韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:イ・ビョンホン ( 11 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その599 「悪魔を見た」
圧倒的暴力と女性蔑視が露骨だな。映像は好きだけどストーリーが薄くてイマイチかな。

b0097051_21245671.jpg悪魔を見た
制作年:2010年
監督:キム・ジウン
出演:イ・ビョンホン、チェ・ミンシク、チョン・ググァン、チョン・ホジン
ジャンル:スリラー
鑑賞:動画


ある夜、雪の夜道で車のタイヤがパンクしたことで、レッカー車の到着を待っていた若い女性ジュヨン(オ・サナ)は、婚約者で国家情報院捜査官のスヒョン(イ・ビョンホン)に電話をかけていた。捜査で忙しいスヒョンは、ジュヨンの誕生日を一緒に祝えないことで謝っていた。そんなとき、ジュヨンは、前方に停車していた黄色いスクールバスから怪しい男ギョンチョル(チェ・ミンシク)が現れ、ジュヨンの車に向かって走ってきて、フロントガラスを叩きわりギョンチョルに拉致される。まもなく警察は、川底から切断されたジュヨンの頭部を発見する。被害者ジュヨンの父は、引退した元刑事チャン(チョン・ググァン)であり、何とか犯人を挙げたくて元同僚から情報をもらう。婚約者を亡くしたスヒョンは、自分が最後の電話相手であり、そのとき救えなかったことに怒りと絶望に打ち震え、自らの手で犯人に復讐することを決意する。被害者ジュヨンの父チャンは、過去の殺害手口から四人の容疑者をリストアップして、その資料をスヒョンに渡した。スヒョンは、二週間休暇をもらい、その間にジュヨンを殺害した犯人を調べていく。スヒョンは、資料にピックアップされた容疑者に会い、一人目と二人目の容疑者を殴って犯人かどうか訊きだすが違っていた。三人目のギョンチョルを調べるため、ギョンチョルの実家を訪ね、彼の年老いた両親と彼の息子に話しを訊き、ギョンチョルの現在住んでいる場所がわかる。スヒョンは、ギョンチョルのアジトに無断で潜入して、部屋にある引き出しから女性用の下着や靴や鞄を発見し、奥の部屋の作業場で、排水溝からジュヨンの婚約指輪を見つけ、ギョンチョルが犯人だと確信する。ジュヨンだけでなく、次々女性を襲って殺しを続けているギョンチョルにスヒョンは復讐できるのかというお話。

監督は、『甘い人生』『グッド・バッド・ウィアード (原題:良い奴、悪い奴、変な奴)』のキム・ジウン監督。
出演は、国家情報院捜査官のスヒョンを演じるのは『夏物語 (原題:その年の夏)』『グッド・バッド・ウィアード (原題:良い奴、悪い奴、変な奴)』のイ・ビョンホン、殺人鬼ギョンチョルを演じるのは『クライング・フィスト (原題:拳が泣く)』『ヒマラヤ、風がとどまる所』のチェ・ミンシク、引退した元刑事チャンを演じるのは『作戦』『グッドモーニング・プレジデント』のチョン・ググァン、オ課長を演じるのは『GP506』『炎のように蝶のように』のチョン・ホジン、スヒョンの婚約者ジュヨンを演じるのは本作スクリンデビューのオ・サナ、ジュヨンの妹セヨンを演じるのは本作スクリンデビューのキム・ユンソ、殺人鬼テジュを演じるのは『ベストセラー』『房子伝』のチェ・ムソン。

凶行を繰り返す殺人鬼ギョンチョルに婚約者を殺された国家情報院捜査官スヒョンが、自らの手で始末することを誓い、地獄の苦しみを味あわせるような復讐をしていくスリラーである。

スヒョンはギョンチョルが殺人犯であると直ぐにわかってしまうことで、犯人探しというサスペンス要素はなく、スヒョンと殺人鬼ギョンチョルの戦いを過激な描写でみせている。ビニールハウスで女学生を強姦しているギョンチョルを見つけたスヒョンは、最初の戦いが始まり、スヒョンがギョンチョルをボコボコにしてしまう。とどめを刺すことをせず、意識が朦朧としている間に、追跡用のGPSカプセルを飲み込ませて、そのまま解放するのだ。ギョンチョルからすると、何故逮捕したり殺したりしないのか不思議に思うであろう。命拾いしたギョンチョルは、相変わらず犯罪を犯していくが、スヒョンはギョンチョルの行動を監視し先回りして、ギョンチョルに制裁を加えていくのだ。

スヒョンとギョンチョルの戦いでは力の差が歴然で、スヒョンが圧倒的に強い。窒息させようと頭にビニールを被せたり、無防備な左手を踏み潰し骨折させたり、アキレス腱を医療メスで斬ったり、スヒョンの行動は悪魔化したものになっている。スヒョンは、このような残虐な行動をギョンチョルだけにしか行っておらず、常に無表情でいることが恐怖をみせている。スヒョンを悪魔のような存在にみせるには、ギョンチョルが常に極悪でなくてはこの作品は盛り上がらないのだ。尋常じゃないギョンチョルの極悪ぶりをみせることで成立させようとしている。確かにその目論見通り、ギョンチョルの極悪ぶりは健在で、何度も殴られても戦意を失わない強さをみせている。だから、イ・ビョンホン演じる国家情報院捜査官スヒョンよりも、チェ・ミンシク演じる殺人鬼ギョンチョルの存在が大きくなくてはいけないのだ。その点に関しては、成功している。

ギョンチョルは、常に獲物を探しており、弱者である女性を鉈や斧で斬りつけたり、強姦して殺すという手口がパターンのようだ。凶悪犯というよりは、変態強姦魔といったところだ。冒頭からバラバラ殺人をみせており、その次のターゲットにはギロチンという殺し方をしていることで、一応は凶悪犯というようにみせているけれど。性的な欲求と猟奇的な欲求が入り混じっていることで、ギョンチョルの心理的な描写がみえにくくなっている。

コメディ的な面として、ビニールハウスでやられたギョンチョルがタクシー(二人組みに強盗されたもの)に乗るエピソードであったり、獲物を探して暗闇から現れたのが数十人が乗る兵士の車であったりと、笑えないけど盛り込んでいる。この作風にコメディ要素は、恐怖の緊張感を壊してしまうためマイナスなように感じてしまうだろう。

殺人鬼テジュ(チェ・ムソン)のつぶやきから、「キャッチ・アンド・リリース」に気づくギョンチョルの終盤間際の逆襲だけは楽しめたところだ。スヒョンに対して直接攻撃しているわけでないから、逆襲というには難しい表現だが、ギョンチョルが別の人物を攻撃することでスヒョンに精神的ダメージを与えるからだ。

残虐描写が話題になっており、個人的にはホラー映画が好きだからグロテスクなシーンで動じることはなかった。排便のシーンはちょっと躊躇したけど。視覚的なものだけでなく、内面からくる怖さも表現しているようだが、そこは感じられなかった。最後まで「恐怖」を前面に押しており、思考する事柄もなく、真っ直ぐ物語が進んでしまうことでストーリーの質としては低い方であろう。人間の深層心理といったものは、残念ながらほとんど感じられなかった。ラストにスヒョンが目的を成し遂げた後、涙を流していたところをちゃんと解釈すれば、この作品の意図を理解したことになるだろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-05-10 21:38 | 599.悪魔を見た
韓国映画レビュー その586 「インフルエンス」
東北・関東大地震の被災者の方々心よりお見舞い申し上げます。
関東在住により、我が家は屋根が傾いたり、物がめちゃめちゃになりましたが幸い無事です。

b0097051_1703827.jpgインフルエンス
制作年:2010年
監督:イ・ジェギュ
出演:イ・ビョンホン、ハン・チェヨン、チョ・ジェヒョン、キム・テウ
ジャンル:オムニバス
鑑賞:日本版DVD


1907年の朝鮮半島、朝鮮王族として生まれたソル(イ・ビョンホン)は、ある手紙をみて、それに記された場所に向かう。そこは、「DJC」という酒場であり、女性J(ハン・チェヨン)からの手紙であることがわかる。「DJC」の中央に巨大な謎の水槽ジュビリーが置いてあり、ソルはそれに触れたとき、様々な映像をみることになる。日本は、皇帝コジョン(チョ・ジェヒョン)との交渉で裏切りがあったことで怒り、皇太子スンジョン(イ・ジェフン)の命を差し出すことを要求する。ソルは、皇太子と一緒に車で旅行に出発した直後、馬に乗る日本兵たちに追われ、ソルが皇太子を逃がし、ソルが日本兵に射殺される。Jは、謎の水槽ジュビリーの中へ自ら飛び込み、水槽内に閉じ込められる。そのことによって、死んだと思われたソルが、「DJC」にワープして生き返った。このことによって、不老不死になったソルは、Wという名で「DJC」の案内人となる。約100年、引き返すことのできない人生の岐路に立たされた人々を「DJC」に招待していくお話。

監督は、本作デビュー作のイ・ジェギュ監督。
出演は、W、ソル、謎の男の三役を演じるのは『グッド・バッド・ウィアード (原題:良い奴、悪い奴、変な奴)』『悪魔を見た』のイ・ビョンホン、Jを演じるのは『グッドモーニング・プレジデント』『ガールフレンズ』のハン・チェヨン、コジョンを演じるのは『マリン・ボーイ』『執行者』のチョ・ジェヒョン、キム・ウギョンを演じるのは『輪廻 リ・インカーネーション (原題:サークル)』のチョン・ノミン、チェ・ドンフンを演じるのは『キッチン』『よく知りもしないくせに』のキム・テウ。

1907年から2010年まで、「DJC」の案内人をするWが、人生の岐路に立つ人たちを生き返させて、再び人生をやり直すチャンスを与えて約束を結ぶのである。大きく分けると5つに構成された作品になっている。WとJを中心にする過去と現在「The Infuluence」、キャスターのキム・ウギョン(チョン・ノミン)を中心にする「Second Promise」、社長のチェ・ドンフン(キム・テウ)を中心にする「Drawing Promise」、皇太子を中心にする「fateful Promise」である。時系列的には、過去軸の「The Infuluence」、「fateful Promise」、「Second Promise」、「Drawing Promise」、現在軸「The Infuluence」という形をみせている。

過去の「The Infuluence」と「Drawing Promise」では、王族ソルが皇太子の命を狙う日本兵から守るという物語である。同時進行で起こっているのが、ソルとJが接触して、ソルがWと名を変えて、「DJC」の案内人となって生きていくのである。朝鮮の地において、伊藤博文や皇帝コジョンといった歴史上の人物が登場していることで、過去を印象づけるような演出になっている。だが、現代的な西洋服や自動車をみせていることで、過去という時間の設定を壊しているようにもみえてしまう。作風が、SFなので敢えてそのような演出にしたのかもしれないが、かなり気になるところである。

「Second Promise」では、キャスターのキム・ウギョンが自動車事故に遭い、事故前に目にした「DJC」のメッセージによって、Wの導きによって再び事故前に戻ってある約束を果たすのである。このエピソードだけ、しっかりと作り込んでいるように感じとれるのだ。生き返ったキム・ウギョンが、キャスターという位置において、大きなニュースを扱い解決していくのである。

「Drawing Promise」では、多額の負債に困り飛び降り自殺をするチェ・ドンフン社長が、地面すれすれでWと出会い、ある約束をするのである。オークションを運営するチェ・ドンフンが、落札された絵を移動させて、Wによってその絵の隠された真実を知るのである。人情味のある物語になっているが、多額の負債が残ったままなので、全てがパッピーという訳ではない。

現在軸の「The Infuluence」では、謎の男(イ・ビョンホン)の登場によってWと対決する。謎の男の正体は、悪のWという表現が適切かもしれない。今までの登場していたWは、善という位置づけで「DJC」という空間を守ってきたのだろう。終盤があっけない形になっていることで、かなり残念な作品に感じてしまう。

簡単に云ってしまうとSF作品で、Jが今までしてきた「DJC」の案内人をソルが引き継ぐのである。そのときに、「善のW」と「悪のW」が分裂して存在してしまい、終盤に二つのWが接触する。JとWに恋愛感情も含めたような作品なんだろうが、中途半端に描かれており、その部分が薄くなっている。登場人物から、WとJを主にして製作していると思うが、二人のシーンよりも他のエピソードの方が面白いので、不満を感じてしまう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-03-15 17:09 | 586.インフルエンス
韓国映画レビュー その381 「グッド・バッド・ウィアード (原題:良い奴、悪い奴、変な奴)」
今年の8月に日本上映が予定されている本作品。韓国の主役級俳優を集めた作品であり、人気だけが先行している感じがしてしまった。期待しすぎて撃沈。クリント・イーストウッド主演の『続・夕陽のガンマン (英題:The Good, the Bad and the Ugly)』のオマージュ的な作品なのかな。西部劇だし。正直、『続・夕陽のガンマン』の方が面白いけど・・・。


b0097051_21203326.jpgグッド・バッド・ウィアード (原題:良い奴、悪い奴、変な奴)
制作年:2008年
監督:キム・ジウン
出演:ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソン
ジャンル:アクション
鑑賞:韓国版DVD


1930年代の満州、日本軍が残した謎の地図を持つ日本人の金丸たちは、満州鉄道の列車に乗車していた。列車強盗犯のユン・テグ(ソン・ガンホ)は地図のことを知らずに金品が目的で金丸たちを襲って、ついでに大切にしていた地図も一緒に奪った。線路上に燃焼物を置いて列車を強引に止めようとする馬賊団の首領パク・チャンイ(イ・ビョンホン)は、朝鮮人富豪キム老人(ソン・ヨンチャン)から満州鉄道に乗っている金丸の持つ地図を奪うという依頼を受けて列車を襲った。また、列車の外から馬賊たちに向けてライフルを撃ちまくる懸賞金狩人パク・トウォン(チョン・ウソン)は、朝鮮独立軍のナヨン(オム・ジウォン)から地図の奪取を依頼されていた。トウォンは同時に高額な懸賞金が賭けられているチャンイに向けてライフルを撃つ。謎の地図を持ったテグは、列車から飛び降りて荒野を走り、相棒マンギル(リュ・スンス)が待つサイドカー付きオートバイに乗り込んで逃げていった。チャンイ率いる馬賊団たち、懸賞金狩人トウォンは、列車強盗犯テグを追いかける。謎の地図を追っているのはチャンイやトウォンだけでなく、頭領が中国人の三国派たち、そして日本軍も地図の行方を探していた。町に逃げ込んだテグとマンギルは、祖母の家に戻ってロシア語で書かれた地図を眺め、この地図はお宝を示す地図だと考察した。テグたちを追ってやってきた三国派たちは、テグとマンギルを銃撃して襲い、二人は逃げてはぐれてしまった。オートバイで荒野に逃げたテグは、トウォンに狙撃されてテグは捕まってしまった。トウォンは、指名手配書をみてテグにも賞金が賭けられていることを知り、縄で縛って捕獲した。テグが持っていると思われた地図は町にあることで、トウォンはアジトで一泊して二人で町に戻った。一方で、マンギルは独断で複製した偽者の地図を三国派の副頭領ピョンチュン(ユン・ジェムン)に売りつけて一件落着する。だが、地図を売った直後にマンギルの目の前にチャンイ率いる馬賊たちが現れて、マンギルはチャンイにボコボコにされる。そこに、戻ってきたテグとトウォンが助けに入って、テグとトウォンがチャンイら馬賊たちと銃撃戦を繰り広げて、チャンイたちは町から去っていった。多くの者たちが、謎の地図を奪いあいながら戦い、最後の勝者は誰になるのかというお話。

監督は、『箪笥』『甘い人生』のキム・ジウン監督。
出演者は、列車強盗犯ユン・テグを演じるのは『優雅な世界』『シークレット・サンシャイン (原題:密陽)』のソン・ガンホ、馬賊団の首領パク・チャンイを演じるのは『甘い人生』『夏物語』のイ・ビョンホン、懸賞金狩人パク・トウォンを演じるのは『デイジー』『レストレス ~中天~ (原題:中天)』のチョン・ウソン、三国派の朝鮮人副頭領ピョンチュンを演じるのは『優雅な世界』『肩ごしの恋人』のユン・ジェムン、ユン・テグの相棒マンギルを演じるのは『スーパースター カム・サヨン』『まぶしい日に』のリュ・スンス、朝鮮人富豪キム老人を演じるのは『あいつの声』『M』のソン・ヨンチャン、朝鮮人富豪キムの執事パクを演じるのは『夏物語』『優雅な世界』のオ・ダルス、麻薬商人ジェシクを演じるのは『正しく生きよう』『ファム・ファタール (原題:無防備都市)』のソン・ビョンホ、トウォンの仲間で朝鮮族女ソンイを演じるのは『サンデーソウル』『同い年の家庭教師 レッスン2』のイ・チョンア、チャンイの仲間サンカルを演じるのは『四月の雪』『レストレス ~中天~ (原題:中天)』のキム・グァンイル、チャンイの仲間コムを演じるのは『私の生涯で最悪の男』『ビースティ・ボーイズ』のマ・ドンソク、朝鮮独立軍のナヨンを演じるのは『ノートに眠った願いごと (原題:秋ヘ)』『スカウト』のオム・ジウォン。

複数の勢力(列車強盗犯、チャンイ馬賊団、懸賞金狩人、三国派、日本軍、朝鮮独立軍、朝鮮人富豪など)が謎の地図を手に入れようとする西部劇風のアクション映画になっており、ストーリーが単純なため子供から大人まで気楽に鑑賞できる大衆向け映画である。ハリウッド映画のような大味なアクションと香港映画のようなアクションが混じった感じがする。

金のためなら誰でも殺す「良い奴」の懸賞金狩人パク・トウォン、プライドが高くてナンバー1でなければ気がすまない「悪い奴」の馬賊団首領パク・チャンイ、ゴキブリ並みの生命力を持つ「変な奴」の列車強盗犯ユン・テグ、彼らは謎の地図によって引き寄せられるのだ。

主に五つの勢力が対決する構図になっており、満州鉄道ではテグvsチャンイ馬賊団vsトウォンの銃撃戦、町中では三国派vsテグ&マンギル、チャンイ馬賊団vsテグ&トウォン、目的地に向かう途中の砂漠で先頭をオートバイで走るテグを追いかけながら戦うテグvs三国派vsチャンイ馬賊団vs日本軍vsトウォン、終盤のガチンコ対決のテグvsチャンイvsトウォンという流れだ。

良く表現すると豪華キャストを揃えたド派手なアクションで何も考えずにラフに観られる作品、悪く表現すると何でもありの全編西部劇仕立てで荒唐無稽な作品となる。どちらに感じるかで完全に評価が分かれる作品であろう。

アクション面では、銃撃戦が中心になっており、時には肉弾戦も取り入れている。満州鉄道での銃撃戦でこの作品のつかみとしては良く、その後に町で起こるの香港映画風の戦闘、砂漠では各勢力が各々敵になって戦闘をする多国籍戦争(日本vs中国vs朝鮮)のような殺し合い、目的地でのライバル同士の銃対決、銃対決後の出来事といった見所が多い。目的地にあるお宝の正体、トウォンが追う「指斬り魔」の正体、チャンイが触れられたくない屈辱的な過去、そして誰が一番強いのかという、幾つかの謎を持ちながら最後まで引っ張っているから目が離せないであろう。

謎の地図と言いながらみんながその存在を知っていたり、謎の地図を直にみた人間はテグとマンギルだけなのにみんなが目的地に辿り着くのも変なところであった。途中の砂漠から目的地に向かうテグを追うからそこからは納得できるが、町中での戦闘が終わりトウォンから離れて単独でテグが目的地に向かうから、複数の勢力たちが合流することは困難であり、複数の勢力が矢印を使って進行方向を示している地図をみるとテグを追っているよりは目的地に向かって進んでいるようにみえてしまった。

全体的な評価としてはごくふつうのアクション映画に感じられた。主要人物三人の心情もそれほどでもないし、満州を舞台にしていることで様々な民族を取り入れているが各々の民族が持つ心情があまりみえない。アクションを主にしているから、人間ドラマなところは精度が低くみえる作品だ。気軽さが売りの作品なのかもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-05-05 21:40 | 381.良い奴,悪い奴,変な奴
イ・ビョンホン
b0097051_1049488.jpgイ・ビョンホン
이 병헌
1970年7月20日生

<映画出演作品>
b0097051_10502767.jpg誰が俺を狂わせるか
制作: 1995年韓国  監督: ク・イムソ
出演: チェ・ジンシル、イ・ビョンホン 他
b0097051_10503943.jpgラン・アウェー
制作: 1995年韓国  監督: キム・ソンス
出演: イ・ビョンホン、イ・ギョンヨン、キム・ウンジョン 他
b0097051_10505120.jpgネオンの中へ陽が沈む
制作: 1995年韓国  監督: イ・ヒョンスン
出演: ムン・ソングン、チェ・シラ 他
b0097051_1051599.jpg彼らだけの世界
制作: 1996年韓国  監督: イム・ジョンジェ
出演: イ・ビョンホン、チョン・ソンギョン、ユ・オソン 他
b0097051_1051215.jpg地上満歌
制作: 1997年韓国  監督: キム・ヒチョル
出演: シン・ヒョンジュン、イ・ビョンホン、チョン・ソンギョン 他
b0097051_10513216.jpgエキストラ
制作: 1998年韓国  監督: シン・スンス
出演: イム・チャンジョン、ナ・ハニル 他
b0097051_10514445.jpg我が心のオルガン
制作: 1999年韓国  監督: イ・ヨンジェ
出演: イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、イ・ミヨン 他
b0097051_10515620.jpgJSA
制作: 2000年韓国  監督: パク・チャヌク
出演: イ・ビョンホン、ソン・ガンホ、イ・ヨンエ、キム・テウ、シン・ハギュン 他
b0097051_105284.jpgバンジージャンプする
制作: 2001年韓国  監督: キム・デスン
出演: イ・ビョンホン、イ・ウンジュ、ヨ・ヒョンス 他
b0097051_10522098.jpg純愛中毒 (原題:中毒)
制作: 2002年韓国  監督: パク・ヨンフン
出演: イ・ビョンホン、イ・ミヨン、イ・オル 他
b0097051_10524533.jpg美しい夜、残酷な朝 (原題:スリー・モンスター)
制作: 2004年日・韓・香  監督: 三池崇史、パク・チャヌク、フルーツ・チャン
出演: 長谷川京子、渡部篤郎、イ・ビョンホン、カン・ヘジョン、イム・ウォニ、ミリアム・ヨン、レオン・カーフェイ、バイ・リン 他
b0097051_10525837.jpg誰にでも秘密がある
制作: 2004年韓国  監督: チャン・ヒョンス
出演: イ・ビョンホン、チェ・ジウ、キム・ヒョジン、チュ・サンミ 他
b0097051_1053113.jpg甘い人生
制作: 2005年韓国  監督: キム・ジウン
出演: イ・ビョンホン、キム・ヨンチョル、シン・ミナ 他
b0097051_10532354.jpg夏物語 (原題:その年の夏)
制作: 2006年韓国  監督: チョ・グンシク
出演: イ・ビョンホン、スエ 他
b0097051_12242654.jpgHERO
制作: 2007年日本  監督: 鈴木雅之
出演: 木村拓哉、松たか子 他
b0097051_16343069.jpgグッド・バッド・ウィアード (原題:良い奴、悪い奴、変な奴)
制作: 2008年韓国  監督: キム・ジウン
出演: ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソン 他
b0097051_2158138.jpgアイ・カム・ウィズ・ザ・レイン
制作: 2009年フランス  監督: トラン・アン・ユン
出演: ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン 他
b0097051_2132371.jpgG.I.ジョー
制作: 2009年アメリカ  監督: スティーヴン・ソマーズ
出演: チャニング・テイタム、レイチェル・ニコルズ 、マーロン・ウェイアンズ 他
b0097051_212364.jpgインフルエンス
制作: 2010年韓国  監督: イ・ジュギュ
出演: イ・ビョンホン、ハン・チェヨン、キム・テウ、チョン・ノミン、チョ・ジェヒョン 他
b0097051_10472994.jpg悪魔を見た
制作: 2010年韓国  監督: キム・ジウン
出演: イ・ビョンホン、チェ・ミンシク 他
b0097051_21565575.jpgアイリス THE LAST (原題:アイリス:THE MOVIE)
制作: 2011年韓国  監督: ヤン・ユノ、キム・ギュテ
出演: イ・ビョンホン、キム・テヒ、チョン・ジュノ、キム・スンウ、T.O.P、キム・ソヨン 他
b0097051_1805761.jpgShare the Vision
制作: 2011年韓国  監督: ヤン・ユノ
出演: イ・ビョンホン、イ・スギョン、ペ・スビン 他
b0097051_1630159.jpg光海、王になった男
制作: 2012年韓国  監督: チュ・チャンミン
出演: イ・ビョンホン、リュ・スンニョン、ハン・ヒョジュ 他
b0097051_14355748.jpgG.I.ジョー バック2リベンジ (原題:G.I. Joe: Retaliation)
制作: 2013年アメリカ  監督: ジョン・チュウ
出演: チャニング・テイタム、ブルース・ウィリス、ドウェイン・ジョンソン 他
b0097051_15532463.jpgRED2
制作: 2013年アメリカ  監督: ディーン・パリソット
出演: ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、メアリー=ルイーズ・パーカー 他
b0097051_22292018.jpg侠女:刀の記憶
制作: 2013年韓国  監督: パク・フンシク
出演: イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ゴウン 他

[PR]
by nameinuuuu | 2007-07-07 10:09 | 俳優_FILE
韓国映画レビュー その218 「夏物語 (原題:その年の夏)」
イ・ビョンホンが主役だからそっちばかり注目されてしまうけれど、周りを固めるキャストがなかなかよい。それにしても、プレミアムDVDが約1万円って高すぎる気がする。劇場公開時のときは、他の作品を鑑賞していたので、この作品は鑑賞せずに様子をみていたけど、なんか配給会社の必死さがみえみえなのが悲しかった。

b0097051_2050698.jpg夏物語 (原題:その年の夏)
制作年:2006年
監督:チョ・グンシク
出演:イ・ビョンホン、スエ、オ・ダルス、イ・セウン
ジャンル:ラブストーリー
鑑賞:日本版DVD


誠実な人柄で学生たちから信頼も厚い、60歳を過ぎても独身を貫き通す大学教授ユン・ソギョン(イ・ビョンホン)。彼の元教え子の放送作家スジン(イ・セウン)が、初恋の人を探すテレビ番組を製作するために、キムPD(ユ・ヘジン)と一緒にユン・ソギョン教授の大学に出向き出演依頼する。ユン・ソギョン教授は、スジンに古びた一冊の本を差し出し、生涯唯一愛した女性ソ・ジョンイン(スエ)との初恋を想い出す。1969年の夏、独裁的政治体制の韓国で、ソウルの大学に通うソギョンは農村でボランティア活動をするため、夏休みに仲間とソウルから遠く離れた田舎町に滞在する。ソギョンは、そこで図書館で働く女性ジョンインと出会い、生涯一度だけの恋愛をする。ジョンインは両親はいないとソギョンに語っているが、村人たちはジョンインのことを裏切り者と罵られているのである。ソギョンは、徐々にこの村で生活していて何故ジョンインが村で浮いた存在でいるのかがわかってきた。時が過ぎ、ジョンインたち大学生らは田舎町からソウルに戻ることになり、ソギョンの秘密を知ったジョンインは、彼女を村から連れだしソウルに向かうことを決めた。だが、ソウルの大学に戻った二人に待っていたのは政治情勢が絡む悲しい出来事であった。果たして、二人の愛はどのような結末になるのかというお話。

監督は『品行ゼロ』のチョ・グンシク監督。出演者は、ソウルの大学生と60歳過ぎの大学教授のユン・ソギョンを演じるのは『誰にでも秘密がある』『甘い人生』のイ・ビョンホン、田舎の図書館で働くジョンインを演じるのは『ファミリー (原題:家族)』『ウェディング・キャンペーン (原題:私の結婚遠征記)』のスエ、ソギョンの友人で今は大学教授のナム・ギュンスを演じるは『親切なクムジャさん』『淫乱書生』のオ・ダルス ソギョンの元教え子の放送作家スジンを演じるのは『コックリさん (原題:分身娑婆)』『春が来れば (原題:花咲く春が来れば)』のイ・セウン、キム・マンドクを演じるのは『英語完全征服』『王の男』のチョン・ソギョン、ジョンインの友人エレーナを演じるのは『悪い女 青い門』『お母さん』のイ・ヘウン。

大学教授ユン・ソギョンの若き日の1969年夏、ソウルから田舎にボランティア活動でやってきた大学生ソギョンが悲しい過去を背負った女性ジョンインと生涯一度だけ愛を交わした物語。

時間軸としては1969年と現在とで分かれてストーリーは進行していくが、主となるのは1969年であり、当時の出来事を取材している現在を所々に挿入している。ネタに困ったキムPDが放送作家スジンのネタに飛びついたことから始まっていき、大学教授ユン・ソギョンのところに出向いて取材をする。当時のユン・ソギョン教授を知る人たちに取材をすることで、恋人ジョンインとの恋、ジョンインとはどのような人であったのか、当時のソギョンはどのような立場にいたのかをギュンスやエレーナなどに聞いてまわる。

1969年では、ジョンインがかつて住んでいた空き家でソギョンとジョンインが出会い、ジョンインに好意を持ったソギョンが彼女に近づいていく流れだ。ギュンスはソギョンが軽い男だと茶化したりするから、人を警戒するジョンインはソギョンを一歩引いた形で彼をうかがっているのがわかる。それでも、ソギョンはジョンインに不器用であるが誠実に接しているのもわかる。二人の距離が縮まるのは町まで買い物に出かけて帰りのバスに乗り遅れて、夜中になるまで村まで二人で歩いたことだろう。緑の色彩が心を和ませる風景は気持ちよくさせてくれて、夜の田舎道や川の景色が一層二人の心を盛り上げている。

中盤以降は、政治的問題が絡んで激しくストーリーが展開されていく。独裁的政治体制にうんざりしていた学生たちがデモを起こし、それを封じ込めようとする警察なのだ。運が悪いこともあり、ソギョンとジョンインはまき込まれてしまうのだ。ソギョンとジョンインのその場での究極の選択、耐え切れないで抱き合う二人、ジョンインが選んだ決断と胸が苦しくなるような辛くて悲しいシーンが続くのだ。

1969年の時代背景を知っているとノスタルジーを呼び起こしてくれるであろう。当時、南北の緊張状態、独裁政権、反共、民主化を主張する人々、集会などで一致団結しようとする人々などが映しだされている。このような時代に生きたソギョンとジョンインの淡い恋物語を中心に描いているのだ。

軍事政権化でのソギョンとジョンインの悲恋の物語であるが、どんでん返し的な終盤をやればもう少し盛り上がる気もする。例えば、元教え子の放送作家スジンとジョンインに何か接点を付けておくとか、ジョンインの視点からみたジョンインの人生をサイドストーリーとして付けるとか発想はある。試行錯誤した結果でシンプルな終わりかたを選らんだのかと予想もしている。一途な愛を貫いたソギョンだから、ジョンインを美化するようにしたのであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2007-06-26 20:58 | 218.夏物語
韓国映画レビュー その72 「彼らだけの世界」
b0097051_10182845.jpg彼らだけの世界
制作年:1996年
監督:イム・ジョンジェ
出演:イ・ビョンホン、チョン・ソンギョン、ユ・オソン、パク・クニョン
ジャンル:青春ドラマ
鑑賞:日本版DVD


アメリカ留学していたラブ(イ・ビョンホン)は、留学先に適応できずにギャングに入ってしまう。そして、組織の命令である鞄を届けるために韓国に帰国する。空港のロッカーに鞄を入れ、ナイトクラブに飲みに行ったときに、そこでダンサーのチュニャン(チョン・ソンギョン)と出会い、二人は恋に陥る。チュニャンは店に戻らずにラブと二人だけでホテルに居すわる。ホテルの部屋に、鞄を受け取るためにアメリカからやってきたペク・チュン(ユ・オソン)が現れる。ある日、ペク・チュンはホテルで襲われ重症する。チュニャンはペク・チュンから鞄の中身は大金が入っていると聞いていたので、ラブとチュニャンはその鞄を持って海外に逃亡しようと試みが復活したペク・チュンに追われる。果たしてラブとチュニャンは逃げ切ることができるのか、そして鞄の中身は本当に大金なのかというお話。

本作がデビュー作のイム・ジョンジェ監督。出演者は、主人公ラブをイ・ビョンホン、主人公の恋人チュニャンをチョン・ソンギョン、アメリカからやってきた主人公の友達ペク・チュンをユ・オソンが演じる。イ・ビョンホンとユ・オソンといった主役級が共演するのが見物であるがまだ若き時代の作品。

父親に期待されたが留学で挫折しギャングになったラブがギャングの仕事で韓国に戻り、チュニャンというダンサーと恋に落ちる。チュニャンの存在でラブがギャングとして壊れてしまう。傍からみるとかなりウザイ存在のチュニャン。友達ペク・チュンが現れてから内容が進展していく。

イ・ビョンホンのファンの人からみれば、イ・ビョンホンのベッドシーンが多いので楽しめるかもしれないが、ボクのようにイ・ビョンホンのファンでもないし男なのでどうでもいい。内容はチープで古くさく単純である。唯一の楽しみは鞄の中身でしょう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-06-17 14:43 | 72.彼らだけの世界
韓国映画レビュー その71 「ラン・アウェイ ~RUN AWAY~」
b0097051_14371100.jpgラン・アウェイ ~RUN AWAY~
制作年:1995年
監督:キム・ソンス
出演:イ・ビョンホン、キム・ウンジョン、イ・ギョンヨン
ジャンル:アクション
鑑賞:日本版DVD


ゲームプロデューサーのイ・ドンヒ(イ・ビョンホン)とイラストレーターのチェ・ミラン(キム・ウンジョン)は偶然出会い一夜を過ごす。その夜、偶然にも殺人事件を目撃してしまう。事件に巻き込まれることを嫌がりミランは警察へ行くことを拒んだが、ドンヒは警察へ行きチャン刑事に保護してもらう。しかし、警察署に偽装潜入した組織員らに襲われ病院に入院してしまう。入院している病院にその組織員らが襲ってくることに疑問を感じ、ドンヒとミランは自ら事件解決しようとするお話。

本作がデビュー作のキム・ソンス監督。出演者は、ゲームプロデューサーのイ・ドンヒを演じるのは『誰が俺を狂わせるか』のイ・ビョンホン、イラストレーターのチェ・ミランを演じるのはキム・ウンジョン、オ・ヨンジ刑事を演じるのはチャン・ドンジク、チャン刑事を演じるのはイ・ギョンヨン。

偶然殺人事件を目撃し、目撃者を消すためにある組織に追われ逃げまわるアクション。ドンヒとミランは、警察に助けを求めても内偵している組織らに襲われ、何とか逃げまくるが、ドンヒのウイークポイントの無邪気なドンホの妹があっさに組織らに捕まったことで、妹を救いに行く。そこで、組織らと真っ向勝負に挑む。

逃げる手法は古くさい演出だが、ラストの組織らと戦うシーンが一番の見せ場である。血のりべっとりのドンヒとミラン、そして唯一の味方の助太刀。終わりかたもスッキリする感じもする。典型的なアクションであるから、まあイ・ビョンホンのファンなら納得してくれるでしょう。ベットシーンやエレベーター内のシーンやプールのシーンなどはイ・ビョンホンのファンにとってはおいしいのかなあ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-06-17 14:40 | 71.ラン・アウェイ
韓国映画レビュー その63 「我が心のオルガン」
b0097051_2232261.jpg我が心のオルガン
制作年:1999年
監督:イ・ヨンジェ
出演:イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、イ・ミヨン、ソン・オクスク
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
鑑賞:韓国版VCD


1960年代の初め、江原道の山里の村。小学校に遅く入学した17歳の女の子ホンヨン(チョン・ドヨン)は、若い新任の教師スハ(イ・ビョンホン)に学校への道順を尋ねられた。その時、生まれて初めて「アガシ(お嬢さん)」と呼ばれた少女スハは恋心を抱く。みなが子供としてしか考えてくれなかったのに、初めて女と見てくれた人。ホンヨンの担任をするようになったスハは、生徒たちに日記帳をつけるように宿題をだす。ホンヨンの日記帳は、教師スハへの愛の告白で満杯。スハは、同じ日に赴任した美しい同僚教師ヤン・ウニ(イ・ミヨン)に好意を持っていた。子供たちの間ではスハとウニのうわさが出回る。果たしてホンヨンの気持ちはスハにつたわるのか。スハの子供達に対する深い愛情で、不慣れだけれど情熱に充ちた教えを繰広げるお話。

本作がデビュー作のイ・ヨンジェ監督。出演は、若い新任の教師スハを演じるのはイ・ビョンホン、17歳の小学生を演じるのはチョン・ドヨン、スハと同じ新任の教師ウニを演じるのはイ・ミヨン。

チャン・ツィイー主演の中国映画『初恋から来た道』に雰囲気が似ている。韓国版『初恋から来た道』である。田舎の村に赴任してきた教師スハに恋心を抱く17歳の女の子を描く。純粋で不器用なホンヨン、そしてライバルの女教師ウニの存在に嫉妬する気持ちはうまく表現している。スハとウニの関係は、ウニにはソウルに婚約者がいて学校を辞めてサンフランシスコに留学する。スハは失恋の痛みで苦しむ。最後まで教師スハはホンヨンを女性としてみることはなく教え子として接している。ラブストーリーだけでなく、田舎の人たちの優しさがみられる。村の老人たちや大人たちは教師を敬い、村中が親切である。子供たちと教師スハとの関係もだんだん固い絆で結ばれていくのがわかる。ラストに村を離れる教師スハと子供たちは感動する。

教師スハが弾くオルガンの音色は、あの素朴な校舎にマッチしている。教室の真ん中に置いてあるストーブは、ボクの小学校時代と同じようなストーブなので懐かしさを感じてしまう。昔はどこもあのようなストーブを使っていたなぁと。ホンヨンと教師スハとの初恋物語には、ちゃんと最後にオチがある。これは写真がヒントである。でも、チョン・ドヨンが17歳の設定には無理があり過ぎる。見た目で実年齢にみえるから違和感を感じた。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-06-11 14:58 | 63.我が心のオルガン
韓国映画レビュー その58 「美しい夜、残酷な朝」
b0097051_18463265.jpg
美しい夜、残酷な朝 (原題:スリー・モンスター)
制作年:2004年
監督:三池崇史、パク・チャヌク、フルーツ・チャン
出演:長谷川京子、渡部篤郎、イ・ビョンホン、カン・ヘジョン、イム・ウォニ、ミリアム・ヨン、レオン・カーフェイ、バイ・リン
ジャンル:ホラー
鑑賞:一般上映 (日本)


日本・韓国・香港の共同製作で手掛けられたホラーオムニバス。『着信アリ』の三池崇史、『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク、『メイド・イン・ホンコン』のフルーツ・チャン、3人の監督が人間の深い欲望を描く。

■第一話『dumplings』
香港映画、監督は、フルーツ・チャン、出演は、ミリアム・ヨン、バイ・リン、レオン・カーファイ。

リー夫人は、若返りの力を持った餃子を作るメイの部屋を訪れる。メイは、見た目は30歳前にみえる女性であるが実はかなり年をとっていると本人が言う。餃子のおかげであると豪語する。若い時に有名俳優だったリー夫人は、若い女に会う夫のせいで、さびしさと嫉妬をしており若くなりたい欲望があった。毎日餃子を食べた彼女は、若さを取り戻した。ある日、リー夫人はその餃子の秘密を知ってしまう。餃子の具は堕胎した胎児で作られている。だが、もうリー夫人は中毒になってしまった。
香港では、今回の短編とはエンディングも展開も違う90分のロングバージョンが存在する。メイが餃子を作っているシーンやリー夫人が餃子を食べるシーンがちょっとグロテスクかもしれない。そして、女子高生が中絶するシーンやその女子高生の家族模様、その後のリー夫人の行動も恐怖に怯える。三本中で一番怖くて面白い作品である。


■第二話『box』
日本映画、監督は三池崇史、出演は、長谷川京子、渡部篤郎。

原稿を手書きする謎の美人作家の彼女ショウコ(長谷川京子)は担当編集者(渡部篤郎)の好意に対しても全く心開く様子がない。突然、17年前に死んだはずの双子の姉キョウコが尋ねて来た。過去に、サーカス団員である双子の姉妹ショウコとキョウコは、父(渡部篤郎)とサーカスのショーを開いていた。父は姉のキョウコばかり愛情を注ぐのをみて嫉妬から、ショウコが原因で火事を起こしてキョウコは死んでしまう。そんな過去があるショウコのもとに姉が現れる。
監督は、静かで張りつめるような感じを表現したかったのだろう。会話が少ないのでサイレント映画に感じてしまう。ストーリーとしては、恐怖はまるで感じない。出演者の長谷川京子と渡部篤郎で注目を集めている感じがする。


■第三話『cut』
韓国映画、監督はパク・チャヌク、出演は、イ・ビョンホン、カン・ヘジョン。

才能があり、裕福で善良な人気映画監督(イ・ビョンホン)。彼が帰宅すると、ピアニストの彼の妻(カン・ヘジョン)をピアノ線でしっかり縛り、ピアノの前に座らされている。怪しい男が、映画監督の家を占拠して、路上から連れて来た子供を縛りつけて、子供を殺さなければ妻の指を切ると脅す。映画監督は、妻の指か、子供の命か、どっちをとるか。
『オールド・ボーイ』を作った監督だけあって、内側からくる恐怖をうまく表現している。怪しい男や路上で連れてきた子供の正体がポイント。金をかけていないようにみえるし、ストーリーだけでひきつけるこのシナリオはすばらしい。


三本とも、それぞれ特徴をもった作品であるが香港映画と韓国映画の出来がいいので、日本映画のダメっぷりが目立ってしまった。
日本でも大人気のイ・ビョンホンがノーギャラで出演しているのは驚きである。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-06-07 18:55 | 58.美しい夜、残酷な朝
韓国映画レビュー その56 「誰にでも秘密がある」
b0097051_1537269.jpg誰にでも秘密がある
制作年:2004年
監督:チャン・ヒョンス
出演:イ・ビョンホン、チェ・ジウ、キム・ヒョジン、チュ・サンミ
ジャンル:ラブコメディ
鑑賞:一般上映 (日本)


ジャズバーで歌手をしている三女ミヨン(キム・ヒョジン)に一途に愛する彼氏サンイルを振ったばかりで、二枚目実業家スヒョン(イ・ビョンホン)にすっかり心を奪われ、見事に恋人の座を射止めた。大学院生の次女ソニョン(チェ・ジウ)は、恋愛経験のない本の虫で何でも本で習う人だが、妹の恋人スヒョンに強烈に惹かれていく。夫との関係にすっかり冷え切った長女ジニョン(チュ・サンミ)も、スヒョンの魅力をとりつかれた。3姉妹の恋相手スヒョンに惹かれ、3姉妹を虜にしてしまうコミカルなラブコメディ。

本作の注目は、韓流ブームをひきおこしたイ・ビョンホンとチェ・ジウの共演作。ドラマ【美しき日々】でも共演しているこの二人の息はピッタリ。イ・ビョンホン、チェ・ジウはドラマ俳優のイメージで知る人が多いが、実際は多くの映画に出演している実力者俳優である。

3姉妹の恋愛の三構成になっており、ミヨン、ソニョン、ジニョンそれぞれの一人称視点で語られる3つのエピソードになっている。最初に三女ミヨンの物語が一通り終わると、次に次女ソニョンの視点から同じ話をなぞり、最後は長女ジニョンが同じ筋書きを語り直す。まったく同じ事柄を語っているのに、3姉妹からみたスヒョンの印象は違う魅力に惹かれている。また、3姉妹の末っ子の弟デヨン(チョン・ジェヒョン)も物語に絡んでおり、スヒョンを兄貴のように慕って恋の相談をする。自由恋愛主義者の三女ミヨンを一途に愛するように変わり、一児の母から女に変わっていく長女ジニョン、恋に奥手な次女ソニョンが大胆に変えてしまう、そんな不思議な男性スヒョンである。

3姉妹の視点からみた構成のためにあれだけ騒がれていたチェ・ジウの存在は、全体の3分の1の役割である。だから、三女役のキム・ヒョジンや長女役のチュ・サンミでなく、もっと有名な女優を起用するともっと盛り上がったと思う。日本公開版と韓国公開版のラストシーンは違うのである。韓国版では、スヒョンの正体が最後まで謎になっている。ラストシーンに関していえば、日本版の方が明確にスヒョンの正体がわかるからこっちの方がよい。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-06-05 15:40 | 56.誰にでも秘密がある