韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:イ・ギョンヨン ( 7 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その509 「憎くてももう一度 2002」
パク・ヨンハ追悼作品レビュー。
かなり前に鑑賞したものだから、簡素なレビューになってしまった。

b0097051_0401818.jpg憎くてももう一度 2002
制作年:2002年
監督:チョン・ソヨン
出演:イ・スンヨン、イ・ギョンヨン、キム・ナウン、パク・ヨンハ
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:日本版DVD


シングル・マザーで雑誌記者ナ・スジョン(イ・スンヨン)は、男顔負けの仕事ぶりと明るい女性で仕事仲間から慕われている。数年前に、妻と二人の子供を持つ男と付き合っており、その男との間にできた子供が娘のジスである。その後、男と別れたスジョンは、娘のジスを一人で育ててきた。今は恋人ヨンハ(パク・ヨンハ)といい関係でいるが、ヨンハの母の反対により結婚できないでいる。健康診断で再検査することになったスジョンは、ムン先輩(チェ・ラン)と共に病院に行き、検査の結果は肺ガンであることがわかり、長くて1年の命と宣告された。スジョンは、娘ジスを父親であるアン・ジファン(イ・ギョンヨン)と妻ミジュ(キム・ナウン)に預けることを決めた。残り僅かな命になった未婚の母のお話。

監督は、1968年から何度もリメイクされた作品で、本作はオリジナルの監督をしたチョン・ソヨン監督。
出演は、主人公の未婚の母スジョンを演じるのは『チェンジ』『土曜日午後2時』のイ・スンヨン、恋人ヨンハを『クリスマスに雪が降れば』のパク・ヨンハ、昔の恋人ジファンを演じるのは『ファースト・キス (原題:キスしましょうか)』『これが法だ』のイ・ギョンヨン。

本作品は、1968年に大ヒットした名作メロドラマ『憎くてももう一度』のリメイク。何度もリメイクされてアジアの国々で上映された作品として有名である。本作は終盤を変更した程度で、本筋は同じものである。

スジョンと娘ジスと家政婦のおばあさんの三人で生活をしていたが、突然の病気発覚で余命を知り、残り僅かな時間を娘を愛し、そして娘を父親であるジファンに預けることである。スジョンはジファンに恋人と結婚するから娘を押し付けたように仕向けたのだ。結局は当時からジファンのことを知っていたムン先輩が知らせたことで死ぬまえに娘に会うことができ、娘も母が死ぬことを気づくというところだ。

主人公スジョンに注目してしまいがちだが、恋人ヨンハ、ジファン、ジファンの妻の心境もしっかり描いている。現実問題で、ジファンの妻の立場であればどうしても不倫の娘を今後も一緒に生活することや愛せるとは思えないと感じる。男の不倫は一生覚えていると豪語したジファンの妻が、心変わりするだろうかというところである。

お涙頂戴の物語で、映像に工夫がないので非常に古く感じ、使用している音楽も古くさい。リメイクであるから、現代風の映像を期待していたので非常に残念である。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-07-01 00:54 | 509.憎くてももう一度 2002
韓国映画レビュー その336 「アダダ」
時代設定が日本統治下の朝鮮でも、日本にほとんど触れていないことで、政治的な意図が全くなく、人間の心を扱う作品になっている。

b0097051_111576.jpgアダダ
制作年:1987年
監督:イム・グォンテク
出演:シン・ヘス、ハン・ジイル、イ・ギョンヨン
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:日本版Video


1920年代、日本統治下の朝鮮の片田舎が舞台。土地の有力者で名門両班の娘アダダ(シン・ヘス)は、聾唖(耳がきこえず話せない)であるために嫁ぎ先が決まらないでいた。ようやく貧しい両班ヨンファン(ハン・ジイル)との縁談が決まり、両親はアダダに持参金を持たせて嫁がせた。アダダの持参金で田畑を買い入れ、アダダ、夫ヨンファン、ヨンファンの父(パク・ウン)や母(キム・ジヨン)といった舅姑、召し使い、親族たちは必死に働いたおかげで生活が安定した。アダダと舅姑の関係も本当の親子のように可愛がってくれて幸せな結婚生活であった。だが、ヨンファンが町に買い物に行ったときに、学生時代の友人が都会で事業に成功して金持ちになっており、その友人と一緒に食事したことから性格が変わってしまい、悪い女遊びや毎晩酒に酔って帰ってくる。やがて、家族全員で稼いだお金を持って、ヨンファンは家を出て行ってしまう。ヨンファンが不在のなか、家族たちはコツコツと田畑で働いていた。数年が過ぎて、ヨンファンは都会で成功して帰郷するが、妾ミオク(カン・ジョンア)も連れてきた。始めのうちはアダダの味方をしていた舅姑であるが、物欲に負けてヨンファンに丸め込まれてしまった。居場所を失うアダダは実家に戻るが、アダダの父は結婚した嫁は決して戻ってきてはいけないと言って家に入れてくれず、行き場のなくなったアダダは幼馴染で貧乏のスリョン(イ・ギョンヨン)が助けてくれて一緒に住むようになる。果たして、このまますんなりとアダダは幸せを手に入れることができるのかというお話。

監督は、『キルソドム』『シバジ』のイム・グォンテク監督。
出演者は、聾唖のアダダを演じるのは本作スクリンデビューのシン・ヘス、アダダと結婚したヨンファンを演じるのは『赤いさくらんぼ2』『キルソドム』のハン・ジイル、アダダの幼なじみスリョンを演じるのは『燕山日記』のイ・ギョンヨン、ヨンファンの父を演じるのは『冬女』のパク・ウン、ヨンファンの母を演じるのは『膝と膝の間』『キルソドム』のキム・ジヨン、アダダの父を演じるのは『キルソドム』『黄真伊』のチョン・ムソン、アダダの母を演じるのは『キルソドム』のキム・ボッキ、ヨンファンの妾ミオクを演じるのは『女と男 愛の終着駅 (原題:我々は今ジェノバへ行く)』のカン・ジョンア。

冒頭の手話のシーンは衝撃的であり、まさにこの作品の根底に当たるところを始めから痛切に訴えている。その中身はアダダが手話で、「聾唖の私は、肉体的には障害者であるが、精神的には健康です。しかし私の周りの人たちは肉体的には健常でも、精神的には障害者でした」(ここはうる覚えなので正確には合ってないかもしれない)といった魂の叫びがラストシーンで蘇ってくるはずだ。

アダダと結婚したヨンファンやその家族たちは、温かく接してくれて、本当に幸せに暮らしていたのだ。聾唖のアダダであるが、漢字やハングル文字が理解できることで教養があり、さらにヨンファンは世の中の情勢を考えて日本語のカタカナをアダダに教えていくのだ。話せないだけで、献身的な性格で嫁としては申し分ないアダダなのだ。

この幸せも長くは続かず、ヨンファンが家出をして中国大陸でアヘンの商売が成功して、成金になって妾ミオクまでも連れてきて、本妻のアダダは完全に邪魔者扱いしているのだ。舅姑に物を与えて贅沢を覚えさせ、家まで改築する始末で、贅沢三昧なのだ。舅姑の変わりようが尋常じゃなく、あまりにも醜くみえるであろう。完全に拝金主義になってしまったヨンファンたちの変貌をどのように捉えるかである。

ヨンファンからも実家からも見放されたアダダを救うのが、幼なじみのスリョンなのだ。スリョンは、序盤のシーンで登場しておりアダダに対して恋心があるのがわかるはずだ。しかも、スリョンはアダダと同じように聾唖の妹がいたが7歳で餓死した経験があることで、余計にアダダを愛しているのである。贅沢なんかしたくなく質素な暮らしを望んでいるアダダに、またしても同じようなことがスリョンとの間で起こるのだ。

この作品には多くの要素が詰まったものになっている。いくら名家のお嬢様でも障害を持っていると嫁ぎ先がなかなか見つからないという、ある種の偏見に満ちた社会をみせている。そして、両班の名家が嫁を出すときに、嫁ぎ先から戻ってくることは許されない掟が厳しく表現されている。アダダの父がアダダを追い払うシーンは、非情に見えるが親心が鮮明に表現されており、目に涙をためてこのような仕打ちをしているのだ。どんな条件でも、両班の因習に逆らえない考え方で、系譜をかなり重いものなのがみえる。さらに、金欲というものが純真だったスリョンまでも変貌させる恐ろしいものなのかを駄目押しのように強調している。決して、可哀想な女性アダダという解釈で終わってしまってはいけない。ラストシーンのアダダの行動をみると、拝金主義になる男に対して憐れんでいるのがみられる。精神的な強さをみせていることで、肉体的に消滅してもアダダと関わった者は一生精神的な苦痛と後悔を背負うからだ。アダダが体を張って、人間の脆さをこれでもかと見せつけている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-11-06 12:01 | 336.アダダ
韓国映画レビュー その321 「あきれた男たち」
90年代の作品をもういっちょ。近年の作品ばから扱っていたから、たまにこのようなものを小出ししていきたいと思う。実力派監督チャン・ジンのデビュー作で、デビュー作なのに意外とよく出来ている。そして、今では多くの作品で主役で活躍している俳優が多く出演しているので、そこもチェックして欲しい作品である。

b0097051_1953261.jpgあきれた男たち
制作年:1998年
監督:チャン・ジン
出演:チェ・ジョンウォン、ヤン・テクチョ、イ・ギョンヨン、オ・ヨンス、
    ソン・ヒョンジュ、シン・ハギュン
ジャンル:コメディ
鑑賞:付録DVD


ソウルで国会議員連続殺人事件が発生しており、完璧な手口で実行していることで、警察は犯人の糸口がみえずに困っていた。三人目の殺人事件が起こり現場付近に偶然いた自動車セールスマンのソ・パロ(ソン・ヒョンジュ)を容疑者として拘束した。取調べをするキム刑事(イ・ギョンヨン)であるが、自白もせず証拠不十分のためにパロは釈放された。市庁まえで油を被って焼身自殺未遂をした自殺中毒者の青年チュラク(シン・ハギュン)は、警察に拘束されてキム刑事に説教をされて釈放される。一方、せこい泥棒のトッペ(チェ・ジョンウォン)は刑務所を出所し、保育園で働いている娘ファイ(オ・ヨンス)に会いに行ったが煙たがられてしまう。娘ファイのためにある計画を考えたトッペは、古くからの親友タルス(ヤン・テクチョ)に会いに行き、ある計画を実行するために山に隠して埋めた道具を取りに行った。その場所に首吊り自殺に失敗した青年チュラクがおり、三人は一緒に行動することになる。住宅街で民家に泥棒に入るためにウロウロしていた三人は、殺人事件の捜査をしていた警官に追われることになり、偶然にもパロもその場所におり、四人が同時に同じ方向に逃げ警官に拘束されてしまった。警察の取調べを受ける四人は、連続殺人事件の容疑をかけられているが、話している内容はバラバラで全く関係ないのである。果たして、連続殺人事件の行方はどのようになるのか、トッペやタルスのある計画とは何なのか、四人と警察の間に何が起こるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のチャン・ジン監督。
出演者は、泥棒のトッペを演じるのは『パク・ポンゴン家出事件』『ハレルヤ』のチェ・ジョンウォン、泥棒でクッパ屋の主人のタルスを演じるのは『ベイビー・セール』『ハレルヤ』のヤン・テクチョ、キム刑事を演じるのは『三人組』『ハレルヤ』のイ・ギョンヨン、トッペの娘ファイを演じるのは『ピアノのある冬』『火の鳥』のオ・ヨンス、自動車のセールスマンで常に容疑者扱いされるソ・パロを演じるのは『ピアノマン』のソン・ヒョンジュ、自殺未遂ばかりしている青年キム・チュラクを演じるのは本作スクリンデビューのシン・ハギュン 、キム刑事と同僚刑事を演じるのは本作スクリンデビューのイム・ウォニ、キム刑事と同僚刑事を演じるのは『銀杏のベッド』『地上満歌』のチェ・ハンナク、キム刑事と同僚刑事を演じるのは『太白山脈』『男はつらい』のユン・ジュサン、露天商の女性を演じるのは本作スクリンデビューのク・ヘジン、運転手を演じるのは『パク・ポンゴン家出事件』『クワイエット・ファミリー』のチョン・ジヒョン(現在改名したチョン・ジェヨン)、従業員を演じるのは本作スクリンデビューのオム・テウン。

複数の登場人物たちが同じ時間軸上で別々の行動をしており、中盤から終盤にかけて繋がって進行していく。トッペとタルスの泥棒コンビ、トッペと娘ファイとの親子関係、青年チュラクの自殺未遂劇、パロの不運、キム刑事の取調べとファイへの恋心、警察署内での刑事たちの捜査状況、電柱をバックに電話の通話といった多くの見せ場を小まめに切り替えながらブラックコメディのテイストを表現している。

トッペとタルスの泥棒コンビは、古くからの友人関係で刑務所とシャバを出入りしている出来の悪い泥棒なのだ。泥棒家業をストップしていた二人が再び行うきっかけになったのが娘ファイの存在である。娘ファイは父トッペと関わりたくないのが分かるが、唯一の家族であり、切っても切れない存在を中盤あたりから示している。この泥棒コンビと合流するのが自殺未遂ばかりする青年チュラクである。3回ほど実行しているが全て失敗しており、その理由がおもしろく、そしていつも垂れ幕のようなものに自殺の動機のような言葉を書いているのであるが、どうみてもスローガンにみえるのだ。交通渋滞や失業や独島に関することで、それに対して必ずレスポンスがあるのも面白いところである。何故かいつも事件現場付近にいるパロの不幸な出来事、取調べでのやりとり、釈放されて毎度タクシーとのやりとりで笑いを誘っている。

国会議員連続殺人事件の捜査本部で捜査の経過や状況や方針を映していることで、全体像をうまく表現している。警察の捜査方法も意外と適当で、町中にいる強面の男たちを拘束したり、その男たちや刑事たちが警察署内でミュージカル仕掛けで踊って訴えかけている。ミュージカルが苦手だからこのシーンはどうかと思うが、ミュージカルが好きな人にとっては楽しく映っているのであろう。自信過剰のベテランのキム刑事の言動、トッペが容疑者として連行されたことで警察署に乗り込んできたファイとキム刑事のやりとり、ファイがキレて怒鳴ったり号泣したりするのも面白くてテンポよく作られている。

時々登場する電柱をバックに二人の男の声で電話の通話をしているようなところがある。序盤では意味不明にみえるであろうが中盤、終盤になるにつれて、その意図がみえてくるので注目してほしい。通話内容がブラックコメディ色を出しており笑えるのである。

一応は主人公がトッペだと思われるが、多くの登場人物に小さな物語があることで、多くの主人公が存在すると思って鑑賞した方がよいであろう。途中から四人組になったトッペ&タルス&チュラク&パロの行動、トッペと娘ファイの温かいドラマ、チュラクと露天商の女性(ク・ヘジン)との結末、合計5人死んだ連続殺人事件の真相といった多くの謎の行方を終盤に集結した構成になっている。ブラックコメディが好きな人やチャン・ジン監督作品が好きな人にはお薦めである。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-09-02 19:19 | 321.あきれた男たち
韓国映画レビュー その320 「ハレルヤ」
チェ・ジウが出演しているから「チェ・ジウ ブランド」を利用して日本で劇場公開すると予想していたら、日本版DVDすら出ないこの作品。日本で知名度があるチャ・テヒョンが出演していても「チャ・テヒョン ブランド」でもダメみたい。有名俳優が結構出演している作品だから俳優目当てで鑑賞しても、ストーリーは悪くないから損はしないと思う。

b0097051_2313993.jpgハレルヤ
制作年:1997年
監督:シン・スンス
出演:パク・チュンフン、イ・ギョンヨン、ソン・ヒョナ
ジャンル:コメディ
鑑賞:韓国版DVD


詐欺師トッコン(パク・チュンフン)は、教会に来ている信者からこっそり財布を盗もうとしたところ被害者に見つかってしまい逮捕されて刑務所で過ごす。窃盗罪で前科五犯のトッコンは、刑務所から出所し、友人でナイトクラブの歌手をしているドンパル(イ・ギョンヨン)だけが出迎えてくれた。出所後のトッコンは、まともな仕事に就けずにいたことで、ドンパルが仕事で演奏しているナイトクラブで世話になることにした。トッコンは、ナイトクラブでホステスをしているユラ(ソン・ヒョナ)に惚れており、なかなか口説き落せないでいた。ナイトクラブの仕事でお客を家まで届けるために車の運転をするトッコンは、後部座席にお客とホステスのユラが座り、お客がユラを強引にホテルへ連れ込もうとしていたので、トッコンが怒ってお客に暴行をしてしまい警察沙汰になってしまう。何をやってもうまくいかないトッコンは、ある仕事で車を尾行していたときに、目の前で交通事故を目撃し、重傷者を病院に運び、意識のないその重傷者の時計や指輪や財布を盗んだ。重傷者がキリスト教のキム牧師であることが分かり、その財布から一通の手紙が出てきて、この手紙を中央教会に持っていけば田舍の教会開拓資金1億ウォンをあげるという内容であった。トッコンは、キム牧師に成りすまして中央教会に行って、教会を支援するイ長老(クク・チョンファン)、パク副牧師(キム・イル)、カン伝道師(パク・ピョンテク)の三人と会談する。教会の会長(パク・キュチェ)はニ週間海外出張をしており、1億ウォンは会長が戻ってきてから渡すと言われ、会長からの直接の電話で不在中のニ週間トッコンに牧師として働くように依頼があった。1億ウォンのためにキム牧師として働くことになったトッコンは、友人ドンパルの助けで、牧師になりすまして信者たちの支持を得るようになっていく。果たして、トッコンは目的の1億ウォンを手に入れることができるのか、そして教会を騙すトッコンはどのように変わっていくのかというお話。

監督は、『契約カップル』『サランヘヨ あなたに逢いたくて』のシン・スンス監督。
出演者は、詐欺師トッコンを演じるのは『極道修行・決着 (おとしまえ) (原題:極道修業)』『まじめに生きろ』のパク・チュンフン、ナイトクラブの歌手ドンパルを演じるのは『チェンジ』『三人組』のイ・ギョンヨン、ホステスのユラを演じるのは本作デビュー作のソン・ヒョナ、会長の娘ハンナを演じるのは本作デビュー作のイ・ジェニ、カルト宗教の教祖を演じるのは『男はつらい』『パク・ポンゴン家出事件』のチェ・ジョンウォン、トッコンを信じるイ長老を演じるのは『太白山脈』『サランヘヨ あなたに逢いたくて』のクク・チョンファン、トッコンを疑うパク副牧師を演じるのは『サランヘヨ あなたに逢いたくて』『パク・ポンゴン家出事件』の故キム・イル、イ長老の娘を演じるのは『KUMIHO/千年愛』のコ・ソヨン、イ長老の息子クァンギを演じるのは本作デビュー作のチャ・テヒョン。

偶然に交通事故の被害者を病院に運んだことで、所持品から1億ウォンが手に入るチャンスを掴んだが、牧師として二週間働くなかで様々な出来事が起こり、トッコンの中で何かが変わっていくのである。

アジアの中でキリスト教徒が多い韓国だからできる内容なのかもしれない。トッコンが冒頭で教会で窃盗をしているシーンがあるが、お祈りに来たのではなく単にお金を盗みにきただけで、キリスト教徒ではない。トッコン自身は仏教徒という設定もなかなかおもしろいところであり、キリスト教の知識がないのにその場を凌ぐためにデタラメな嘘を連発している様をおもしろくみせている。そこに助太刀としてドンパルが協力するのであるが、初めは相談役とグチを聞いているだけであったが、中盤からは一緒になって行動していくのだ。

トッコンの企みとしては、パク副牧師やイ長老を信用させて二週間以内に1億ウォンを出させて、早くこの場から逃げるためにあの手この手とアイデアを出していくのだ。トッコンが本物の牧師だと信じる中央教会の信者たちは、デタラメの祈りの言葉が画期的であると思い込んでいるのだ。明らかにめちゃくちゃなことを話しているのに牧師という身分だと信じてしまうとこにおもしろさがある。パク副牧師やイ長老は、トッコンの言動から本当の牧師ではないと不信感を持ち、疑いだすところから新たなアイデアを注入していくのである。

困ったトッコンの相談を受けたドンパルが、ドンパルの知り合いでカルト宗教の教祖(チェ・ジョンウォン)をしている男に様々なことを伝授してもらうのである。まさに金儲けが目的のイカサマ宗教で、やっていることは詐欺なのだ。要は、神がかりな力が備わっていることを信者たちに信用させることであり、そのイカサマ技をドンパルと一緒に仕組んでイ長老を騙して信用させるのである。最後まで疑いの目を持つパク副牧師の行動も見逃せないところなのだ。

コメディ要素として、小ネタを多く仕込んでいるので要所要所で笑いを提供する構成になっている。道端で歩けないふりをしてカンパしてもらおうとしている乞食のフリをする男からトッコンがお金を奪い取ったり、トッコンの適当すぎる言動、トッコンのヤクザ風口調で助言した信者が信じたり、イ長老の態度の悪い息子(チャ・テヒョン)を改心させたり、ドンパルのイカサマ芝居、カルト宗教の教祖のアイデアなどがある。カルト宗教の教祖のやり方は、多くの怪しい宗教団体が行っている方法だから、この表現を使って大丈夫なのかと心配になってしまった。

トッコンの心情を動かす人物として、足が不自由な会長の娘ハンナ(イ・ジェニ)や惚れているユラの存在なのである。敢てもう一人挙げれば、トッコンの夢に出てくる亡くなった父親(ヤン・テクチョ)であろうか。トッコンが金に執着し過ぎていた面もあるが、人間としての良心を感じだし、周囲の変化を感じながら自分を見詰めるのである。

作品の内容を楽しむのとは別に有名俳優がちょい役で出演しているのだ。序盤のドンパルやユラが働いているナイトクラブでチェ・ジウ似のホステス役をしているチェ・ジウ、事務所の女性職員役のト・ジウォン、イ長老の娘役でタレントオーデションに夢中のコ・ソヨン、イ長老の息子役で態度が悪くトッコンにボコボコにされるチャ・テヒョン、病院で昏睡状態の本物のキム牧師役をしているイ・ジェリョン、トッコンが地下鉄で財布を盗まれる女スリ師役をしているイ・ヘヨンといった有名俳優をみるだけでも楽しめるところもある。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-08-28 23:27 | 320.ハレルヤ
韓国映画レビュー その104 「ホワイト・バッジ」
古い作品にも目を向けて鑑賞した作品。

b0097051_1041241.jpgホワイト・バッジ
制作年:1992年
監督:チョン・ジヨン
出演:アン・ソンギ、イ・ギョンヨン、シム・へジン
ジャンル:戦争、ヒューマンドラマ
鑑賞:日本版DVD


韓国がベトナム戦争に派兵してから10年が経ったころの1979年で朴正煕大統領暗殺事件が起こったころが舞台である。べトナム戦争から帰還した元兵長ハン・ギジュ(アン・ソンギ)は、戦争の体験を基にした小説に取り組んでいた。だが、ギジュに原因不明の無力感と戦争での悪夢がよみがえり、戦争の後遺症に悩まされていた。しかも、妻とは離婚しており、その妻は再婚して子供と暮らしている。ある日、かつての戦友ジンス(イ・ギョンヨン)から電話をもらい、ジンスも戦争の後遺症に悩んでいることを知る。韓国がベトナム戦争に加担にしたことで、帰還した兵士たちの戦争の後遺症を描いたお話。

『南部軍』『夢』などの作品を手がけたチョン・ジヨン監督の作品。アン・ジョンヒョの小説を映画化した作品である。出演者は、元兵長で現在小説家のギジュを演じるのはアン・ソンギ、元ギジュの部下のジンスを演じるのはイ・ギョンヨ。歴史的にも明らかにされている朴正煕大統領が、アメリカからの援助を引き出すためにベトナム戦争へ参戦する。それによって、当時貧しかった韓国が多くの資金を得て、経済的に助けにもなった。

韓国映画にして珍しくベトナム戦へに加担に対する良心的反省に基づく作品である。元兵長ギジュが体験した戦争の後遺症は、過酷な経験によって精神的にまいってしまう。軍人以外にも一般市民のベトナム人を殺害するシーンを入れることで現実に向き合っている。空爆音や銃撃音が頭から離れずにいる元部下のジンスもそうである。

この作品は、韓国軍兵士の目から見たベトナム戦争映画である。泥沼化した戦闘シーンよりも、帰国したときの精神的苦痛を繊細に表現している。ギジュもそうであるが、ジンスは帰国しても韓国に戻ってきたのかまだベトナムにいるのか分別がつかない精神状態におり、最後はギジュがある方法でジンスをその呪縛から解いてあげる。ベトナム戦争を正面から見つめなおす作品としては良く出来ている。アメリカ映画のようなドンパチなアクションものとは違い、ベトナムで自分たちがしてきたことに苦しむ姿を描いているからだ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-07-28 10:44 | 104.ホワイト・バッジ
韓国映画レビュー その97 「3人組」
東京国際映画祭「アジアの風」部門内で「韓流の源流」三本の作品が上映された。パク・チャヌク監督による映画狂随喜の初期作品。「韓流の源流」の三本の中でも一番時代(1997年)が新しい作品のために鑑賞することを決めた。オーチャードホールで上映された作品だが、大ホールにこの作品はダメでしょう。席が空き過ぎていてもったいない。
b0097051_20491529.jpg
3人組
制作年:1997年
監督:パク・チャヌク
出演:イ・ギョンヨン、チョン・ソンギョン、キム・ミンジョン
ジャンル:アクション
鑑賞:第18回東京国際映画祭


三流のナイト・クラブで、アルト・サックスを演奏して生計を立てているアン(イ・ギョンヨン)は、生活苦に耐えられず、サックスを質屋に入れてしまう。ムン(キム・ミンジョン)は、ボスを裏切って銃を盗んで逃げたチンピラ。アンとムンは、銃を持って喫茶店に乱入するが、そこでマリア(チョン・ソンギョン)という女と出会う。マリアは、継父の性暴行によって未婚の母として子供を産んだため、修道女になる夢を絶たれた女である。アンとムンは、マリアから「子供を捜してくれ」と頼まれる。そして、警察と暴力団の追手がせまるなかで、3人の旅が始まるお話。

『JSA』『オールド・ボーイ』『親切なクムジャさん』などヒット作を作ったパク・チャヌク監督の初期作品。主役の三人は、サックス演奏者アンを演じるもは『テロリスト 哀しき男に捧げる挽歌』『ラン・アウェー』のイ・ギョンヨン、チンピラのムンを演じるのは『帰天図』『チェンジ』のキム・ミンジョン、未婚の母マリアを演じるのは『金を持って高飛びしろ』『彼らだけの世界』のチョン・ソンギョン。主役三人は、90年代中盤に多くの映画作品に出演していた俳優だから日本ではあまり知名度がない。

2人の男と1人の女が繰り広げる騒動を描いたアクション映画である。前半では主役の三人をそれぞれの人物表現している。アンは子供を寝かしつけて、他の男と浮気する妻の行動に怒って、家に火をつけて何回も自殺を試みるが失敗に終わり、ムンは後先考えないバカなチンピラでボスを裏切ったり、マリアは継父に虐待されて将来の夢を捨てたりと三人が不幸を背負っている。内容としてはかなり重めで、ブラックコメディーも含んでいる。トラックに轢かれても生きている設定は、ラストにも繋がっている。でもトラックに轢かれて死なないのもすごいと思うが。

アンとムンが強盗することで警察から追われること、そしてムンが暴力団のボスから銃を奪うことから暴力団に追われる二段構えになっている。さらにマリアの子供を捜すことでロードムービーの要素を含む。何だかんだいってもマリアは修道女の夢をかなえた気がする。ラストもこの監督のお決まりのバッドエンディングで初期から手法は変わっていないのが分かる。まだ、粗削りな内容なので再編集をすると生まれ変わる作品かもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-07-18 20:54 | 97.3人組
韓国映画レビュー その71 「ラン・アウェイ ~RUN AWAY~」
b0097051_14371100.jpgラン・アウェイ ~RUN AWAY~
制作年:1995年
監督:キム・ソンス
出演:イ・ビョンホン、キム・ウンジョン、イ・ギョンヨン
ジャンル:アクション
鑑賞:日本版DVD


ゲームプロデューサーのイ・ドンヒ(イ・ビョンホン)とイラストレーターのチェ・ミラン(キム・ウンジョン)は偶然出会い一夜を過ごす。その夜、偶然にも殺人事件を目撃してしまう。事件に巻き込まれることを嫌がりミランは警察へ行くことを拒んだが、ドンヒは警察へ行きチャン刑事に保護してもらう。しかし、警察署に偽装潜入した組織員らに襲われ病院に入院してしまう。入院している病院にその組織員らが襲ってくることに疑問を感じ、ドンヒとミランは自ら事件解決しようとするお話。

本作がデビュー作のキム・ソンス監督。出演者は、ゲームプロデューサーのイ・ドンヒを演じるのは『誰が俺を狂わせるか』のイ・ビョンホン、イラストレーターのチェ・ミランを演じるのはキム・ウンジョン、オ・ヨンジ刑事を演じるのはチャン・ドンジク、チャン刑事を演じるのはイ・ギョンヨン。

偶然殺人事件を目撃し、目撃者を消すためにある組織に追われ逃げまわるアクション。ドンヒとミランは、警察に助けを求めても内偵している組織らに襲われ、何とか逃げまくるが、ドンヒのウイークポイントの無邪気なドンホの妹があっさに組織らに捕まったことで、妹を救いに行く。そこで、組織らと真っ向勝負に挑む。

逃げる手法は古くさい演出だが、ラストの組織らと戦うシーンが一番の見せ場である。血のりべっとりのドンヒとミラン、そして唯一の味方の助太刀。終わりかたもスッキリする感じもする。典型的なアクションであるから、まあイ・ビョンホンのファンなら納得してくれるでしょう。ベットシーンやエレベーター内のシーンやプールのシーンなどはイ・ビョンホンのファンにとってはおいしいのかなあ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-06-17 14:40 | 71.ラン・アウェイ