韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:カム・ウソン ( 7 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その565 「Rポイント」
b0097051_19435084.jpgRポイント
制作年:2004年
監督:コン・スチャン
出演:カム・ウソン、ソン・ビョンホ、パク・ウォンサン、イ・ソンギュン
ジャンル:ホラー
鑑賞:韓国版DVD


1972年、ベトナム戦争で大部隊の中で唯一生き残ったチェ中尉(カム・ウソン)は、上官から指令を受けた。軍事地域「Romeo Point」で死亡したと推測される兵士からの継続的な救助要請が来ていることで、救助隊としてチェ中尉含む9人の小部隊は彼らの消息を確認するために向かった。小船で陸地に上陸した小部隊は、写真を撮り、ゆっくりと目的地に向けて歩いて進む。三日が過ぎ、「Romeo Point」の入り口に到着した小部隊は、漢字で彫られた不気味な石碑があり、その警告を無視して進んでいった。その先には、廃墟になった建物があり、そこで小部隊は探索する。次々と不可解な現象が起こることで兵士たちは困惑していく。果たして、彼らは目的をはたして自軍の基地に戻ることができるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のコン・スチャン監督。
出演は、チェ中尉を演じるのは『情愛 (原題:結婚は狂気の沙汰)』のカム・ウソン、チン中士を演じるのは『TUBE』『木浦は港だ』のソン・ビョンホ、マ兵長を演じるのは『情愛 (原題:結婚は狂気の沙汰)』『4人の食卓』のパク・ウォンサン、チャン兵長を演じるのは『子猫をお願い』『オールド・ボーイ』のオ・テギョン、パク下士を演じるのは『僕は彼女をはなさない (原題:ショーショーショー)』『初恋のアルバム~人魚姫のいた島~ (原題:人魚姫)』のイ・ソンギュン、オ兵長を演じるのは『殺人の追憶』『オー!ブラザーズ』のソン・ジノ、ビョン上兵を演じるのは『ミスター・コンドーム』のムン・ヨンドン。

唯一生存したチェ中尉が心の傷を持ちながら、次の軍事作戦に就き、全滅した場所から救助の通信がきていることで、その場所「Romeo Point」に行くが、不可思議な現象に引き込まれていくのである。

チェ中尉を含めて九人の兵士が集り、陸地に上陸したときに全員で写真を撮るのであるが、これが中盤の伏線になっているのである。あの場で写真を撮る行動が不自然に感じるところもあり、後から何らかの繋がりになることはみえていた。写されている人物というよりは、写されている人数を先に注目することである。

草木が茂る中を少しずつ前進していく小部隊らは、目的地である「Romeo Point」に到着するのであるが、漢字で彫られた石碑が今後の彼らの運命を予兆させている。小部隊たちの中で漢字が読める人は葬儀屋の兵士だけ、意味だけを全員に知らせたが、気にしたのがチェ中尉だけなのだ。この入り口から廃墟までの間は、意外に距離があり、背丈以上の草があったり、遺跡が転がっていたり、墓地があったりと不気味な雰囲気をみせている。でも、遺跡をみるとわかるが、カンボジアのアンコールワット周辺の遺跡であるのが分かり、ベトナムという空気を感じないシーンが幾つもあるのがみられる。カンボジアとベトナムに行ったことがある人なら分かると思うが、似ているようで違うのである。

小部隊たちは、無線でフランス人部隊からの通信を受信したり、突然アメリカ兵たちが廃墟に現れてもうすぐアメリカ軍の救助が来ることを知らせたりと中盤以降の伏線を貼っているのだ。現実と非現実の世界を色を変えて描写しているので、その区別がはっきりしているので観ていて混乱することはないだろう。非現実の世界に切り替わると、映像がやや暗くなり、見えないはずの物や人がみえるのである。チェ中尉の視点が中心になってその世界が明確になっていくのがみられ、序盤で銃殺したベトナム人女性の霊に惑わされていくのである。直接、霊によって襲われるよりは、自分たちで仲間を殺してしまう流れで進行していくのである。兵士たちの精神的な錯乱も含んでいるのであるが、霊による現象の方が強い感じを受ける。

一応、各兵士たちにドラマをみせており、チェ中尉と意見が対立するチン中士だったり、家族想いのマ兵長だったり、年下だが生意気な兵士、といった個々の兵士たちのドラマを描いているが、今ひとつ衝撃度がないのだ。ドラマ性は弱くてホラー要素が強くなっており、精神的なものと霊的なものといった複合的要素で起こっているのがみられる。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-12-20 19:49 | 565.Rポイント
韓国映画レビュー その345 「大胆な家族 (原題:肝っ玉家族)」
昨年もそうであったが、12月はやっぱり更新が滞る。
某ドイツ映画とかなり似ている作品。この作品の方がかなりレベルが低いけど。

b0097051_15111916.jpg大胆な家族 (原題:肝っ玉家族)
制作年:2005年
監督:チョ・ミョンナム
出演:カム・ウソン、キム・スロ、シン・グ、キム・スミ
ジャンル:コメディ
鑑賞:日本版DVD


南北分断によって北朝鮮に妻と娘を残したまま、韓国で生活をするキム老人(シン・グ)。キム老人には、後妻(キム・スミ)、長男ミョンソク(カム・ウソン)、次男ミョンギュ(キム・スロ)、長男の妻(イ・カニ)、長男の娘で孫のヒョンジェ(ピョン・ジュヨン)ら家族と一緒に生活をしている。今でもキム老人は、北にいる妻と娘との再会を願っており、金剛山で行われる離散家族と再会するための申請書を役場に提出して、その帰りに階段から転げ落ちて病院に担ぎ込まれた。その病院に集まったキム老人の家族たちは、医師からキム老人が末期ガンであと僅かな命であることを宣告された。さらに、キム老人が依頼していた弁護士と会うことになった長男ミョンソクは、キム老人が北にいる家族のために土地を購入していたことを知らされた。その土地の資産価値は50億ウォンあり、遺言としてもし南北が統一していなかったら未来のために統一省に寄付するというのだ。長男ミョンソクは、保証人になって借金を抱えてしまい金貸し業者から催促される毎日を過ごしていたことで、遺産を国に寄付するぐらいなら家族が手に入れようと考える。長男ミョンソクは、資金難で困っている映画監督の仕事をする次男ミョンギュに相談する。長男ミョンソクと次男ミョンギュが中心になって家族全員で、父のキム老人が南北統一が実現したと思い込ませて遺産を手に入れようとするお話。

監督は、本作デビュー作のチョ・ミョンナム監督。
出演者は、長男ミョンソクを演じるのは『Rポイント』『スパイダー・フォレスト 懺悔(原題:蜘蛛の森) 』のカム・ウソン、次男ミョンギュを演じるのは『風の伝説』『Sダイアリー』のキム・スロ、父のキム老人を演じるのは『ロストメモリーズ (原題:2009 ロストメモリーズ)』『ナチュラル・シティ』のシン・グ、母を演じるのは『スーパースター カム・サヨン』『麻婆島』のキム・スミ、長男ミョンソクの妻を演じるのは『復讐者に憐れみを』『風の伝説』のイ・カニ、長男ミョンソクの娘を演じるのは『私の男のロマンス』『人形霊』ピョン・ジュヨン、金貸し業者のパクを演じるのは『ぼくらの落第先生 (原題:先生キム・ボンドゥ)』『君に捧げる初恋 (原題:初恋死守決起大会)』のソン・ジル、女優チュンジャを演じるのは『シンソッキ・ブルース』『B型の彼氏』のシニ、助監督を演じるのは『人形霊』のイム・ヒョンジュン。

離散家族をテーマにしており、前半は父の遺産を目当てにして仮想南北統一実現によって父を騙し続ける家族たちをコミカルに描き、後半は離散家族の悲劇をみせた人間ドラマになっている。

父の命も残り僅か、遺産を手に入れるには南北が統一したことを父に信じ込ませる必要があるのだ。そこで考えたのが、次男ミョンギュが南北統一のシナリオを執筆して映画を撮り、その映画を父に鑑賞させることから始まる。次男ミョンギュの仕事仲間である男優兼助監督(イム・ヒョンジュン)と女優チュンジャ(シニ)に協力してもらい、彼らがニュース番組のキャスターとなり、南北統一が実現したことをレポートするような内容を映画にして、自宅で寝込んでいる父にみせるのである。父は偽ニュース(次男ミョンギュが作った映画)をみて感動して、病状は悪化するどころか元気になっていくのである。更に他のニュース番組はどうだか、新聞の内容はどうだかという要求に対して、嘘をついて誤魔化す家族たちが自分たちで首をしめていくのを面白くみせている。

コメディの質でいうとかなりオーバーアクションになっていることで、コメディアンがネタをするようなわざとらしいコントにみえてしまう。女優チュンジャの幾つものバージョンを使ったニュースキャスター口調、長男ミョンソク&妻 vs 次男ミョンギュ&女優チュンジャのエアー卓球、長男の嫁が父を車椅子に乗せて散歩しているときに中華屋の主人とのトラブル、金貸し業者が仲間に加わって町内を巻き込んだ仮想南北統一ごっこ、北の偽サーカス団といった単純な笑いをみせている。

終盤にかけては、深刻な離散家族の問題、父を慕う長男と次男や先妻を気にする夫を支える後妻といった家族の絆をみせている。始めは金銭のためで行っていたことが、真面目に家族を見詰め直したり、北にいる腹違いの姉を考える長男ミョンソクと次男ミョンギュの真剣な想いをみせている。あまりにも前半と後半の内容の重さが違うことに戸惑うであろう。厳しく述べてしまうとどちらも中途半端な作りになっているので残念だ。キャスティングは、芸達者な役者たちを揃えているので過剰な期待をしてしまうと思うが、期待度を低くして鑑賞すればそれなりに観れる作品であろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-12-16 15:26 | 345.大胆な家族
韓国映画レビュー その289 「私の恋」
4つのエピソードを同じ時間軸で1つの物語にしている。カム・ウソンとイ・ヨニが絡んだり、オム・テウンとイム・ジョンウンが絡んだりするので、独立したエピソードに少し繋がりを持たそうとしているのがみえる。

b0097051_10412922.jpg私の恋
制作年:2007年
監督:イ・ハン
出演:カム・ウソン、チェ・ガンヒ、オム・テウン、チョン・イル、
    イ・ヨニ、リュ・スンニョン、イム・ジョンウン
ジャンル:ラブストーリー
鑑賞:韓国版DVD


4組の男女に起こるそれぞれの恋愛模様を4つのエピソードで構成されたオムニバスである。

■第一話
ソウルの地下鉄2号線を担当して走行する地下鉄運転手のセジン(カム・ウソン)は、3年まえに大恋愛をしていた頃を思い出す。突拍子もない行動をいつもする恋人チュウォン(チェ・ガンヒ)と出会ったのは地下鉄の列車内であった。最終電車に乗り遅れたセジンとチュウォンは、真っ暗な線路を歩いて、花火をしたり、落書きをしたり、二人で出会った電車の型番を探していた。そんな、仲の良いカップルの間に果たして何があったのかというお話。

■第二話
復学するために大学の事務所にやってきた大学生チウ(チョン・イル)。それを待ち伏せていた女子大生ソヒョン(イ・ヨニ)は、先輩チウに気づいてもらうために積極的に近づく。飲み会の席に参加したソヒョンは、偶然その席に先輩チウも出席していた。お酒が弱いソヒョンは、すぐに酔っ払ってしまい気を失ってしまった。ソヒョンは、そのまま朝まで店で寝てしまい、心配になったチウはソヒョンが目を覚めるのを朝まで待っていた。二人が帰宅する際に、ソヒョンはチウにお酒の飲み方を教えてもらうことを約束して再び会えることにこぎつけた。過去の失恋に苦しむチウと片思いするソヒョンの爽やかな恋のお話。

■第三話
広告代理店に勤めるジョンソク(リュ・スンニョン)とスジョン(イム・ジョンウン)は、同じ職場で同じプロジェクトに参加している。スジョンは、皆既日食が起こる日にあるイベントを実行しようと考え、会議で提案していた。ジョンソクは、妻を亡くして一人で小学生の息子パダ(パク・チャンイク)と生活しており、食事は適当に済まし、部屋は散らかり、なかなか家事まで手が回らない。未だに亡くなった妻を愛して忘れられないでいるジョンソクに片思いしているスジョンは、積極的に行動に出て、彼の気持ちを射止めようとするが、なかなかうまくいかない。そんな二人に今後どのような展開があるのかというお話。

■第四話
世界を旅するフリーハグ活動家のジンマン(オム・テウン)は久しぶりに韓国に戻ってきた。その理由は、5年も音信不通の彼女との約束を守るためである。皆既日食が起こる日に、彼女と再会することを忘れずにジンマンは覚えていた。二人の唯一の繋がりがあった携帯電話が、期限切れによって使用不可能になってしまった。野宿しながら、町中でフリーハグの活動をするジンマンは、約束通り彼女と再会できるのかというお話。

監督は、『永遠の片想い (原題:恋愛小説)』『青春漫画』のイ・ハン監督。
出演者は、第一話で地下鉄の運転手のセジンを演じるのは『肝っ玉家族』『王の男』のカム・ウソン、セジンの恋人チュウォンを演じるのは『ワニ&ジュナ』『甘く、殺伐とした恋人』のチェ・ガンヒ。
第二話で大学生チウを演じるのは『静かな世の中』のチョン・イル、女子大生ソヒョンを演じるのは『百万長者の初恋』『M』のイ・ヨニ。
第三話で広告代理店で働く子持ちのジョンソクを演じるのは『偉大なる系譜』『熱血男児』のリュ・スンニョン、広告代理店でキャリアウーマンのスジョンを演じるのは『愛してるから、大丈夫』『宮女』のイム・ジョンウン、ジョンソクの息子パダを演じるのは『アイスケ-キ』『1番街の奇跡』のパク・チャンイク。
第四話で世界を旅するフリーハグ活動家のジンマンを演じるのは『公共の敵2』『家族の誕生』のオム・テウン。

同じ時間軸上で、4つのエピソードをランダムに移っていく構成である。どのエピソードも「愛」を表現しており、それぞれに過去の恋愛が絡んでいる作りである。

第一話では、セジンが地下鉄の運転手をしている現在、三年前の恋人チュウォンとの恋愛の過去を交互にみせている。過去軸ではチュウォンとの楽しい思い出を描いており、現在軸ではチュウォンが忘れられなく気持ちの整理がついていない心情を描いている。二人のデートは、電車を舞台にしたものが多く、序盤でみせた真夜中の線路での出来事が終盤の伏線になっており、感情を思い起こすのに効果的な出来事を含んでいる。恋愛にちょっと控え目なセジンが、何を仕出かすか分からないチュウォンの行動に振り回されているのだ。それにもしっかりと理由があり、チュウォンがセジンを愛しているがための行動である。セジンとチュウォンの間に何が起こっていたのかを終盤にみせており、序盤でみせた伏線を終盤で感動的に仕上げている。乙女チックに描いているシーンがあるので、そこを幻想的な視点で捉えるのか、現実的な視点で捉えるかでこの作品の評価が変わってくる気がする。

第二話では、先輩チウと後輩ソヒョンの過去の出来事が絡んでいる。先輩チウが休学していた理由は、当時の恋人ソナとの失恋によるものであり、気持ちの整理をつけるために時間が必要だったのだ。後輩ソヒョンは実は過去の飲み会で先輩チウと出会っており、ずっと片思いしていた。お酒に酔っ払って先輩チウの目のまえで醜態をさらしてしまった後輩ソヒョンが、とてもお茶目だから可愛らしくそして笑えるのだ。先輩チウは元彼女ソナのことが心にまだ引っかかっていることで、後輩ソヒョンのことを女性という目線ではみていないのだ。一方で後輩ソヒョンは、好きだった先輩チウと同じ時間を共有できる喜びでいっぱいなのだ。しかし、元彼女ソナから先輩チウに電話がかかってきたことで事態が急変していく。順調にいっていた先輩チウと後輩ソヒョンは、この事態でどのようになっていくのかが見せ所である。

第三話では、亡くなった妻を愛しておりジョンソクとスジョンの関係は一向に進展していかない。スジョンの気持ちを知りながらも、ジョンソクの気持ちは過去に縛られており、スジョンを受け入れることができないのだ。そこで二人の橋渡し的な存在なのが、ジョンソクの息子パダなのだ。二人の関係を客観的にみている存在だから、二人の気持ちがみえている。そして、パダがスジョンを快く思っていることが、スジョンとジョンソクの微妙な距離に影響を与えている。子持ちで過去に縛られた男、焦る気持ちで空回りする行動の女がみせる大人の恋愛を描いている。

第四話では、フリーハグ活動家のジンマンが過去の約束を果たすためにソウルにやって来たのだ。彼女との唯一の連絡手段であった携帯電話が使えなくなったので、現在使用している携帯電話の番号の持ち主と交渉するのだ。その相手が第三話で登場するスジョンである。もちろん、スジョンは私用だけでなく仕事でも使っている携帯電話をすぐに貸すわけにいかず、二人の交渉は決着がつかない。だが、お互い初対面で何も知らない二人であったが、お酒を飲んでいたことで現在起きている問題を正直に打ち明けているのが、おもしろいところだ。何も知らない第三者に話して聞いてもらうという行為が、ジンマンにも、スジョンにも溜まっていた気持ちを吐き出せて、前向きに考えるようになっていくのだ。約束の日に再会するジンマンの恋の決着が見せ所である。第三話と第四話は、繋がりが多いからセットで考えた方が観やすいかもしれない。

全体像をみると、どれも過去をポイントにしているのがみえる。癒えない心の傷をどのようにして消化していくのかを4つのエピソードで示している。幸せな結末もあったり、悲しい結末もあったり、やるせない結末もあったりする。皆既日食というひとつのイベントをターニングポイントとして、これからの彼ら彼女らの人生を前向きにさせる効果をもたらしている。群を抜いて良かったのが第三話、アイデアが良かったのは第一話であった。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-05-04 11:57 | 289.私の恋
カム・ウソン
b0097051_915342.jpgカム・ウソン
감 우성
1970年10月1日生

<映画出演作品>
b0097051_9155683.jpg情愛 (原題:結婚は狂気の沙汰)
制作: 2002年韓国  監督: ユ・ハ
出演: カム・ウソン、オム・ジョンファ 他
b0097051_9161518.jpgRポイント
制作: 2004年韓国  監督: コン・スチャン
出演: カム・ウソン、ソン・ビョンホ 他
b0097051_9162827.jpgスパイダー・フォレスト/懺悔 (原題:蜘蛛の森)
制作: 2004年韓国  監督: ソン・イルゴン
出演: カム・ウソン、ソ・ジョン、カン・ギョンホン 他
b0097051_916438.jpg大胆な家族 (原題:肝っ玉家族)
制作: 2005年韓国  監督: チョ・ミョンナム
出演: カム・ウソン、キム・スロ 他
b0097051_9165510.jpg王の男
制作: 2005年韓国  監督: イ・ジュニク
出演: カム・ウソン、チョン・ジニョン、カン・ソンヨン、イ・ジュンギ 他
b0097051_9171368.jpgBIG BANG!~撃ちまくれ~ (原題:撃つ)
制作: 2007年韓国  監督: パク・チョンウ
出演: カム・ウソン、キム・スロ、カン・ソンジン 他
b0097051_21415499.jpg私の恋
制作: 2007年韓国  監督: イ・ハン
出演: カム・ウソン、チェ・ガンヒ、オム・テウン、チョン・イル、イ・ヨニ、リュ・スンニョン、イム・ジョンウン 他
b0097051_21172137.jpgアウトロー -哀しき復讐- (原題:無法者)
制作: 2009年韓国  監督: キム・チュルハン、シン・ジェヒョク
出演: カム・ウソン、チャン・シニョン、イ・スンミン 他
b0097051_1640397.jpgファーストレディー-彼女に
制作: 2012年韓国  監督: ハン・チャンハク
出演: ハン・ウンジョン、カム・ウソン 他

[PR]
by nameinuuuu | 2007-07-07 10:13 | 俳優_FILE
韓国映画レビュー その178 「情愛 (原題:結婚は、気が狂うことだ)」
最近、『ホロビッツのために』『オーロラ姫』『私の生涯で最も美しい一週間』とオム・ジョンファ出演の作品をアップしてきたから、オム・ジョンファが映画界に久々に復活した作品のレビューをアップする。作品とは別の事柄であるが、ここ一ヶ月間ブログの改良を考えており、実験的に画像を取り入れてきた。このブログの今後の方向性を模索している。

b0097051_0215731.jpg情愛 (原題:結婚は、気が狂うことだ)
制作年:2002年
監督:ユ・ハ
出演:オム・ジョンファ、カム・ウソン、イム・ジョンウン
ジャンル:ラブストーリー
鑑賞:第15回東京国際映画祭


知的な大学講師であるジュニョン(カム・ウソン)は結婚よりも恋愛を楽しむ生き方を選択している。ジュニョンは、弟の結婚式の日に友人の紹介でデザイナーのヨンヒ(オム・ジョンファ)と出会った。過激な質問と答えが続いて3回も店を変えてお酒を飲む二人は、タクシー代より旅館が安いという対話をして旅館に直行して、一夜を共にした。ジュニョンとヨンヒは次第に互いに惹かれあうが、非常勤の大学講師で貧しい家庭の長男である自分を振り返ったジュニョンは、ヨンヒに結婚は条件のいい男として、自分は結婚の対象から外すように言う。やがて、ヨンヒは安定した生活を考えて医師と結婚したが、まだ愛しているジュニョンのところに週末は過ごす。ヨンヒはジュニョンとの不倫関係を続けて、自由な愛を追求する若き妻とインテリ青年のお話。

監督は、9年ぶりに作品を手がけたユ・ハ監督。出演者は、大学講師のジュニョンを演じるのは本作スクリンデビューのカム・ウソン、デザイナーのヨンヒを演じるのは8年ぶりにスクリンに戻ってきたオム・ジョンファ。韓国の音楽界で有名なオム・ジョンファが主演していることでも話題になった作品。韓国の歌手がここまでやるのかと関心するぐらいの脱ぎっぷりである。

結婚と恋愛の違いを語る二人を通して、結婚という制度に問題を提起している。ケンタッキー(KFC)で待ち合わせのときから二人のカケヒキが始まっていた。何かとつけてケンタッキーの店員のお姉ちゃんの話しが二人の会話に出て来るのも聞いててほしい。出会ったその日にベッドインしてしまう男女が、お互いの結婚観と恋愛観を語り合ってから、二人の恋愛が進んでいくのだ。ヨンヒは結婚を考える年齢であり、いろいろな人から求婚をされていることをジュニョンに話して、ジュニョンが結婚にふみだすのを探るが、なかなか上手くかわすジュニョンに二人の心理戦が伺える。結婚を考える年齢の男性側と女性側の心理をうまく表現していると感じる。

結局のところ、愛し合っていながらも結婚にふみきれずにヨンヒは医者と結婚するが、ジュニョンとの仲は続き週末だけの夫婦生活を楽しむのだ。傍からみると女性の不倫話しで済んでしまうが、ヨンヒが結婚してもまだジュニョンを愛しており、二重生活を続ける過程がおもしろいのだ。ジュニョンとヨンヒが愛に燃え上がっているなか一緒に楽しんでいる姿を写したアルバムをジュニョンの家に置いておく演出も終盤にうまく繋がっていてジュニョンの感情がでている。

この作品の恋愛観と結婚観を観客側がどのように消化するか、観客側の恋愛観と結婚観と照らし合わせてどのように感じられるか、そして共感できるかできないかという点でも様々な角度から恋愛観と結婚観をみつめることができるだろう。女性側からみた不倫がテーマになっている作品であり、結婚の痛みや結婚に対して現実性を考えたことがある人は面白くみられるのかもしれない。

ティーチ・インでも質問が多くあったが、儒教文化の韓国では考えられなかった女性像を描いていることや韓国文化でこれが受け入れられのかといった具合だ。監督からは、若い女性の考え方はかなり変わって、今の若い世代には「結婚とは何か」を考え直そうという動きがあると答えていた。因みに映画祭のときの題名は、『結婚は狂気の沙汰』であった。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2007-01-31 00:27 | 178.情愛
韓国映画レビュー その160 「王の男」
現在日本で劇場公開中の本作品。案の定、日本での成績は惨敗である。公開開始週のぴあの満足度ランキングでは9位。もう韓流ブームも終焉を向かえているのだから当たり前の結果にみえた。しかも日本の一般人が知っているような知名度のある有名俳優が出演してないときてはもうダメぽよ。やっと韓国映画を鑑賞する人が固定客になってきたという傾向なのだろうか。でも、ぴあのランキングに反して意外におもしろいと主張しておく。そしてこの作品は、1回目よりも2回目の鑑賞の方が味がでていた。一応はDVDで1回鑑賞済みであるが、一度観ていることで序盤から中盤の流れが明確になり手が込んでいると感じる。

b0097051_16582064.jpg王の男
制作年:2005年
監督:イ・ジュニク
出演:カム・ウソン、チョン・ジニョン、カン・ソンヨン、イ・ジュンギ
ジャンル:歴史ドラマ
鑑賞:一般上映 (日本)


16世紀初頭、旅芸人チャンセン(カム・ウソン)と相棒の女形コンギル(イ・ジュンギ)は、素晴らしい芸によって田舎町で観客を魅了した。その土地の有力者がチャンセンたちの座長に金を払い、コンギルの美しさに惹かれて一夜を共にしようとしたがチャンセンが助け、二人が逃げる際にチャンセンがやられそうになったのでコンギルが座長を刺し殺した。二人は漢陽に行き、そこで芸人仲間になったユッカプ(ユ・ヘジン)、チルトゥク(チョン・ソギョン)、パルボク(イ・スンフン)とで、宮廷を皮肉った芝居をして人気を集めたが、侮辱罪で逮捕されてしまう。重臣に「王を笑わせることができれば、侮辱ではない」と反論したチャンセンたちは、宮廷に連れて行かれて王ヨンサングン(チョン・ジニョン)のまえで芸を披露する。王のまえでガチガチに緊張した彼らの芸で、ピクリとしない王や重臣たちに宮廷内は凍りついた空気になったところにコンギルの気転を利かせた演技によって、王は我慢できず笑いだし、彼らを気に入った王は宮廷に住ませて彼らは宮廷で芸をするようになる。だが、最下層の芸人が宮廷に招かれたことが、重臣たちや愛妾ノクス(カン・ソンヨン)には気に入らなかった。王はコンギルの美しさに惹き込まれていき、コンギルを独占して愛妾ノクスの嫉妬を煽る。重臣たちや愛妾ノクスの陰謀と策略に巻き込まれていくチャンセンやコンギルに何が起こるのかというお話。

監督は、『キッド・カップ』『黄山ヶ原』のイ・ジュニク監督。出演者は、リーダー的存在の芸人チャンセンを演じるのは『Rポイント』『スパイダー・フォレスト 懺悔』のカム・ウソン、チャンセンの相棒芸人で女形コンギルを演じるのは『僕らのバレエ教室(原題:バレエ教習所)』『ホテルビーナス(日本映画)』のイ・ジュンギ、王様のヨンサングンを演じるのは『ワイルドカード』『達磨よ、ソウル行こう』のチョン・ジニョン、愛妾ノクスを演じるのは『このまま死ねない』のカン・ソンヨン、臣下のチョソンを演じるのは『天国からのメッセージ(原題:幽霊が住む)』『強力3班』のチャン・ハンソン、チャンセンらの芸人仲間ユッカプを演じるのは『コースト・ガード(原題:海岸線)』『達磨よ、ソウル行こう』のユ・ヘジン。

史実とフィクションが混ざった朝鮮王朝時代の宮廷での物語だ。韓国国内で大ヒットをして大鐘賞で賞を総なめにした作品である。当時の歴史を知らなくても楽しめるように構成されているが、外国人が鑑賞するには多少の朝鮮王朝時代の歴史知識を持っているとより楽しめるであろう。実際の歴史上のヨンサングン、宮廷のお決まり、身分階級、京劇などである。

チャンセンとコンギルが漢陽に来てから、二人の芸のレベルに関心して芸人仲間になったユッカプ、チルトゥク、パルボクの出会いが大きい。この三人から知恵を得たチャンセンが宮廷を皮肉った芝居がヒットして、瞬く間に宮廷で暮らせるまで成り上がったのだから。宮廷に暮らす彼ら芸人たちに腐敗した宮廷内の重臣たちを王に打ち明ける(今風に言えばぶっちゃける)ように仕掛けたのが臣下のチョソンなのだ。チョソンからの知恵によって今度は宮廷内の重臣たちを皮肉る劇をするのだが、劇中は宮廷内は完全に凍りついており、王だけが高笑いしている。この場の空気がかなり笑えて、重臣たちの緊張する表情、困惑するチャンセンやコンギルら芸人たち、子供のような表情になりいきなり引き締まる表情に変わる王。

今度は宮廷内の隠された過去を披露することで王の心を乱す。王が幼い頃に母親である尹妃が服毒自殺させられる過程を劇にして、王の母への思いが強くなっていき、毒を盛った実行犯の女たちはその場で王に剣で斬り殺され、尹妃殺害を命令した王の祖母はその場で倒れてショック死してしまう。劇をするたびに死者がでるというこの出来事に面白さがある。王の傍若無人な行動に完全に引いてしまうチャンセンら芸人たちの引きつった表情や態度がおもしろく描かれている。このような出来事で完全に重臣たちから敵にされたチャンセンら芸人たちは、狩りの遊びの際にコンギルが重臣たちに本物の矢で殺されそうになる。重臣たちが厄介になった芸人たちを排除するために仕組んだ罠であるが、なんと救世主が王なのだ。

重臣たちだけでなく、愛妾ノクスの存在が大きい。王が男のコンギルに惹かれていくのが許せない態度がみえる。王が美しい男に惚れるということが同性愛映画としても注目を浴びた作品であるが、実際のところはベッドシーンのようなものはなく、「プラトニック同性愛」なのだ。コンギルへの嫉妬が高まり、ノクスはある陰謀を仕掛けコンギルをはめるのである。
人間の憎悪を上手く表現している。

芸人たちにスポットが当たりがちであるが、この作品を魅力的にしているのが王の心境なのだ。幼くして王になったこと、鳥籠に閉じ込められたような生活をしていること、王なのに権威がなく前王を崇拝する重臣たちの操り人形になっていること、母親が亡くなった深い傷をもつこと、宮廷生活によって捻くれてしまった性格が見事に演じられている。冷静に鋭い眼光でみつめる表情と高笑いするようなお茶目な表情のギャップをうまく描かれて笑えるのだ。子供のまま大人になってしまったような王の傍若無人や極悪非道も描かれている。王の母親に毒を盛った女たちを斬るシーンはもっと血を噴出すような映像を入れてもよかった気がする。王の怖さを見せつけるには格好なシーンだからだ。

なんといっても序盤から終盤までみせてくれるチャンセンとコンギルの友情だ。あうんの呼吸でみせる綱渡りや演劇でもわかるはずだ。毎度王に呼ばれるコンギルを心配するチャンセンの仕草、チャンセンを信頼しているコンギルは終盤に総決算のようにみせてくれる。

個人的に歴史ものが好きだから楽しめるが、これを日本では韓国国内のような大ヒットは難しいであろう。韓国人が朝鮮王朝時代の予備知識があるから韓国国内で受けたのだが、外国で一般受けするのは厳しく感じる。アクロバティックな綱渡りや演劇の映像美よりも、芸人たち、王、愛妾ノクス、重臣たちの心境を繊細に表現しているのがこの作品の見所であると感じた。


【なめ犬的おすすめ度】 ★★★★
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by nameinuuuu | 2006-12-18 17:29 | 160.王の男
韓国映画レビュー その57 「スパイダー・フォレスト 懺悔」
b0097051_18373132.jpgスパイダー・フォレスト 懺悔 (原題:蜘蛛の森)
制作年:2004年
監督:ソン・イルゴン
出演:カム・ウソン、ソ・ジョン、カン・ギョンホン、チャン・ヒョンソン
ジャンル:サスペンス
鑑賞:第5回東京フィルメックス映画祭


幽霊が出るという蜘蛛の森に関する情報提供を受けて取材に出かけたカン・ミン(カム・ウソン)プロデューサーは、重傷になって発見され2週間の昏睡状態から目覚めた。カン・ミンの友人でチェ刑事に蜘蛛の森に2人の死体があるという証言をする。蜘蛛の森にある2人の死体は、カン・ミンの上司とカン・ミンの彼女であるとわかるとカン・ミン自身が有力な殺人容疑者に浮び上がる。事件の真実を明らかにするためにチェ刑事とカン・ミンは一緒にアリバイを解明していく。カン・ミンは、取材の過程で蜘蛛の森の伝説を暴き、この殺人事件の真実を明らかにするお話。

監督は、『フラワー・アイランド』に次ぐ二作目のソン・イルゴン。出演者は、『結婚は狂気の沙汰』のカム・ウソン、『魚と寝る女』のソ・ジョン。原題は『蜘蛛の森』、東京フィルメックス映画祭では『懺悔』、一般上映では『スパイダー・フォレスト 懺悔』と題名が違う。映画祭の『懺悔』というのはソン・イルゴン監督自身が決めたのである。懺悔といった方がイメージが沸くからであろう。

カン・ミンの記憶から事件が明らかになり、その記憶が幾つも分かれている。カン・ミンの上司とカン・ミンの彼女が抱き合っているのを観ているカン・ミン、タバコを吸い終えてからその小屋入るカン・ミン、そして上司が死んでいて彼女は瀕死の状態で何かを話す。小さな窓から犯人らしき人がいて、追いかけるカン・ミン。蜘蛛の森からおりて車にはねられるカン・ミン。この幾つもの記憶が事件当日のアリバイなのである。

事件まえに取材をしていたカン・ミンは、カメラ屋の女性(ソ・ジョン)に会っている。その女性に蜘蛛の森の伝説を聞かされる。その謎の女性と親しくはなるが深い仲ではない。幾つもの記憶を次から次にとでてきて、初めは混乱するが順序よく理解すると「あれ!」って感じがしてしまう。そのために蜘蛛の森の伝説も直ぐにわかってしまう。オチはかなり早い段階で気づいてしまったので、そうでないことを願ってみていたが結果は予想通りのオチ。

まず、オチにいく伏線の張り方はそこそこなのだが、登場人物の少なさで生かし切れていない。そのためにオチが途中で気づいてしまうのがもったいない。生と死を取り上げたのがポイントである。もう一捻りあるとこの作品はかなりよくなるのであるが。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-06-06 18:42 | 57.スパイダー・フォレスト 懺悔