老女三人組は、それぞれパートをして働いていたけど、理由があってやめてしまう。老女三人組は、慣れた手つきでスーパーの品物を万引きして、それを路上で安値で販売してお金を貯めている。そして、八年の苦労の末に目標金額である約800万ウォンに達し、旅行代理店に向かいハワイ旅行の予約をしに行く。受付で予約を済ませ、代金は銀行振り込みのみになっているため、三人は大韓銀行の窓口で振込み手続きをしていた。そんなとき、二人組みの銀行強盗が現れて、大切な旅行代金を奪われてしまう。しかも、書類に印鑑を押してなかったことから、手続きが完了していなかったため、銀行の補償も受けられなかった。老女三人組は、銀行強盗犯の一人に手首に入れ墨があったのをみて、それを頼りに銀行強盗犯を捜しだし、犯人の一人パン・ジュンソク(イム・チャンジョン)を捕まえる。しかし、ジュンソクも仲間の犯人クッポン(イ・ヒョヌ)に騙されたことで、お金を所持していなかった。老女三人組は、大きな決断をして、ジュンソクが所持している拳銃を武器にして、ジュンソクから戦いの基礎を習い、大韓銀行から銀行強盗して自分たちのお金を取り戻そうとするお話。

監督は、『パンチレディー』のカン・ヒョジン監督。
出演は、キム・ジョンジャを演じるのは『ガールスカウト』『ハーモニー』のナ・ムニ、ソン・ヨンヒを演じるのは『止められない結婚』『腹黒い母娘』のキム・スミ、コン・シンジャを演じるのは『キル・ミー』『ガールフレンズ』のキム・ヘオク、銀行強盗パン・ジュンソクを演じるのは『スカウト』『美人占い師 (原題:清潭菩薩)』のイム・チャンジョン、キム刑事を演じるのは『美人占い師 (原題:清潭菩薩)』『パパは女の人が好き』のキム・ヒウォン、チーム長のノ刑事を演じるのは『甘いウソ』『私の愛、私のそばに』のキム・グァンギュ、ヤン女刑事を演じるのは『マジシャンズ』『残酷な出勤』のカン・ギョンホン。

平均年齢65歳の老女銀行強盗団の話しではあるが、現在の韓国社会が問題にしているところも取り上げており、社会的な視点も取り入れているようになっている。

冒頭で三人が遺灰を撒いており、最年長ジョンジャはガンが肺に転移したことを二人に語っていることから、生きる時間に限りがあることを示している。三人がハワイ旅行に行くことを目標にすることで物語の道標となっていく。老女三人組のお金の稼ぎ方は、集団万引きだから、褒められるものではない。一応は、はじめの方で真っ当な仕事をしていたが辞めているところもみせている。万引きした商品を路上で売りさばき、買い手も老人であったり浮浪者であったりと社会的弱者になっている。

銀行強盗にお金を奪われたことで、諦めがつかないこととジョンジャの死が迫っていることで、銀行強盗犯のひとりジュンソクを捕まえて、盗んだお金を持っていないことから、自分たちで銀行強盗する流れになっていく。ジュンソクは当初失敗するから否定的であったが、やり方によっては意外性もあり成功するかもと思い、ノウハウを教えていくのである。笑えるのは、一回目成功したけど、銀行になめられて、「高齢者への寄付」という封筒を渡され、中身は約八万ウォンの金額だけだったのだ。一回目に失敗をみせることで、燃えてくる三人の老女たちをみせている。

二回目の銀行強盗では、実行犯二人とお客に変装する一人に分かれて実行し、要求金額が旅行代金分という、その点は拘りがあるみたいだ。防犯カメラが直接警察に繋がっていることで、直ぐに警察が銀行を囲い込み、立てこもることになるのだ。警察も困っており、マスコミも老人が犯人であることを報道していることで、強行突破すればいくら犯罪者でも老人に対して無礼だと市民からのバッシングを恐れ、何とか説得をするのである。チーム長のノ刑事(キム・グァンギュ)が交渉役になって、女刑事ヤン(カン・ギョンホン)が中心になって動くのだ。老女三人組が、銀行からド派手に脱出し、逃走劇するところがひとつの見所かもしれない。

家族のあり方というのも、老女三人を例にしながら問題定義をしている。ジョンジャは社会人の息子がいるのに貧乏な一人暮らし、ヨンヒは出戻り娘と赤ん坊の孫がおり孫の面倒を押しつけられ、シンジャは息子夫婦と暮らすが嫁との関係があったり、何だかんだで日常生活に不満ばかりなのがみえる。老女三人の家庭環境をみせることで、変わりつつ家族の形態を表している。

全体像としては、バランスを考えて構成されている作品と感じられる。銀行強盗犯ジュンソクとキム刑事(キム・ヒウォン)が繋がっており、ジュンソクが持っていた拳銃はキム刑事のものなのだ。もうひとりの銀行強盗犯クッポンの裏切りによって、ジュンソクもキム刑事も失敗に終わっている。警察側にも悪徳刑事を設定しており、良識的なノ刑事やヤン刑事がいることで善悪をみせている。老女三人組は、銀行強盗犯を実行したことで警察から追われることになるが、元々は常習的に万引きをしていたことから連続窃盗団だ。都合悪いところはコメディ要素にして濁した形にしているが、社会的問題をみせつけた真面目な作品かもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-09-02 19:30 | 806.ミス・ギャングスター
韓国映画レビュー その579 「偉大なる遺産」
b0097051_21214873.jpg偉大なる遺産
制作年:2003年
監督:オ・サンフン
出演:イム・チャンジョン、キム・ソナ、キム・スミ
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
鑑賞:日本版DVD


大学の心理学科を卒業したが就職せずに無職のチャンシク(イム・チャンジョン)は、兄チャンフン(イ・サンフン)と兄嫁ソンヒ(シニ)の家に居候している。女優になるためにオーディションを受けては落ちてばかりいる無職のミヨン(キム・ソナ)は、姉ミエ(チョ・ミリョン)の家に居候しながら、母(キム・スミ)のレンタルビデオ屋を手伝っている。チャンシクとミヨンは、近所に住んでいながら、時々出会っていたがお互い接点はなかった。そんなある夜、いつもジョギングをしていた老人がひき逃げされるところをチャンシクとミヨンが目撃してしまった。ひき逃げした犯人たちは、暴力団親分トチ(オム・チュンベ)らで、ナイトクラブをオープンしたばかりなので、どうしても捕まるわけにはいかなかった。そのため、暴力団親分トチの子分たちが、ひき逃げ現場近くに「交通事故の目撃者に謝礼金500万ウォン払う」という横断幕を掲げて、それを目撃したチャンシクとミヨンは謝礼金を手に入れようと連絡をしたが、暴力団たちの罠にかかり二人は車のトランクに入れられて殺されかけたが、なんとか脱出して逃げ切った。チャンシクとミヨンは、ひき逃げ事件の目撃と殺人未遂事件のため警察に出向いた。果たして、目撃者を消そうとする暴力団たちからチャンシクとミヨンは逃げ切ることができるのか、この出来事がキッカケで仲良くなったチャンシクとミヨンの間に特別な感情が芽生えるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のオ・サンフン監督。
出演は、大卒だが無職のチャンシクを演じるのは『海賊、ディスコ王になる』『セックス・イズ・ゼロ (原題:色即是空)』のイム・チャンジョン、母が経営するレンタルビデオ店を手伝うミヨンを演じるのは『イエスタデイ 沈黙の刻印 (原題:イエスタデイ)』『夢精期』のキム・ソナ、ミヨンの母を演じるのは『ボス』のキム・スミ、チャンシクの兄チャンフンを演じるのは『品行ゼロ』のイ・サンフン、チャンフンの妻ソンヒを演じるのは『真実ゲーム』『セックス・イズ・ゼロ (原題:色即是空)』のシニ、ミヨンの姉ミエを演じるのは『ザ・ブライド 花嫁はギャングスター2 (原題:極道の妻2)』のチョ・ミリョン。

チャンシクの環境は、兄夫婦の家に居候しており、兄チャンフンの弱みを使って小遣いを貰っていたり、先輩の漫画家チャンミ(サ・ヒョンジン)に扱き使われている。チャンシクと兄嫁ソンヒは、小学校からの同級生ということで義姉という目でみていない感じである。そして、兄嫁ソンヒはかなりの鬼嫁で、チャンフンやチャンシクに対して暴力を振るって強いことでコメディ要素をみせている。兄嫁ソンヒも怒ってばかりではなく、チャンシクのために就職口を用意しようと紹介したり、文句も言わずに一緒に住んでいることから、家族の一員だと感じているのがみえる。ミヨンの環境は、女優になる夢を捨てきれず姉ミエの家に居候して暮らしている。ミヨンは、母のレンタルビデオ屋を手伝っていることで、お客としてチャンシクに会ったり、中華料理屋の出前持ちヨンシク(コン・ヒョンジン)からアプローチされている。

自由に生活していたチャンシクとミヨンに起こったのは、ひき逃げ事件の目撃である。二人が犯人の暴力団たちに追われるところをコメディタッチに描きながら、逃げたり、捕らわれたりを繰り返してピンチを潜り抜けていくのである。ひき逃げ事件の被害者老人の息子が登場することで、ある秘密を仕込んでいるのだ。更にエンディングロールで、ある者の出生の秘密もわかるというオチもついているので最後まで見逃さない。

ひき逃げ事件を主として逃げ回るチャンシクとミヨンという形でストーリーが展開されているが、終盤にようやくラブストーリー要素を盛り込んでいる。ドタバタの中で生まれる愛は定番な形なので、予想通りの流れにみえるであろう。ラブストーリーよりもコメディの方がはるかに強調されているので、コメディ作品として頭にインプットして鑑賞するといいだろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-02-09 21:37 | 579.偉大なる遺産
韓国映画レビュー その537 「止められない結婚」
b0097051_23255555.jpg止められない結婚
制作年:2007年
監督:キム・ソンウク
出演:キム・スミ、イム・チェム、ユジン、ハ・ソクチン
ジャンル:コメディ
鑑賞:日本版DVD


パラグライダー初心者のキベク(ハ・ソクチン)は、補助のインストラクターが後ろについて空を舞った。風に流されて方向感覚を失ったが、なんとか木に引っかかり助かった。キベクは、インストラクターに怒こると、ヘルメットを脱いだら女性のウノ(ユジン)であった。キベクは恐怖のあまり失禁してしまいウノに恥ずかしいところをみられる。また、ウノが躓いて偶然キベクの唇と重なってしまい、ウノは怒って立ち去ってしまう。そんな二人は再び会うことになり、キベクはお金で解決しようとウノの経営している紙人形製作教室に行くが、そのお金を入会金として紙人形製作教室の生徒になるよう強引に入会され、キベクはおばさんたちに囲まれながら紙人形を製作する羽目になる。キベクは、ウノをクラブに招待してウノのダサい格好を友人たちにみせて笑わそうとしたが、逆に粘土を出して紙人形を作らせようと意外な行動に出て、ウノのペースになっていく。何だかんだありながら、キベクとウノはお互い気になる存在になっていき、愛情が芽生えていく。一方、ゴルフ場を作りたいことで土地を購入していく女社長マルニョン(キム・スミ)は、ある一角だけ土地が買えないことに苛立っている。そこは、風水研究家パク・チマン(イム・チェム)の土地であり、大金を積まれても断られる。マルニョンとチマンの間は、険悪な雰囲気になっていき、ある日自分たちの子供が交際していることを知る。パク・チマンの娘は、紙人形の制作&講師をしているウノであり、マルニョンの息子は、整形外科医のキベクである。マルニョンとチマンは、息子キベクと娘ウノの結婚を阻止しようと、一時休戦をして共闘することで二人を引き離そうとする。チマンの実弟でウノの叔父チル(ユン・ダフン)とキベクの姉エスク(アン・ヨノン)まで加勢して、事態はますます絡まっていく。両家の親が反対するなかで、ウノとキベクは結婚することができるのか、そして頑固として土地を売らないチマンと土地を欲しがるマルニョンの関係はどのようになるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のキム・ソンウク監督。
出演は、キベクの母でシム・マルニョンを演じるのは『裸足のキボン』『家門の復活-家門の栄光3』のキム・スミ、ウノの父でパク・チマンを演じるのは『覆面ダルホ』のイム・チェム、紙人形制作&講師のパク・ウノを演じるのは本作スクリンデビューのユジン、整形外科医のワン・キベクを演じるのは『放課後の屋上』『誰が彼女と寝たのだろうか?』のハ・ソクチン、キベクの姉エスクを演じるのはTVドラマで活躍するアン・ヨノン、ウノの叔父パク・チルを演じるのは『ファミリー』『セックスインポッシブル~男はみんな狼だ!~ (原題:銀粧刀)』のユン・ダフン、シム・マルニョンの部下のキム室長を演じるのは『なつかしい庭 (原題:古い庭園)』『里長と郡守』のイ・ジェグ。

整形外科医キベクと紙人形制作&講師ウノのロマンスを描きながら、それを両家の親が阻止する模様をコメディタッチに描いている。

キベクとウノのロマンスは、如何にもTVドラマ風な形で展開されて惹かれあっていくので、ここを主にみてしまうとかなり物足りなくみえるでだろう。家族を巻き込んだ二人のロマンスを妨害するという単純なドタバタにみえてしまうからだ。

この作品をホームドラマとして視点を変えてみると、違う側面を持つ作品になるのだ。キベクの家は、マルニョンが土地投資で稼ぎ、如何にも成金で洋風の生活スタイルを取り入れている。姉エスクも母マルニョンと一緒に贅沢三昧な日々を過ごしている。一方、ウノの家は、昔ながらの韓風スタイルな家に住んでおり、伝統を残した生活をしている。質素な生活にみえるが、お金がなくても心は幸せで満足している。対比する生活様式や文化をみせていることで、お互いが自分の陣地に招きいれようとする姿を面白く描かれているのである。どちらの生活スタイルが良いかはわからないが、異文化に触れる両家の行動や仕草をコメディ要素にして笑いにしている。ウノとキベク、叔父チと姉エスク、父チマンと母マルニョンという組み合わせが、終盤に決着をつけているので、観て楽しんで欲しい。

チマンの過去とマルニョンの過去という二つのストーリーが中盤から終盤の鍵になっているのである。配偶者がいないことで、何となく想像がつくところなので、インパクトにかけてしまうのである。全体として、在り来たりなホームドラマをベースにしたコメディ&ラブストーリーである。両家の生活や文化の対比を強調して演出しているところは良かったが、それ以外は不満ばかり残る作品である。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-09-16 23:34 | 537.止められない結婚
韓国映画レビュー その345 「大胆な家族 (原題:肝っ玉家族)」
昨年もそうであったが、12月はやっぱり更新が滞る。
某ドイツ映画とかなり似ている作品。この作品の方がかなりレベルが低いけど。

b0097051_15111916.jpg大胆な家族 (原題:肝っ玉家族)
制作年:2005年
監督:チョ・ミョンナム
出演:カム・ウソン、キム・スロ、シン・グ、キム・スミ
ジャンル:コメディ
鑑賞:日本版DVD


南北分断によって北朝鮮に妻と娘を残したまま、韓国で生活をするキム老人(シン・グ)。キム老人には、後妻(キム・スミ)、長男ミョンソク(カム・ウソン)、次男ミョンギュ(キム・スロ)、長男の妻(イ・カニ)、長男の娘で孫のヒョンジェ(ピョン・ジュヨン)ら家族と一緒に生活をしている。今でもキム老人は、北にいる妻と娘との再会を願っており、金剛山で行われる離散家族と再会するための申請書を役場に提出して、その帰りに階段から転げ落ちて病院に担ぎ込まれた。その病院に集まったキム老人の家族たちは、医師からキム老人が末期ガンであと僅かな命であることを宣告された。さらに、キム老人が依頼していた弁護士と会うことになった長男ミョンソクは、キム老人が北にいる家族のために土地を購入していたことを知らされた。その土地の資産価値は50億ウォンあり、遺言としてもし南北が統一していなかったら未来のために統一省に寄付するというのだ。長男ミョンソクは、保証人になって借金を抱えてしまい金貸し業者から催促される毎日を過ごしていたことで、遺産を国に寄付するぐらいなら家族が手に入れようと考える。長男ミョンソクは、資金難で困っている映画監督の仕事をする次男ミョンギュに相談する。長男ミョンソクと次男ミョンギュが中心になって家族全員で、父のキム老人が南北統一が実現したと思い込ませて遺産を手に入れようとするお話。

監督は、本作デビュー作のチョ・ミョンナム監督。
出演者は、長男ミョンソクを演じるのは『Rポイント』『スパイダー・フォレスト 懺悔(原題:蜘蛛の森) 』のカム・ウソン、次男ミョンギュを演じるのは『風の伝説』『Sダイアリー』のキム・スロ、父のキム老人を演じるのは『ロストメモリーズ (原題:2009 ロストメモリーズ)』『ナチュラル・シティ』のシン・グ、母を演じるのは『スーパースター カム・サヨン』『麻婆島』のキム・スミ、長男ミョンソクの妻を演じるのは『復讐者に憐れみを』『風の伝説』のイ・カニ、長男ミョンソクの娘を演じるのは『私の男のロマンス』『人形霊』ピョン・ジュヨン、金貸し業者のパクを演じるのは『ぼくらの落第先生 (原題:先生キム・ボンドゥ)』『君に捧げる初恋 (原題:初恋死守決起大会)』のソン・ジル、女優チュンジャを演じるのは『シンソッキ・ブルース』『B型の彼氏』のシニ、助監督を演じるのは『人形霊』のイム・ヒョンジュン。

離散家族をテーマにしており、前半は父の遺産を目当てにして仮想南北統一実現によって父を騙し続ける家族たちをコミカルに描き、後半は離散家族の悲劇をみせた人間ドラマになっている。

父の命も残り僅か、遺産を手に入れるには南北が統一したことを父に信じ込ませる必要があるのだ。そこで考えたのが、次男ミョンギュが南北統一のシナリオを執筆して映画を撮り、その映画を父に鑑賞させることから始まる。次男ミョンギュの仕事仲間である男優兼助監督(イム・ヒョンジュン)と女優チュンジャ(シニ)に協力してもらい、彼らがニュース番組のキャスターとなり、南北統一が実現したことをレポートするような内容を映画にして、自宅で寝込んでいる父にみせるのである。父は偽ニュース(次男ミョンギュが作った映画)をみて感動して、病状は悪化するどころか元気になっていくのである。更に他のニュース番組はどうだか、新聞の内容はどうだかという要求に対して、嘘をついて誤魔化す家族たちが自分たちで首をしめていくのを面白くみせている。

コメディの質でいうとかなりオーバーアクションになっていることで、コメディアンがネタをするようなわざとらしいコントにみえてしまう。女優チュンジャの幾つものバージョンを使ったニュースキャスター口調、長男ミョンソク&妻 vs 次男ミョンギュ&女優チュンジャのエアー卓球、長男の嫁が父を車椅子に乗せて散歩しているときに中華屋の主人とのトラブル、金貸し業者が仲間に加わって町内を巻き込んだ仮想南北統一ごっこ、北の偽サーカス団といった単純な笑いをみせている。

終盤にかけては、深刻な離散家族の問題、父を慕う長男と次男や先妻を気にする夫を支える後妻といった家族の絆をみせている。始めは金銭のためで行っていたことが、真面目に家族を見詰め直したり、北にいる腹違いの姉を考える長男ミョンソクと次男ミョンギュの真剣な想いをみせている。あまりにも前半と後半の内容の重さが違うことに戸惑うであろう。厳しく述べてしまうとどちらも中途半端な作りになっているので残念だ。キャスティングは、芸達者な役者たちを揃えているので過剰な期待をしてしまうと思うが、期待度を低くして鑑賞すればそれなりに観れる作品であろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-12-16 15:26 | 345.大胆な家族
韓国映画レビュー その266 「家門の復活-家門の栄光3」
前作と前々作が好きだから、その勢いで鑑賞したが拍子抜けしてしまった。前作の続きから始まる流れであるが、過去の回想シーンが意外と多いので新鮮さが不足している。前作と前々作を合体した作品だったらおもしろくなるのにと感じた。出演者が豪華になりすぎて全員集まらないか。

b0097051_1439183.jpg家門の復活-家門の栄光3
制作年:2006年
監督:チョン・ヨンギ
出演:シン・ヒョンジュン、タク・チェフン、キム・ウォニ、キム・スミ
ジャンル:コメディ
鑑賞:韓国版DVD


麗水の暴力団「百虎組」の女組長ホン・ドクジャ(キム・スミ)の一族は、長男チャン・インジェ(シン・ヒョンジュン)が女性検事ジンギョン(キム・ウォニ)と結婚したことでヤクザ社会から撤退して堅気として転身する。母ドクジャは料理が上手なことから、キムチといった漬物類を取り扱う事業を設立して、長男インジェ、次男ソクチェ(タク・チェフン)、三男ギョンジェ(イム・ヒョンジュン)、次男の妻スンナム(シニ)たちが協力する。そして食品会社として世間から注目を浴びるようになった。一方、元検事ミョンピル(コン・ヒョンジン)が刑務所から出所し、インジェに対して恨んでおり復讐しようと考えている。そこで、ミョンピルは裏カジノで儲けている斧組ボスのドシク(キム・ヘゴン)と協力して、インジェたちの会社に攻撃する。ミョンピルたちの陰謀によって、母ドクジャが経営する食品会社は倒産してしまう。果たして、元百虎組のホン一族たちはこの危機から復活できるのかというお話。

監督は、『人形霊』『家門の危機-家門の栄光2』のチョン・ヨンギ監督。
出演者は、長男インジェを演じるのは『家門の危機-家門の栄光2』『裸足のキボン』のシン・ヒョンジュン、次男ソクチェを演じるのは『家門の危機-家門の栄光2』『裸足のキボン』のタク・チェフン、長男の妻ジンギョン検事を演じるのは『ウララ・シスターズ』『家門の危機-家門の栄光2』のキム・ウォニ、元女組長で現在食品会社の経営者ホン・ドクジャを演じるのは『家門の危機-家門の栄光2』『裸足のキボン』のキム・スミ、次男の妻スンナムを演じるのは『家門の危機-家門の栄光2』『救世主』のシニ、三男ギョンジェを演じるのは『人形霊』『家門の危機-家門の栄光2』のイム・ヒョンジュン、元検事ミョンピルを演じるのは『ライアー』『家門の危機-家門の栄光2』のコン・ヒョンジン。

前作『家門の危機-家門の栄光2』の続きからストーリーが展開されるため、登場人物は前作と同様で豪華キャストを揃えている。多くのキャストが均等に出演しているので、シン・ヒョンジュンが主役という感じはない。次男ソクチェと次男の妻スンナムの馴れ初めや夫婦間の危機、母ドクジャと亡くなった父との回想、倒産後のホン一族たちの復活劇、元検事ミョンピルとの対決という構成になっている。過去の回想シーンが多いことで、現在軸での出来事が短く表現されているのが残念なところである。

堅気の世界に転身して事業に成功したホン一族たちは、株式会社として会社を大きくするのであるが、無知なために三兄弟、次男の妻スンナム、舎弟(チョン・ジュナ)は意味が分かっていないのだ。このような者たちだけでなく、経営能力がある社員がいることで支えられているのがみられる。どこまでもアホな三兄弟で、今まで会社が儲けたお金を自分勝手に使っていたというのだから、ヤクザ時代とやっていることが同じで成長がないのがおもしろい。

第一の修羅場は、次男ソクチェの女癖の悪さである。元検事ミョンピルの策略にまんまと引っかかった次男ソクチェは、その後に妻スンナムが激怒し、実家に帰ってしまう。どのようにして二人が結婚したのかを回想シーンで明らかになるのだが、それをみると次男ソクチェが気の毒に感じてしまう。回想シーンで活躍しているのが、スンナムの姉貴的存在のチンスク(キム・ウォニの二役)で、現在軸のジンギョン検事とは正反対の性格なのがおもしろく描かれている。

第二の修羅場は、会社が倒産して責任を感じた母ドクジャが家を出ていき、今では誰も住んでいない実家に潜んでいる。ここでも生きていた頃の夫(キム・ヨンゴン)との回想シーンで、二人の夫婦関係や三兄弟への気持ちなどがみられ、夫の死の真相がわかる。ここでは、ワイヤーアクションを駆使して演じるキム・スミの迫力あるアクションが見せ場でしょう。二つの修羅場を乗り越え、母親ドクジャや三兄弟や次男の妻スンナムの絆、そして彼らの会社が倒産になった原因の元を調べる長男の妻ジンギョン検事の活躍で終盤に流れていく。オムニバス作品のように幾つかの物語があるために、前作と比較すると物足りないのが正直な気持ちだ。そして、全体の流れが非常に悪いのが目立ち、やっつけ仕事みたいに作った感じを受けてしまう。

コメディ要素としては、満足がいく作りになっていたので単純に笑える。長男インジェとジンギョン検事が車内で「しりとりゲーム」や「逆さから言うゲーム」をして、負けたら罰ゲームでビンタをするところではジンギョン検事のドSなところがみられたり、過去の回想シーンでの三兄弟の髪型や服装、若き日のスンナムやチンスクの髪型や化粧、ホテルでのスンナムから次男ソクチェへの攻撃、長男インジェと次男ソクチェが絡む下ネタ全快の病院でのシーン、母ドクジャが日本向けのCM撮影時に発する日本語、スンナムの貧乳に対してジンギョン検事が豊満な胸かと思いきや胸パットを取ったり、元検事ミョンピルのパクリ会社設立、父の死といった多くの小ネタをたくさん仕込んでいる。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-02-15 18:42 | 266.家門の復活-家門の栄光3
韓国映画レビュー その237 「裸足のキボン」
本作品のキャストでシン・ヒョンジュンとキム・スミの親子役をみると『家門の危機』『家門の復活』を思い出してしまう。シン・ヒョンジュンの弟役のタク・チェフンも出演しているし。
今月行われるコリアン・シネマ・ウィーク2007で公開が決まっている本作品だから、気になる方は鑑賞して楽しんでもらいたい。

b0097051_0125516.jpg裸足のキボン
制作年:2006年
監督:クォン・スギョン
出演:シン・ヒョンジュン、キム・スミ、イム・ハリョン、タク・チェフン
ジャンル:ヒューマンドラマ、コメディ
鑑賞:韓国版DVD


海に面したタレンイという小さな田舎村が舞台。幼少の頃に高熱が原因で知能が8歳で止まってしまい、今では40歳まで成長したキボン(シン・ヒョンジュン)と80歳を過ぎた母(キム・スミ)が二人暮しをしている。ボロボロの自分の家で貧しい生活をしているが、キボンと母にとっては今の生活に満足している。独身のキボンにとって、母はかけがえのない存在で、世界で一番愛している人である。村人の雑用をして得た食べ物やお金を母のために裸足のまま駆け足で家まで走る姿をみた村人たちはキボンのことを「裸足のキボン」と呼ぶようになった。ある日、地元でマラソン大会が開かれて、キボンは出場者のゼッケンが落ちたのをみて届けるために持ち主の先頭を走るランナーまで走ったところ、先頭ランナーを抜いてゴールテープを切り、ひょんなことにマラソン大会の優勝者になってしまった。幼い頃から走ることに関しては特別な能力を持っており、人一倍早かった。母の体調が悪いので病院で診察した結果、歯がないことで食べ物をしっかりと噛むことができず飲み込んでいたので胃腸がやられていた。入れ歯があればこの悩みも解決できるが入れ歯を買うお金がなく困っていたキボンであった。そんなとき、ペク里長がソウルで行われる全国ハーフマラソン大会の話しをキボンに持ちかけ、優勝すれば賞金がでて母の入れ歯を買うことができると思い、マラソン大会に参加することを決めた。ペク里長がトレーナーとなりキボンは毎日トレーニングをしてマラソン大会の準備をする。果たして、キボンはマラソン大会で優勝して母のために入れ歯をプレゼントをすることができるのかというお話。

監督は、本作がデビュー作のクォン・スギョン監督。出演者は、障害者のキボンを演じるのは『フェイス』『達磨よ、ソウル行こう』のシン・ヒョンジュン、キボンの母を演じるのは『麻婆島』『家門の危機』のキム・スミ、ペク里長を演じるのは『小さな恋のステップ (原題:知り合いの女)』『トンマッコルへようこそ (原題:ウェルカム・トゥー・トンマッコル)』のイム・ハリョン、ペク里長の息子ヨチャンを演じるのは『誰にでも秘密がある』『家門の危機』のタク・チェフン、写真屋の受け付けをするチョンウォンを演じるのは『誰にでも秘密がある』『生、ナル先生』のキム・ヒョジン。

本作は知的障害者がマラソン大会に挑む実話を映画化したものである。同じように障害者とマラソンと実話という点で、チョ・スンウ主演『マラソン』を連想し、二番煎じだと思うかもしれないが根本的にみせるスポットが違う。『マラソン』は都会を舞台にした障害者の青年と母の関係を軸に家族愛がベースになっているが、『裸足のキボン』は田舎を舞台にした障害者の中年と村人たちとの交流を軸に描いている。もちろん母との母子愛も描いているがそれよりも村人たちが障害者の中年を輪の中に取り入れ、一緒に生活の歯車となっているところをみせている。

キボンの生活は、母のために毎朝暖かいお湯を運ぶところから始まり、オンドル用に燃やす木を運び、洗濯、尿瓶の処理と家事全般をこなし、仕事は村人の雑用をして食べ物や小銭を貰って生活をしている。このような生活環境のためお金を貯めることができず、母の入れ歯を買うなんてとうてい不可能な状況を示し、経済的に苦しいことをみせている。収入が極端に低くてもそれを支える周りの環境が彼らを生かしている。村人たちの温かい心や人としての情が大きく描かれており、障害者のキボンを軽蔑したり差別するようなことはないのだ。

キボンを支える人としてペク里長の影響は大きい。ペク里長は、次の里長選挙に有利にするためにキボンを使って利用していたが、マラソンの知識がないのにトレーナーをやるペク里長と純粋なキボンの間に師弟関係というより特別な情が徐々に大きく膨らんでいくのがみられる。それはキボンの母の命は永遠でないことや母の方が先に死ぬことを理解させて、その後のキボンの人生のベクトルを教えさせるのだ。単なる母に入れ歯を買う手段のマラソン大会ではなく、これからのキボンの生き方を見つけ出すところにペク里長の心の優しさがみえる。マラソンの練習中でのアクシデントからわかったキボンの身体の異常も誰にも言わずに一人で抱えこむペク里長の苦しい気持ちが痛いほど伝わるだろう。ペク里長の実の息子ヨチャン(タク・チェフン)の存在もなかなかよく、実の親子関係はギクシャクしており、ヨチャンはキボンに対してバカにしている気持ちがある。終盤でみせるヨチャンの心の変化も見所のひとつでもある。

ほんわかさせるところでは、写真屋の受け付けをしているチョンウォン(キム・ヒョジン)であろう。いろいろな写真を撮っては現像しにチョンウォンのいる写真屋に行くキボンは、写真よりも彼女目当てにもみえる。チョンウォンもキボンを優しく見守る位置におり、優しく接しキボンの心を回復させるのだ。読み書きが出来ないキボンに字を教えたり、トレーニングの手伝いをしたりと何かと世話をする。愛情という感情ではなく人情という表現をしたほうがいいのかもしれない。それはチョンウォンはキボンのことを最初から最後まで「キボンおじさん」と呼んでいるからだ。

それにしても主人公キボンを演じるシン・ヒョンジュンの変貌ぶりが凄すぎる。知的障害者ということで吃った発音で話したり、簡単な単語を使った会話、変な振る舞いをしたり、印象的なのは両手をぶらりとして走る姿勢だ。

全体的にコメディ色をうまく生かせながら人間ドラマをみせる構成になっている点で鑑賞しやすいだろう。現実味がある作品かと言われれば、おかしな点もあり「これは違うだろ」と言いたくなるシーンもある。それよりも登場人物たちの心の温もりを存分に表現された作品に感じられた。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2007-10-03 00:25 | 237.裸足のキボン
キム・スミ
b0097051_20472869.jpgキム・スミ
김 수미
1951年9月3日生

<映画出演作品>

1966年 から 1989年 までは都合により省略


b0097051_20481735.jpgボス
制作: 1996年韓国  監督: ユ・ヨンジン
出演: チョ・ヤンウン、トッコ・ヨンジェ、キム・ソヨン 他
b0097051_2048303.jpgオー!ハッピーデイ
制作: 2003年韓国  監督: ユン・ハギョル
出演: チャン・ナラ、パク・チョンチョル 他
b0097051_20484960.jpg偉大なる遺産
制作: 2003年韓国  監督: オ・サンフン
出演: イム・チャンジョン、キム・ソナ 他
b0097051_2049520.jpgスーパースター カム・サヨン
制作: 2004年韓国  監督: キム・ジョンヒョン
出演: イ・ボムス、ユン・ジンソ 他
b0097051_204919100.jpg麻婆島
制作: 2005年韓国  監督: チュ・チャンミン
出演: イ・ジョンジン、イ・ムンシク、ヨ・ウンゲ、キム・スミ 他
b0097051_20493462.jpg大胆な家族 (原題:肝っ玉家族)
制作: 2005年韓国  監督: チョ・ミョンナム
出演: カム・ウソン、キム・スロ 他
b0097051_2049475.jpg家門の危機-家門の栄光2
制作: 2005年韓国  監督: チョン・ヨンギ
出演: シン・ヒョンジュン、キム・ウォニ、キム・スミ 他
b0097051_2050318.jpgミスター主婦クイズ王
制作: 2005年韓国  監督: ユ・ソンドン
出演: ハン・ソッキュ、シン・ウンギョン、コン・ヒョンジン 他
b0097051_20501748.jpgサンデーソウル
制作: 2006年韓国  監督: パク・ソンフン
出演: ポン・テギュ、コ・ウナ、パク・ソンビン、イ・チョンア 他
b0097051_20503034.jpg連理の枝
制作: 2006年韓国  監督: キム・ソンジュン
出演: チェ・ジウ、チョ・ハンソン 他
b0097051_20504492.jpg裸足のキボン
制作: 2006年韓国  監督: クォン・スギョン
出演: シン・ヒョンジュン、キム・スミ 他
b0097051_2051061.jpg多細胞少女
制作: 2006年韓国  監督: イ・ジェヨン
出演: キム・オクビン、パク・チヌ、イ・キョン 他
b0097051_20511325.jpg家門の復活-家門の栄光3
制作: 2006年韓国  監督: チョン・ヨンギ
出演: シン・ヒョンジュン、タク・チェフン、キム・ウォニ、キム・スミ 他
b0097051_20512865.jpgコン・ピルドゥ
制作: 2006年韓国  監督: コン・ジョンシク
出演: イ・ムンシク、キム・ユミ 他
b0097051_20514336.jpg救世主
制作: 2006年韓国  監督: キム・ジョンウ
出演: チェ・ソングク、シニ、チョ・サンギ 他
b0097051_20515733.jpg麻婆島2
制作: 2007年韓国  監督: イ・サンフン
出演: イ・ムンシク、キム・ジヨン、ヨ・ウンゲ 他
b0097051_20521425.jpg止められない結婚
制作: 2007年韓国  監督: キム・ソンウク
出演: キム・スミ、イム・チェウ、ユジン、ハ・ソクチン 他
b0097051_12466100.jpg再会の村、チョンソルリへようこそ (原題:出会いの広場)
制作: 2007年韓国  監督: キム・ジョンジン
出演: イム・チャンジョン、パク・チニ 他
b0097051_10364846.jpg腹黒母娘
制作: 2008年韓国  監督: チョ・タムホ
出演: キム・スミ、シム・ヘジン、イ・サンウ 他
b0097051_14101814.jpg美人占い師 (原題:清潭菩薩)
制作: 2009年韓国  監督: キム・ジニョン
出演: パク・イェジン、イム・チャンジョン 他
b0097051_18552293.jpgミス・ギャングスター (原題:六穴砲強盗団)
制作: 2010年韓国  監督: カン・ヒョジン
出演: ナ・ムニ、キム・スミ、キム・ヘオク 他
b0097051_23125795.jpg拝啓、愛しています (原題:あなたを愛してます)
制作: 2010年韓国  監督: チュ・チャンミン
出演: イ・スンジェ、ユン・ソジョン、ソン・ジェホ、キム・スミ 他
b0097051_231332100.jpg愛が怖いっ! (原題:愛はこわい)
制作: 2011年韓国  監督: チョン・ウチョル
出演: イム・チャンジョン、キム・ギュリ 他
b0097051_23303411.jpg危険な挨拶
制作: 2011年韓国  監督: キム・ジニョン
出演: ソン・セビョク、イ・シヨン 他
b0097051_21552678.jpg怪しい顧客たち
制作: 2011年韓国  監督: チョ・ジンモ
出演: リュ・スンボム、ソン・ドンイル、パク・チョルミン 他
b0097051_16552963.jpg家門の災難 (原題:家門の栄光4 家門の受難)
制作: 2011年韓国  監督: チョン・テウォン
出演: キム・スミ、シン・ヒョンジュン、タク・チェフン、イム・ヒョンジュン 他
b0097051_13492460.jpg出前持ち ウス氏
制作: 2012年韓国  監督: ユン・ハギョル
出演: チェ・スジョン、キ・ジュボン、イ・スナ、イ・ミジ 他
b0097051_23263321.jpg全国のど自慢
制作: 2013年韓国  監督: イ・ジョンピル
出演: キム・イングォン、リュ・ヒョンギョン、キム・スミ 他
b0097051_23542100.jpgヘルマネー
制作: 2014年韓国  監督: シン・ハンソル
出演: キム・スミ、キム・ジョンテ、イ・ヨンウン 他

[PR]
by nameinuuuu | 2007-09-04 19:11 | 俳優_FILE
韓国映画レビュー その228 「麻婆島」
ここのところ、コメディ作品のレビューがないのでこの作品にした。続編の『麻婆島2』も昨年韓国で劇場公開されたが、そちらはまだ未見である。主人公のイ・ジョンジンとイ・ムンシクの配役と婆さん5人のベテラン女優の配役は見事である。オ・ダルスやソ・ヨンヒもいい位置づけになっているし、特別出演のユ・ヘジンやキム・サンホらもインパクトに残る。

b0097051_14254294.jpg麻婆島
制作年:2005年
監督:チュ・チャンミン
出演:イ・ジョンジン、イ・ムンシク、ヨ・ウンゲ、キム・スミ
ジャンル:コメディ
鑑賞:韓国版DVD


ヤクザからカタギになるために茶房(韓国の喫茶店)を経営するシン社長(オ・ダルス)は、経営難で苦しんでいた。毎回購入しているロトくじを店員のチャンミ(ソ・ヨンヒ)に買ってくるように頼んだ。テレビで結果をみていたシン社長は、160億ウォンを当てたことを知り、チャンミの帰りを待つがチャンミは逃げてしまった。シン社長は、当たりクジを取り戻すためにチャンミを捜す作戦として、賄賂を渡して不良刑事チュンス(イ・ムンシク)に協力を求めた。チュンス刑事に出された条件としてシン社長の子分ジェチョル(イ・ジョンジン)と一緒に行動することである。以前にジェチョルはチュンス刑事に逮捕された経験があり、二人の仲は最悪である。警察の情報網を使ったチュンス刑事は、チャンミの本当の名前はクッスンだと分かり、故郷は麻婆島であることがわかった。麻婆島行きの船は週に1便しかなく、警察の力を使ったチュンス刑事は急遽小船を用意してもらい、運転手の漁夫(ユ・ヘジン)にチュンス刑事とジェチョルを麻婆島まで送ってもらった。麻婆島には、5人の老婆しかいない島だった。チュンス刑事とジェチョルは、婆さんたちに身分を隠し釣り人と偽ってクッスンが戻ってくるのを待った。男を見るのが20年ぶりの婆さんたちは、チュンス刑事とジェチョルにいろいろと仕掛けてくる。婆さんたちと共同生活をするチュンス刑事とジェチョルは、自給自足の生活を共にして交流を深めていくが、幾度となくアクシデントが起こる。果たして、チュンス刑事とジェチョルは目的であるチャンミことクッスンを捕まえて当たりクジを取り戻すことができるのか、麻婆島にいる婆さんたちとチュンス刑事とジェチョルとの間に何が起こるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のチュ・チャンミン監督。出演者は、シン社長の子分ジェチョルを演じるのは『海賊、 ディスコ王になる』『マルチュク青春通り (原題:マルジュク通り残酷史)』のイ・ジョンジン、チュンス刑事を演じるのは『ビッグ・スウィンドル!(原題:犯罪の再構成)』『達磨よ、ソウルへ行こう』のイ・ムンシク、麻婆島の婆さん会長を演じるのは『ひとりで廻る風車』『いつも終電に乗って来る人』のヨ・ウンゲ、麻婆島のチナン婆さんを演じるのは『偉大なる遺産』『スーパースター カム・サヨン』のキム・スミ、麻婆島のヨス婆さんを演じるのは『ナチュラル・シティ』のキム・ウルドン、麻婆島のマサン婆さんを演じるのは『オー!ブラザーズ』のキム・ヒョンジャ、麻婆島のチェジュ婆さんを演じるのは『もし、あなたなら ~6つの視線~』のキル・ヘヨン、チャンミことクッスンを演じるのは『ラブストーリー (原題:クラシック)』『ライアー』のソ・ヨンヒ、シン社長を演じるのは『オールド・ボーイ』『甘い人生』のオ・ダルス。

チャンミことクッスンが160億ウォンの当たりクジを持って逃げたのをジェチョルとチュンス刑事が追って辿りついたのが、婆さん5人しか住んでいない麻婆島という小さな孤島で、二人は婆さんたちからとんでもないことに合う。

序盤は、ジェチョルとチュンス刑事がチャンミことクッスンの故郷の麻婆島に行くだろうと予想して先に行って待ち伏せするのだ。麻婆島に行くまでも大変で、地図に載っていない孤島で週一便というなかなか行けない場所なのだ。ジェチョルとチュンス刑事は警察の力を使って漁夫に小船を出してもらうのであるが、テンションが高い漁夫と対照的に船酔いで吐いているジェチョルとチュンス刑事がおもしろく描いている。漁夫を演じるユ・ヘジンの登場は2シーンしかないが、かなりインパクトに残るキャラクターを演じている。麻婆島に着いて彷徨い、真夜中に小さな家の庭で休む二人にホラー映画級の恐怖を起こす麻婆島の婆さんたちがおもしろく描かれており、草むらを横切る白い服の人影がみえたり、ゾンビのように無表情で現れたりしているのだ。

久しぶりのお客さんで婆さんたちから歓迎された二人は、食事をもらい、クッスンの部屋があるヨス婆さんの家で寝泊りすることになる。そこにはヨス婆さんの他に小さな体系のチェジュ婆さんも一緒に住んでいる。何故かチェジュ婆さんはヨス婆さんから女中のように扱き使われている姿をみて、ジェチョルとチュンス刑事は不思議に思うのだ。これは観ている側も不思議に思う光景であるが、この理由は後半になってチナン婆さんがジェチョルとチュンス刑事にこの島で起こった彼女たちの歴史を語ってくれるのでそこでわかる。チェジュ婆さんは耳が聴こえないだけでなく更に悲しい過去があるのだ。

始めのうちは、二人をお客さん扱いしてくれたが、農作業や家の修理などをやらされて完全に主導権を婆さんたちに握られていくのだ。逃げたいけど船は週一便だし、泳いで陸まで行ける距離でないのでどうしょもないし、シン社長からは留まるように命令されるはで踏んだり蹴ったりの状況なのだ。だが、嵐の中で婆さんが倒れてきた屋根に挟まっているのを二人が助けだし、ジェチョルは背中に大怪我をして婆さんたちは交代で看病してくれたことで、二人と婆さんたちにいつしか見えない絆ができているのだ。段々とゆったりとした時間と自給自足の生活に慣れてきた二人がみられ、序盤であれだけいがみ合っていたジェチョルとチュンス刑事の間にも変化が出てくるのだ。中盤まででコメディ要素とヒューマンドラマ要素をうまく融合させて進行しているので、テンポがすごくよい。

婆さんたちとジェチョルやチュンス刑事との価値観が違うのがみられるのは、4人の婆さんたちが花札をしているときで、160ウォン買ったとか、10ウォン足らないと喧嘩をしているシーンで、この島にお金なんて意味のない物だとみせつけてくれるのだ。ジェチョルやチュンス刑事は、お金目的でこの島に来ているので対照的にみせているのだ。

ジェチョルやチュンス刑事の服装の変化も笑いのみせどころである。島に到着したころは、ジェチョルは革ジャンバー、模様の入った襟付きシャツ、黒のズボンといったチンピラ風な格好、チュンス刑事は釣り人風なラフな格好をしていたが、時間が経過していくと婆さんたちの洋服を着たり、もんぺをはいたりと二人が「婆さん化」しだすのだ。服装を語るところで好きなシーンは、会長の婆さんがチュンス刑事になぜ重作業しているのにジェチョルは革の服をいつも着ているのかを尋ねているシーンで、綺麗な服を着てバリバリに化粧しているマサン婆さんを例にして説明しているところはうまい。会長の婆さんもすんなり納得するし。

ストーリーが動き出すのは、クッスンが麻婆島に現れてからで当たりクジの行方やシン社長ら部下たちも麻婆島に来てからである。そこで、ジェチョルとチュンス刑事の心の変化、婆さんたちの行動、シン社長らの行動で大きくストーリーが動くので鑑賞して楽しんでもらいたい。「麻婆島」という架空の島であるが、しっかりと意味があるのは鑑賞後に分かる仕組みになっている。「麻」は終盤に出てくるある秘密のもの、「婆」はもちろん婆さんを示しているのだ。婆さんたちの言葉や行動、ジェチョルやチュンス刑事との絡みがうまく噛み合って、コメディを作り出している。そして、この島に住む婆さんたちの過去にもドラマを持っているから、ヒューマンドラマの要素をうまく引き出せている。『愛を逃す』でもみられた各キャラクターに味があり、状況によってうまく人を使っているのがみられる。二枚目俳優で作品を盛り上げるのでなく、演技派の俳優たちを集めている作品だけあって自然な演技で笑いを誘い、ストーリーが濃厚で、骨太な作品に仕上がっている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2007-08-22 18:51 | 228.麻婆島
韓国映画レビュー その31 「家門の危機-家門の栄光2」
b0097051_0485319.jpg家門の危機-家門の栄光2
制作年:2005年
監督:チョン・ヨンギ
出演:シン・ヒョンジュン、キム・ウォニ、キム・スミ、タク・チェフン
ジャンル:コメディ
鑑賞:韓国版DVD


麗水の暴力団「百虎組」の女組長ホン・ドクジャ(キム・スミ)は一ヶ月後に還暦を迎える。長男チャン・インジェ(シン・ヒョンジュン)は、ソウルに進出している。女組長の問題は、長男チャン・インジェが女性にまったく興味がないからだ。女組長は恋愛上手の次男のソクチェ(タク・チェフン)と三男のギョンジェ(イム・ヒョンジュン)を呼びつけ長男を結婚させるようにと命じ上京させる。インジェは、事故で亡くなった昔の恋人に似たジンギョン(キム・ウォニ)と出会う。そしてジンギョンが地下駐車場でヤクザに囲まれているところをインジェが助けた。眠っているジンギョンをインジェは自宅に連れていき、これがきっかけで二人は付き合うようになる。しかし、ジンギョンの職業は検事であった。果たして、インジェとジンギョンの関係はうまくいくのか、そして百虎組はエリートの嫁を迎えることができるのかというお話。

監督は『人形霊』のチョン・ヨンギの第二作目。続編の『大変な結婚(原題:家門の栄光)』とは違う監督である。出演者は、長男インジェをシン・ヒョンジュン、ジンギョン検事をキム・ウォニ、ドクチャ女組長をキム・スミ、次男ソクチェをタク・チェフン、三男ギョンジェをイム・ヒョンジュン、ボン検事をコン・ヒョンジン、次男の嫁をシニが演じている。それ以外にも、前作の主演のチョン・ジュノ、検事役のコン・ヒョンジン、ヒョン・ヨン、キム・ヒョジン、パク・ヒジン、チェ・ウンジュなどが出演している。

最初から最後まで笑わしてくれる作りになっている。ジンギョンを自宅に運んだインジェだがジンギョンが寝ぼけてインジェの股間を握って大怪我をする。そして医者にいってペニスケースを装着して服を着るので股間部分がモッコリしている。それをみたジンギョンは慌てたり、事務所に行ったときに子分から笑われたりする。同じような下ネタで、押収したバストクリームをおっぱいに塗るジンギョンだが、不良品で肌を痛めて、二人乗りのバイクでデートする。もちろん、ジンギョンは胸が擦れて痛く、インジェは胸が背中に当たって喜ぶ。基本的に下ネタで笑いをとるシーンは少ない方である。

インジェの事務所に「愛の共有」という福祉団体が現れ、そこの経営者をチャン・テソ(チョン・ジュノ)がやっていてインジェらヤクザにボコボコに殴られる。そのときにチャン・テソから貰った名刺をジンギョンが手にする。ジンギョンはインジェが福祉の仕事をしていると思い、インジェはジンギョンをただの公務員だと思い込んでいる。そのすれ違いが中盤までおもしろさを膨らましている。インジェとジンギョンのやりとりだけではない。ジンギョンの同僚のボン検事はひたすらジンギョンに恋のアタックする。ボン検事がレストランでジンギョンにプロポーズするシーンでピアノを弾いて歌うところは『大変な結婚(原題:家門の栄光)』でキム・ジョンウンが行った行動と全く同じである。『大変な結婚(原題:家門の栄光)』を観ているならなおさら笑えるだろう。

ジンギョンはインジェの愛に応え実家まで行くのだが、完全にヤクザだとばれるだろう。家の作りや人相の悪い子分たちをみてしまえば。ジンギョンが検事だとわかってから、女組長の還暦式に来ないはずのジンギョンが来るのだが、長男の嫁が検事をしていると言うと周囲のヤクザたちは全員帰ってしまう。解散の仕方がまた笑いをさそう。また、還暦式で韓国歌手に詳しい人なら、沢山の花輪が誰から送られてきたのかが理解できる。ボクは、詳しくないので「ピ」だけ分かりました。

終盤は、女組長の温かさが出ており、やはりヤクザというより母親の顔を見せている。主役の二人のジンギョンとインジェを食うぐらい活躍ぶりだろう。意外に活躍したのがシニ演じる次男の嫁。最後に大活躍する。エンディングロール中も物語は続いているので最後まで楽しませてくれる。韓国芸能界に詳しいとより一層に面白さが増すと感じた。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-05-22 00:59 | 31.家門の危機-家門の栄光2