韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:イム・チャンジョン ( 16 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その808 「美人占い師 (原題:清潭菩薩)」
b0097051_0203262.jpg美人占い師 (原題:清潭菩薩)
制作年:2009年
監督:キム・ジニョン
出演::パク・イェジン、イム・チャンジョン、キム・ヒウォン、ソ・ヨンヒ
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
鑑賞:日本版DVD


女占い師オ・テラン(パク・イェジン)は、同業者仲間の男占い師ビョンス(キム・ヒウォン)と女占い師ハン・ジヘ(ソ・ヨンヒ)と彼らのマネージャー担当チュヨン(ソ・ユジョン)と一緒に、清潭洞(チョンダムドン)にある「フォーチュンサロン」という占いサロンで働く。女占い師テランは、母(キム・スミ)が巫堂だったことで、この力を生まれ持って備わり、良く当たることで多くのお客が押し寄せる。テランは、幼い頃に母から1978年5月16日23時生まれで、姓に「木」が含まれる男性が運命の人と告げられ、28歳までに出会うと云われていた。もう直ぐ29歳になるテランは、今までの恋愛経験で、デートをすると不吉な出来事ばかり起こり、恋愛はいつも短く終わってばかりだった。ある日、貧乏なイ・スンウォン(イム・チャンジョン)が道路にお札が落ちているのを発見し、お札が車道に飛ばされて追いかけていたら、テランが運転する車に轢かれてしまう。更に、急ブレーキをかけたことで後続車と衝突してしまう。後続車を運転していたカン・ホジュン(イ・ジュニョク)は、前の車に向かうと、テランが人を轢いてしまい死んでしまったかもと思っており、かなり動揺していたことで、ホジュンや周囲の人たちは被害者の様態を心配して、被害者は病院へ運ばれる。テランは、病院についていき、医師から被害者スンウォンの病状を説明される。一時的に意識を失っているが、両手首のヒビ、骨盤の打撲傷と診断され大怪我にならずにすんで安心する。テランは、保険会社職員(チョン・ソンファ)と打ち合わせをし、後続車の人が初恋相手カン・ホジュンだとわかり、更に手続き資料から被害者スンウォンの生年月日が1978年5月16日生まれで、姓に「木」が含まれていることを発見し、運命の人かもと思う。被害者スンウォンのお見舞いに行くテランは、スンウォンから23時に生まれたことを知らされ、運命の人と確信する。テランは、保険の手続きの件もあり、ホジュンが勤める会社に訪れ、KingSports社のエージェント・マネージャーの役職についていることを知る。その後、テランとホジュンは、二人でプロ野球を観戦し、焼肉を食べ、お互い学生時代に出会っていたのをお互い憶えていたのを確認し合い、二人は緊密な関係になる。被害者スンウォンは、まだ完全完治してないが、退院することになり、テランが付き添う。退院記念として、二人で昼食をしているとき、テランは突然スンウォンに付き合って欲しいと告白して交際が始まる。自ら起こした交通事故によって、冴えない貧乏な運命の人スンウォン、久しぶりに再会した初恋の人ホジュン、同時に二人の男と出会ったことで、選択の岐路に立たされるお話。

監督は、『赤ちゃんと僕』のキム・ジニョン監督。
出演は、女占い師オ・テランを演じるのは『高校教師 恋の教育実習 (原題:夢精期2)』『彼女は美しかった』のパク・イェジン、厩舎で働くイ・スンウォンを演じるのは『スカウト』『セックス イズ ゼロ2 (原題:色即是空 シーズン2)』のイム・チャンジョン、男占い師ビョンスを演じるのは『スカウト』『亀が走る』のキム・ヒウォン、女占い師ハン・ジヘを演じるのは『宮女』『チェイサー (原題:追撃者)』のソ・ヨンヒ、占い師たちのマネージャーをするチュヨンを演じるのは『二人だ』のソ・ユジョン、テランの初恋相手カン・ホジュンを演じるのは本作スクリンデビューのイ・ジュニョク、テランの母を演じるのは『止められない結婚』『腹黒母娘』のキム・スミ。

人気占い師テランは、多くのお客がたずねてきて判断に悩む人たちの話しを訊いて、ずばりこれからとる行動をお客に語りかけていくのである。男占い師ビョンスは、女優ヒョニョンを占ったり、タロットカードを使う女占い師ジヘは、悪いカードが出るとお客に同情しながら占う。そんな占い師をマネージメントをするチュヨンは、お客の誘導や会計をしており、「フォーチュンサロン」の柱になっている。四人は、一緒に夕飯を食べたり、ベロベロになるまで酒を呑んだり、同僚でありながら仲良しな友人でもある。

テランの運命というのが、ひとつのドラマを作りだしている。巫堂の母は、父の死を予知して、的中したのを幼少時に目の前で経験していることで、母の言葉をかなり信用している。そんな母から、結婚する運命の人の条件を知らされてから、彼女自身も占いで人生に翻弄されている。その条件に当てはまる貧相なスンウォンと出会うのだが、初恋の人ホジュンにも出会い、幼少時からの運命を選択するのか、運命に逆らってドキドキして愛する人を選択するのかをコメディタッチにみせている。

スンウォンは、アパートの屋根部屋に住んでおり、家賃を滞納して貧乏な生活をしていたのだ。スンウォンの仕事面を少しだけみせており、元騎手で現在は厩舎で競走馬を世話することをしている。スンウォン自身にとっては、幸運だったかもしれず、テランの車に轢かれて、スンウォンの滞納していた家賃をテランが払い、住むところがなくなりテランがビョンスに無理に頼んで、少しの間だけスンウォンを居候させるのだ。ビョンスの一言で髪を切るスンウォンであったり、床にこぼしたビールを靴下で拭いたり、ビョンスの家で横柄な態度をとるスンウォンが生まれ年を訊いて、ビョンスの方が年上だったり、ショートコントのような出来事をみせている。

テランが、スンウォンと付き合うようになって、言葉は荒いが悪い人ではないことが徐々に分かってくるのだ。テランは、スンウォンが運命の人なのか確認しようと、呆けて老人ホームに暮らす母に会わせるところは笑える。母が不意をつくような行動に出たからだ。スンウォンの仕事場で馬と接する姿をみたり、老人ホームの人たちと彼が会話の中心になっているところをみると、スンウォンの魅力というのをしっかりとみせている。スンウォンと付き合っているけど、気持ちの整理がつかないテランは、ホジュンともデートをしているのだ。テランが、スンウォン、ホジュンのことを深く知っていくことによって、その後の展開が大きく変化していく。

下ネタ担当になっている女占い師ジヘは、恋人にふられたばかりで心が沈んでおり、酔っていたこともあって、仲間の男占い師ビョンスと一夜を共にし、二人はこのことをなかったことにしようと誓うのだ。だがビョンスの体を求めるジヘをみせており、二人の関係が近づくような展開になっていくのだ。性的な直接描写を控えているのは、正解だったと思われる。そのような描写があると、軽快なコメディ作品に水を注すからだ。

終盤は、テランのお客が主になってサイドストーリーをみせて盛り上げているのである。テランは、自分の占いによって、お客の人生に大きく影響を与えていたのだ。運命とは何か、占いとは何か、愛の感情とは何か、それを気づかせる展開にしている。サイドストーリーを間近でみていたスンウォンも、テランと同じように気づくのである。ある切欠(本作ではお客のサイドストーリー)によって、離れてしまった二人が再びくっつくといった定番な展開なのだ。お客のサイドストーリーの方が、純愛すぎてインパクトが強いので、もしかしたら主のストーリーを喰ったかもしれない。

他人の運命を占っている人気占い師が、幼き頃の母の占いによって、テランの人生を振り回しているので、ある意味占いに依存しすぎているようにみえた。男性に比べて女性の方が占いに興味を持っている人が多いから、女性の方が観やすい作品かもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-09-08 00:24 | 808.美人占い師
韓国映画レビュー その806 「ミス・ギャングスター (原題:六穴砲強盗団)」
b0097051_19155645.jpgミス・ギャングスター (原題:六穴砲強盗団)
制作年:2010年
監督:カン・ヒョジン
出演:ナ・ムニ、キム・スミ、キム・ヘオク、イム・チャンジョン
ジャンル:アクション、コメディ
鑑賞:日本版DVD


最年長のジョンジャ(ナ・ムニ)、真ん中のヨンヒ(キム・スミ)、最年少シンジャ(キム・ヘオク)は、平均年齢65歳の仲良し三人組である。ジョンジャは、社会人の大きな息子がいるけど、アパートで一人暮らしをしている。ヨンヒは、離婚した娘と孫の赤ちゃんを連れて戻ってきて一緒に生活している。ジュンソクは、息子夫婦と女学生の孫と一緒に生活している。それぞれ境遇は異なっており、三人とも事情は違うが家族に恵まれず、老人が住みにくい世の中になっている。老女三人組は、それぞれパートをして働いていたけど、理由があってやめてしまう。老女三人組は、慣れた手つきでスーパーの品物を万引きして、それを路上で安値で販売してお金を貯めている。そして、八年の苦労の末に目標金額である約800万ウォンに達し、旅行代理店に向かいハワイ旅行の予約をしに行く。受付で予約を済ませ、代金は銀行振り込みのみになっているため、三人は大韓銀行の窓口で振込み手続きをしていた。そんなとき、二人組みの銀行強盗が現れて、大切な旅行代金を奪われてしまう。しかも、書類に印鑑を押してなかったことから、手続きが完了していなかったため、銀行の補償も受けられなかった。老女三人組は、銀行強盗犯の一人に手首に入れ墨があったのをみて、それを頼りに銀行強盗犯を捜しだし、犯人の一人パン・ジュンソク(イム・チャンジョン)を捕まえる。しかし、ジュンソクも仲間の犯人クッポン(イ・ヒョヌ)に騙されたことで、お金を所持していなかった。老女三人組は、大きな決断をして、ジュンソクが所持している拳銃を武器にして、ジュンソクから戦いの基礎を習い、大韓銀行から銀行強盗して自分たちのお金を取り戻そうとするお話。

監督は、『パンチレディー』のカン・ヒョジン監督。
出演は、キム・ジョンジャを演じるのは『ガールスカウト』『ハーモニー』のナ・ムニ、ソン・ヨンヒを演じるのは『止められない結婚』『腹黒い母娘』のキム・スミ、コン・シンジャを演じるのは『キル・ミー』『ガールフレンズ』のキム・ヘオク、銀行強盗パン・ジュンソクを演じるのは『スカウト』『美人占い師 (原題:清潭菩薩)』のイム・チャンジョン、キム刑事を演じるのは『美人占い師 (原題:清潭菩薩)』『パパは女の人が好き』のキム・ヒウォン、チーム長のノ刑事を演じるのは『甘いウソ』『私の愛、私のそばに』のキム・グァンギュ、ヤン女刑事を演じるのは『マジシャンズ』『残酷な出勤』のカン・ギョンホン。

平均年齢65歳の老女銀行強盗団の話しではあるが、現在の韓国社会が問題にしているところも取り上げており、社会的な視点も取り入れているようになっている。

冒頭で三人が遺灰を撒いており、最年長ジョンジャはガンが肺に転移したことを二人に語っていることから、生きる時間に限りがあることを示している。三人がハワイ旅行に行くことを目標にすることで物語の道標となっていく。老女三人組のお金の稼ぎ方は、集団万引きだから、褒められるものではない。一応は、はじめの方で真っ当な仕事をしていたが辞めているところもみせている。万引きした商品を路上で売りさばき、買い手も老人であったり浮浪者であったりと社会的弱者になっている。

銀行強盗にお金を奪われたことで、諦めがつかないこととジョンジャの死が迫っていることで、銀行強盗犯のひとりジュンソクを捕まえて、盗んだお金を持っていないことから、自分たちで銀行強盗する流れになっていく。ジュンソクは当初失敗するから否定的であったが、やり方によっては意外性もあり成功するかもと思い、ノウハウを教えていくのである。笑えるのは、一回目成功したけど、銀行になめられて、「高齢者への寄付」という封筒を渡され、中身は約八万ウォンの金額だけだったのだ。一回目に失敗をみせることで、燃えてくる三人の老女たちをみせている。

二回目の銀行強盗では、実行犯二人とお客に変装する一人に分かれて実行し、要求金額が旅行代金分という、その点は拘りがあるみたいだ。防犯カメラが直接警察に繋がっていることで、直ぐに警察が銀行を囲い込み、立てこもることになるのだ。警察も困っており、マスコミも老人が犯人であることを報道していることで、強行突破すればいくら犯罪者でも老人に対して無礼だと市民からのバッシングを恐れ、何とか説得をするのである。チーム長のノ刑事(キム・グァンギュ)が交渉役になって、女刑事ヤン(カン・ギョンホン)が中心になって動くのだ。老女三人組が、銀行からド派手に脱出し、逃走劇するところがひとつの見所かもしれない。

家族のあり方というのも、老女三人を例にしながら問題定義をしている。ジョンジャは社会人の息子がいるのに貧乏な一人暮らし、ヨンヒは出戻り娘と赤ん坊の孫がおり孫の面倒を押しつけられ、シンジャは息子夫婦と暮らすが嫁との関係があったり、何だかんだで日常生活に不満ばかりなのがみえる。老女三人の家庭環境をみせることで、変わりつつ家族の形態を表している。

全体像としては、バランスを考えて構成されている作品と感じられる。銀行強盗犯ジュンソクとキム刑事(キム・ヒウォン)が繋がっており、ジュンソクが持っていた拳銃はキム刑事のものなのだ。もうひとりの銀行強盗犯クッポンの裏切りによって、ジュンソクもキム刑事も失敗に終わっている。警察側にも悪徳刑事を設定しており、良識的なノ刑事やヤン刑事がいることで善悪をみせている。老女三人組は、銀行強盗犯を実行したことで警察から追われることになるが、元々は常習的に万引きをしていたことから連続窃盗団だ。都合悪いところはコメディ要素にして濁した形にしているが、社会的問題をみせつけた真面目な作品かもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-09-02 19:30 | 806.ミス・ギャングスター
韓国映画レビュー その804 「愛が怖いっ! (原題:愛はこわい)」
b0097051_1821619.jpg愛が怖いっ! (原題:愛はこわい)
制作年:2011年
監督:チョン・ウチョル
出演:イム・チャンジョン、キム・ギュリ、キム・テフン
ジャンル:ラブストーリー、コメディ
鑑賞:日本版DVD


TVショッピング番組で、一緒に共演しているモデルのサンヨル(イム・チャンジョン)とソヨン(キム・ギュリ)。食べ物の試食をして夫婦役を演じることも多いが、二人の仲はビジネス上の関係だけである。顔もスタイルも完璧なソヨンに片思いをしているサンヨルは、彼女ともっと共演しようとサバの試食をして宣伝していたが、サンヨルはサバアレルギーを我慢して出演したことで顔に発疹が出てしまい番組は大騒ぎになってしまう。ソヨンは、TVショッピング番組PDのジュノ(キム・テフン)と交際しており、妊娠したことを告げると、子供は欲しくないと拒否されてしまい、二人は別れてしまう。ソヨンは、病院で医師からレントゲン写真をみせられて、問題を指摘されて手術をすれば妊娠が難しくなることを告げられ、今回の妊娠は奇跡に近いことを云われる。ソヨンは、サンヨルを呑みに誘い、悩むソヨンが店から離れ、サンヨルはソヨンを捜して励まして、ベロベロに酔うまで呑んだ。サンヨルが目を覚ますとモーテルにおり、全裸の状態で一人になっていた。昨夜起こった出来事は酔っていて憶えておらず、ソヨンと寝たと思い、サンヨルは喜びに浸る。サンヨルは、仕事の現場に向かうとソヨンが仕事を辞めており、代わりに太った女性モデルと共演することでガッカリしてしまう。ソヨンは、子供を産む決意をしており、この国はシングルマザーが住みにくいことを友人ミョンスク(イ・アリン)から指摘される。サンヨルは、ソヨンとミョンスクに誘われて会い、サンヨルは天にも昇る気持ちで接していた。だが、サンヨルはソヨンに妊娠したことを告げられ、責任感の強いサンヨルはソヨンと結婚する。他人の男性の子供を妊娠したまま結婚した夫婦の結婚生活を描くお話。

監督は、本作デビュー作のチョン・ウチョル監督。
出演は、TVショッピング番組の試食モデルのサンヨルを演じるのは『ミス・ギャングスター (原題:六穴砲強盗団)』『僕と彼女の借金戦争! (原題:不良男女)』のイム・チャンジョン、TVショッピング番組の試食モデルのソヨンを演じるのは『オガムド』『スンピル失踪事件 ~スンピルくんはどこだ?~ (原題:チョン・スンピル失踪事件)』のキム・ギュリ、TVショッピング番組PDのジュノを演じるのは『アジョシ (原題:おじさん)』『幻想劇場』のキム・テフン、眼帯をした飲み屋主人を演じるのは『フェイス』『マイ・ファーザー』のアン・ソックァン、サンヨルの学生時代からの友人ミョンブを演じるのは本作スクリンデビューのパク・ミンファン、ソヨンの友人ミョンスクを演じるのは『うちにどうして来たの?』『秘密愛』のイ・アリン、ミョンブの友人ベロニカを演じるのは『殺しに行きます』『ママ』のキム・ジンス、女性本部長ハン・ギョンアを演じるのは『私の生涯で最悪の男』『アウトロー -哀しき復讐- (原題:無法者)』のユン・ジミン、サンヨルの母を演じるのは『ミス・ギャングスター (原題:六穴砲強盗団)』『拝啓、愛しています (原題:あなたを愛してます)』のキム・スミ。

自分に片思いしている男性サンヨルを偶然の出来事を理由に、妊娠している女性ソヨンが結婚へと導き、奇妙な新婚生活をみせていく。相手に愛情を持っていない妻ソヨン、愛情いっぱいの夫サンヨル、この二人の関係と二人の周囲の人たちでコメディ要素を交えながら展開されていく。

コメディ要素は、汚物ネタや下ネタが多く用いられており、正直苦手なネタにうんざりしている。自宅の便所が詰まって逆流して糞まみれになったり、女性同士の会話でサンヨルの「あれ」が小指ほどの大きさで笑ったり、一緒に呑んでいるとき小指の先っぽと云われたり、あれが小さいとかかなりオープンに発している。ミョンスクが入ると下ネタ方面に流れていく仕組みになっている。

もうひとつのコメディ要素としては、サンヨルと友人ミョンブとの関係であろう。いつも屋台で呑んで話していることが多く、行きつけの飲み屋主人(アン・ソックァン)との絡みがありながら、会話が進行されていくのである。ミョンブがソヨンと同じような状況になって、泥酔するサンヨルを利用するのだ。ミョンブは、サンヨルが酔ってモーテルに連れ込み、犯されたことを翌朝話し、汚れたブリーフのパンツを証拠に弱みを握るのである。ミョンブは、サンヨルに今までの仕返しをし、新婚生活に入り込み邪魔をしたり、自分の衣類を洗濯させたり扱き使うのである。サンヨルという人間は、良く云えば純粋、悪く云えば鈍くて騙されやすい人物なのだ。中盤以降は、何故かミョンブがゲイに目覚めたのか、ゲイの友人ベロニカ(キム・ジンス)を家に連れ込んだり、ストーリーがおかしな展開になっていくのだ。

愛のこわさをみせているのは、ソヨンのお腹の実の父親であるジュノの存在であろう。サンヨルが仕事現場でソヨンの母体経過を楽しそうに話していることから、ジュノの気持ちが変化していくのである。ジュノがサンヨルに真実を打ち明けたり、再びソヨンとよりを戻そうと動いたり、実はジュノに結婚相手がいたりと、愛によって心を動かされていく姿をそれぞれにみせているのである。そのような困難をみせることで、本当の愛をみつけるといった流れをしっかり演出しているのである。ミョンブの変貌も愛のこわさなのかもしれない。

新鮮味のない韓国コメディでベタな内容に仕上がっており、見慣れている人からすれば「またか」といった感じである。イム・チャンジョンらしいコメディ作品なので、その作風が好みであれば気に入るかもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-08-27 18:11 | 804.愛が怖いっ!
韓国映画レビュー その770 「共謀者 (原題:共謀者たち)」
b0097051_9543918.jpg共謀者 (原題:共謀者たち)
制作年:2012年
監督:キム・ホンソン
出演:イム・チャンジョン、チェ・ダニエル、オ・ダルス
ジャンル:サスペンス


外国から密輸するために、中年女性たちは品物を胃の中にいれて、帰国したら口から品物を吐き出し、ブローカーに品物を売って大金を得ている。そのブローカーとは、かつて自らも現場で密輸をしていたヨンギュ(イム・チャンジョン)、部下チュンシク(チョ・ダルファン)、部下テウン(イ・ヨンフン)である。元々、ヨンギュたちは臓器密売の仕事をしていたが、三年前に船上で業務を実行していたとき、臓器摘出者に逃亡されて、兄貴分ヨンチョル(コン・ジョンファン)が臓器摘出者と一緒に船から落ちて死亡した。この事件から、ヨンギュは臓器密売の仕事から足を洗い、執行猶予中の身柄でもあり、今の仕事をしている。仁川港を頻繁に使用しているヨンギュは、その港のチケットカウンターで働くユリ(チョ・ユニ)に惚れており、何度口説いても相手にしてくれない。ユリには、臓器移植が必要な病気の父チョルス(チェ・イルファ)がおり、それどころではない。ユリに病院から電話があり、臓器移植手術が出来ないことを医師に云われ落ち込んでいた。泣いていたユリは、トイレの壁に貼ってあった「臓器移植」のビラに目がいき、そのビラに記された電話番号に連絡をする。早速ユリが会いに行ったところは、かつてヨンチョルやヨンギュと一緒に臓器密売の仕事をしていた計画者トンベ(シン・スンファン)であった。トンベは、手術代と入院代を提示して、高額金を提示されたがユリは仕方なく依頼する。トンベの裏工作によって、ヨンギュたちはコンテナで密売しようとした商品を警察に差し押さえられてしまい、多額の被害が出てしまう。更にヨンギュは、トンベに借金をしており、トンベから借金返済条件やユリが臓器移植の依頼をしてきたことを訊いて、再び臓器密売の仕事に手を染めることになる。売買の仲介連絡を韓国でトンベが行い、臓器密売現場の責任者ヨンギュ、運び屋チュンシク、見張りテウン、闇医者の外科医キョンジェ(オ・ダルス)は、中国の威海(ウェイハイ)行きの旅客船に乗り込んだ。臓器密売人たちの緊張ムードとは正反対に、新婚の夫サンホ(チェ・ダニエル)と車椅子の妻チェヒ(チョン・ジユン)が幸せムードで乗船し、臓器密売の依頼者である娘ユリは病気の父に中国で移植手術が出来ること説明し乗船する。車椅子のチェヒとユリは、船上で出会いちょっとした世間話をし、風が強いことでユリがチェヒに自分とペアのヘアーバンドを上げて親交を深める。夜、サンホが夜食を買いに部屋から出て、買い物から戻ってくると、部屋から車椅子のチェヒがいなくなっていた。ここから、恐ろしい臓器密売の計画と行動が実行されていくお話。

監督は、本作デビューのキム・ホンソン監督。
出演は、臓器密売人ヨンギュを演じるのは『僕と彼女の借金戦争!(原題:不良男女)』『愛が怖いっ!(原題:愛がこわい)』のイム・チャンジョン、新婚夫婦の夫サンホを演じるのは『ヨガ教室 (原題:ヨガ学院)』『シラノ;恋愛操作団』のチェ・ダニエル、外科医キョンジェを演じるのは『ヘッド』『青い塩』のオ・ダルス、父の臓器移植を心配するユリを演じるのは『Happy Together (原題:同居、同楽)』『人類滅亡報告書』のチョ・ユニ、新婚夫婦の妻チェヒを演じるのは本作スクリンデビューのチョン・ジユン、臓器密売人チュンシクを演じるのは『同い年の家庭教師 レッスン2』『カップルズ』のチョ・ダルファン、臓器密売人テウンを演じるのは『解決士』『青春とビート、そして秘密のビデオ (原題:青春グルーブ)』のイ・ヨンフン、臓器密売人のトンベを演じるのは『イテウォン殺人事件』のシン・スンファン、臓器移植が必要なユリの父チョルスを演じるのは『血闘』『火車』のチェ・イルファ、オ博士を演じるのは『ハロー!?ゴースト (原題:ハローゴースト)』『ロマンティックヘブン』のイ・ムンス、船で死亡した臓器密売人ヨンチョルを演じるのは『哀しき獣 (原題:黄海)』『パーフェクト・ゲーム』のコン・ジョンファン。

中国の威海(ウェイハイ)行きの旅客船で、ターゲットとなる車椅子のチェヒが臓器密売人たちに拉致されることで物事が動いていき、臓器の摘出と密売をする犯罪の実態をみせている。本格的にストーリーが動き出すのは、威海行きの旅客船に乗ってからで、それまではこの出来事に関連する各人たちの事情をみせながら、中盤や終盤への伏線を貼っている。

ヨンギュの苦悩が終始みられたものになっている。三年前の臓器密売の仕事に失敗して兄貴分を亡くしてから、数人の手下を引き連れて密輸ブローカーの仕事に変えたのだ。ヨンギュは、港で働くユリに惚れており、仕事中のトラブル発生時に助けたり、一方的に将来像を語っていたりしている。ユリがトンベに臓器密売を依頼したことが決め手となり、ヨンギュは再び臓器密売の仕事に戻ることを決意し、当時からの部下チュンシクとテウン、素行が滅茶苦茶でスケベな闇医者の外科医キョンジェ、税関職員を賄賂で取り込み、着々と準備していくのである。車椅子のチェヒを拉致して彼女の顔をみて、三年前に亡くなった兄貴分ヨンチョルの妹であることを思い出し、そこで苦しい選択をみせているのだ。冷徹に職務を遂行する男でもあるが、今では人情味のある男をみせており、冷酷な犯罪をしている中で感情が揺れ動いているのだ。

旅客船では、ターゲットのチェヒをサウナ室に運び出し、麻酔をして外科医キョンジェが臓器摘出に取り掛かり、ヨンギュたち三人は手術の監視と見張りをして、旅客に気づかれないようにしているのだ。妻チェヒが行方不明になったことで、船内を探しまわる夫サンホ、そしてチェヒと船上で知り合ったユリが協力するのだ。ここでサンホとユリ、臓器密売人ヨンギュたちとの緊張感ある接触をみせ、緊迫した状況を常にみせている。サウナ室の現場では、臓器摘出中に麻酔が覚めたチェヒが暴れだし、予備の麻酔薬がないことで外科医キョンジェとチュンシクがその場を何とかしようと模索していくのだ。様々なことがありながら、臓器摘出手術は成功にみえたが、ヨンギュがあるトリックを仕組んでいた。

中国本土についてからの各人物の行動は、残酷なものになっていくのである。トンベの裏切り作戦によって、ある人物が寝返ったり、父の臓器移植手術が成功すると信じていたユリの悲劇、命を狙われるヨンギュが臓器売買の実態に辿り着くまでの攻防、本当の首謀者は誰か、臓器移植組織の闇の深さをみせるものになっている。臓器売買グループの実行部隊を中心にみせており、臓器売買の受付をするもの、現場作業を指示する管理者、運び屋、見張り、臓器を摘出する外科医、はじめから決められたターゲット、ひとつのミッションに多くの人物が関わっており、各セクションで組織化されているのがわかり、誰かが逮捕されても分担形になっていることで絶えることがないのだ。どんでん返しなラストは、バッドエンディング的になっていることで個人的には好評価になった。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-04-28 10:09 | 770.共謀者
韓国映画レビュー その632 「僕と彼女の借金戦争! (原題:不良男女)」
b0097051_13553.jpg僕と彼女の借金戦争! (原題:不良男女)
制作年:2010年
監督:シン・グノ
出演:イム・チャンジョン、オム・ジウォン
ジャンル:コメディ
鑑賞:動画

パン・グッキョン刑事(イム・チャンジョン)は、借金まみれの男で、いつもカード会社からの返済要請電話の女にいらついている。窃盗犯を逮捕したパン・グッキョン刑事は、被害者に鞄を発見したと連絡し、警察署にやってきた美人のキム・ムリョン(オム・ジウォン)に好意を持つ。実は、グッキョン刑事に返済要請電話をかけているのはムリョンであり、始めはお互いそのことを知らずにいた。自動車泥棒の事件を追っていたグッキョン刑事、サンヒョク刑事(チョン・ウヌ)、キム刑事(カン・ジェソプ)、チャン刑事(イ・ジェグ)は、張り込みをしていた。そして、ついに自動車泥棒たちが現れ、確保しようと向かう四人の刑事の動きが止まってしまう。それは、カード会社の返済要請電話の女からグッキョン刑事の携帯電話にかかってきて、着信音によって自動車泥棒たちが気づいてしまった。刑事たちは、犯人たちと格闘になって、ボロボロになりながら犯人たちを逮捕した。グッキョン刑事は、いつもタイミングの悪いときに電話をかけてくる返済要請電話の女に、電話でボロクソに文句を云い、トボン警察署で刑事をしているパン・グッキョンと名乗った。怒った返済要請電話の女は、トボン警察署に乗り込んで、そこでやっとお互いの声と顔の主が、グッキョン刑事とムリョンだとわかる。グッキョン刑事はムリョンを署の外に連れ出して話し合い、グッキョン刑事はムリョンが見張っているところで、ATMに今月分の返済金を入金して騒動が一時収まる。そんなとき、二人の目の前で自動車の追突事故が起こり、気絶している運転手を救出しようとグッキョン刑事が動いている中、ムリョンが車に火が発火したのをみて消火器で火を消し、事故を最小限に防いだ。二人は、その夜屋台で酒を呑みにいき、酔っ払ってしまったムリョンがグッキョン刑事とある約束を交わす。借金返済するグッキョン刑事と返済要請するムリョンは、その後どのような関係になるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のシン・グノ監督。
出演は、パン・グッキョン刑事を演じるのは『セックス イズ ゼロ2 (原題:色即是空 シーズン2)』『清潭菩薩』のイム・チャンジョン、カード会社社員のムリョンを演じるのは『よく知りもしないくせに』『影殺人』のオム・ジウォン、サンヒョク刑事を演じるのは長編作デビューのチョン・ウヌ、カード会社社員のサンミを演じるのは『二つの顔の猟奇的な彼女 (原題:二つの顔の彼女)』『ラヂオ・デイズ』のミン・ソウン、キム刑事を演じるのは『恋愛術士』『ダメ男の愛し方 (原題:生、ナル先生)』のカン・ジェソプ、チャン刑事を演じるのは『シークレット』『容赦はない』のイ・ジェグ。

借金男と催促女の最悪な声での関係、お互いの顔を知らずに警察署で出会う二人の好印象、しかし罵倒しあった後に再会して事実を知る二人、といったコメディ路線を中心にして二人の周囲で起こる事件を描きながらロマンスになっていく。

まずグッキョン刑事とムリョンの台詞の多さに驚いてしまう。字幕だけでなく、ある程度会話で内容を拾っていく必要がある。電話でのやりとりもあるが、二人が会って話すシーンもマシンガントークの連発で、そこにコメディ要素を加えて笑いをつくりながら展開されていく。ムリョンの電話対応は、お客さまに対して話していることで、始めの方は丁寧に話すのであるが、途中から感情が露になり話すスピードが加速していくのである。グッキョン刑事は、ムリョンと同じぐらい口が達者なので、余計にこじれて、お互いが感情的になってしまうのだ。

グッキョン刑事の携帯電話の着信タイミングが悪すぎて、いつも犯人確保時に鳴るのだ。ここもお約束のようなネタで笑いにしているが、お笑いコントのような感じになっている。それによって、グッキョン刑事が犯人から攻撃されて怪我して、怒ってムリョンのオフィスに乗り込んでいくといった流れがある。

ムリョンの電話対応は、グッキョン刑事との出会いで攻撃的に話さずマイルドな感じに変化していくのである。同じようにグッキョン刑事も借金返済をしっかりするようになる。これは、お互いがお互いの立場を理解したからで、その矢先に大きな事件が起こるのだ。

グッキョン刑事の仲間である三人の刑事がなかなかいい味を出している。グッキョン刑事がムリョンのことをどのように思っているのか気づいている三人の刑事は、それをネタに悪戯したり気遣ったりと全体のバランスを支えている。

ムリョンの後輩サンミ(ミン・ソウン)は、強く出てくるお客に対して何も云えず、返済要請担当には向かない性格である。サンミは、ムリョンと逆の性格をしていることで、ストーリーに波を作っている存在だろう。気の弱いサンミは、男にお金を貸して逃げられたので、ムリョンとグッキョン刑事らに助けを求めているのだ。その男に刑事たちよりも暴行しているムリョンをみて、ちょっとムリョンが怖くなった。

ストーリー的には、少しまえの典型的なロマンスコメディの流れになっているので、結末が読めてしまう。終盤では、電話と無線といったちょっとした繋がりを絡ませながらみせており、工夫しようとしているのがみえる。テンポが少し速いから、会話のスピードに慣れてくればそれなりに対応できる作品である。笑えるかどうかは個人的な感性によるだろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★

【追記】 2013.04.21
日本版DVDが発売されたことで、邦題を追記した。
[PR]
by nameinuuuu | 2011-09-10 13:11 | 632.不良男女
韓国映画レビュー その621 「幸福な葬儀屋」
b0097051_1130568.jpg幸福な葬儀屋
制作年:1999年
監督:チャン・ムニル
出演:イム・チャンジョン、オ・ヒョンギョン、キム・チャンワン
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
鑑賞:海外版DVD


全羅道の小さな町で葬儀屋をしている老人パンドル(オ・ヒョンギョン)のところに、三人の若者が弟子入りしてくる。その三人とは、ソウルで借金に追われ帰郷したパンドルの孫ジェヒョン(イム・チャンジョン)、事業に失敗して故郷に戻り自殺未遂をするチョルグ(キム・チャンワン)、喫茶店の従業員ファン(チョン・イダ)に惚れているスーパーの息子デシク(チョン・ウンピョ)である。三人は、それぞれ思惑があって老人パンドルに弟子入りするが、この町で死者がなかなか出ないことで葬儀もなく、仕事もちゃんと習っていない。そんなとき、未亡人(キム・ソンファ)が腹部を刃物で刺して自殺し、彼らは初めての仕事が始まる。少しずつ仕事のやり方を学んでいく三人であったが、当初の目的を果たすことができず困っている。そんな中、三人は親しかった人たちが次々と亡くなることで、生と死について深く考えていくようになる。死に近い存在である葬儀屋が、生と死について、日常を通して学んでいき、その意味を考えるお話。

監督は、本作デビュー作のチャン・ムニル監督。
出演は、葬儀屋の孫ジェヒョンを演じるのは『エキストラ』『陽が西から昇るなら』のイム・チャンジョン、葬儀屋パンドルを演じるのは『ピーナツの皮の中の恋歌』のオ・ヒョンギョン、事業に失敗したチョルグを演じるのは『ジャングル・ストーリー』『リング・ウィルス (原題:リング)』のキム・チャンワン、スーパーの息子デシクを演じるのは『君はジャズを信じるか?』『ユリョン』のチョン・ウンピョ、小さな花屋の経営者ソファを演じるのは『囁く廊下 (原題:女高怪談)のチェ・ガンヒ、喫茶店で働くファンを演じるのは『殺す話』のチョン・イダ。

中盤まではコメディ主体、中盤以降はヒューマンドラマ主体の構成になっている。コメディも正当なものよりもブラックなものが多いので、その点を理解して笑えるかであろう。

葬儀屋パンドルに弟子入りしたジェヒョン、チョルグ、デシクの目的はそれぞれ違う。孫のジェヒョンは葬儀屋をやめてゲームセンターに変えようとしていたり、チョルグは葬儀屋というのは儲かる職業と思い多数の死者を待っていたり、デシクは娘ひとり死ぬことだけを待ちこがれている。普段は退屈な彼らは、誰か早く死なないか待っており、交通事故で男性が轢かれるのを目の前でみたチョルグとデシクは「死んだか」と不謹慎なことを放って近寄るが、怪我なく立ち上がる男性にちょっと残念でいるのだ。いつも退屈している三人は、近所に住んでいる少女ヨニ(ソン・ウネ)の相手をしている。

女性陣の出番もかなり重要になっている。ジェヒョンは、一人で小さな花屋を経営するソファ(チェ・ガンヒ)に気があったり、喫茶店従業員ファンに対して純粋に好意を持つデシクや軽い気持ちで接するチョルグ、いつも三人の近くにいる少女ヨニの存在が大きいところである。ラブストーリーではないから、そのような視点でみるところはないが、全体を通してみると、とても重要な人物になっている。

未亡人が自殺して、初めての仕事に就く三人であるが、ジェヒョンは死体をみて気絶してしまい、チョルグは死体をみて席を外すといった感じで怖がってしまい、老人パンドルが仕切りながらデシクに指示を出して死体を清めていくのである。デシクが死後硬直した足を直すため無理矢理足を曲げたら死体の顔が変わったりとコメディ要素をみせている。この仕事を請けるときに、葬儀屋は老人パンドルだけでなく、ライバルの葬儀屋も登場して仕事の奪いあいをするところがあったり、随所にコメディ色を吹き込んでいる。

終盤がかなり切なくて、大雨の中で少女ヨニが行方不明にあったり、バスの横転事故が起こり多数の死傷者がでたり、ソファにも不幸が起こる。死者に対して敬うシーンがあったり、身近な人物の死にも立ち会う葬儀屋という仕事の存在意義をみつけたり、それをみつけた孫ジェヒョンの感情が終盤に大きく描かれている。ラストに死者を祭るセレモニーが表現されており、昔ながらの伝統的な葬式が描かれている。終盤は、人間ドラマの連続で笑いなんか一切ないので、考えさせられたり、感動するであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-07-23 11:42 | 621.幸福な葬儀屋
韓国映画レビュー その620 「シシルリ 2km」
b0097051_18372388.jpgシシルリ 2km
制作年:2004年
監督:シン・ジョンウォン
出演:イム・チャンジョン、クォン・オジュン、イム・ウンギョン
ジャンル:コメディ、ホラー
鑑賞:海外版DVD


暴力団組織の高価なダイヤモンドを奪って逃走している裏切り者ヤクザのソクテ(クォン・オジュン)は、田舎に逃げこもうとしたが自損事故を起こしてしまい、現場の近くにあったシシルリという里に辿り着き、全六人の住民たちに保護されて手当てしてもらう。全六人は一つの建物に住んでおり、夕食の準備が出来て、トイレに入っているソクテを呼ぶ。トイレの中で盗んだダイヤモンドをみて興奮するソクテは、住民の小さな悪戯に驚いてしまい、頭部をぶつけてしまい意識不明の状態になってしまった。住民たちは、ソクテが死んでしまったと思い、ソクテを居間の壁に塗り込めて閉じ込めた。一方、ソクテの裏切りを許さないヤクザのヤンイ(イム・チャンジョン)は、部下たちを連れて探しており、ソクテの携帯電話の記録を追っており、ソクテの壊れた車を発見する。そして、携帯電話の記録をたどってシシルリの里に到着したヤクザたちは、住民たちを脅してソクテの情報を聞き出す。住民たちは、知らないの一点ばりであったが、ソクテの靴下をヤンイが発見したことから、この里にソクテがいることを感じて徹底的に調べる。ヤンイが、ダイヤモンドのことを口にすることで、住民たちの態度が豹変する。欲に目が眩んだ六人の住民たちは、農具を武器にしてヤクザたちと戦闘することになる。不審に思うヤクザたちは、この多くの謎に包まれたこの里の秘密を知ろうとするお話。

監督は、本作デビュー作のシン・ジョンウォン監督。
出演は、ヤクザのヤンイを演じるのは『セックス イズ ゼロ (原題:色即是空)』『偉大なる遺産』のイム・チャンジョン、裏切り者ヤクザのソクテを演じるのは『クリスマスに雪が降れば』『TUBE』のクォン・オジュン、謎の少女ソンイを演じるのは『品行ゼロ』『人形霊』のイム・ウンギョン、ここの里長ピョン老人を演じるのは『殺人の追憶』『吹けよ春風』のピョン・ヒボン、この里の住民テスンを演じるのは『らくだ(たち)』『初恋のアルバム~人魚姫のいた島~ (原題:人魚姫)』のパク・ミョンシン、この里の住民ハッキュを演じるのは『ベサメムーチョ』『ウララ・シスターズ』のキム・ユンソク、ヤンイの部下ヘジュを演じるのは『大韓民国憲法第1条』『黄山ヶ原』のウ・ヒョン、ヤンイの部下トンケを演じるのは『黄山ヶ原』『Rポイント』のアン・ネサン。

小さな里に住む六人の農作業集団のところに、ダイヤモンドを奪った裏切り者ヤクザを傷つけてしまい隠そうとしている中、ダイヤモンドを取り戻すためにそのヤクザを追っている四人のヤクザ集団が里に集まる。そこで、始めは優勢的なヤクザたちであったが、ダイヤモンドに目が眩んだ農作業集団がヤクザたちを襲い、大きな戦いに発展していくのである。更に、幽霊となって出てくる謎の少女ソンイ(イム・ウンギョン)が、ヤンイのまえに現れることで、ホラー要素を取り入れている。

シシルリの住民六人は、ピョン老人(ピョン・ヒボン)、ハッキュ(キム・ユンソク)とテスン(パク・ミョンシン)、ハンソク(チェ・ソンウク)とジュリ(キム・ユヒ)、チュンシク(イ・サンフン)で形成されている。ヤクザたち四人は、ボスのヤンイ(イム・チャンジョン)、小柄なヘジュ(ウ・ヒョン)、二枚目トンケ(アン・ネサン)、坊主テンジュン(パク・ヒョックォン)で形成されている。そこに、裏切り者ヤクザのソクテ(ォン・オジュン)、幽霊のソンイ(イム・ウンギョン)が絡む。住民たち、ヤクザたち、幽霊を演じる役者たちの個性が強いのも特徴のひとつであろう。

基本的な作りは、ブラックコメディとなっており、死んだはずだと思っていたソクテが何度も息を吹き返すところを面白可笑しくみせている。ヤクザたちが、森の中にある墓石をみて驚いたり、廃墟になった建物を探索し幽霊にびびったり、ヤクザ対住民の構図をみせており、ヤクザが優勢だと思いきや、ここの住民たちは只者でないというところをコメディチックに描いている。幽霊が出ていることでホラー要素を取り入れており、中盤から終盤あたりはコメディとアクションとホラーの融合といった感じである。

住民たちに崖に追い込まれたヤンイが、崖から飛び降りて意識が飛び、そこで廃墟の建物で幽霊のソンイと出会い、この里の秘密を知ることで新たな展開に入っていく流れである。ソンイが事実を知ることで、人間ドラマ的なところをみせており、ラストシーンでは人間臭いシーンをみせている。

ドタバタして二転三転する展開の作品なので、ブラックコメディが好きな人ならそこそこ楽しめるだろう。そこに様々な要素が入り込むので、好みが分裂してしまう。かなり冒険的な作風であろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-07-20 18:45 | 620.シシルリ 2km
韓国映画レビュー その588 「再会の村、チョンソルリへようこそ (原題:出会いの広場)」
b0097051_1203643.jpg再会の村、チョンソルリへようこそ (原題:出会いの広場)
制作年:2007年
監督:キム・ジョンジン
出演:イム・チャンジョン、パク・チニ
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
鑑賞:日本版DVD


朝鮮戦争停戦時、戦争とは無縁であった江原道の小さな村チョンソルリ。多数の白人たちがこの村にやってきて鉄条網の柵を作りだしたので、村人たちは親切心で柵作りの手伝いをする。柵作りが完了するとお互い行き来することができなくなり、この小さな村は二つに分断されてしまい、あの鉄条網の柵は38度線であり、この村の家族たちは引き裂かれてしまう。30年の月日が経ち1980年代。小島で家族と暮らす真面目なコン・ヨンタン (イム・チャンジョン)は、教師になるためソウルに向かうが、鞄をひったくられ、警察に被害者として訪れたところ、逮捕された民主化運動家グループたちと勘違いされてしまい、三清教育隊に入隊させられる。ヨンタンは、そこが大学だと思い込んで訓練をしており、小型トラックで移動中に後部座席から転落してしまい、気がついたら人里離れた村チョンソルリであった。遊泳禁止の池で沐浴していた里長の義妹ソンミ (パク・チニ)を偶然みかけてしまったヨンタンは、彼女に心惹かれてしまう。そんなとき、子供たちがヨンタンの傍によってきて、村の中心まで誘導されていく。里長ヒョンシク(イム・ヒョンシク)は、役場に教師を申請しており、その教師がヨンタンだと思って村人たちに紹介する。ヨンタン自身も三清教育隊での訓練を大学の教育だと勘違いしていることから、里長の言葉を否定することなくこの村で五人の子供たちの教師として働き、住家を提供してもらう。一方で、本物の教師ジャングン(リュ・スンボム)は道に迷ってしまい地雷を踏んで動けない状態になってしまう。ある日、ヨンタンは茂みで里長ヒョンシクと義妹ソンミが重なっている姿を目撃してしまい、二人は隠れてデキていると思い込んでしまう。ヨンタンは、この村で生活することで、この村に隠された秘密を知ることになり、とんでもないことに巻き込まれていくお話。

監督は、本作デビュー作のキム・ジョンジン監督。
出演は、コン・ヨンタンを演じるのは『私の生涯で最も美しい一週間』『1番街の奇跡』のイム・チャンジョン、里長ヒョンシクの義妹ソンミを演じるのは『恋愛術士』『ラブ・トーク』のパク・チニ、南側の里長ヒョンシクを演じるのは『ガチデン 堤防伝説 (原題:堤防伝説)』『カンナさん大成功です! (原題:美女はつらいの)』のイム・ヒョンシク、北側の里長を演じるのは『カル』『北京飯店』のイ・デロ、チョンソクを演じるのは『愛するときに話すこと』『カンナさん大成功です! (原題:美女はつらいの)』のイ・ハヌィ、トギョンを演じるのは『ザ・ブライド 花嫁はギャングスターⅡ (原題:極道の妻2)』『トンマッコルへようこそ (原題:ウェルカム・トゥー・トンマッコル)』のシム・ウォンチョル、ドンヨプを演じるのは『救世主』『コン・ピルドゥ』のイ・サンフン、教師チン・ジャングンを演じるのは『死生決断』『家族の誕生』のリュ・スンボム、里長の母オルシンを演じるのは『裸足のキボン』『家門の復活-家門の栄光3』のキム・スミ。

村の真ん中に国境があり、二つに分かれてしまった村人たちが秘密にしていることがあり、新任教師のヨンタンがそれに気づきだしたことで大きな出来事に発展していくのである。

三清教育隊出身の偽者教師ヨンタンと村人たちとの構図を面白く描いており、お互いが勘違いしていることでコメディ要素を強くしている。村で唯一の先生ということでヨンタンが尊敬されていたり、子供たちの親たちのチョンソク(イ・ハヌィ)やトギョン(シム・ウォンチョル)がヨンタンに対して接待しているのを面白く描いているのだ。

ヨンタンが里長ヒョンシクと義妹ソンミが隠れてデキていることを村人たちに相談したり、それによって村人たちが里長ヒョンシクに対して偏見な目でみていたりとコメディ要素を切らさずに進行している。もちろん、里長ヒョンシクが弁解しているので大きな騒ぎにはならない。そんな出来事もありながら、ヨンタンが村の秘密を知ることで事態が変わっていくのである。

里長を中心に村人たちが秘密にしていること、ヨンタンと子供たちとの教育、ソンミの正体、地雷を踏んでしまった本物教師のサバイバル、南北兵隊の動向といった事柄をテンポよく切り替えているのである。コメディ要素も二種類の使い方をしており、序盤と中盤では笑いの意味に変化をつけているのである。終盤に向けてヒューマンドラマの色が強くなっていき、コメディを融合させながら展開していくのである。情勢や思想とは無縁の小さな村で起きている出来事をどのような視点でみるかであろう。

1980年代初期の状況を再現しているところに製作側の努力がみられる。ヨンタンが初めてソウル駅についたときの服装、ソウル駅周辺の歩行者の女性の服装、長髪ヘアーの人たち、三清教育隊、北から発せられる金日成を称えるアナウンス、緊迫した南北の兵士たち、といったところである。

この作品の邦題は、恐らく『トンマッコルへようこそ (原題:ウェルカム・トゥー・トンマッコル)』とシチュエーションが似ていることで、このようなへんてこな題名になっているのが推測できる。内容としては原題と一致しているから、フェイクして観てもらおうと計算したのであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-03-27 12:02 | 588.出会いの広場
韓国映画レビュー その579 「偉大なる遺産」
b0097051_21214873.jpg偉大なる遺産
制作年:2003年
監督:オ・サンフン
出演:イム・チャンジョン、キム・ソナ、キム・スミ
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
鑑賞:日本版DVD


大学の心理学科を卒業したが就職せずに無職のチャンシク(イム・チャンジョン)は、兄チャンフン(イ・サンフン)と兄嫁ソンヒ(シニ)の家に居候している。女優になるためにオーディションを受けては落ちてばかりいる無職のミヨン(キム・ソナ)は、姉ミエ(チョ・ミリョン)の家に居候しながら、母(キム・スミ)のレンタルビデオ屋を手伝っている。チャンシクとミヨンは、近所に住んでいながら、時々出会っていたがお互い接点はなかった。そんなある夜、いつもジョギングをしていた老人がひき逃げされるところをチャンシクとミヨンが目撃してしまった。ひき逃げした犯人たちは、暴力団親分トチ(オム・チュンベ)らで、ナイトクラブをオープンしたばかりなので、どうしても捕まるわけにはいかなかった。そのため、暴力団親分トチの子分たちが、ひき逃げ現場近くに「交通事故の目撃者に謝礼金500万ウォン払う」という横断幕を掲げて、それを目撃したチャンシクとミヨンは謝礼金を手に入れようと連絡をしたが、暴力団たちの罠にかかり二人は車のトランクに入れられて殺されかけたが、なんとか脱出して逃げ切った。チャンシクとミヨンは、ひき逃げ事件の目撃と殺人未遂事件のため警察に出向いた。果たして、目撃者を消そうとする暴力団たちからチャンシクとミヨンは逃げ切ることができるのか、この出来事がキッカケで仲良くなったチャンシクとミヨンの間に特別な感情が芽生えるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のオ・サンフン監督。
出演は、大卒だが無職のチャンシクを演じるのは『海賊、ディスコ王になる』『セックス・イズ・ゼロ (原題:色即是空)』のイム・チャンジョン、母が経営するレンタルビデオ店を手伝うミヨンを演じるのは『イエスタデイ 沈黙の刻印 (原題:イエスタデイ)』『夢精期』のキム・ソナ、ミヨンの母を演じるのは『ボス』のキム・スミ、チャンシクの兄チャンフンを演じるのは『品行ゼロ』のイ・サンフン、チャンフンの妻ソンヒを演じるのは『真実ゲーム』『セックス・イズ・ゼロ (原題:色即是空)』のシニ、ミヨンの姉ミエを演じるのは『ザ・ブライド 花嫁はギャングスター2 (原題:極道の妻2)』のチョ・ミリョン。

チャンシクの環境は、兄夫婦の家に居候しており、兄チャンフンの弱みを使って小遣いを貰っていたり、先輩の漫画家チャンミ(サ・ヒョンジン)に扱き使われている。チャンシクと兄嫁ソンヒは、小学校からの同級生ということで義姉という目でみていない感じである。そして、兄嫁ソンヒはかなりの鬼嫁で、チャンフンやチャンシクに対して暴力を振るって強いことでコメディ要素をみせている。兄嫁ソンヒも怒ってばかりではなく、チャンシクのために就職口を用意しようと紹介したり、文句も言わずに一緒に住んでいることから、家族の一員だと感じているのがみえる。ミヨンの環境は、女優になる夢を捨てきれず姉ミエの家に居候して暮らしている。ミヨンは、母のレンタルビデオ屋を手伝っていることで、お客としてチャンシクに会ったり、中華料理屋の出前持ちヨンシク(コン・ヒョンジン)からアプローチされている。

自由に生活していたチャンシクとミヨンに起こったのは、ひき逃げ事件の目撃である。二人が犯人の暴力団たちに追われるところをコメディタッチに描きながら、逃げたり、捕らわれたりを繰り返してピンチを潜り抜けていくのである。ひき逃げ事件の被害者老人の息子が登場することで、ある秘密を仕込んでいるのだ。更にエンディングロールで、ある者の出生の秘密もわかるというオチもついているので最後まで見逃さない。

ひき逃げ事件を主として逃げ回るチャンシクとミヨンという形でストーリーが展開されているが、終盤にようやくラブストーリー要素を盛り込んでいる。ドタバタの中で生まれる愛は定番な形なので、予想通りの流れにみえるであろう。ラブストーリーよりもコメディの方がはるかに強調されているので、コメディ作品として頭にインプットして鑑賞するといいだろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-02-09 21:37 | 579.偉大なる遺産
韓国映画レビュー その387 「スカウト」
宣銅烈をスカウトする作品だと思っていたから、それだけでなく大きなメッセージ性を込めた作品になっているので、予想外におもしろく感じた。単純に野球が好きだから、野球を扱った作品だと思って購入したからだ。

b0097051_12155199.jpgスカウト
制作年:2007年
監督:キム・ヒョンソク
出演:イム・チャンジョン、オム・ジウォン、パク・チョルミン、イ・デヨン
ジャンル:ヒューマンドラマ、コメディ、ラブストーリー
鑑賞:韓国版DVD


1980年5月、ソウルの新村にある大学職員ホチャン(イム・チャンジョン)は、野球部から光州にいる高校生ナンバー1投手ソン・ドンヨル(イ・ゴンジュ)をスカウトしてくるように命じられる。本来ならホチャンの上司である野球部長テソン(イ・デヨン)が出向くのであるが、交通事故で骨折したため、代理でホチャンが任命されたのである。故郷の光州に久しぶりにきたホチャンは、ソン・ドンヨルが通学している高校に訪ねたが、野球部の監督は彼に会わせてくれない。そうしている中、大学時代に交際していた後輩セヨン(オム・ジウォン)と再会した。7年前ブルース・リーが死んだ日に突然ふられた元恋人のセヨンは、光州YMCAで詩の教室を開いており、そこに通っている生徒でヤクザのゴンテ(パク・チョルミン)がセヨンに片想いしている。ホチャンは、ライバル大学のスカウト担当のピョンファン(キム・ヒウォン)とソン・ドンヨル争奪戦をすることになり、彼らは大学時代に学生野球のライバルでもあった。ホチャンは、元恋人セヨンとの思い出と現在の心の迷い、恋のライバルであるヤクザのゴンテ、ピョンファンとのソン・ドンヨル争奪戦、ソン・ドンヨルの両親との交渉、光州の地元民たちとの交流があり、光州事件に巻き込まれていく。果たして、ホチャンはソン・ドンヨルを獲得することができるのか、元恋人セヨンとの仲はどのような結末になるのか、そんな中で混乱する光州での出来事を描いたお話。

監督は、『爆烈野球団! (原題:YMCA野球団)』『クァンシクの弟クァンテ』のキム・ヒョンソク監督。
出演者は、大学職員のホチャンを演じるのは『私の生涯で最も美しい一週間』『1番街の奇跡』のイム・チャンジョン、詩の教室の先生をするセヨンを演じるのは『ノートに眠った願いごと (原題:秋へ)』『奇談』のオム・ジウォン、地元のヤクザのゴンテを演じるのは『九尾狐家族』『光州5・18 (原題:華麗なる休暇)』のパク・チョルミン、大学の野球部長テソンを演じるのは『オーロラ姫』『クォン・スンブン女史拉致事件』のイ・デヨン、ソン・ドンヨルの父を演じるのは『救世主』『マガンホテル』のペク・イルソプ、ソン・ドンヨルの母を演じるのは『コルセット』『ペパーミント・キャンディー』のヤン・ヒギョン、高校生のソン・ドンヨルを演じるのは『DMZ非武装地帯 追憶の三十八度線』のイ・ゴンジュ、ライバル大学のスカウト担当のピョンファンを演じるのは『1番街の奇跡』『出会いの広場』のキム・ヒウォン。

1980年を舞台にして、将来に韓国プロ野球のヘテや日本プロ野球の中日で活躍したソン・ドンヨル(宣銅烈)という実在する人物を用いて、高校生投手ソン・ドンヨルを獲得しようとするスカウト陣たちを描いている。それは表向きのあらすじであり、本編の中核は光州事件が勃発する5月18日までをカウントダウンするように日付がわかるように進行しており、光州の民衆の姿をみせている。

ホチャンが仕事によって久しぶりに故郷の光州に戻り、偶然に元恋人のセヨンとの再会、現在の二人の微妙な距離感をみせながら大学時代の二人が恋人同士だった回想シーンをみせている。ホチャンが、楽しい日々の思い出と突然の別れという苦い思い出が交錯するようにみせており、今では友人のように接するセヨンの態度が痛々しく感じているのがみえる。そこに地元ヤクザのゴンテがセヨンに求愛していることで、ホチャンにとっては複雑な感情をみせているのだ。面白い味を出すゴンテであるが、終盤では大きな活躍をするので期待してほしい。

ソン・ドンヨルの争奪戦は、ライバル大学のスカウト担当のピョンファンとの激しい攻防をみせている。ソン・ドンヨルを匿っている監督や野球部員たち、ピョンファンのところにほぼ進路が決まっていたり、セヨンの働きかけもあってソン・ドンヨルの両親と話す機会があったり、スカウト活動をコメディ色を混ぜて表現している。スカウトの話しだから、ソン・ドンヨルが野球をしているシーンを入れたほうが観やすいのにと感じる。韓国国内からすれば、多くの人が知っている有名野球選手だから、そのような説明などは省いているのはみえるが、外国人で野球に興味がない人にとっては情報不足にみえるであろう。ホチャンのスカウト活動は順調に進行しており、両親も説得させて、ソン・ドンヨルと会食して契約間近で光州事件に巻き込まれていく流れである。この時代に生きた人たちの側面をみせた形でもあり、中盤から終盤に向けて内容が重くなっていくのだ。

光州事件を取り扱った作品はいろいろあるけれど、この作品の場合は事件の詳細を具体的に表現することはあまりしていない。スカウト活動をする主人公ホチャンやライバルのピョンファン、憧れの女性に詩を捧げるゴンテ、野球をする高校生たち、広場で遊ぶ子供たち、セヨンが集めた人たちとの交流といった感じで、事件とは縁がないような光州の民衆をみせている。光州に住んでいる住民たち皆が民主化を求めて運動を起こしたのとは違って、自分たちの生活をしていた人たちが知らぬ間に巻き込まれた姿もみせている。一方で、民主化運動をする強い思想を持つセヨン、何も考えず行動していたホチャンの過去の出来事、警察署でのセヨンとホチャンの言動やホチャンの甦る記憶が大きな見せ所であろう。まあ、所詮フィクションだから真実とのズレがあるのは分かるが、このような一面もあるというメッセージ性は感じる。

豆知識として宣銅烈は、韓国プロ野球のヘテ・タイガース(1985年~1995年)、日本プロ野球の中日ドラゴンズ(1996年~1999年)でプレーをしており、韓国では先発と抑え、日本では抑えの投手であった。その後は、現役を引退して韓国プロ野球の三星ライオンズでコーチをした後に監督になり、2006年のWBCでは韓国代表の投手コーチをした。2006年のWBCで日本対韓国の試合を本作品の終盤に挿入しているので、実際の彼の顔がわかるはずだ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-05-24 12:25 | 387.スカウト