韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:イ・ソンギュン ( 10 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その711 「火車」
b0097051_21272316.jpg火車
制作年:2012年
監督:ピョン・ヨンジュ
出演:イ・ソンギュン、キム・ミニ、チョ・ソンハ
ジャンル:サスペンス


獣医チャン・ムノ(イ・ソンギュン)は、婚約者カン・ソニョン(キム・ミニ)を両親に紹介するために、車で実家の安東へ向かう。サービスエリアに立ち寄った二人は、雨が降る中ムノがコーヒーを買いに行き、ソニョンを車に待たせていた。コーヒーを買って戻ってきたムノは、車からソニョンが消えていることに動揺し、携帯電話を鳴らしても連絡がとれない。近くのガソリンスタンドのトイレで、ソニョンのヘアピンを見つけ、ソニョンの行方がつかめないため、ムノは警察に行って失踪届けを提出する。その夜、ムノはソニョンの部屋に行くが空っぽで、そのときムノの携帯電話に連絡してきた友人トンウ(キム・ミンジェ)から、ソニョンがクレジットカードで破産していた過去を知らされる。ムノは、自らソニョンの行方を探すために、ソニョンの会社に行き、彼女が会社に提出した履歴書から手がかりを探るが、過去の経歴は全て嘘であった。ムノは、ソニョンがカード破産をしたとき世話になった事務所に訪れ、ソニョンの母が二年前に亡くなって生命保険の件も処理してもらっていたことを知る。そして、当時ソニョンが書いた筆跡と現在の筆跡が違うことに気づいたムノは、事務員に尋ねて、当時の資料を詳しく調べてもらう。その事務所でソニョンの住民登録番号のコピーをみて、写真に写っている顔が違うことに驚愕する。ムノは、従兄で元刑事のキム・ジョングン(チョ・ソンハ)の家に訪ね、婚約者との経緯や状況を説明し、ソニョンを探して欲しいと懇願する。ジョングンが捜査すると、ソニョンの部屋に異変があることに気づき、元同僚のハ刑事(チェ・ドンムン)から情報提供してもらい、ソニョンの過去を探っていく。単なる失踪事件でないことがみえ、ソニョンが保険金目当てで母を殺害したのではと疑いが広がる。ソニョンを名乗る女性は誰なのか、再びムノはその女性と会うことができるのか、その謎めいた女性の過去を紐解いていくお話。

監督は、『密愛』『僕らのバレエ教室 (原題:バレエ教習所)』のピョン・ヨンジュ監督。
出演は、獣医チャン・ムノを演じるのは『くだらないロマンス (原題:みみっちいロマンス)』『逮捕王』のイ・ソンギュン、カン・ソニョン及びチャ・ギョンソンを演じるのは『女優たち』『モビーディック』のキム・ミニ、元刑事キム・ジョングンを演じるのは『味噌』『哀しき獣 (原題:黄海)』のチョ・ソンハ、看護師ハンナを演じるのは『赤ちゃんと僕』『飛翔』のソン・ハユン(改名前:キム・ビョル)、ハ・ソンシク刑事を演じるのは『逮捕王』『青い塩』のチェ・ドンムン、ムノの友人トンウを演じるのは『カウントダウン』『特捜本』のキム・ミンジェ、私債業者を演じるのは本作スクリンデビューのパク・サンウ、本物のカン・ソニョンを演じるのは『執行者』『結婚式の後で』のチャ・スヨン、ストーカーを演じるのは『白夜行 -白い闇の中を歩く』『妖術』のイム・ジギュ。

日本の宮部みゆきの作品を原作としており、そこに脚色を加えている。原作をすでに読んでいるので大体のストーリー構成はみえていた。切り落としたエピソードが幾つかあり、登場人物の設定を変えて、更に主人公を変えて、ラストを明確な形に示している。原作の場合は、失踪した女性が主人公になって、女性の婚約者から依頼された現役刑事(親戚)が準主役となっている。本作の場合は、失踪した女性の婚約者が親戚と一緒に捜査に加わり、女性の過去を追っていく展開になっている。

失踪した女性の素性を隠しながら、徐々に真相がみえていく展開は、謎解きが好きな人には良いかもしれない。自己破産が婚約者ムノにばれたことで、ソニョンが失踪した形を冒頭でみせているが、実のところはソニョンという人物がばれてしまうのを恐れて逃げたのがひとつの真相である。ある事務所で、筆跡と住民登録番号のコピーの顔写真から同一人物でないことがわかり、過去のソニョンと現在のソニョンが別人であることがみえてくるのである。サブストーリー的に欲しいところは、過去のソニョン(チャ・スヨンが演じる方)のエピソードを盛り込んでいれば、この作品の見え方が少し変わったかもしれない。

元刑事ジョングンが、元同僚のハ刑事を使いながら、情報を少しずつ手に入れていくのである。ソニョンの母の死亡事故、保険金取得、クレジットカードの破産といった疑わしい情報を得て、さらにソニョンの遺留品がヒントとなって過去に務めていたソニョンの会社をつきとめ、本名がわかるのである。一方、ムノはソニョンの田舎にいき、聞き込みをしているうちにソニョンの友人と出会い、現在と顔の違うソニョンの過去が分かるのだ。ムノとジョングンに絶妙なヒントを送っているのが、ムノの獣医病院で働く看護士ハンナ(ソン・ハユン)である。彼女が妙なことに気づいたり、疑問を投げかけることで、二人の行動が進行するのである。終盤になるに連れて、ハンナの言動が重要になっていくのだ。

ムノは原作では、端役になっているが、本作では主役なのである。強く表現されていたのは、ムノとソニョンの愛のところであろう。哀しげな表情をしていたソニョンを思い出しながら、彼女への気持ちが募る。ムノはソニョンを恋人として愛していた感情を持ち、その愛がソニョンにとって本気なのか利用していただけなのかが終盤の見所かもしれない。ムノ自らもソニョンを探すところは、オリジナルなところになっており、終盤の接触のあたりはムノの感情がよく出ている。

ソニョンの本名がチャ・ギョンソンと判明されてから、ギョンソンの過去がみえるような作りになっている。ギョンソンが、苦しい過去を背負って生きてきた回想シーン、ムノやジョングンがギョンソンの過去を調べて得てからの回想シーンを混ぜながらみせている。過去を捨てた人生、今を捨てようとする人生、次の人生を奪おうとする人生、これが何を意味しているのか終盤になるとみえるのである。

原作は昭和の終わり頃が設定になっており、誰もがクレジットカード破綻に陥る恐れがあるという社会的な作品でもある。本作でも、冒頭でクレジットカードでの破産が盛り込まれているが、ここはもっと強調した形でエピソードを膨らまして欲しいところでもあった。ギョンソンに関する様々な面白いエピソードを継ぎ接ぎしながら構成している作品に感じた。本作が気に入ったのなら、是非原作を読んで欲しいところだ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2012-07-22 21:29 | 711.火車
韓国映画レビュー その666 「オッキの映画」
b0097051_1345765.jpgオッキの映画
制作年:2010年
監督:ホン・サンス
出演:イ・ソンギュン、チョン・ユミ、ムン・ソングン
ジャンル:ヒューマンドラマ


■第一話 「呪文を覚える日 / A DAY FOR INCANTATION」

映画監督のチング(イ・ソンギュン)は、妻ヘリム(ペク・チョンニム)の言葉に惑わされながら、月に二度だけしか呑みに行ってはいけないと約束されている。苦境に直面しているインディーズの映画監督のチングは、大学で講師もしている。チングは、ある人からソン教授(ムン・ソングン)の不正に関する噂を聞いてしまう。その夜、教授たちとお酒を呑みに行くチングに何が起こったのかというお話。

■第二話 「キス王 / KING OF KISSES」

映画専攻の大学生のチング(イ・ソンギュン)は、友人たちから祝いの言葉をかけられていた。ソン教授(ムン・ソングン)が、チングの作品を賞賛していたのを友人たちが聞いたからである。チングは、同級生のオッキ(チョン・ユミ)に好意を持っており誘っている。一方、オッキはソン教授と怪しい関係であり、そのことはチングは知らない。チングは、ついにオッキに愛の告白をしてキスをする。二人は交際するようになるのかというお話。

■第三話 「暴雪の後 / AFTER THE SNOWSTORM」

大雪が降ったことで交通網が麻痺してしまい、ソン教授(ムン・ソングン)の授業に誰も生徒が来ていない。ソン教授がベランダでタバコを吸っていたとき、同僚のオ教授(ソン・ギヒョン)が近づいてきて、学生が登校しないことについて話している。そんなとき、女子大生オッキ(チョン・ユミ)が歩いて登校して教室に入ってくる。ソン教授とオッキが二人っきりで外をみていると、遅れて男子大生チング(イ・ソンギュン)が登校して教室に入ってきた。二人の学生の質問に返答するソン教授は、愛について説明する。授業が終わり、夜に一人で外食をし、ソン教授の心境を描いたお話。

■第四話 「オッキの映画 / OKI'S MOVIE」

映画専攻の女子大生オッキ(チョン・ユミ)が作った映画である。オッキは、年上の男性(ムン・ソングン)と若い男性(イ・ソンギュン)の二人と交際している。それぞれの男性と山登りをするオッキは、同じルートを回っている。年上の男性とは12月31日、若い男性とは翌日1月1日。オッキと二人の男性との間にどのような感情を持つのかをみせたお話。

監督は、『デジタル三人三色2009:ある訪問 (原題:ある訪問)』『夏夏夏』のホン・サンス監督。
出演は、第一話から第四話まで共通で出演しているチングを演じるのは『坡州』『デジタル三人三色2009:ある訪問 (原題:ある訪問)』のイ・ソンギュン、ソン教授を演じるのは『失踪』『デジタル三人三色2009:ある訪問 (原題:ある訪問)』のムン・ソングン、第二話から第四話まで共通で出演しているオッキを演じるのは『デジタル三人三色2009:ある訪問 (原題:ある訪問)』『私のヤクザのような恋人』のチョン・ユミ。
第一話で、チャン・スヤンを演じるのは『クロッシング』『よく知りもしないくせに』のソ・ヨンファ、オ教授を演じるのは本作デビュー作のソン・ギヒョン、パン教授を演じるのは『ミラクル・サッカー (原題:刑務所ワールドカップ)』のチョ・ソンドク、ナム・ジングの妻ヘリムを演じるのは『ドント・ルック・バック (原題:私の青春に叫び)』『ワン・ナイト・スタンド』のペク・チョンニム。
第二話で、オッキの友人を演じるのは『拍手する時に去れ』『デジタル三人三色2009:ある訪問 (原題:ある訪問)』のキム・ジンギョン、オッキの友人ヤンスンを演じるのは『悪魔を見た』のパク・ソヨン。
第三話で、オ教授を演じるのは本作第一話で出演しているソン・ギヒョン。
第四話では、オッキを演じるチョン・ユミ、チングを演じるイ・ソンギュン、ソン教授を演じるムン・ソングンだけ出演している。

四つの短編で構成されており、チング(イ・ソンギュン)、オッキ(チョン・ユミ)、ソン教授(ムン・ソングン)の三人が同じ役名でありながら、各ストーリーが変則的になっている。主人公の三人の過去や未来といった時間軸をずらした形をみせているようにみえる。第二話をオッキとチングの大学生時代、第三話もオッキとチングの大学生時代であるがソン教授にスポット当てており、第一話ではチングが映画監督になり結婚しているので大学を卒業してからをみせているようだ。第四話は、オッキが作った映画で、若い男性と年上の男性という形をとって、劇中劇のようになっている。

第一話では、映画監督になったチングが、商業的に厳しくて儲かっておらず、大学の講師をしながら生活費を稼いでいる。チングは、妻ヘリムに小言を聞かされており、大好きなお酒も控えめにしている。チングが女子大生に対して熱く語っているシーンの後に、ソン教授がチングに対して語ってるシーンを持ってきているところは、人物状況の入れ替わりをみせる手法で面白くみせている。チングは、ソン教授やパン教授(チョ・ソンドク)らとお酒を呑みに行くのであるが、そこでソン教授とチングの間に不穏な空気が流れるのを面白くみせている。その翌日にチングの作品を上映して、監督への質問を若い女性がするのであるが、そこでのやりとりもなかなか笑えるつくりになっている。チングがソン教授に人からきいた噂を直接問いただしたことと、チングの映画上映に来ていたお客がチングの噂を質疑応答のときに直接問いただしているのである。同じ状況になって相手の感情や自分の感情に気づくようになっており、尋ねている方は先入観を持っていることで余計に強く出てくるのをみせている。

第ニ話では、チングとオッキの愛の物語である。チングが、オッキを誘ってもなかなか進展しなかったが、野外で真剣に告白をしてキスを交わすのである。オッキとソン教授の仲をちらつかせている動きも面白くみせている。チングがオッキの家へ夜に会いに行くのであるが、友人が来ていることで断り、さらに外に出ていると嘘までついて断り、それでも一晩中チングがオッキの家の前で待っているのである。オッキが友人に恋愛について、自分の気持ちを語っているところがあり、オッキの性格がみえてくるのである。チングは、初めてと連発してぼやいているが、それが嘘なのは男性視点なら明白にわかる。男側の恋愛かけひきと女側の恋愛かけひきをみせているので、どこなのかを探して楽しめるようになっている。

第三話では、ソン教授がオ教授に話したことを本当に実行するのだ。来期から辞めることをこぼしていたことである。授業にきたチングとオッキに深く語り、授業が終わって、一人で飲み屋で酔っ払った帰りの行動が全てを語っている。まだ生きているタコを吐き出した行為をどのように解釈するかである。過去を捨てること、教授という地位を捨てる、俗物根性を捨てる、といった感じにもみえる。

第四話では、オッキが12月31日に年上男性と、1月1日に若い男性と、同じ場所で登山する姿をみせている。各場所において、年上男性と若い男性の行動や仕草などを交互にみせる形にしている。二つのストーリーが何度も交互に動いていくのである。年齢の違いがあることで、男としての経験値をみせていたり、若さゆえの行動もみせているのだ。同じ場所での登山という設定、年始に若い男性で年末に年上男性という設定も、意図が掴みやすくなっている。

四つ短編をマジックのように表現している。主人公の三人が、それぞれの物語で様々な姿に変身しているのである。監督のアイデアだけでは成り立たず、役者の演技力も必要な作品だと感じとれる。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-12-04 13:57 | 666.オッキの映画
韓国映画レビュー その645 「くだらないロマンス (原題:みみっちいロマンス)」
b0097051_1351520.jpgくだらないロマンス (原題:みみっちいロマンス)
制作年:2010年
監督:キム・ジョンフン
出演:イ・ソンギュン、チェ・ガンヒ、リュ・ヒョンギョン、オ・ジョンセ
ジャンル:ラブストーリー、コメディ
鑑賞:動画


成人向け漫画家のチョンベ(イ・ソンギュン)は、絵の才能がずば抜けているが、ストーリーが貧弱で、三年もの時間を費やした作品を出版社に持ち込むが却下されてしまう。チョンベは、仲間の漫画家たちと酒を呑んでいたとき、入選すれば賞金1億3000万ウォンも貰える成人漫画公募展の情報を知り、これに応募することを決める。チョンベは、自分の弱点であるストーリーを創れる作家を募集することにした。その募集に応募してきたのが、成人雑誌のコラムニストをしていたタリム(チェ・ガンヒ)である。チョンベは、自宅兼作業場でタリムの面接を行い、経験豊かな履歴書とタリムのアピールによって採用することに決めた。二人は、仕事に取り掛かり、タリムが物語の構成を語るとチョンベがそのアイデアを否定して、なかなか先に進まない。しかも、タリムの我がままな振る舞いにチョンベも困っており、二人の間は気まずくなっていく。また、タリムは、双子の弟チョンス(ソン・ユハ)と一緒に住んでいたが、怒らせてしまったことで追い出されてしまい、寝泊りする場所を失ってしまう。タリムは、スーツケースに荷物を入れて、チョンベの部屋に泊めてもらおうとしたり、親友キョンソン(リュ・ヒョンギョン)の部屋に転がり込む。果たして、二人の共作の漫画はどのような結果になるのか、そしてチョンベとタリムの関係はどのようになるのかというお話。

監督は、本作スクリンデビューのキム・ジョンフン監督。
出演は、漫画家のチョンベを演じるのは『ロマンチック・アイランド』『坡州』のイ・ソンギュン、コラムニストのタリムを演じるのは『私の恋』『グッバイ、マザー (原題:エジャ)』のチェ・ガンヒ、漫画家のヘリョンを演じるのは『仁寺洞スキャンダル』『シークレット』のオ・ジョンセ、タリムの親友キョンソンを演じるのは『神機箭』『初恋列伝』のリュ・ヒョンギョン、タリムの双子の弟チョンスを演じるのは本作スクリンデビューのソン・ユハ、ミノを演じるのは『キル・ミー』『チョン・ウチ 時空道士 (原題:田禹治)』のペク・トビン、ピョンドを演じるのは『ここよりどこかへ』『正しく生きよう』のパク・ソンイル、式場職員を演じるのは『ヨガ教室』『ガールフレンズ』のチョ・ウンジ。

内容としては、典型的なロマンスコメディになっており、紆余曲折を経て二人が結ばれるといったものである。チョンベとタリムのラブストーリーと同時進行にみせているのが、二人で創っている漫画のストーリーが入り込んでいる。二人の漫画がアニメーションとして飛び出し、実写とアニメーションが融合するような映像によって飽きさせないように工夫している。

チョンベとタリムが共作の漫画を創るため、一緒に仕事をするが意見の食い違いが起こる中、第三者の意見によってチョンベがタリムの文才を知ることになり、タリムを認め出していくのである。二人は、お互いの才能を認めているが、恋愛に関する意見には向きになって語るのである。

漫画の内容は、ミソと名の女殺し屋が銃を乱射してアクション風テイストになっている中、ミソと筋肉質な男との濃厚な官能シーンが土台となって進行していく。その後、エピソードが追加されていくので、その都度アニメーションとして挿入されてくるのである。本作品がR指定になっているのは、おそらくこのアニメーション部分で描かれている映像と官能的な言葉のところであろう。実際は、そんなにエロくないので、R指定にしなくて問題ない気もする。

成人向け雑誌のコラムを執筆していたタリムであるが、実際のところ恋愛経験も乏しく、本で得た知識から頭でっかちな恋愛思想を持っているのだ。野外カフェで漫画の構成を話しているタリムが、過激な言葉を連発していることで、周囲のお客さんから強烈な視線を浴びているのである。照れて困ったチョンベに比べて、堂々としたタリムの姿は勇ましくみえるが、後に起こる出来事でみせるギャップが面白くさせている。

嫉妬という点で、チョンベとタリムの両方の視点をみせている。チョンベの場合は、タリムが弟チョンスと一緒にいるのを見かけ、別に男がいると思い込んでしまうところである。タリムの場合は、親友キョンソンがチョンベに取材を申し込んでおり、タリムを作業場から追い出して、二人っきりで写真を撮って取材をしていることで、親友キョンソンとの間を怪しく思ってしまうのだ。終盤には、二人の苦渋の決断があり、そこをどのように乗り越えるのかを演出している。

韓国での観客動員数が多いから、それにつられてみてしまうと危ないかもしれない。チョンベとタリムの間がどのようになっていくのかは、韓国映画のこのジャンルをみなれている人には直ぐに感づいてしまうし、その後の展開も読めてしまうからだ。ベタなものを求めている人には良いかもしれないが、それ以外を要求しているのであれば避けるべきであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-10-15 13:15 | 645.みみっちいロマンス
韓国映画レビュー その634 「逮捕王」
b0097051_13463475.jpg逮捕王
制作年:2011年
監督:イム・チャニク
出演:パク・チュンフン、イ・ソンギュン、イ・ソンミン
ジャンル:コメディ、アクション
鑑賞:動画


区域が隣の麻浦(マポ)署と西大門(ソデムン)署は、逮捕実績を比較されるので争いが絶えない。麻浦署には、逮捕実績ナンバー1で姑息な手段を使うチーム長のファン・ジェソン刑事(パク・チュンフン)がいる。西大門署には、新任でチーム長として配属された警察隊出身エリートのチョン・ウィチャン刑事(イ・ソンギュン)がいる。西大門署の刑事たちは、半年かけて合成麻薬密売組織の捜査をしており、一斉検挙をしようとしたとき、麻浦署が横取りしようと計画をして、自分たちの区域に犯人たちを誘き寄せてファン刑事が主犯を逮捕する。別の日、チョン刑事の乗った駐車していた覆面パトカーにオートバイが追突し、オートバイの運転手と同乗者は、窃盗犯で被害者が走ってきたのでチョン刑事が二人の窃盗犯を逮捕し、怪我をしているので病院に運ぶ。チョン刑事が目をそらしたとき、二人の窃盗犯が病院から抜け出したが、ちょうど出口付近に麻浦署のファン刑事とソン刑事(キム・ジョンテ)がおり、今度も犯人を横取りされてしまう。チョン刑事は、株が暴落したことで借金を作ってしまい、恋人ヒョンスク(ハン・スヨン)と結婚を考えている時期である。そんなとき、署のポスターをみて、一年間で犯人逮捕の実績を累計しトップになると逮捕王として多額の報奨金が出ることを知る。チョン刑事は、前年に逮捕王を獲得したファン刑事を食事に誘い、いろいろ話しを聞こうとするが不発に終わってしまう。そんなとき、ファン刑事率いる麻浦署の刑事たちが山で首吊り自殺をした若い女性の遺体を発見した。その女性は、強姦されて一部始終を録画されインターネット上に動画でアップされ、そのことが原因で自殺した遺書が残されていた。連続強姦事件を何とかしたい警察庁長官(クォン・ビョンギル)は、麻浦署と西大門署による合同捜査本部をつくる。同じ捜査本部に、ガラス窓で仕切られ、情報を共有しない麻浦署の刑事たちと西大門署の刑事たちは、合同捜査なのに別々に捜査を進行する。果たして、区域の違う刑事たちがいがみあっている中で、連続強姦事件の犯人を逮捕することができるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のイム・チャニク監督。
出演は、麻浦署のファン・ジェソン刑事を演じるのは『TSUNAMI-ツナミ- (原題:海雲台)』『私のヤクザのような恋人』のパク・チュンフン、西大門署のチョン・ウィチャン刑事を演じるのは『坡州』『オキの映画』のイ・ソンギュン、西大門署のチョ刑事を演じるのは『ベストセラー』『解決士』のイ・ソンミン、麻浦署のソン刑事を演じるのは『ボクとマウミの物語 (原題:マウミ2)』『パンガ? パンガ!』のキム・ジョンテ、パルバリを演じるのは『悪いやつほどよく眠る』『超能力者』のチェ・ドンムン、スヨンを演じるのは『九尾狐家族』『奇談』のコ・ジュヨン、ウィチャンの恋人ヒョンスクを演じるのは『モダンボーイ』『耐えられない』のハン・スヨン、被害者ヘジンを演じるのは『道』『無道里』のカン・ギファ、警察庁長官を演じるのは『母なる証明 (原題:マザー)』『家を出た男たち』のクォン・ビョンギル、麻浦署長のチョ・ジュングを演じるのは『天国への郵便配達人』『解決士』のチュ・ジンモ、西大門署長のイ・ヨンガプを演じるのは『国家代表』『チョン・スンピル失踪事件』のイ・ハヌィ、西大門署のあだ名でコ博士を演じるのは『タチマワ・リー -悪人よ 地獄行急行列車に乗れ』『大韓民国1%』のイム・ウォニ。

お互いをライバル視している麻浦署のファン刑事と西大門署のチョン刑事が、逮捕実績ナンバー1の「逮捕王」になるため、激しい争いをするアクションコメディである。警察内部での争いを主にしながら事件と絡ませて進行して、自分たちの区域で起こった事件が担当するといった縄張り争いがあったり、犯罪の種別によってポイント数が決められており、犯人逮捕を数字でみていたりと序盤あたりはコメディ路線になっている。

麻浦署は、チョ・ジュング署長(チュ・ジンモ)、捜査の指揮をとるチーム長のファン刑事、ソン刑事(キム・ジョンテ)、シン刑事(チョン・ドウォン)らがいる。麻浦署の捜査をみると「おいしい」ところだけ他の署から掻っ攫うだけではなく、人員をかけて捜査をしてひとつひとつ怪しいところを潰していく地道な方法をとっている。麻浦署内の刑事間は、上下関係がしっかりしていることで、堅苦しいところもある。

西大門署は、イ・ヨンガプ署長(イ・ハヌィ)、捜査の指揮をとるチーム長のチョン刑事、ベテランのチョ刑事(イ・ソンミン)、キム刑事(アン・ヨンジュン)らがいる。西大門署の捜査をみると突進型なタイプの刑事が多く、そこに新任チーム長のチョン刑事も彼らの空気にのまれている。西大門署内の刑事間は、かなりフランクでお互い接しており、笑いのたえない面白い関係になっている。ベテランのチョ刑事の行動も笑えるし、何よりも西大門署内にいるコ博士(イム・ウォニ)という人がかなり笑える。

麻浦署のファン刑事と西大門署のチョン刑事の二人にスポットを当てており、仕事とプライベートの両方をみせて、正反対になっているのだ。ファン刑事は、巡査からコツコツと昇進してきた刑事で、何よりも実績を重視しているのだ。警察隊出身のエリートでないことで、劣等感を持っており、それを隠すためにいつもスーツでネクタイをしているのかと推測してしまう。仕事を第一優先にしてきたことで妻と離婚しており、二人の娘は妻と生活し、寂しい一人暮らしをしているのだ。一方でチョン刑事は、エリートコースから出発しているがこれといって華やかな実績もなく、警察隊出身というのがプレッシャーにもなっているのだ。ニット帽に青のジャンバーといったラフな姿でいるところをみると、エリート出身とみられたくない思いがあるのだろう。恋人ヒョンスクとは結婚間近、ヒョンスクの妊娠で生命の重さを背負い、家庭に関してはスタート地点にいるのだ。公私によって逆の設定をしており、お互いマイナスな感情を持っているので、人情的な物語に中盤以降なっている。

この作品の主は、連続強姦事件が発生して、犯人を追跡していくところをアクションを交えてみせている。合同捜査で犯人がネットカフェで「ナポレオン」というIDで登録しているのを掴んでおり、「ナポレオン」がログインしたことで、ネットカフェにファン刑事とチョン刑事が乗り込み、犯人が逃亡したことで、麻浦署と西大門署の刑事たちも追うが、犯人が壁をよじ登って移動するので逃してしまうのだ。合同捜査本部の解体、ファン刑事の異動、チョン刑事の異動、ファン刑事が心配していた15歳の被害者スヨン(コ・ジュヨン)、チョン刑事が何度も説得していた被害者ヘジン(カン・ギファ)、他の被害者たち、といった幾つかの物語をみせることで感動をみせている。

ラストは、時間軸が少し過ぎた状態になって、ファン刑事とチョン刑事の姿をみると笑ってしまうであろう。コメディ要素を随所にみせながら、刑事ものアクションになっているので一般受けする作品になっている。脇役俳優も、よくみかける俳優たちが演じているので安定感があり、特別出演扱いでも結構出番がありインパクトがあって記憶に残るだろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-09-17 14:12 | 634.逮捕王
韓国映画レビュー その514 「デジタル三人三色2009:ある訪問 (原題:ある訪問)」
昨年、東京国際映画祭で上映された作品。そのときはスケジュールの都合上パスした。
三つの中では、日本映画がずば抜けて良いかな。韓国映画は相変わらずホン・サンス作品って感じ。フィリピン映画は無駄に長くて半分くらい編集してコンパクトにしていれば良くなる。

b0097051_1614980.jpgデジタル三人三色2009:ある訪問 (原題:ある訪問)
制作年:2009年
監督:ホン・サンス、河瀬直美、ラヴ・ディアス
出演:チョン・ユミ、ムン・ソングン、イ・ソンギュン、北村一輝、中村優子、ダンテ・ペレジ、クリスティン・キンタナ
ジャンル:オムニバス
鑑賞:韓国版DVD


「ある訪問」をテーマに、日本、韓国、フィリピンの各監督が製作した短編映画。

■第一話 『狛 KOMA』 製作国:日本・韓国

祖父の遺言を伝えるために、奈良県の狛(コマ)という村に、在日朝鮮人カン・ジュンイル(北村一輝)が訪問した。ジュンイルは、祖父が生前お世話になった家に訪れ、その家の主に掛け軸を返すように言われたことで、掛け軸を持って祖父の遺言通り主に手渡した。ジュンイルは、主から渡したいものがあると席を外したときに、その家の娘である初子(中村優子)に出会い、主に内緒にして二人で村を散歩する。ジュンイルが初子に会ったことで自分の記憶を思い起こし、そして初子も父母からの愛情を思い出していくお話。

監督は、『萌の朱雀』『殯の森』の河瀬直美監督。
出演は、在日朝鮮人カン・ジュンイルを演じるのは『容疑者Xの献身』『鈍獣』の北村一輝、初子を演じるのは『クワイエットルームにようこそ』『クヒオ大佐』の中村優子、初子の父を演じるのは『殯の森』のうだしげき、初子の母を演じるのは堀井ミエ子。

ジュンイルが祖父の遺言を果たすために、狛に住んでいる主に掛け軸を返しに行き、主の娘の初子に出会い、お互いが親から愛されていなかったことを思っているのだ。ジュンイルは、父や祖父から信頼されていなかった経験があることで、親から愛されていなかったと思い込んでいる。同じように初子も、養女であることで、本当は親から愛されていないと思い込んでおり、父に対して何故勝手な行動をしたのに殴って怒らないのかと問いただすのだ。

だが、それは自分たちが思い込んでいただけで、親から愛されていた記憶を蘇えらせるシーンが二つある。一つは神社で二人が抱き合うことで思い出す初子、もう一つは駅のホームで二人が抱き合うことで思い出すジュンイルである。これは男女の愛ではなく、親に抱きしめられた記憶を思い出し、お互いが擬似親という感じになっているのだ。大自然をバックに傷ついた二人の心を温くしていくのがみられる。

在日朝鮮人のジュンイル、日本人の初子、それぞれ自己のルーツを振り返っているような表現をいれているのがみられた。韓国的なところとしては、ジュンイルが持ってきた掛け軸には高句麗の王が描かれていたり、主がジュンイルの祖父から預かっていた扇子、中盤と終盤に挿入されているパンソリである。日本的なところとしては、三輪山の神様と結婚した女の伝説であったり、初子が神社のまえで能を舞うところである。河瀬直美監督の過去作品に通じるところがあり、特徴が出ている作品である。


■第二話 『深い山奥』 製作国:韓国

全州に訪れた物書きのミスク(チョン・ユミ)は、友人ジニョン(キム・ジンギョン)のところに会いに行った。その後、恩師でありながら元恋人のチョン先生(ムン・ソングン)に会い、二人でホテルに行ってしまう。翌日、ミスクは友人ジニョンの家に泊まり、偶然にもジニョンの机でチョン先生の時計をみつけ、元恋人チョン先生と友人ジニョンとの関係を偶然に知ってしまう。悩んだミスクは、あてつけのためにソウルのボーイフレンドのミョンウ(イ・ソンギュン)を呼び出す。友人と元恋人が、恋人関係であることを知って始まる日常を描いたお話。

監督は、『アバンチュールはパリで (原題:夜と昼)』『よく知りもしないくせに』のホン・サンス監督。
出演は、ミスクを演じるのは『おいしいマン』『チャウ』のチョン・ユミ、チョン先生を演じるのは『頭脳遊戯プロジェクト、パズル』『失踪』のムン・ソングン、ミョンウを演じるのは『ロマンチック・アイランド』『坡州』のイ・ソンギュン、ジニョンを演じるのはキム・ジンギョン。

ミスクの心の叫びをナレーションにしながら、全州での二泊三日の旅をみせている。チョン先生とその教え子であるミスク、ジニョン、ミョンウの四人の男女が繰り広げる心理を描いている。

ミスク-チョン先生、ミスク-ミョンウ、チョン先生-ジニョンという男女の組み合わせをみせている。序盤のミスクとチョン先生、中盤のミスクとジニョンとミョンウ、といったお約束の酒呑みシーン、終盤で四人が同じ食堂で顔合わせしてしまうのだ。中盤でミョンウ、ミスク、ジニョンという順番でチョン先生に電話するところは笑える演出である。終盤の展開は、誰もが「お前が言うな」とツッコミを入れたくなるぐらいだ。終いにはミスクがキレるといった流れは納得できるところである。本心を隠したまま相手と安定な関係を維持しようとするのであるが、それができなくなっていく滑稽な姿が笑いになっている。

短編になってもホンサンス・ワールドは変わりなく、男女が寝たり、酒を呑んでお喋り、うだうだした時間が流れている。短編ということもあり、テンポが良くなっており、観やすくなっている。


■第三話 『蝶は記憶を持たない』 製作国:フィリピン・韓国

フィリピン本島から遠く離れた島では、金鉱の採掘会社が撤収するとすぐに経済的な困難になったフィリピンの人々。ペルディン、サントス、ウィリーはやけ酒にひたるばかりであった。ある日、カナダ人女性キャロル(クリスティン・キンタナ)が島を訪れ、カメラで写真を撮って観光していた。その島の人々とカナダ人女性キャロルとの間を描いたお話。

監督は、『Melancholia』のラヴ・ディアス監督。
出演は、ペルディンを演じるのはダンテ・ペレジ、カナダ人女性キャロルを演じるのはクリスティン・キンタナ、サントスを演じるのはジョエル・フェレール、ウィーリーを演じるのはウィーリー・フェルナンデス、マルサを演じるのはロイス・ゴフ。

かつて金鉱の採掘会社の娘キャロルは、幼いときにフィリピンのこの村で育ち、久しぶりに過去の友人や村のおじさんらに会うがあまり歓迎されていないのだ。採掘会社がなくなったことで、この村は経済危機になり、みんな貧乏になってしまったからである。キャロルを憶えている人もいて、幼いキャロルと村のみんなで一緒に写真を撮ったのをみせたりして、懐かしさをみせている。

キャロルを知るウィーリーがとんでもない計画を考えており、三人(ペルディン、サントス、ウィーリー)でキャロルを誘拐して身代金をとる計画である。その行方は終盤に描かれており、ウィーリーの心情をみせているので、鑑賞して楽しんで欲しい。

モノクロ映像でしかも粗悪な画質なので、この作品だけ異質なものに感じるであろう。現状の村の様子を明確に表現するために、このような演出をしているのかもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-07-11 16:15 | 514.ある訪問
韓国映画レビュー その434 「ロマンチック・アイランド」
キャストをみてわかると思うが、俳優重視の作品かな。殺し屋が絡んだサスペンス要素と中年夫婦の物語のところはよかったところである。メインのところがイマイチなのだ。
今月から始まる「韓流シネマフェスティバル2009」で上映するから、気になる人は鑑賞して、各自でこの作品の出来を感じてほしい。

b0097051_1846051.jpgロマンチック・アイランド
制作年:2008年
監督:カン・チョル
出演:イ・ソンギュン、イ・スギョン、イ・ミンギ、ユジン
ジャンル:ラブストーリー
鑑賞:韓国版DVD


証券会社CEOのジェヒョク(イ・ソンギュン)は、独断で判断して仕事をこなすことで、ある案件で役員たちと揉めてしまい、キム理事(ハン・ミョング)が間に入ってなんとか調整しようとする。仕事で忙しい時に、フィリピンに移住している父が亡くなった知らせを受けて、単身でフィリピンに向かった。OLのスジン(イ・スギョン)は、事務の仕事をしており、いつも上司から怒られてばかりいる。四人家族で生活しているスジンは、家計が苦しくなり、母から弟の教育費を出して欲しいと頼まれて困ってしまう。そこで休暇をとって女友達(ナムグン・ウンスク)と一緒にフィリピンに旅行する。失業中のジョンファン(イ・ミンギ)は、最近恋人と別れてしまい、英文科を卒業しているが採用面接で英語の質疑応答が出来ず落ちてしまい悔しい思いをし、ある誘いでフィリピンに旅行する。アイドル歌手のガヨン(ユジン)は、あまりに多忙な日々を過ごしており、現実逃避をするためにフィリピンに一人で逃げ出してきた。自営業を営む夫チュンシク(イ・ムンシク)と妻ヨンスク(イ・イルファ)の夫婦は、夫チュンシクのある決断によって、唐突にフィリピンに旅行しようと妻ヨンスクに切り出して出発する。そんな6人がフィリピンのマニラに到着し、ジェヒョクとスジン、ジョンファンとガヨンが出会い、彼ら6人はボラカイ島に行くことになる。元旦が近づく年末に、彼らは新年をボラカイ島で盛大に迎えようとする。この旅で、日常では味わえない体験をして、各々が自分を見詰めなおしながら、新しいカップルや中年夫婦たちを描いたお話。

監督は、本作デビュー作のカン・チョル監督。
出演者は、証券会社CEOのジェヒョクを演じるのは『残酷な出勤』『俺たちの街』のイ・ソンギュン、OLのスジンを演じるのは『タチャ イカサマ師 (原題:いかさま師)』『仮面』のイ・スギョン、失業者のジョンファンを演じるのは『浮気するのにいい日』のイ・ミンギ、アイドル歌手のガヨンを演じるのは『止められない結婚』『その男の本198ページ』のユジン、自営業をしているチュンシクを演じるのは『フライ・ダディ』『町内金庫連続襲撃事件』のイ・ムンシク、チュンシクの妻で夫と一緒に自営業をしているヨンスクを演じるのは『ナルラリ宗婦伝』のイ・イルファ、ジェヒョクの証券会社のキム理事を演じるのは『酔画仙』『僕の、世界の中心は、君だ。 (原題:波浪注意報)』のハン・ミョング、裏ビジネスをしているパトリックを演じるのは『商師父一体 頭師父一体3』『仮面』のチョン・チャンゴル、スジンの女友達を演じるのは『私たちの生涯最高の瞬間』のナムグン・ウンスク、ジェヒョクの妹サンダラを演じるのは『イブの誘惑』のチン・ソヨン。

主要キャラ六人が現在置かれている状況や心に悩みを抱えながら、ジェヒョクとスジン、ジョンファンとガヨンのカップル誕生とその後、チュンシクとヨンスクの夫婦間での新たな気持ちを描いている。各々の人物が悩みを抱えているのがみられ、それをどのように消化していき、新たなステップになるのかをみせている、時間軸を同じにして三つのエピソードを同時進行しているから、オムニバス作品っぽいようにみえる。

ジェヒョクとスジンのエピソードでは、マニラのホテルのロビーで偶然出会い、スジンが写真撮影をジェヒョクに頼んだり、観光名所で再会したり、ジェヒョクがスジンにお願いごとをすることで二人は親密になっていく。ここではジェヒョクの父の死が焦点になっており、ジェヒョクの生い立ち、フィリピンにいる妹サンダラ(チン・ソヨン)との気まずい仲をみせて、スジンが癒していく流れだ。ジェヒョクは、妹サンダラが父の遺灰をボラカイ島で撒くことをスジンに聞かされ、帰国する予定でいたジェヒョクがスジンの誘いによってボラカイ島に行くことになる。ジェヒョクとスジンが恋愛へと発展していく流れである。

ジョンファンとガヨンのエピソードでは、マニラの空港付近で出会い、我がままなガヨンがジョンファンをマネージャーのように扱き使いながら一緒に行動することになる。ジョンファンは、ガヨンのことをアイドル歌手だと気づいており、ガヨンはそのことを隠すことなく豪快に旅を楽しんでいる。二人が自分の気持ちを海で叫ぶところは、お互いの気持ちが近づいていくところであろう。ジョンファンとガヨンが恋愛へと発展していく流れであるが、ジョンファンの軽率な行動もあり、ガヨンのスタッフたちがフィリピンまで追いかけてきてガヨンを連れて行き、二人はある約束をしてその場では別れてしまうのだ。

夫チュンシクと妻ヨンスクのエピソードでは、かなり深刻な悩みを抱えた夫婦なのである。夫チュンシクがフィリピン行きを決行した目的は死ぬことなのだ。夫チュンシクは、仕事上で多額の借金を背負っており、脳腫瘍で病魔に侵されていることを妻ヨンスクに内緒にしており、多額の保険金をかけて妻ヨンスクと子供のためを思っての行動なのだ。そこで考えたのが現地の殺し屋を雇って自らを狙って欲しいと契約するところだ。韓国人ブローカのパトリック(チョン・チャンゴル)がこの依頼を引き受け、現地の殺し屋とその子供の幼い兄妹たちが密かに夫チュンシクの命を狙うのだ。ここでサスペンス的要素を入れたのが、現地の殺し屋が標的を知る情報として持っていたのが、表面チュンシクのパスポートのコピー用紙、裏面にジェヒョクとジョンファンのパスポートのコピーの用紙だったことで全員が標的になってしまうところである。この結末はなかなか面白いので楽しんで欲しい。

各エピソードの繋がりは殆んどなく、同じ場所にいることから、たまに擦れ違ったり少し会話をする程度に納まっている。ジェヒョクとスジン、ジョンファンとユ・ガヨンの恋愛中心のエピソードがメインで作られている作品であるが、一番面白いエピソードはチュンシクとヨンスク夫婦のエピソードにみえた。人間ドラマを中心に描いていることと妻ヨンスクの想いがいい味のラブストーリーを出しているからだ。

ジェヒョクとスジン、ジョンファンとユ・ガヨンのエピソードだけみるとTVドラマの延長のようにみえるのでTVドラマファンには楽しめるかもしれない。チュンシクとヨンスクのエピソードが加わっていることで、映画として全体的に締まりをみせたようにみえる。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-11-10 18:55 | 434.ロマンチック・アイランド
韓国映画レビュー その407 「残酷な出勤」
b0097051_1055162.jpg残酷な出勤
制作年:2006年
監督:キム・テユン
出演:キム・スロ、イ・ソンギュン、キム・ヨンミン、コ・ウナ
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ、サスペンス
鑑賞:日本版DVD


平凡なサラリーマンのトンチョル(キム・スロ)は、株の投資に失敗してヤミ金業者から多額の借金までしてしまい、会社からリストラされ、その事実をまだ妻(カン・ギョンホン)や娘ウンドン(パク・ユソン)に知らせていない。一方、探偵事務所に雇われているマノ(イ・ソンギュン)は、仕事の出来が悪くてギャラが貰えず、ヤミ金業者に手を出してしまう。そんな二人がヤミ金業者の返済日に顔を合わせ、ひょんなことで二人は一緒に行動することになる。小さな少女を抱えてトンチョルの車に乗り込んできたマノは誘拐を企て、借金返済を考えた。仕方なしにマノの計画に乗ってしまったトンチョルは、少女の家に100回以上も電話をしても出ないので、身代金誘拐を諦めていたときに少女の具合が悪くなり、トンチョルは急いで救急病院に運んだ。計画性のない初めての誘拐から学んだことで次の誘拐をするために緻密に調べたマノは、金持ちの女子高生テヒ(コ・ウナ)を誘拐した。女子高生テヒの父(オ・グァンノク)に身代金を要求したトンチョルであったが、突然トンチョルの携帯電話が鳴り、トンチョルの娘ウンドンを誘拐したという内容であった。女子高生テヒの父から身代金を受け取り、娘ウンドンを誘拐した誘拐犯に支払うことになるのだ。そのために、トンチョルは娘ウンドンを取り戻すために女子高生テヒの誘拐事件をなんとしても成功させようとする。果たして、二つの誘拐事件の結末はどのような展開になるのかというお話。

監督は本作デビュー作のキム・テユン監督。
出演者は、サラリーマンのトンチョルを演じるのは『大胆な家族 (原題:肝っ玉家族)』『吸血刑事ナ・ドヨル』のキム・スロ、探偵のマノを演じるのは『Rポイント』『お客様は王だ』のイ・ソンギュン、誘拐犯を演じるのは『受取人不明』『春夏秋冬そして春』のキム・ヨンミン、誘拐された女子高生テヒを演じるのは『サンデーソウル』のコ・ウナ、テヒの父を演じるのは『少年、天国へ行く』『吸血刑事ナ・ドヨル』のオ・グァンノク、ヤミ金業者のチュ・ベクトンを演じるのは『恋の罠 (原題:淫乱書生)』『礼儀なき者たち』のキム・ビョンオク、トンチョルの妻をを演じるのは『スパイダー・フォレスト 懺悔(原題:蜘蛛の森)』『マジシャンズ』のカン・ギョンホン。

序盤はコメディ路線を突っ走るようなトンチョルのダメダメぶりをみせている。会社はクビになり、株の投資に失敗し、毎月のヤミ金業者への返済に怯え、実妹の車を無断で売りとばしたりとかなり無茶苦茶なのである。そこは笑いを入れながら、実妹を過去の出来事を餌に脅したり、ヤミ金業者のチュ・ベクトン(キム・ビョンオク)の笑顔の奥にある恐怖をみせたり、同窓会の会費を持ち逃げして借金返済をしたりとかなり危ない橋を渡っているのである。同様にマノもヤミ金業者の恐怖に勝てずに探偵事務所のお金を持ち逃げして借金返済をしたりして地獄のような日々を過ごしているのである。

トンチョルとマノは、二回の誘拐事件を引き起こしており、一度目は無計画なことや誘拐した少女の体調のために失敗に終わり、二度目の誘拐がこの作品の焦点になっている。マヌケな誘拐犯トンチョルとマノのコンビ、誘拐された女子高生テヒの暴れん坊ぶりや過去の狂言誘拐、随所に絡んでくるヤミ金業者といったコメディ要素、さらにトンチョルの娘ウンドンを誘拐した賢い誘拐犯の攻防やその真意を表現しており、実はコメディ作品で終わっていないのである。

遠回しながら家族愛を表現した内容になっており、主人公トンチョルと娘ウンドン、女子高生テヒと父、誘拐犯の家族といったところである。借金まみれの二人やヤミ金業者をみせて拝金主義な世の中をみせていたり、家族の愛情の尊さをそれぞれの家族の姿で表現したり、誘拐における犯罪の卑劣さといった様々な要素を備えた作品に仕上げている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-07-26 11:03 | 407.残酷な出勤
韓国映画レビュー その362 「俺たちの街」
スリラーものが好きだから良くみえた。これは鑑賞者によって評価が割れるであろう。
主要キャラの三人の繋がりとそれぞれが抱えていた心の傷の描写がよかったかな。

b0097051_23205869.jpg俺たちの街
制作年:2007年
監督:チョン・ギリョン
出演:オ・マンソク、イ・ソンギュン、リュ・ドックァン
ジャンル:サスペンス
鑑賞:韓国版DVD


小学校の校庭で鉄棒に縛られた血まみれの女性キム・ソヨン(チョン・ヘウォン)の死体が発見された。三ヶ月まえに少女、二ヶ月まえに中年女性、一ヶ月まえに若い女性が両手を縛られて十字架型に吊るされ血まみれの状態で発見されており、同じ手口の殺害方法から連続殺人事件として警察は取り扱って捜査をする。殺人課の班長をしているチェシン刑事(イ・ソンギュン)は、この事件の捜査を担当しているが手がかりが見つからず困窮していた。推理小説家キョンジュ(オ・マンソク)は、チェシン刑事と高校時代の同級生で今でも親友であり、一緒に食事をしたり酒を飲む仲であった。キョンジュは、出版社に原稿を持っていくが没になる毎日で、収入源がなくなってきて家賃を滞納するようになる。再三アパートの大家(パク・ミョンシン)がキョンジュに家賃の催促をするが支払われないので、キョンジュが留守のときに部屋の鍵を変えてしまい、キョンジュをアパートに入れないようにしてしまった。困り果てたキョンジュは、大家と交渉するが解決できずに、大家と揉めてしまい殺害してしまう。大家の死体を始末するために、この街で起っている連続殺人事件を装うようにして、殺害手口を真似して遺体を吊るし、殺人事件を隠蔽しようとした。ところが、連続殺人事件の真犯人がその模倣犯を探し始めて、意外な行動を取り出す。果たして、この連続殺人事件の真意は何なのか、模倣犯と真犯人の間に何が行われるのかというお話。

監督は本作デビュー作のチョン・ギリョン監督。
出演者は、売れない推理小説家キョンジュを演じるのは『ライアー』『ス SOO (原題:壽)』のオ・マンソク、チェシン刑事を演じるのは『サグァ』『残酷な出勤』のイ・ソンギュン、文具店を営むヒョイを演じるのは『ヨコヅナ マドンナ (原題:天下壮士マドンナ)』『息子』のリュ・ドックァン、キョンジュが借りていたアパートの大家を演じるのは『俺たちの明日』『シークレット・サンシャイン (原題:密陽)』のパク・ミョンシン、第四番目の被害者キム・ソヨンを演じるのはのチョン・ヘウォン。

連続殺人事件の内容は、この街で三ヶ月まえから毎月一人づつ同じ手口で女性だけが殺害され、合計四人の女性が殺害されているところから始まる。単に刑事たちが殺人犯を探して逮捕するのでなく、犯人側の行動も同時にみせながら、しかも第三者的な人物が女性(アパートの大家)を殺害したことで連続殺人犯の仕業に仕組んでいくのである。鑑賞者側は、刑事たちの捜査状況、真犯人の行動、模倣犯の行動といった三つの人物の動きをみて、三つ巴の展開に発展していくのかどうかを考えさせているのだ。

チェシン刑事の捜査状況としては、先輩刑事が十年ぐらい前に同じような殺人事件が発生したことを思い出し、その当時の事件について有力な情報をみつけたことで事件の真相が少しずつみえてくるのである。キョンジュが大家を殺害したことで事件に無関係であることを装いながらチェシン刑事と普段通りに接して、キョンジュが連続殺人事件を手伝うことを主張したことで、チェシン刑事が昔起った捜査資料を貸してキョンジュに知恵を求めた。刑事側は五人が連続殺人され同一犯人と推理しているが、実際は最後に殺害された大家だけが別事件になっているのである。

この作品の良さは、かなり早い段階で真犯人を暴露しているところである。真犯人は、真面目そうな外見をしている文具店を営むヒョイ(リュ・ドックァン)である。真犯人の行動としては、大家の殺人は別の人物が起こしたことを警察に気づかせること、そして模倣犯の正体を探し出すことなのである。

ちょっとホラー映画級に血のりをたっぷり使っているので、血が苦手な人にはきつい映像かもしれない。五人の遺体もかなり血で染まったものになっているので、犯人の冷酷さを表現させているのがみられるから必要な演出なのがわかる。更なる殺人事件が中盤から起こり、その残虐な行動がそのままみられるから注目して欲しい。

現在軸と過去軸といった二つの時間軸を使っているところにこの連続殺人事件の真意がみえるのである。チェシン刑事が車を運転しているときに思い出す過去、キョンジュが不意に思い出す過去、ヒョイが幼き頃を思い出す過去といったところに事件の糸口だけでなく、人間の裏の顔がみえるのである。過去の作りが非常によく出来ていたのでこの作品を評価している。殺人の動機といった小さなものでなく、三人の人生をどのようにして狂わせたのか、人間の奥底に潜む狂気や醜さ、それぞれの心の傷、意外な三人の繋がりといったところである。

ストーリーを重視して鑑賞しているので、あまり俳優に関して称賛したりしないが、リュ・ドックァン演じるヒョイの穏やかな表情と冷酷さが滲み出た表情、変貌したときのギャップに拍手をおくりたい。リュ・ドックァン次第でこの作品の完成度が変わってくるからだ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-02-24 23:40 | 362.俺たちの街
イ・ソンギュン
b0097051_23241853.jpgイ・ソンギュン
이 선균
1975年3月15日生

<映画出演作品>
b0097051_21514976.jpgサイコ ドラマ (短編)
制作: 1999年韓国  監督: ユン・ジェヨン
出演: イ・ソンギュン、ユン・ジンソン、チェ・ジェヨン 他
b0097051_23252475.jpgひとまず走れ!
制作: 2002年韓国  監督: チョ・ウィソク
出演: ソン・スンホン、イ・ボムス、クォン・サンウ、キム・ヨンジュン 他
b0097051_23254188.jpgサプライズ
制作: 2002年韓国  監督: キム・ジンソン
出演: シン・ハギュン、イ・ヨウォン、キム・ミニ 他
b0097051_23255643.jpg恋する婚活プランナー (原題:いい人いれば紹介して)
制作: 2002年韓国  監督: モ・ジウン
出演: シン・ウンギョン、チョン・ジュノ、コン・ヒョンジン 他
b0097051_23261743.jpgボス上陸作戦
制作: 2002年韓国  監督: キム・ソンドク
出演: チョン・ウンテク、キム・ボソン、イ・ジヒョン 他
b0097051_23263686.jpg菊花の香り
制作: 2002年韓国  監督: イ・ジョンウク
出演: チャン・ジニョン、パク・ヘイル、ソン・ソンミ 他
b0097051_2326564.jpg僕は彼女をはなさない (原題:ショーショーショー)
制作: 2003年韓国  監督: キム・ジョンホ
出演: ユ・ジュンサン、パク・ソニョン、イ・ソンギュン 他
b0097051_23271421.jpg初恋のアルバム~人魚姫のいた島~ (原題:人魚姫)
制作: 2004年韓国  監督: パク・フンシク
出演: チョン・ドヨン、パク・ヘイル 他
b0097051_23273353.jpg恋する神父 (原題:神父授業)
制作: 2004年韓国  監督: ホ・インム
出演: クォン・サンウ、ハ・ジウォン 他
b0097051_21522012.jpgヒッチハイキング (短編)
制作: 2004年韓国  監督: チェ・ジンソン
出演: イ・ソンギュン、カン・ヘリョン 他
b0097051_23283193.jpgRポイント
制作: 2004年韓国  監督: コン・スチャン
出演: カム・ウソン、ソン・ビョンホ 他
b0097051_23275246.jpgサグァ
制作: 2005年韓国  監督: カン・イグァン
出演: ムン・ソリ、キム・テウ、イ・ソンギュン 他
b0097051_23284786.jpgお客様は王様だ
制作: 2006年韓国  監督: オ・ギヒョン
出演: ソン・ジル、ミョン・ゲナム、ソン・ヒョナ 他
b0097051_2329710.jpg残酷な出勤
制作: 2006年韓国  監督: キム・テユン
出演: キム・スロ、イ・ソンギュン、キム・ヨンミン 他
b0097051_23293193.jpg俺たちの街
制作: 2007年韓国  監督: チョン・キリョン
出演: オ・マンソク、イ・ソンギュン、リュ・ドックァン 他
b0097051_9232538.jpgアバンチュールはパリで (原題:夜と昼)
制作: 2007年韓国  監督: ホン・サンス
出演: キム・ヨンホ、パク・ウネ、ファン・スジョン 他
b0097051_18375774.jpgロマンチック・アイランド
制作: 2008年韓国  監督: カン・チョル
出演: イ・ソンギュン、イ・スギョン、イ・ミンギ、ユジン 他
b0097051_1653034.jpg坡州
制作: 2009年韓国  監督: パク・チャノク
出演:イ・ソンギュン、ソウ、キム・イヨン 他
b0097051_20391598.jpgデジタル三人三色2009:ある訪問 (原題:ある訪問)
制作: 2009年韓国・日本・フィリピン  監督: ホン・サンス、河瀬直美、ラヴ・ディアス
出演: チョン・ユミ、ムン・ソングン 他
b0097051_1340083.jpgオッキの映画
制作: 2010年韓国  監督: ホン・サンス
出演: イ・ソンギュン、チョン・ユミ、ムン・ソングン 他
b0097051_1834298.jpgくだらないロマンス (原題:みみっちいロマンス)
制作: 2010年韓国  監督: キム・ジョンフン
出演: イ・ソンギュン、チェ・ガンヒ、リュ・ヒョンギョン 他
b0097051_16382269.jpg逮捕王
制作: 2011年韓国  監督: イム・チャニク
出演: パク・チュンフン、イ・ソンギュン、イ・ソンミン 他
b0097051_1256339.jpg火車
制作: 2012年韓国  監督: ピョン・ヨンジュ
出演: イ・ソンギュン、キム・ミニ 他
b0097051_1621439.jpgわたしの妻のすべてのこと
制作: 2012年韓国  監督: ミン・ギュドン
出演: イム・スジョン、イ・ソンギュン、リュ・スンニョン 他
b0097051_14204640.jpg誰の娘でもないヘウォン
制作: 2013年韓国  監督: ホン・サンス
出演: チョン・ウンチェ、イ・ソンギュン、キム・イソン、ユ・ジュンサン、イェ・ジウォン 他
b0097051_13402576.jpg私たちのソニ
制作: 2013年韓国  監督: ホン・サンス
出演: イ・ソンギュン、チョン・ユミ、チョン・ジェヨン 他
b0097051_20383981.jpg墓まで行く
制作: 2013年韓国  監督: キム・ソンフン
出演: イ・ソンギュン、チョ・ジンウン 他

[PR]
by nameinuuuu | 2008-04-09 01:00 | 俳優_FILE
韓国映画レビュー その202 「僕は彼女をはなさない (原題:ショーショーショー) 」
原題と邦題でこんなに違和感があるとは・・・。無理矢理恋愛ものにみせている邦題には参ってしまう。

b0097051_1857191.jpg僕は彼女をはなさない (原題:ショーショーショー)
制作年:2003年
監督:キム・ジョンホ
出演:ユ・ジュンサン、パク・ソニョン、イ・ソンギュン、アン・ジェファン
ジャンル:青春ドラマ
鑑賞:日本版DVD


1977年のソウルの街から離れたところが舞台。仕事に就かずに遊んでばかりいたサネ(ユ・ジュンサン)は、親友のサンチョル(イ・ソンギュン)とトンニョン(アン・ジェファン)といつも一緒にいた。彼ら三人は、街のチンピラたちと賭博をして居酒屋の契約書を手に入れた。その居酒屋は、ボロボロの古い建物で汚れており、さらに汚れた格好をした女キョンア(チェ・ボウン)が住みかにしていたところでもある。彼らは、この居酒屋を綺麗に改装して、店名を「ショーショーショー」として、韓国最初のカクテルバーに変貌させようとする。店はオープンしたがお客はあまり来ないのが現実である。そこでバーテンダーとして腕を磨くために、バトンの名手でブラスバンドのリーダーである女子大生ユニ(パク・ソニョン)のところにたずねる。カクテルシェイクや瓶をまわす技術をユニのバトン技術から教わり、アメリカンバーに出向き本物のバーテンダーから教えを得て、サネ、サンチョル、トンニョン、キョンア、そしてユニの手伝いもあり、ついに店は軌道にのった。サネとユニは恋愛関係になっていき、キョンアはサンチョルにベタぼれだったりと青春な日々を過ごしていた。しかし、居酒屋の権利を奪い返そうとするチンピラたちの妨害があり、彼らの店はピンチになる。しかも妨害するチンピラたちのボスはユニの父であり、サネとユニの関係を切ろうと邪魔をする。サネたちは妨害するチンピラたちから店を守ることができるのか、サネとユニの関係は今後どのような展開になっていくのかというお話。

監督は、本作がデビュー作のキム・ジョンホ監督。出演者は、サネを演じるのは『カル』『友引忌 (原題:悪夢)』のユ・ジュンサン、ブラスバンドのリーダーの女子大生ユニを演じるのは『純愛中毒 (原題:中毒)』のパク・ソニョン、サンチョルを演じるのは『ボス上陸作戦』のイ・ソンギュン、トンニョンを演じるのは『REC』のアン・ジェファン、キョンアを演じるのは本作スクリンデビューのチェ・ボウン、サンチョルの妹スクチャを演じるのはキム・セア。

仲良し三人組のサネ、サンチョル、トンニョンが、賭博で手に入れた店を韓国最初のカクテルバーを開店して成功を夢見て挑戦し、同時に女性陣の大学生ユニ、店に住むキョンア、スクチャが絡む、夢と恋の青春ドラマである。

序盤は、仲良し三人組(サネ、サンチョル、トンニョン)がカクテルバーを開店するまでの経緯と彼らの周囲との人間関係を表している。仲良し三人組と敵対しているチンピラたちが個性的な5人のキャラクターになっているのも注目である。女子大生ユニの周辺には、同級生の友人スギョンとポクレ、ユニにしつこくナンパする男などがいる。
改装するまえの居酒屋に住みついていた女キョンアは乞食のような格好をしているが、銭湯で洗うと普通の女の子に変身してしまう。サンチョルは、工場で裁縫の仕事をして妹スクチャの給料で生活しているが、工場の班長にセクハラをされて会社を辞めて家族には内緒でクラブで歌手をしている。このように若者たちを中心に多くの人物が繋がりをもっていることを覚えておくことが必要である。仲良し三人組が女子大生ユニを助っ人として呼ぶのは、カクテルを作るのにバトン技術を応用することからであるが、ユニの瓶をまわす技は大したことないようにみえ、あまり助っ人になっていない気がした。結局はアメリカ人が経営しているカクテルバーに出向いて技術を習得するので、ユニの存在は恋愛関係のためのキャラクター設定になってしまっている。店に住むキョンアの存在も一応は店員なのだが、あまりに存在感が薄く感じてしまう。

中盤以降は、チンピラたちが居酒屋を奪いかえそうと暴力的になったり、チンピラたちのボスがユニの父で、ユニとサネの恋愛を認めないことを利用したりと夢と恋愛の障害が生じてくるのだ。サネ、サンチョル、トンニョンが、店の再生としての最終手段が当時の人気TV番組「ショーショーショー」に出演することでいろいろ工作していくのだ。終盤になって原題でもあり店名でもある「ショーショーショー」が絡んでくる仕組みになっている。若者たちの夢や恋愛を描いたものになっている一方で、1970年代の韓国の情勢が散りばめられている。周囲は共産主義に敏感になっていたり、夜間の外出禁止を表現したり、国旗掲揚など当時の出来事を大袈裟に表現している。当時の言葉使いも説明付きで解説するなど、当時を知らない人たちにもわかるように工夫はしている。

内容としてはコメディにラブストーリーを混ぜた感じに仕上がっており、特別笑えるコメディでもないし、心を動かすようなラブストーリーでもなく爽やかな恋愛になっている。若者をターゲットにしているが、1970年代を強調した表現をしている点をみると少し年代が高い人でも観られるようになっている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2007-04-25 19:05 | 202.僕は彼女をはなさない