韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:イ・ボムス ( 22 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その796 「怪盗ホン・ギルドン一族 (原題:ホン・ギルドンの後裔)」
b0097051_22383579.jpg怪盗ホン・ギルドン一族 (原題:ホン・ギルドンの後裔)
制作年:2009年
監督:チョン・ヨンギ
出演:イ・ボムス、キム・スロ、ソン・ドンイル、イ・シヨン
ジャンル:アクション、コメディ
鑑賞:日本版DVD


高校の音楽教師をしている長男ムヒョク(イ・ボムス)は、倫理学を教える大学教授の父マンソク(パク・イナン)、主婦の母ミョンエ(キム・ジャオク)、次男で男子高生チャンヒョク(チャン・ギボム)の四人家族である。彼らは、ホン・ギルドンの末裔ホン一家であり、家訓により正体を隠して正義のため、先祖代々にわたって世のため、人のために泥棒をしている。長男ムヒョクと父母は、悪徳実業家イ・ジョンミン(キム・スロ)のビルにある金庫から裏金を盗み、金庫に「ホン・ギルドン」と書いた紙を貼りつけて去っていく。ホン一族と悪徳実業家イ・ジョンミンの戦いは、その後も続いていく。ムヒョクは、同僚教師ヨナ(イ・シヨン)と交際しており、結婚をせかされている。ムヒョクは、ヨナから強引に家族を紹介され、ソウル地検で検事をしているヨナの兄ソン・ジェピル(ソン・ドンイル)とその妻ヒョジョン(キム・ボヨン)と会う。ムヒョクは、泥棒一家と検事の妹が結婚することに悩んでしまう。ムヒョクは、悪徳実業家ジョンミンのお金を奪うミッションが舞い込み、ジョンミンの秘書スヨン(コ・ウンミ)がホン一家に協力して情報を流してくれていた。秘書スヨンは、悪徳実業家ジョンミンによって父を亡くし、恨みを持っているからだ。あるトリックからジョンミンは、秘書スヨンがスパイであることに気づき、秘書スヨンがビルから転落死する。ムヒョクは、スヨンの携帯電話から連絡があり、電話の主ジョンミンからスヨンの死のことを云われ、更にムヒョクの後ろで酔って騒いでいるヨナの名前を知られ、ヨナを殺すと脅されてしまう。ムヒョクは、ヨナに理由を云わずに別れを切り出し、一大決心をする。ジョンミンの悪さを知り逮捕しようと燃える正義に誓うジェピル検事が絡み、ホン一家と悪徳実業家ジョンミンたちが対決するお話。

監督は、『家門の復活-家門の栄光3』『ワンス・アポン・ア・タイム』のチョン・ヨンギ監督。
出演は、高校の音楽教師で長男ホン・ムヒョクを演じるのは『悲しみよりもっと悲しい物語』『キングコングを持ち上げる』のイ・ボムス、悪徳実業家イ・ジョンミンを演じるのは『うちの学校のET』『オガムド』のキム・スロ、検事ソン・ジェピルを演じるのは『ワンス・アポン・ア・タイム』『国家代表』のソン・ドンイル、高校教師ソン・ヨナを演じるのは『オガムド』のイ・シヨン、ムヒョクの父ホン・マンソクを演じるのは『渇き (原題:コウモリ)』『飛べ、ペンギン』のパク・イナン、ムヒョクの母イ・ミョンエを演じるのは『同い年の家庭教師』『ジェニ、ジュノ』のキム・ジャオク、ムヒョクの弟ホン・チャンヒョクを演じるのは『6月の日記』のチャン・ギボム、パク刑事を演じるのは『私の生涯で最悪の男』『ワンス・アポン・ア・タイム』のチョ・ヒボン、イ・ジョンミンの秘書チェ・スヨンを演じるのは『ガン&トークス (原題:キラーたちのおしゃべり)』のコ・ウンミ、イ・ジョンミンの部下のチョン室長を演じるのは『BIG BANG!~撃ちまくれ~ (原題:撃つ)』『ザ・ゲーム』のキム・ヒョク、検事ソン・ジェピルの妻ヒョジョンを演じるのは『ワンス・アポン・ア・タイム』『星から来た男 (原題:スーパーマンだった男)』のキム・ボヨン。

ホン・ギルドンは、朝鮮時代の小説の主人公で、伝説の義賊として描かれている。本作品では、朝鮮時代のホン・ギルドンが義賊として活躍し、死に際に彼の子供たちが跡を継ぐことを云い、ホン・ギルドンの家訓を言葉として残し、現在の子孫まで伝承している。現在のホン・ギルドンは、高校教師ムヒョクが継いでおり、父マンソクと母ミョンエと弟チャンヒョクが一緒になってサポートしている。弟チャンヒョクは、まだ高校生だから勉学を優先させるため、ミッションになかなか参加させてもらえない。

冒頭、悪徳実業家イ・ジョンミンの裏金を奪ったことで、ホン・ギルドンとの因縁関係ができるのだ。ホン一家は、イ・ジョンミンを始めからターゲットにしており、スパイとしてスヨンをイ・ジョンミンの秘書として潜らせ、スヨンから情報を常に貰い作戦を練っていたのである。だが、イ・ジョンミンはスヨンがスパイであることを見抜き、スヨンを自殺に見せかけて殺害し、ホン・ギルドンとの戦いは本格的になっていくのである。

対立図がある中で、二つの間に入り込むジェピル検事の存在がとても大きく、しかもストーリーに緩急をつけている。ジェピル検事は、スヨン殺害容疑や裏金疑惑でイ・ジョンミンを捜査しており、途中で上司からイ・ジョンミンの捜査から手を引くよう指示を受け、そして死体安置室からスヨンの遺体が消えてしまい、謎が深まるのだ。そんなとき、スヨンの携帯電話が残っており、ホン・ギルドンと連絡がつくようになり、イ・ジョンミンの悪事を暴こうとホン・ギルドンに協力要請をしていくのである。義賊と検事の共闘という形は面白く、しかもジェピル検事の妹ヨナはムヒョクと恋人関係のため、プライベートも絡むことからコメディ要素が上手く機能しているのだ。ジェピル検事が、正義を貫く検察官であることが大きく、その後に起こる身内の裏切りがあっても自分はのらず、上からの圧力に屈しない強さを持っている。

完全なお笑い担当になっているのがムヒョクの恋人ヨナである。結婚間近まできて、ムヒョクから一方的に別れを告げられてヨナが壊れていくのだ。ショックのあまり授業をせず、窓際で落ち込み、生徒たちに文句を云われても反応が薄いのだ。納得いかないヨナは、教え子でもありムヒョクの弟チャンヒョクを追求し、チャンヒョクがとっさに兄がゲイであると嘘をついてしまい、更なる落ち込みをみせている。

アクション面は、真面目な作りをしており、そこそこ楽しめるようになっている。各泥棒シーンでみせるホン一家の行動もしっかり演出されており、それぞれが役目をしっかり果たしている。ヨナがイ・ジョンミンの手下たちに車で拉致されたときも、兄ムヒョクと弟チャンヒョクの兄弟コンビが車を追いかけ、更に複数の相手と格闘して、薬で昏睡状態になったヨナを取り戻すところもなかなかよかった。そして、ラストのアクションシーンも見応えある作りになっている。

ムヒョク扮するホン・ギルドンが、最後まで真面目で義賊として徹していることで、周囲の登場人物との絡みによって相乗効果を生み出している。イ・ジョンミンのプライベートな面の設定が結構良くて、笑いを誘っているのだ。アメコミ(ジョーカーやスーパーマン)、フィギュア・コレクター、日の丸の服を着たりといった、あるメッセージが込められたものになっている。それぞれの持ち味を活かし、上手く演出していることで、娯楽作品として楽しめる。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-07-10 22:50 | 796.怪盗ホン・ギルドン一族
韓国映画レビュー その795 「スンピル失踪事件 (原題:チョン・スンピル失踪事件)」
日本版DVDで観たものを放置しておくのもなんだから、少しその作品のレビューを書いていく。新作も同時進行でいくかは状況次第かな。

b0097051_2102924.jpgスンピル失踪事件 ~スンピルくんはどこだ?~ (原題:チョン・スンピル失踪事件)
制作年:2009年
監督:カン・ソッポム
出演:イ・ボムス、キム・ミンソン、ソン・チャンミン
ジャンル:コメディ
鑑賞:日本版DVD


投資顧問会社で働くチョン・スンピル(イ・ボムス)は、500億ウォン規模のプロジェクトを担当しており、そのプロジェクトを行う日に、婚約者ミソン(キム・ミンソン)とウェディング・ドレス選びに出かける。ウェディング・ドレス選びも終わり、二人は車に乗り込み、そのときスンピルはタバコを買いにコンビニへ向かう。ミソンは、いくら車の中で待っていても、スンピルが戻ってこないことで警察に相談する。キム刑事(ソン・チャンミン)は、スンピル失踪事件を担当することになり、失踪した時間帯にスンピルと接触した人物や行動を捜査していき、婚約者ミソン、スンピルの同僚や上司、色んな人物を疑う。スンピルが最後に寄ったコンビニの店員が、コンビニの店前でスンピルと男が言い争いをしていた証言を得て、更に近くの電信柱に血痕が付着していたことで事件に巻き込まれたかもしれない。スンピル失踪事件は、捜査をするほど様々な人物が浮かびあがってきて、容疑者が増えていく。テレビでニュースとして放送されたことで、大きな出来事になり、婚約者ミソンや担当のキム刑事は、スンピルの行方を捜すお話。

監督は、『どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるホン班長』『ひまわり』のカン・ソッポム監督。
出演は、投資顧問会社の社員チョン・スンピルを演じるのは『悲しみよりもっと悲しい物語』『キングコングを持ち上げる』のイ・ボムス、スンピルの婚約者ミソンを演じるのは『仮面』『美人図』のキム・ミンソン、キム刑事を演じるのは『俺も行く』『マイ・ボス マイ・ヒーロー3 (原題:商師父一体 頭師父一体3)』のソン・チャンミン、パク刑事を演じるのは『リターン』『ラヂオ・デイズ』のキム・ルェハ、チャン班長を演じるのは『誰が俺を狂わせるか』『ひきこもり (原題:ひとりぼっち)』のイム・デホ、スンピルに対して敵対心を持つ上司のペク部長を演じるのは『モダンボーイ』『甘いウソ』のキム・グァンギュ、スンピルの同僚で友人サムボンを演じるのは『天軍』のピョ・ヨンホ、スンピルのライターを拾ったイ・サムボンで本名イ・ビョンホンを演じるのは『マイ・ボス マイ・ヒーロー2 リターンズ (原題:闘師父一体)』『マイ・ボス マイ・ヒーロー3 (原題:商師父一体 頭師父一体3)』のイム・セホ、ホームレスで酔っ払いのチュ・ジョンナムを演じるのは『悲しみよりもっと悲しい物語』『国家代表』のイ・ハヌィ、スンピルの上司の支店長を演じるのは『赤ちゃんと僕』『仁寺洞スキャンダル』のキム・ビョンオク、スンピルの取引相手マ・ドンポを演じるのは『ナルラリ宗婦伝』『マリン・ボーイ』のイ・ウォンジョン。

スンピルが大きなプロジェクトの開始日に突然姿を消してしまい、失踪直前まで一緒にいた婚約者ミソンが警察に通報することで、スンピルの横領疑惑、失踪直前に男と言い争いをしていたことで事件としても捜査していくのである。

警察側を中心にして物事をみせているが、一方で失踪したスンピルの状況もリアルタイムでみせている。スンピルは、警察沙汰になって大きな事件扱いされていることも知らず、腹痛のため廃墟ビルの汚いトイレに入り、便を終えて出ようとしたとき、外から鍵をかけられてしまい出れなくなってしまっただけなのだ。トイレに閉じ込められたスンピルが、そこから自ら脱出しようと試みているところもみせている。失踪者と警察側の両方を同時にみせていることで、サスペンス要素はなく、コメディ要素を一貫して主張したものになっている。

ミソンは、スンピルがタバコを買ったコンビニにキム刑事とパク刑事を呼んで、二人が現場状況や証言者から事件性があるのか、そこから分別していくのである。パク刑事は、最近女にお金を取られて別れたことから女性不信になり、ミソンを始めから犯人と決めつけているのだ。キム刑事は、この事件が解決するば昇進することを想像して、本格的に捜査するのである。

婚約者ミソンを容疑者の一人とみて、二週間前に億単位の生命保険を契約していたからである。潔白であるミソンは、スンピルの家に行ってヒントになるものをみつけようとしたり、キム刑事の捜査報告から事件に協力していくのである。この作品の主は、失踪したスンピルでなく、スンピルを捜す婚約者ミソンとキム刑事になっているのだ。

容疑者となる人物や関係者が多すぎることで、わざと複雑化させようとしているようにみえる。スンピルの横領疑惑から上司のペク部長(キム・グァンギュ)や同僚センギ(ピョ・ヨンホ)を疑い出し、新プロジェクトの元手500億ウォンを出している取引先マ・ドンポ(イ・ウォンジョン)、スンピルの上司の支店長(キム・ビョンオク)をみせている。スンピル失踪事件となり彼らを追及することで、ペク部長の隠していた事柄が暴露され、あらぬ方向へと流れていくのである。

スンピルのライターを拾った前科者イ・サムボン(イム・セホ)、スンピルとコンビニ前で言い争いをしていた解体業者イルグン(チ・デハン)、警察署内を自由に歩くアル中ホームレスのジョンナム(イ・ハヌィ)、一途な思いが空回りするミソンの後輩ヨンチョル(イ・ヨンヒョク)、スンピルに怪しいメールを送信したヨガ先生のミナ(チャン・ジャヨン)、警察署内に乱入するスンピルの父(イ・ホソン)、スンピルの幼馴染みヨンジャ(カン・ナミョン)が自分の方が婚約者だと主張したり、はちゃめちゃ状態になっている。ドタバタ状態をコメディ要素としてみせたいのはわかるが、分別するのにちょっと考えてしまい、笑いに変換できないところもある。これだけ人が入り混じっているので、ショートコントを繋ぎ合わせている作りにみえてしまった。

スンピルの物語もみせて、空腹状態をみせており、雨水を必死にとろうとしたり、その場所から脱出しようとしたり、『ショーシャンクの空に』のあるシーンをパロディーにしたり、虫が男性歌手になったり、母の亡霊が助言したり、と演出している。一応、ちょっとしたコメディ要素を入れてはいるが、生死を彷徨うスンピルの状況になっているから、警察署内の動きが浮いてみえるのである。スンピルの状況が切迫してみえるので、コメディ要素を強調する警察署内とのバランスが崩れているようにみえた。

始めからスンピルの失踪原因を観客側が知っており、それを捜査する警察の動きをどのようにみせるかが勝負なのに、不完全燃焼な形に仕上がっている。そもそも、コメディ要素が面白くなかったことで一度も笑わなかった。笑いのツボは、人それぞれ違うから、観る人によっては笑えて楽しめるかもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-07-08 21:14 | 795.スンピル失踪事件
韓国映画レビュー その714 「死体が帰ってきた」
b0097051_1851653.jpg死体が帰ってきた
制作年:2012年
監督:ウ・ソノ
出演:イ・ボムス、リュ・スンボム、キム・オクピン
ジャンル:コメディ、アクション


HSバイオテック社のキム・テクス(ナム・ギョンウプ)会長は、高性能マイクロチップを研究者たちに作らせた。そのマイクロチップを個人所有して、高額な価値があることで海外企業と取引するため高飛びしようと目論んでいる。救急車に乗り込んだキム・テクス会長及びスティーブ・チョン(チョン・マンシク)は、抗議する人たちを横切って逃亡し、点滴に隠していたマイクロチップを取り出し、テクス会長の腕の中にマイクロチップを埋め込んだ。テクス会長が乗る救急車を追う研究員であるペク・ヒョンチョル(イ・ボムス)とハン・ジンス(チョン・インギ)は、抵抗するが失敗してしまう。その夜、ジンスとヒョンチョルが会話しているとき、ジンスがひき逃げされ、直ぐ病院へ運び緊急手術を行った。そこにジンスの娘ドンファ(キム・オクピン)が現れ、ヒョンチョルとドンファは一緒に警察の聴取に協力した。ジンスの病室にキム・テクス会長の見舞い品が置かれていたことで、ドンファとヒョンチョルは腹が立っていた。そんなとき、キム・テクス会長が心臓発作で突然死したニュースがテレビで放送された。キム・テクス会長の遺体は、一時的に病院で安置することになった。ドンファは、重体になったジンスの病院代も払えなくなり、ヒョンチョルにある提案を持ちかけた。葬式できないように亡くなったキム・テクス会長の死体を持ち出して、死体と引き換えに身代金を要求することである。その計画を実行するヒョンチョルとドンファは、死体安置所の管理者チョン・ミョングァン(オ・ジョンセ)と接触し、ヒョンチョルとミョングァンが会話しているときに、ドンファが「キム・テクス」と記された扉をあけて、布で巻かれた死体を持ち出し、作戦は成功した。喜んで車を運転していたヒョンチョルとドンファは、死体が動いたことに驚いた。その死体は、生きており、アン・ジノ(リュ・スンボム)という青年に入れ替わっていた。一方、スティーブ・チョンは、キム・テクス会長の死体が病院から盗まれたことを知り、マイクロチップが埋め込まれている死体を取り戻そうと探す。死体を探す人たちが、様々な目的を持って次から次へと現れ、大混乱が起こるお話。

監督は、長編デビュー作のウ・ソノ監督。
出演、研究員ペク・ヒョンチョルを演じるのは『チョン・スンピル失踪事件』『怪盗ホン・ギルドン一族 (原題:ホン・ギルドンの後裔)』のイ・ボムス、アン・ジノを演じるのは『フェスティバル』『怪しい顧客たち』のリュ・スンボム、ハン・ドンファを演じるのは『女優たち』『高地戦』のキム・オクピン、スティーブ・チョンを演じるのは『特捜本』『ワンダフル・ラジオ』のチョン・マンシク、NIS要員チャン・ハヨンを演じるのは『ヘファ、ドン』『依頼人』のユ・ダイン、NIS要員チョ・チーム長を演じるのは『平壌城』『敵との同床 (原題:敵との初恋)』のシン・ジョングン、闇金取り立て屋ファン・ソングを演じるのは『高地戦』『Mr.アイドル』のコ・チャンソク、ドンファの父で研究員ハン・ジンスを演じるのは『高地戦』『第7鉱区』のチョン・インギ、死体安置所の管理者チョン・ミョングァンを演じるのは『クイック』『カップルズ』のオ・ジョンセ。

それぞれ異なる思惑でひとつの死体を狙う者たちの熾烈な争奪戦が行われる。コメディをベースにしてアクションを取り入れた形になっている。

ヒョンチョルとドンファが盗んだ死体は生きている見知らぬ青年アン・ジノ、キム・テクス会長の死体を盗んだと思わせているヒョンチョルたちとスティーブ・チョンとの取引、そこに現れたNIS要員ハヨン(ユ・ダイン)を拉致したヒョンチョルとドンファ、どさくさ紛れに逃亡したジノとミョングァンが合流して新たな作戦を実行したり、ジノとミョングァンが闇金取り立て屋ファン・ソング(コ・チャンソク)にしつこく脅されていたり、多くの出来事がドミノ倒しのように発生していくのである。

それぞれの目的は明確になっている。ヒョンチョルとドンファは入院しているジンスの治療費、ジノとミョングァンは闇金取り立て屋ソングに返済するお金、スティーブ・チョンは会長の死体に埋め込んだマイクロチップを奪うため会長の死体を取り戻す、NIS要員はマイクロチップの行方とティーブ・チョンたちの容疑。それぞれが目的を実行しようとすると邪魔が入り、予期せぬ事態が生じて、遠回りしていくのである。

序盤からNISがキム・テクス会長やスティーブ・チョンをマークしているシーンをみせており、マイクロチップの行方を追っているのはみえるのであるが、あまりにもNIS要員がドジなのも面白さに一役かっている。ヒョンチョルとドンファが、NIS要員ハヨンを捕まえてしまい、そのことでヒョンチョルがこの出来事の全体像がみえだし、ヒョンチョル、ドンファ、ジノが連携して動き出していくのだ。本物のキム・テクス会長の死体が、どこにいったのかは中盤あたりで回想シーンとして出てくるので、理解できるようになっている。同様に、なぜジノが生きている状態で、死体安置所に入っていたことも、途中でみえてくる仕組みになっている。元はヒョンチョルとドンファがジノを間違えて持ってきたことから、全ての歯車が変わってしまうのだ。スティーブ・チョンからお金を奪いとることは三人共一致していることで、頭脳派ヒョンチョル、行動派ドンファ、騙しの才能を持つジノが様々なアイデアを集結して目的を果たそうとするのである。終盤あたりは、三人の素晴らしいミッションが見せ所になっている。

期待していなかった分、意外に楽しめたコメディ作品であった。次々と出来事が起こりながら、軽快なテンポで進めており、登場人物の繋がりもしっかりしている。大爆笑するような作品ではないが、こまめにみせる笑いを提供しているので、そこが魅力だろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2012-08-03 18:51 | 714.死体が帰ってきた
韓国映画レビュー その693 「このまま死ねるか」
GyaO!の無料動画で視聴したもの。日本版DVDが出ている作品で観てない作品がアップされるので、たまにチェックしている。
最近ブログをサボっている。ネタ切れにはならないので、気力の問題。

b0097051_18345878.jpgこのまま死ねるか
制作年:2005年
監督:イ・ヨンウン
出演:イ・ボムス、チェ・ソングク、ソン・ヒョンジュ
ジャンル:コメディ、アクション
鑑賞:動画


麻浦警察署のイ・デロ刑事(イ・ボムス)は、捜査をサボったり、賄賂をもらったり、小学生の娘ヒョンジ(ピョン・ジュヨン)を言い訳にする不良刑事である。イ・デロ刑事とチャ・ジンチョル刑事(チェ・ソングク)は、麻薬売人ベビー(パク・クンス)の張り込みをし、現行犯で逮捕しようと追跡していたが、イ・デロ刑事が意識を失ってしまい、ベビーに逃げられてしまう。病院に運ばれたイ・デロ刑事は、医師から脳腫瘍と診断され、余命3~4ヵ月と告知される。普段から嘘ばかりついているイ・デロ刑事は、同僚たちに病気のことを話しても誰も信じてもらえないでいる。イ・デロ刑事は、一人ぼっちになる娘ヒョンジのために10億ウォンの生命保険に加入して、殉職に見せかけて死のうと計画するが、その行動が事件解決へと導いてしまい世間や同僚からは英雄扱いされる。果たして、イ・デロ刑事は残された時間の中で、殉職としてこのまま死ねるかというお話。

監督は、本作デビュー作のイ・ヨンウン監督。
出演は、イ・デロ刑事を演じるのは『オー!マイDJ (原題:アンニョン!U.F.O)』『スーパースター カム・サヨン』のイ・ボムス、チャ・ジンチョル刑事を演じるのは『セックス・イズ・ゼロ (原題:色即是空)』『浪漫刺客』のチェ・ソングク、カン・ジョンテ刑事を演じるのは『孟父三遷之教』『ライアー』のソン・ヒョンジュ、イ・デロの娘ヒョンジを演じるのは『人形霊』『大胆な家族 (原題:肝っ玉家族)』のピョン・ジュヨン、ヒョンジの母キム・ヨンスクを演じるのは本作スクリンデビューのカン・ソンヨン、ユク班長を演じるのは『オー!ブラザーズ』のリュ・ヨンジン、チョ課長を演じるのは『初恋』『男の香り』のチョ・ミンギ、一刀派オ・テジュを演じるのは『氷雨』『血の涙』のユ・ヘジン、ベビーことキム・ジョングクを演じるのは『オー!マイDJ (原題:アンニョン!U.F.O)』『スーパースター カム・サヨン』のパク・クンス。

病気で余命を告げられたイ・デロ刑事が、一人娘のために保険金を残そうと殉職に見せかけて死のうとするが、逆に大活躍してしまうアクションコメディである。

基本路線としてコメディ要素を中心にしており、不良刑事のイ・デロ刑事の悪循環な結果であったり、仲の良い先輩のカン刑事(ソン・ヒョンジュ)とのやりとり、後輩のチャ刑事がどんどんイ・デロ刑事に憧れたり、イ・デロ刑事を不良刑事とみているユク班長(リュ・ヨンジン)のそぶりを笑いにしていくのである。イ・デロ刑事が裏目に出る行動によって犯人を検挙していく中で、麻薬事件の背景がみえてくる展開になっている。刑事ものとしては、麻薬組織の検挙や警察内部にいるスパイをみつけることになっており、一刀派オ・テジュ(ユ・ヘジン)やベビーの逮捕によって状況が変化していくのである。麻薬事件の構図としては、単純なものになっているから、刑事ものとして物足りないかもしれない。

家族の物語を所々みせている。イ・デロ刑事は、若い頃にヨンスク(カン・ソンヨン)と恋に落ち、一年姿をみせずにヨンスクが突然赤ん坊のヒョンジを連れて現れ、デロの子供だとヒョンジを預けて消えてしまったのだ。娘ヒョンジは、父と母が写っている写真をみていることで母の顔を知っている。父娘の形だけでなく、母娘の形もみせているところは、評価するところかもしれない。そこに割り込む形にしているのが、現在交際しているイ・デロ刑事の恋人ジョンエ(チュ・ジャヒョン)なのだ。イ・デロ刑事のプロポーズに渋っていたジョンエに、ちょっとした変化があるのだ。その変化には裏があるけど。

余命を宣告された刑事と残された娘といった悲しい事柄をコメディ要素によって笑いを作り出しながら、親子を題材にしたドラマ要素を含むことで温かい作品にみせている。刑事ものと親子ものを上手く纏めているので、気楽に観られる作りになっている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2012-04-02 18:41 | 693.このまま死ねるか
韓国映画レビュー その502 「キングコングを持ち上げる」
昨年、東京国際映画祭で上映された作品。残念ながらチケットが取れなかったので悔しい思いがある。日本語字幕で観るかの違いだけならいいのだが、ティーチ・インがあったのが羨ましいところかな。

b0097051_19505147.jpgキングコングを持ち上げる
制作年:2009年
監督:パク・コニョン
出演:イ・ボムス、チョ・アン、イ・ユネ、チョン・ボミ、チェ・ムンギョン
ジャンル:青春ドラマ
鑑賞:韓国版DVD


1988年、ソウルオリンピック重量挙げ男子決勝で、イ・ジボン(イ・ボムス)は金メダルがかかった三回目のプレイのとき、体を痛めてしまいバーベルを落とし倒れてしまった。結果、銅メダルを獲得したが、腕の複雑骨折と拡張型心筋症のために選手生命が絶たれてしまう。1992年、荒れた生活を過ごしていたジボンは、過去の輝きもなく、キャバレーの呼び込みをしていた。そんなとき、ジボンは現役時代のコーチと再会し、田舎の中学で指導者になることを勧められ、ポソン女子中学校の重量挙げ部のコーチに就任した。校長(パク・チュングム)や教頭(ウ・ヒョン)がバックアップしてくれて、六人の女子部員が入部した。あまりやる気のない新人コーチのジボンは、査察がくるときだけ真面目に練習しているフリをして、それ以外は実践的な練習をせずに、適当に流していた。だが、六人の部員の各々に問題が生じることで、ジボンが部員たちをサポートしたり、部員たち同士で友情を深め合っていく。大した練習もせずに、試合に出場した彼女たちは惨敗で、大恥をかいてしまう。しかも、ライバル学校のコーチと殴りあいの喧嘩をしてしまったジボンは、新聞沙汰になりお叱りを受けてしまう。各々の部員たちは、心を痛めており、夜中に寄宿舎に集まり、ジボンに熱い気持ちをぶつけることで、ジボンも本気で教えることを誓い、厳しい練習の日々が始まる。ジボンは、本格的な指導を始め、女子部員たちを本物の重量挙げ選手へと成長させていくお話。

監督は本作デビュー作のパク・コニョン監督。
出演は、重量挙げ部コーチのイ・ジボンを演じるのは『コ死:血の中間考査』『悲しみよりもっと悲しい物語』のイ・ボムス、部員のヨンジャを演じるのは『ムイ』『幼い王子』のチョ・アン、部員のミニを演じるのは『最強ロマンス』のイ・ユネ、部員のヨスンを演じるのはスクリンデビューのチェ・ムンギョン、部員のヒョンジョンを演じるのはスクリンデビューのチョン・ボミ、部員のボヨンを演じるのはスクリンデビューのキム・ミニョン、部員のスオクを演じるのはスクリンデビューのイ・スルビ、校長を演じるのはベテラン女優のパク・チュングム、教頭を演じるのは『愛情の欠乏が二人の男に及ぼす影響』『マガンホテル』のウ・ヒョン。

元銅メダリストが田舎の女子中学校で重量挙げ部のコーチになり、初心者部員たちを強くさせていき、部員たちの生活環境に多くの困難がありながら、コーチと生徒たちの絆を描いている。実話をモチーフにしており、その中の一人の部員が2008年北京オリンピックに出場する笑いと感動の物語になっている。

身体能力が高いが貧乏で唯一の保護者である祖母を亡くして生活に困窮するヨンジャ(チョ・アン)、体格がいいのにいつも同級生にいじめられているヒョンジョン(チョン・ボミ)、運動神経がいいショートカットのヨスン(チェ・ムンギョン)、力持ちのボヨン(キム・ミニョン)、突然歌を歌いだす優等生のスオク(イ・スルビ)、重量挙げのユニホームに憧れて入部したミニ(イ・ユネ)といった個性的な女子部員たちが入部したのだ。

主人公ヨンジャを中心になって描かれている部分としては、貧乏で昼飯を食べずにいたり、祖母を亡くし孤児になり親戚から厄介な扱いになっていることで、ジボンが校長と教頭にお願いして、重量挙げ部員専用の寄宿舎を作り、ジボンが食事を作り部員たちの健康管理をすることである。これによってジボンは、ヨンジャの不安を吹き飛ばし、精神的な痛みを癒していくのである。寄宿舎を作ったことと食事管理の部分は、全部員共通して良い条件になっており、彼女たちの友情が深くなっていったり、チームの結束力をみせる過程をしっかりみせている。部員たちの支えである空間の寄宿舎も終盤に大きな問題になり、終盤の伏線になっているので全体の流れとしてよく出来ている。

実績のある女優チョ・アンが演じるヨンジャだけにスポットをあてるのでなく、他の五人の部員を上手に表現している。いじめられっ子のヒョンジョンが先輩男子に憧れて恋心をみせてちょっとした小さな恋物語をみせていたり、ヨスンの父が行方不明になる不幸があったり、優等生のスオクがみんなに英語を教えてたり(実際はジボンのためである)、いつもフラフラしている幽霊部員のようなミニ、力があるのに成績に反映されないボヨン、と個性的に描いていることで主人公ヨンジャに負けないぐらいにエピソードをみせている。

部員たちが初心者なのは当然だが、ジボンもコーチとして新米なのである。部員たちが本気でぶつかってきたときからジボンも変化していき、指導者としての成長をみせている。有名選手の重量挙げの試合映像をみながら研究したり、英語の文献を読んでトレーニング方法を学んでいったり、個々の部員たちの健康管理を詳細に記録したり、コーチとしての実力が上がっていく姿をみせている。感動するところは、自分の管理下から離れた生徒たちに対しても精神的支柱になって、言葉や文字で生徒たちを支えているところである。

1988年、1992年、2008年と三つの時間軸が存在しており、序盤から時間軸を飛ばしながらみせている。1988年から2008年に序盤で飛び、1992年を軸にして、2008年でクライマックスにしている構成である。序盤の2008年での出来事は、これからみせる出来事の思い出を集約しており、腰痛のためのマッサージ、空港での旧友との再会、旧友からプレゼントされた青春時代の写真や焦げたメダルが印象的にみせている。二回以上鑑賞する人向けに上手く構成されており、一回鑑賞したのならもう一回序盤だけでも鑑賞して欲しい場面である。

終盤のための伏線を多く入れている作品に感じる。もちろん序盤のシーンもそうであるが、ジボンと六人の部員たちがキャンプに行くところである。自分では何もしてないと感じているミニに対して、ジボンはミニが部員たちにどのような形で貢献しているのかを論じたり、ジボンが歌手ヤン・ヒウンの歌が好きであることをつぶやいて歌ったり、酔っ払ったジボンを六人で持ち上げるシーンである。キングコングの由来も、初めのトレーニングのときに咳き込んで胸を叩く仕草からあだ名がつけられており、胸が痛むところも終盤の伏線になっている。

成長した部員に不可解な流れがあり、四人がジボンの元から離れるところである。才能のあるスポーツ優秀生による少数英才教育が韓国にあるからかもしれない。ヨンジャ、ヒョンジョン、ヨスンは実力があるから納得いくが、ミニもいることが不明であった。しかも、実力で落とされたボヨンがジボンと一緒にいるところも同時にみせているからだ。ミニは親のコネなのか。コーチが変わったことで悪きコーチの悪態がすごく醜く、そのためにジボンの存在が教え子たちに大きなものに感じるのである。

笑って楽しむスポ根映画かと思っていたら、人間ドラマをしっかりと描いた作品になっており、学生たちの視点を含む青春ドラマが良く出来ている作品である。普段あまり特典映像をみないのだが、この作品は撮影の裏舞台や撮影準備まえのトレーニング、オリンピックシーンの映像作成、コーチと部員たちによるレコーディングシーンも含まれており見応えのある特典映像になっている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-05-31 20:17 | 502.キングコングを持ち上げる
韓国映画レビュー その488 「コ死:血の中間考査」
2008年夏に韓国で上映されて興行的に成功したみたい。続編が今年の夏に韓国で上映するみたいだけど、本作のような感じで制作するのかな。

b0097051_1726348.jpgコ死:血の中間考査
制作年:2008年
監督:チャン・ガムドク
出演:イ・ボムス、ユン・ジョンヒ、ナム・ギュリ、キム・ボム
ジャンル:ホラー
鑑賞:海外版DVD


進学校のチャンイン高校は、中間テストで学年上位20名の生徒たちを選抜した特別クラスを作り、泊まりこみの特別授業が開かれる。生徒から信頼されている国語教師のファン先生(イ・ボムス)の担当クラスの生徒たちが、特別クラスに多く選ばれた。学年5位の女子高生イナ(ナム・ギュリ)と学年4位の女子高生ミョンヒョ(ソン・ヨウン)は、親友同士でいつも一緒におり、特別クラスも一緒になる。特別授業の初日、学年1位の女子高生ヘヨン(ヤン・ジウォン)の姿がみえないが、英語教師のチェ先生(ユン・ジョンヒ)は、そのまま授業を始め、ヒアリングの勉強のためにテレビを使って授業を進めていた。突然、校内放送で「エリーゼのために」が鳴り、教室のテレビの画面は水槽の中に閉じ込められて苦しんでいる女子高生ヘヨンの姿が映されていた。殺人鬼が校内放送を使って、生徒や教師に命をかけた問題を出題し、制限時間内に問題が解けなければ友人たちが死ぬことになると発する。水槽には数式が書かれており、その問いに答えられず、水槽内に水が流れ込んでいき女子高生ヘヨンは溺死した。混乱する生徒たちは、学校外に出ようと出口に向かうが、先に校庭にいたイ先生(コン・ジョンファン)が瀕死の状態で戻ってきて息絶えた。校内の電話は外に通じず、携帯電話もなくて外部と連絡不能になり、校内に残された生徒たち、ファン先生、チェ先生、警備員(イ・オル)は、団体行動する。そして、二回目の「エリーゼのために」が鳴り、第二のターゲットになったのは学年2位の男子高生ドンヒョク(カン・ウォン)であった。教師と生徒たちが協力して、殺人鬼から出題される問題を解いて、ターゲットにされた生徒を救いだそうとするが、徐々に生徒たちが殺されていくお話。

監督は、本作デビューのチャン・ガムドク監督。
出演は、国語教師のファン先生を演じるのは『花嫁はギャングスター ソウルウエディング (原題:極道の妻3)』『お姉さんが行く』のイ・ボムス、英語教師のチェ先生を演じるのは本作スクリンデビューのユン・ジョンヒ、女子高生カン・イナを演じるのは本作スクリンデビューのナム・ギュリ、男子高生カン・ヒョンを演じるのは『お熱いのがお好き』のキム・ボム、女子高生ユン・ミョンヒョを演じるのは『高校教師 恋の教育実習 (原題:夢精期2)』『恋の潜伏捜査 (原題:潜伏勤務)』のソン・ヨウン、警備員を演じるのは『ホリデー』『光州5・18 (原題:華麗なる休暇)』のイ・オル、イ先生を演じるのは『絶対の愛 (原題:時間)』『マイ・ボス マイ・ヒーロー3 (原題:商師父一体 頭師父一体3)』のコン・ジョンファン、女子高生キム・ジウォンを演じるのは『アイスケーキ』『静かな世の中』のハム・ウンジョン、ジウォンの母を演じるのは『私たちの幸福な時間』『愛情の欠乏が二人の男に及ぼす影響』のキム・ソヒ。

休日の土曜日に開催された特別クラスの授業に参加した20人の生徒たち、罰としてファン先生の資料整理をさせられる男子高生カン・ヒョン(キム・ボム)、生徒から好かれているファン先生、新人女性教師チェ先生、すぐに体罰をするイ先生、警備員が校内に取り残されて、殺人鬼から出題される問題を解けなければターゲットの生徒が殺されていく。

冒頭のゾンビもどきのシーンをみると、ゾンビ映画かと勘違いしてしまうが、これは女子高生イナがみた夢の世界であり、そこに登場するひとりの女子高生がカギになっている。校庭に机と椅子が置かれていて、炎上する校庭の中でゾンビもどきの女子高生たちがいたり、おばさんがいたり、イナに迫ってくるところをみせているが、かなり雑に作られているシーンである。光の当て方に問題があり、昼間の時間帯に撮影されていることで、ゾンビもどきのメイクが中途半端にみえてしまい、恐怖が感じないのだ。

登場人物の設定を理解していると中盤から終盤にかけて起こる出来事や意味がわかるようにできている。生徒から支持されているファン先生、新米英語教師のチェ先生、友人想いの女子高生イナ、イナのボーイフレンドでやんちゃな男子高生カン・ヒョン、イナの親友ミョンヒョが中心になってストーリーが展開されていく。

殺人鬼から出題される問題は、高校生レベルのもので、関数を用いた数学、国語の一節、英数字を組み合わせたクイズ、英語の短文を使ったパズル、数字のトリック、といったものだ。これらの問題には意味があり、終盤になるとみえてくるのだ。国語と英語の教師がいれば、このレベルの問題なら簡単に解けると感じてしまうだろう。本質的なところは、問題のレベルでなく、なぜこの問題を出題したのかにかかっている。

上位順にターゲットになっており、学年1位の女子高生ヘヨン、学年2位の男子高生ドンヒョク、学年3位の男子高生ジェウクが順々に殺されていき、そのシーンを校内のテレビ画面に映されるのである。だが、洗濯機に入れられて溺死する女子高生スジン、序盤で血だらけで亡くなるイ先生をみると、順番は初めだけのようになっている。殺され方に注目すると、尖った刃物で体を切り刻んだり、溺死させたり、墜落死させており、恐怖を感じような死に様はあまり感じられない。時々出現する生徒たちがみる幻覚や幻聴、亡くなった元女子高生ジウォン(ハム・ウンジョン)の亡霊の方が恐怖をそそる演出になっている。

この作品でポイントになるところは、女子高生イナの過去、恐怖によって精神崩壊した男子生徒、裏の顔を持つある人間の性格であろう。殺人鬼の正体がバレバレなので、そこは工夫して欲しかったところだ。大人よりも学生向けに作られた作品にみえたので、ホラーものとしては物足りない作品である。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-04-19 18:02 | 488.コ死:血の中間考査
韓国映画レビュー その413 「悲しみよりもっと悲しい物語」
「韓流シネマフェスティバル2009」が11月から始まるので、ここのところ意識して上映作品をアップしている。このイベントに参加する人に参考になれば幸いである。未鑑賞の作品は、三作品しかないので行く予定はなさそうだ。韓フェスに参加したのは、韓フェスが始まった2005年だけで、何だかぼられた気分になったのであまり良い思い出がない。

本作品は、正統派ラブストーリーで、欠陥点が多い作りなので実力派監督と脚本家を起用して欲しかった。クォン・サンウ、イ・ボムス、イ・ボヨン、チョン・ジュノ、イ・スンチョルとお客が呼べるキャストを揃えているのに勿体ない。

b0097051_19245421.jpg悲しみよりもっと悲しい物語
制作年:2009年
監督:ウォン・テヨン
出演:クォン・サンウ、イ・ボヨン、イ・ボムス、チョン・エヨン
ジャンル:ラブストーリー
鑑賞:韓国版DVD


レコーディングをしていた歌手イ・スンチョル(イ・スンチョル)は、提供された詩と曲に不満を感じてレコーディングを終わらせ、イム社長(チョン・ジュノ)とスンチョルは車に乗り込んだ。運転しているマネージャーが、音楽業界から身を引いた先輩ミンチョル(シン・ヒョンタク)から貰った廃盤になったCDをかけた。この歌詞に感動をしたスンチョルとイム社長は、現在飲食店を経営しているミンチョルに会いに行った。この歌ができるまでの経緯をミンチョルが、スンチョルとイム社長に悲しい物語を話しを始める。
父が亡くなり母は財産を残して逃げてしまい孤児になってしまったカン・チョルギュ(クォン・サンウ)は、同じ高校の同級生ウンウォン(イ・ボヨン)のイタズラによって二人が出会い、チョルギュがウンウォンに惚れ込んでしまう。ウンウォンも交通事故で両親と妹を亡くしており孤児だった。二人は、一人で大きな家に住んでいたチョルギュの家でウンウォンと同居する。二人は、チョルギュのことを「ケイ」、ウンウォンのことを「クリーム」と名前をつけて、お互いがニックネームで呼び合うようになる。日々が過ぎ、ケイはラジオプロデューサーになり、クリームは作詞家になった。未だに同居している二人であるが、結婚はしていない。そんなとき、ケイは末期ガンで余命僅かであることをクリームや周囲の人間に秘密にしていた。ケイは、自分が亡くなったときに寂しがり屋のクリームを一人にさせることができないと思い、クリームの新しいパートナーを探しだす。そんなとき、スタジオで作詞をしていたクリームが、隣りの歯科院で働く歯科医のジュファン(イ・ボムス)とフロアーで出会い、クリームがジュファンに恋をしてしまう。しかし、ジュファンには写真家の婚約者チェナ(チョン・エヨン)がいる。彼ら彼女らの恋はどのような方向にむかい、どのような想いが込められているのかというお話。

監督は、本作デビュー作のウォン・テヨン監督。
出演者は、ラジオプロデューサーのカン・チョルギュ&通称ケイを演じるのは『青春漫画』『宿命』のクォン・サンウ、作詞家ウンウォン&通称クリームを演じるのは『卑劣な街』『ワンス・アポン・ア・タイム』のイ・ボヨン、歯科医ジュファンを演じるのは『花嫁はギャングスター ソウルウエディング (原題:極道の妻3)』『コ死:血の中間考査』のイ・ボムス、ジュファンの婚約者で写真家チェナを演じるのは『僕が9歳だったころ (原題:九歳の人生)』のチョン・エヨン、新人歌手をプッシュするキム社長を演じるのは『正しく生きよう』『うちの学校のET』のイ・ハヌィ、飲食店を経営しているミンチョルを演じるのは『GP506』『あなたは遠いところに』のシン・ヒョンタク、イム社長を演じるのは『偉大なる系譜』『離れの選手とお母さん』のチョン・ジュノ、歌手イ・スンチョルを演じているのは本物の歌手イ・スンチョル。

全体構成として、同じ時間軸で起こっている出来事を、ケイの視点、クリーム視点、ジュファン視点という三人からみており、それぞれの心情をみせながら、終盤になるに連れてそれぞれの想いがみえてくる流れである。

中盤までは、ケイの視点を中心にみせており、愛するクリームと同居してお互いが寂しい感情をしないで過ごす。クリームは、仕事の不満をケイに話したり、飾ったり気のない無邪気な女の子なのだ。お互いがお互いを必要としている関係をみせており、クリームを孤独にさせてはいけないと強く感じるのがケイなのだ。ケイは末期ガンで未来がないことで愛するクリームを誰かに託すことを計画しているのだ。クリームが知り合った誠実な歯科医ジュファンと恋仲になり、ケイは二人の関係を発展させようと努めていく。クリームの幸せだけを考えているケイの心情を理解できるかどうかは人それぞれであろう。雑に描かれているのがチェナの心情だろう。ジュファンの婚約者であり、横入りしてきた人物たちに複雑な感情を抱くからだ。もっと繊細にチェナの心情を表現していれば、全体のバランスが取れていただろう。

中盤以降は、クリーム視点に切り替わり、今までの出来事をクリームの心情を含みながらケイへの想いをみせている。中盤までのケイ視点でみせていた出来事からでも、クリームの心情が所々気づく点があったので、ケイとの関係で大きな驚きはなく、ある意味答え合わせのようにもみえてしまう。歯科医ジュファンがどのように二人と絡んでいるのかが、この作品のポイントなのであろう。クリームがジュファンに対してどのような感情なのか、ケイがどのような感情でジュファンに接しているかが中盤から終盤にみえてくるのだ。もうひとつは、ジュファンの視点である。ジュファンの心情がみえるのが終盤になっているので、ネタばれになるのでここでは書かないようにする。ここもチェナと同様に、もっと繊細に時間の尺を使ってジュファンの心情を表現して欲しかった。

最初と最後に登場するミンチョル、イム社長、スンチョルの設定は、はっきり言えばなくてもストーリーは成立する。最初にミンチョルが悲しい物語(ケイ、クリーム、ジュファン、チェナ)を説明するのだが、ある程度オチを隠すような形で進行しないといけないと注意したい。ネタばらしをしている感じで話し始めてしまったから、ある程度予測しながらみてしまったことで楽しみが半減してしまった。

ケイ、クリーム、ジュファンの三人三様の愛の表現方法をみせている作品である。どの視点からみても悲しいものになっているが、ジュファンの描き方に工夫があったら面白い作品になったかもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-08-23 19:40 | 413.悲しみよりもっと悲しい物語
韓国映画レビュー その360 「太陽はない」
バックアップ用のDVD-Rのデータを漁っていたら、5年ぐらいまえに書いたこの作品の簡易版レビューが出てきたので追記してアップすることにした。意外と記憶に残っていたので不思議な気分だった。今思うとこの作品をスクリーンで日本語字幕という環境で鑑賞できたことは貴重な経験だった。映像が一風変わっていたし、サウンドの使い方が良いからだ。そしてチョン・ウソンよりもイ・ジョンジェの方が数倍存在感があった気がする。日本でDVD化すれば結構買う人がいると思うのだが。

b0097051_11111498.jpg太陽はない
制作年:1998年
監督:キム・ソンス
出演:チョン・ウソン、イ・ジョンジェ、ハン・ゴウン、イ・ボムス
ジャンル:青春ドラマ
鑑賞:シネマコリア2003


周囲からも期待されておりチャンピオンを目指していたボクサーのドチョル(チョン・ウソン)は、ある試合で頭部にパンチを喰らってパンチドランカー(高次脳機能障害)になってしまった。それから、近頃は負けが続くようになってしまい、更に控え室で騒ぎを起こしてしまいボクシングを諦めることを決めた。ドチョルは、新しい仕事を見つけるためにジムの館長の紹介で興信所を訪れ、同い年のホンギ(イ・ジョンジェ)を紹介されて一緒に仕事することになる。ホンギの部屋で一緒に住むことになったドチョルは、共に行動をしていく中で意見が対立することが多々出てくる。ある日、ホンギの部屋に訪ねてきたモデルのミミ(ハン・ゴウン)にドチョルが一目ぼれをしてしまう。ミミは、有名になることを目指して毎回オーディションを受けるが落ちてばかりいて、ホンギが彼女を大スターにしようとマネージメントをしている。ボクシングを捨てきれず再チャレンジをするドチョル、壮大な夢を持つが借金まみれのチンピラのホンギ、スターを夢見て都会に出てきた売れないモデルのミミ、三人の若者が挑戦と挫折を繰り返しながらもがいている苦悩を描いたお話。

監督は、『ラン・アウェー』『ビート』のキム・ソンス監督
出演者は、ボクサーのドチョルを演じるのは『ボーン・トゥ・キル』『ビート』のチョン・ウソン、チンピラのホンギを演じるのは『朴対朴』『火の鳥』のイ・ジョンジェ、モデルのミミを演じるのは本作スクリンデビューのハン・ゴウン、借金取りのピョングクを演じるのは『接続』『地上満歌』のイ・ボムス、後輩ボクサーのソンフンを演じるのは『ラン・アウェー』『ビート』のパク・チフン。

ドチョル、ホンギ、ミミの三人は、夢を追いかけているがなかなか掴むことが出来ないところからスタートしている。ドチョルはボクサーとして致命的な病気になったがボクシングを捨てきれず復帰すること、ホンギは巨大ビルのオーナーになって金持ちになること、ミミは大スターになって有名になること、このような夢を実現するのはかなり難しいことであるが、苦しむ若者たちの叫びを代表者としてみせているようにもみえる。

ドチョルとホンギの名コンビぶりがこの作品の魅力であろう。ドチョルは真面目な性格で人間関係を強く意識した情がある男である。ホンギはいい加減な性格で拝金主義でありトラブルを引き起こすが愛嬌がある男である。このように全く性格が違うことで、二人の個性がぶつかり合うところにおもしろさがあり、仕方なしに互いに力を貸し合っている関係になっているのだ。ボクサーとしての腕力があるドチョルを利用してホンギが取り立て屋をしているようにみえ、ずる賢いホンギの姿がみえるが、お互いが見えない力で支え合っているのがストーリーが進行していくに連れてみえてくるはずだ。綺麗な言葉でいえば友情であるが、腐れ縁みたいな感じにもみえる。

記憶に残っているシーンとしては、雨の中でシャドーをしながらランニングしているドチョルの横に、ホンギが車で追いかけて仮想試合を実況するところである。ホンギが実況アナウンサーのように喋りまくるところで、饒舌なアナウンサーとは別に元プロボクサーの輪島功一みたいな喋り方をした人物も交えているのがかなり笑えてしまった。

ミミの存在がドチョルとホンギに関わっているのだ。ミミのマネージメントをするドチョル、ミミに恋するホンギという形で、ミミの仕事と恋の両方に影響を与えているのだ。ドチョルがミミの苦しみを受け止めたり、ミミの言葉によって将来を見詰めるようにドチョルを動かしていくのである。

ダメ男をみせているホンギは、常に借金取りのピョングク(イ・ボムス)に追われており、ソウルの街を激走しているのだ。二人の関係がなかなかおもしろく、ホンギが兄貴と呼ぶとピョングクが兄貴と呼ぶなというやりとりが何回かみせており、決して親近的な関係にならないのである。そのために、何度も逃げるホンギと追いかけるピョングクの構図を最後まで崩さないのだ。

終盤は、ドチョルがボクサーとして復帰した試合と同じ時間軸上で、ホンギが抱えている幾つかの問題を解決する姿をみせたり、ミミが直面する厳しい現実をみせながら、それぞれが苦悩した姿をみせている。試合後に控え室でドチョルとホンギが二人っきりになるところ、ラストシーンでみせる太陽を比喩的な表現にして二人が日の出を屋上でみる演出は多くの意味を含んでいて、なかなかよく出来ていると感心してしまった。

不思議な映像テクニックを使っているのが印象的なのだ。映像が歪んだりぼやけるところは、パンチドランカーという症状を持つドチョルの視点で映像化している。ドチョルとホンギの静止画を連続で流したり、ボクシングの試合を臨場感があるように表現するため映像に変化をつけている。実験的にみえる映像手法であるが、かなり成功しているように感じる。相乗効果としてサウンド面の効果がかなり影響しているからだろう。有名なロックテイストのアメリカの曲、時にはノリノリのテクノを挿入しているからであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-02-14 11:38 | 360.太陽はない
韓国映画レビュー その313 「明るい家族計画 (原題:よい暮らしをして見よう)」
前半と後半で内容がガラリと変わる作品。子作りに関して、現代は男女が健康体で子供が作れることの方が幸せになってきている感じがする。不妊治療で悩んでいる方々からみれば羨ましい限りだ。海外では、精子バンクや代理母出産といった商売があるが、倫理的な問題で日本ではなかなか承認されていないのが現状だろう。そのうち、人工子宮機器のようなものが開発されて、体外受精卵をその中に入れれば、自動的に10ヶ月経てば赤ん坊が生まれる未来が来るかもしれない。科学や生物学の進歩と人間の道徳や倫理がぶつかりあうことになるだろう。個人的な意見としては、出産は母体に負荷がかかり母子共に命を落とす危険を伴うから安全面としてはプラスかもしれないが、子供に対する愛情や存在意義や生命の尊さが失われていくかもしれない。

b0097051_095543.jpg明るい家族計画 (原題:よい暮らしをして見よう)
制作年:2006年
監督:アン・ジヌ
出演:イ・ボムス、キム・ジョンウン、ピョン・ヒボン、チョン・ミソン
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
鑑賞:韓国版DVD


1970年代初頭、人口増加に悩んだ政府は、国家が家族計画を推進するプロジェクトを発足する。そこで、出産率がナンバー1の農村ヨンドゥリに、保健所職員の独身のヒョンジュ(キム・ジョンウン)を派遣することにする。ヒョンジュは、村を仕切っている村長で地主のカンさん(ピョン・ヒボン)や村人たちに国家プロジェクトである家族計画を説明するが、聞く耳をもってくれない。ヒョンジュは、村人たちの中に入って親しくなろうと仕事を手伝うが足手まといになっており、さらに状況は悪化してしまう。ヒョンジュは話しの分かる四人の子持ちの父親であるソック(イ・ボムス)を説得して、彼を通して村人たちに避妊に関する知識を教え込んでいく。この行動に怒ったカンさんは、ソックだけに畑仕事をさせない意地悪をした。幼いときから友人であったカンさんの息子チャンス(アン・ネサン)に頼んでみたが、それでもダメであった。知恵を出したヒョンジュは、ソックを新しい村長に就任させ、村人たちに家族計画を説明していくが、村人全員がカンさんから借金をしていることや彼の土地で農作業をしていることで、村人たちはなかなかソックの方に向いてくれない。そんなときに、視察に来た大統領がソックとあることを密約する。農村ヨンドゥリの出産率を0%にすることが条件で、村人全員の借金を国が返済してくれて、村に公民館を建てることで新しい仕事ができ、村人たちは新たな生活を始める。果たして、大統領と交わした密約を村人たちは達成することができるのか、その後に起こる家族の問題をどのようにして解決するのかというお話。

監督は、『オーバー・ザ・レインボー』『踊るJSA (原題:東海の水と白頭山が)』のアン・ジヌ監督。
出演者は、新しい村長のソックを演じるのは『スーパースター カム・サヨン』『恋の罠 (原題:淫乱書生)』のイ・ボムス、保健所職員のヒョンジュを演じるのは『吹けよ春風』『親知らず』のキム・ジョンウン、古い村長で地主のカンさんを演じるのは、『クライング・フィスト (原題:拳が泣く)』『グエムル 漢江の怪物』ピョン・ヒボン、ソックの妻スニを演じるのは『殺人の追憶』『恋愛は狂気の沙汰だ (原題:恋愛)』のチョン・ミソン、カンさんの息子チャンスを演じるのは『おまえを逮捕する (原題:強力3班)』『恋の罠 (原題:淫乱書生)』のアン・ネサン。

前半は無知な農民たちに性教育をさせてコメディタッチに描き、後半は家族とは何かという問いかけを示すヒューマンドラマになっている。

農村ヨンドゥリは、国家が掲げるプロジェクトに最適な村であり、村の殆んどが一家に多くの子供を持つ夫婦たちで、彼らに性教育をさせて子供の数を増やさないようにするのだ。農村ヨンドゥリというのは、李氏朝鮮時代のように両班みたいな人(カンさん)が支配するような構図になっているのが特長である。地主でありこの村を牛耳るカンさんは、村人たちにお金を貸してその借金を返済するためにカンさんの畑で農作業をして、村人たちの生活が成り立っている。この村にとって、人イコール労働者という考えがあり、子供も働くので貴重な労働力になっているのだ。だから、ヒョンジュが説明しても子供に対する価値観の違いもあって、なかなか折り合いがつかない状態が続くのだ。また、男の血縁を大事にする考えが主流である時代であり、カンさんの息子チャンス夫婦に男の子が産まれないことで、早く男の世継ぎが欲しいこともあって、この家族計画に反対しているのだ。

ヒョンジュとソックは、避妊に対して無知な村人にコンドームやピルに関する知識を教えていくのであるが、そこを下ネタを交えながら進行して笑いをとるのである。でも、男性たちに外科手術(パイプカット)をさせるのはちょっとやり過ぎではあるが。そして、扱っている事柄が笑うところであるのに、説明しているヒョンジュとソックは常に真剣なので、村人たちとの温度差があって面白く映っているのだ。村人の一人がコンドームの使い方を間違って覚えてしまったことで奥さんは妊娠してしまい、新村長ソックの命令によってその家族たちは村を追い出されてしまう。村を守るためもあってソックは、非情な命令をしているのであるが、一人でも特別扱いできない苦しい立場を示している。だが、この出来事が今後の起こることへの前触れになっているのだ。

中盤から終盤にかけての展開で、序盤でカンさんが個人的な理由も含み反対しているようにみえたが、「子供を産むこととは?」「子供とは?」「家族とは?」という本質的な問い掛けをしっかり終盤に繋げていることから、応急処置のように一時的に子供を産むのを強引に止めることに何故反対したのかがみえてくるであろう。

少子化に悩む現在の韓国社会に対して、問いかけをしている作品かもしれない。日本よりも少子化問題で苦しんでいる韓国が、一度立ち止まってじっくりと考えなければいけない時期にきたところにこの作品がなかなかおもしろい視点で描いているのだ。多くの先進国で、少子化がひとつの問題となっており、子供を産むことでの経済的負担と現状の生活を天秤にかけて、今後の生活に支障があるのかないのかを悩む嫌な世の中になっている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-08-01 00:26 | 313.明るい家族計画
イ・ボムス
b0097051_11429.jpgイ・ボムス
이 범수
1970年1月3日生

<映画出演作品>
b0097051_115046.jpgそう、たまには空を見よう
制作: 1990年韓国  監督: キム・ソンホン
出演: イ・ミヨン、チョン・ミソン、ホ・ソク 他
b0097051_1151159.jpg17歳のクーデター
制作: 1991年韓国  監督: キム・ソンホン
出演: イ・ジョンウォン、イ・ジュヒ 他
b0097051_1152360.jpg灼熱の屋上 (原題:犬のような日の午後)
制作: 1995年韓国  監督: イ・ミニョン
出演: ハ・ユミ、チョン・ソンギョン 他
b0097051_1153792.jpgゴースト・ママ
制作: 1996年韓国  監督: ハン・ジスン
出演: チェ・ジンシル、キム・スンウ 他
b0097051_1154967.jpg銀杏のベッド
制作: 1996年韓国  監督: カン・ジェギュ
出演: ハン・ソッキュ、シム・ヘジン、チン・ヒギョン、シン・ヒョンジュン 他
b0097051_116580.jpg接続
制作: 1997年韓国  監督: チャン・ユニョン
出演: ハン・ソッキュ、チョン・ドヨン、チュ・サンミ、キム・テウ 他
b0097051_1181910.jpg地上満歌
制作: 1997年韓国  監督: キム・ヒチョル
出演: シン・ヒョンジュン、イ・ビョンホン、チョン・ソンギョン 他
b0097051_1183447.jpg男の香り
制作: 1998年韓国  監督: チャン・ヒョンス
出演: キム・スンウ、ミョン・セビン 他
b0097051_1184965.jpg太陽はない
制作: 1998年韓国  監督: キム・ソンス
出演: チョン・ウソン、イ・ジョンジェ、ハン・ゴウン、イ・ボムス 他
b0097051_119223.jpgソウル・ガーディアンズ 退魔録
制作: 1998年韓国  監督: パク・クァンチュン
出演: アン・ソンギ、シン・ヒョンジュン、チュ・サンミ 他
b0097051_1191754.jpg陽が西から昇るなら
制作: 1998年韓国  監督: イ・ウン
出演: イム・チャンジョン、コ・ソヨン、チャ・スンウォン 他
b0097051_119301.jpg新装開店
制作: 1999年韓国  監督: キム・ソンホン
出演: キム・スンウ、チン・ヒギョン、パク・サンミョン、イ・ボムス 他
b0097051_1194372.jpgラブ 最愛の人
制作: 1999年韓国  監督: イ・ジャンス
出演: チョン・ウソン、コ・ソヨン、パク・チョル、イ・ボムス 他
b0097051_1195439.jpgアナーキスト
制作: 2000年韓国  監督: ユ・ヨンシク
出演: チャン・ドンゴン、チョン・ジュノ、キム・サンジュン、イ・ボムス 他
b0097051_1110742.jpgなせば成る
制作: 2000年韓国  監督: パク・テヨン
出演: アン・ソクファン、ソン・オクスク、パク・サンミョン 他
b0097051_11101937.jpgバンジージャンプする
制作: 2001年韓国  監督: キム・デスン
出演: イ・ビョンホン、イ・ウンジュ、ヨ・ヒョンス 他
b0097051_11103316.jpgジャングル・ジュース
制作: 2001年韓国  監督: チョ・ミノ
出演: チャン・ヒョク、イ・ボムス 他
b0097051_11105220.jpg春の日は過ぎゆく
制作: 2001年韓国・日本・香港  監督: ホ・ジノ
出演: ユ・ジテ、イ・ヨンエ 他
b0097051_1111522.jpgひとまず走れ!
制作: 2002年韓国  監督: チョ・ウィソク
出演: ソン・スンホン、イ・ボムス、クォン・サンウ、キム・ヨンジュン 他
b0097051_11111869.jpg夢精期
制作: 2002年韓国  監督: チョン・チョシン
出演: イ・ボムス、キム・ソナ 他
b0097051_11113279.jpgピアノを弾く大統領
制作: 2002年韓国  監督: チョン・マンベ
出演: アン・ソンギ、チェ・ジウ、イム・スジョン 他
b0097051_111145100.jpgシングルス
制作: 2003年韓国  監督: クォン・チリン
出演: チャン・ジニョン、オム・ジョンファ、イ・ボムス、キム・ジュヒョク 他
b0097051_1112283.jpgオー!ブラザーズ
制作: 2003年韓国  監督: キム・ヨンファ
出演: イ・ジョンジェ、イ・ボムス 他
b0097051_11121543.jpg英語完全征服
制作: 2003年韓国  監督: キム・ソンス
出演: イ・ナヨン、チャン・ヒョク 他
b0097051_11122863.jpgオー!マイ DJ (原題:アンニョン! U.F.O)
制作: 2004年韓国  監督: キム・ジンミン
出演: イ・ウンジュ、イ・ボムス 他
b0097051_11124319.jpgスーパースター カム・サヨン
制作: 2004年韓国  監督: キム・ジョンヒョン
出演: イ・ボムス、ユン・ジンソ 他
b0097051_11125792.jpgこのまま死ねるか
制作: 2005年韓国  監督: イ・ヨンウン
出演: イ・ボムス、チェ・ソングク、ソン・ヒョンジュ 他
b0097051_11131139.jpg恋の潜伏捜査 (原題:潜伏勤務)
制作: 2005年韓国  監督: パク・クァンチュン
出演: キム・ソナ、コン・ユ 他
b0097051_11132979.jpg恋の罠 (原題:淫乱書生)
制作: 2006年韓国  監督: キム・デウ
出演: ハン・ソッキュ、イ・ボムス、キム・ミンジョン 他
b0097051_11134333.jpg相棒 シティ・オブ・バイオレンス
制作: 2006年韓国  監督: リュ・スンワン
出演: リュ・スンワン、チョン・ドゥホン、イ・ボムス 他
b0097051_11135712.jpgお姉さんが行く
制作: 2006年韓国  監督: キム・チャンレ
出演: コ・ソヨン、チョ・アン、ユゴン、イ・ボムス 他
b0097051_11141265.jpg花嫁はギャングスター ソウルウエディング (原題:極道の妻3)
制作: 2006年韓国  監督: チョ・ジンギュ
出演: スー・チー、イ・ボムス、ヒョニョン 他
b0097051_11142890.jpg明るい家族計画 (原題:よい暮らしをして見よう)
制作: 2006年韓国  監督: アン・ジヌ
出演: イ・ボムス、キム・ジョンウン 他
b0097051_11144560.jpgカンナさん大成功です! (原題:美女はつらいの)
制作: 2006年韓国  監督: キム・ヨンファ
出演: チュ・ジンモ、キム・アジュン、ソン・ドンイル 他
b0097051_983568.jpgコ死:血の中間考査
制作: 2008年韓国  監督: チャン・ガムドク
出演: イ・ボムス、ユン・ジョンヒ、ナム・ギュリ、キム・ボム 他
b0097051_225073.jpg悲しみよりもっと悲しい物語
制作: 2009年韓国  監督: ウォン・テヨン
出演: クォン・サンウ、イ・ボヨン、イ・ボムス 他
b0097051_13395091.jpgキングコングを持ち上げる
制作: 2009年韓国  監督: パク・コニョン
出演: イ・ボムス、チョ・アン 他
b0097051_16593832.jpg怪盗ホン・ギルドン一族 (原題:ホン・ギルドンの後裔)
制作: 2009年韓国  監督: チョン・ヨンギ
出演: イ・ボムス、キム・スロ、ソン・ドンイル、イ・シヨン 他
b0097051_16552667.jpgスンピル失踪事件 ~スンピルくんはどこだ?~ (原題:チョン・スンピル失踪事件)
制作: 2009年韓国  監督: カン・ソッポム
出演: イ・ボムス、キム・ミンソン、ソン・チャンミン 他
b0097051_1943890.jpg死体が帰ってきた
制作: 2012年韓国  監督: ウ・ソノ
出演: イ・ボムス、リュ・スンボム、キム・オクビン 他
b0097051_2134268.jpg神の一手
制作: 2013年韓国  監督: チョ・ボムグ
出演: チョン・ウソン、アン・ソンギ、イ・ボムス、キム・イングォン、イ・シヨン 他

[PR]
by nameinuuuu | 2007-07-07 10:11 | 俳優_FILE