韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:イム・ウォニ ( 8 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その807 「大韓民国1%」
b0097051_1924379.jpg大韓民国1%
制作年:2010年
監督:チョ・ミョンナム
出演:ソン・ビョンホ、イム・ウォニ、イ・アイ
ジャンル:ヒューマンドラマ、アクション
鑑賞:日本版DVD


女下士官イ・ユミ(イ・アイ)は、海兵隊訓練課程を一位で通過した。ユミは、入隊率約1%の海兵隊特殊捜索隊に志願するが、女性には向かないと上官に一蹴される。だが、新聞が男女平等、女性差別と軍を叩いたことで、ユミは海兵隊特殊捜索隊へ異動が決まる。中隊長(ヨム・ウサン)は、ユミが入ったことで歓迎するが、ユミが所属する第三小隊のカン中士(ソン・ビョンホ)は、ユミに対して自分の命令に従うようにと釘をさし、厳しい扱いをする。同じ階級であるワン・チョンパル下士(イム・ウォニ)は、ユミを女性の視線でみつめて、いやらしいことを考える。ユミから相手にされないチョンパルは、今度は目の敵にして嫌がらせばかりをする。通例一ヵ月でチーム長に任命されるが、ユミは二ヵ月経ってもチーム長に任命されないことで中隊長に直訴し、集会で中隊長がユミをチーム長に任命した。ユミは、第三小隊の第三チームのチーム長になるが、部下たちはユミを軽視して、挨拶もろくにしない。ユミは、部下たちの細かい経歴や情報を知っていることに驚き、お互いコミュニケーションをとって連帯感が生まれてくる。第三チームのキム・サンテ兵長(キム・ミンギ)の数人らは反発しており、ユミに嫌がらせをするチョンパル第一チーム長の命令に従い、トラブルを起こし第三チームはピンチに陥る。ユミは潔白を主張し走り込みを始め、やがて第三チームの隊員全員が走り込みに参加する。これによって、第三チームは復活して、一丸となって訓練に励む。海兵隊特殊捜索隊で厳しい訓練を乗り越え、女性士官として入隊したイ・ユミの奮闘と活躍を描いたお話。

監督は、『大胆な家族 (原題:肝っ玉家族)』のチョ・ミョンナム監督。
出演は、カン・チョルイン中士を演じるのは『グッド・バッド・ウィアード (原題:良い奴、悪い奴、変な奴)』『じゃがいもシンフォニー』のソン・ビョンホ、ワン・チョンパル下士を演じるのは『食客』『タチマワ・リー -悪人よ 地獄行急行列車に乗れ』のイム・ウォニ、イ・ユミ下士を演じるのは本作スクリンデビューのイ・アイ、キム・サンテ兵長を演じるのは『7月32日』『アウトロー -哀しき復讐- (原題:無法者)』のキム・ミンギ、中隊長を演じるのは『グッド・バッド・ウィアード (原題:良い奴、悪い奴、変な奴)』のヨム・ウサン、パク上士を演じるのは『仮面』『ハミング』のパク・チュンソン、リュ・ハクスン上士を演じるのは『大胆な家族 (原題:肝っ玉家族)』『レストレス ~中天~ (原題:中天)』のユ・ハクスン。

軍隊の中での出来事を主になっており、軍人の間での人間ドラマを中心にみせている。男ばかりの海兵隊特殊捜索隊に女のユミが異動したことで、男でも体力的にきついこの部隊にきて、女だから周囲の軍人たちは軽視しているのである。同階級のチョンパルであったり、階級がしたの者たち、直属の上司であるカン中士も同じように考えている。男ばかりの中で唯一の女軍人が、周囲の仲間たちから徐々に信頼を得ていき、性別を超えた仲間意識を最終的にはみせている。

2013年現在、韓国軍の最高指揮官は女性大統領パク・クネになり、「女だから」と云ってられない状況が現実に起きているのである。作品の中では、女性軍人を男性軍人と比べて格下とみており、チーム長になるだけでも壁があったり、チーム長に昇進しても部下の態度もなめてかかっているのである。不謹慎ではあるが、もし休戦状態の朝鮮戦争が勃発したら、韓国軍は女性の最高指揮官の命令をきくのかみてみたい。

毎日訓練をしており、その都度チームとして成績が部屋に張られるのである。各訓練において、適正な人物を選んで結果をだしていることで、部下たちはユミを第三チームのチーム長として信頼を得ていくのである。チョンパルの悪事によってユミのピンチばかりおとずれるが、困難を乗り越えることで第三チームがどんどん結束していくのである。訓練や軍隊での生活がほとんどなので、終盤まで大きな動きもなく人間関係が深まっていくところが中心になっているので、正直退屈な面もある。

ユミとカン中士の関係は、深く繋がっていることが中盤あたりでみえてくるのだ。ユミがチーム長になって結果を出してから、徐々にユミを認めだしていき、軍人だったユミの父とカン中士が先輩後輩の関係だったことがわかるのだ。カン中士にもドラマがあり、ユミの父の死を知っていることで、それと終盤の出来事が絡んでいるようにみえる。

終盤では、訓練中無人島に到着した第一チームと第三チーム、戻らないことを心配したカン中士が島に行き、そこは北朝鮮の領土である島なのだ。そこに北朝鮮の船が現れて島に上陸し、カン中士や第一チームや第三チームは実践モードになってしまうのだ。緊張感があるシーンとすれば、北朝鮮の軍と武力衝突するところであろう。

軍隊ものだからか、緩い面を入れながらあきさせないようにしている。訓練ばかりなのでアクション面に関して期待しないで、軍人たちの人間ドラマをみていく作品になっている。ラストもカン中士の行動を語らないユミやチョンパルをみていると、義理人情をしっかりみせている。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-09-05 19:12 | 807.大韓民国1%
韓国映画レビュー その694 「Mr.アイドル」
b0097051_20362652.jpgMr.アイドル
制作年:2011年
監督:ラ・ヒチャン
出演:パク・イェジン、チ・ヒョヌ、キム・スロ、イム・ウォニ
ジャンル:青春ドラマ、コメディ


2008年、四人組みのアイドルグループ「ミスターチルドレン」でメインボーカルをしていたキム・ジフン(イ・ヒョンジン)が女性歌手との交際が問題になり、音楽PDのオ・グジュ(パク・イェジン)が別れるように説得していたが、コンサート中にキム・ジフンが舞台から自ら落下して亡くなった。それによって、グジュPDは表舞台から消えて海外に行ってしまう。三年後の2011年、グジュPDは韓国に帰国して、大手音楽会社社長サ・ヒムン(キム・スロ)のところに訪れ、もう一度「ミスターチルドレン」を売り出そうと説得するが、サ社長はアイドルグループ「ワンダーボーイズ」を推しており、「ミスターチルドレン」は古いと考えている。グジュPDは、大手音楽会社を辞めて、仲の良い同僚パク・サンシク(イム・ウォニ)を引き抜き、彼を社長にして小さな事務所を借り、新しい音楽会社「チャンピオンミュージック」を立ち上げる。「ミスターチルドレン」には、ボーカル担当のヒョニ(チャン・ソウォン)、ダンス担当のジオ(チャン・ソウォン)、ラップ担当のリッキー(キム・ランディ)が残っている。ジフンが亡くなってから、三人は活動停止しており、それぞれ別の仕事をしていたのをグジュPDが呼び戻し、新しい音楽会社で活動を再開させる。グジュPDは、新しいメンバーを加入させようとオーディションを行い、四人組ロックバンドでボーカル担当していたユジン(チ・ヒョヌ)に目をつけて、ユジンだけ引き抜こうとしたが失敗してしまう。グジュPDは、ユジンを何とか口説き落として「ミスターチルドレン」に加入させる。グジュPDとパク社長は、「ミスターチルドレン」に過酷なトレーニングをさせて力がつき、最も注目を浴びる新人となる。だが、サ社長は「ミスターチルドレン」を表舞台から引きずり降ろそうと仕かけてくる。サ社長の作戦によって、「ミスターチルドレン」が沈んでしまい、彼らが再びステージに戻ってくることができるのかというお話。

監督は、『正しく生きよう』のラ・ヒチャン監督。
出演は、音楽PDのオ・グジュを演じるのは『清潭菩薩』『ヘッド』のパク・イェジン、ミスターチルドレンのユジンを演じるのは『オールド・ミス・ダイアリー 劇場版』『アタック・ザ・ガス・ステーション!2』のチ・ヒョヌ、大手音楽会社社長サ・ヒムンを演じるのは『クイズ王』『ロマンチック・ヘブン』のキム・スロ、音楽会社社長パク・サンシクを演じるのは『クイズ王』『ロマンチック・ヘブン』のイム・ウォニ、ミスターチルドレンのジオを演じるのは本作スクリンデビューのパク・チェボム、ミスターチルドレンのヒョニを演じるのは『カフェ・ソウル』『もう少しだけ近くに』のチャン・ソウォン、ミスターチルドレンのリッキーを演じるのは本作スクリンデビューのキム・ランディ、ユジンの姉ミリを演じるのは『ハローゴースト』『痛み』のチャン・ヨンナム、ユジンのバンドのマネージャーであるハン・ジョンタクを演じるのは『ハローゴースト』『血闘』のコ・チャンソク、ユジンの父ジンブを演じるのは『ヘッド』『クイック』のチュ・ジンモ、ユジンの姪ウンソを演じるのは『ハウスメイド (原題:下女)』『破壊された男』のアン・ソヒョン。

メンバーの死によって衰退したアイドルグループが、新メンバーの加入、グジュPDの復帰、パク社長の独立によって人気アイドルグループに成るが、それを大手音楽会社のサ社長が阻んでいく。サ社長の作戦によってグループの存続危機に直面し、グジュPDとメンバーの動向を中心に描いている。

全体像をみると音楽を主にした青春ドラマのようになっており、そこにグジュPDやパク社長やサ社長が絡むことで音楽業界の裏側をみせたり、芸達者な役者を使うことでコメディ要素を作り出している。ユジンの家族を中心にしたドラマをみせ、姉ミリ(チャン・ヨンナム)や父ジンブ(チュ・ジンモ)や姪ウンソ(アン・ソヒョン)やマネージャーのジョンタク(コ・チャンソク)たちとの出来事やリッキーの母子物語が含まれている。

ロックバンドとして売れたいユジンが、サ社長が企画しているバンドオーディションに応募したり、企画違いだけどパク社長が企画するオーディションに応募したりと必死な姿をみせている。ユジンは、バンド活動をしながら、旅行ガイドのアルバイトをしているのである。中華屋をしている父ジンブは、夢を追うユジンと対立しており、ユジン自身が求めている音楽性と現実のアイドルグループ加入での活動に納得がいっていないのだ。父と息子の対立をみせながら、ユジンの家族の物語をコメディ要素を含みながらみせている。ユジンのマネージャーをしているジョンタクが、ユジンの姉ミリや姪ウンソと仲良くなっていくサイドストーリーも混ぜて幅を広げている。家族の物語を入れているのが、リッキーと母との関係だろう。あと、スキャンダルが発覚してヒョニに妻と子供がいるのであるが、そこの物語がほとんどないのが寂しいところである。

サ社長の作戦によって、ミスターチルドレンを陥れてユジンのグループ脱退の危機までなってしまうのだ。ポジティブなパク社長、気持ちが切れるグジュPD、覚醒するユジン、パク社長の声に応える三人のメンバーの姿をそれぞれドラマチックに演出している。浮き沈みをみせることで、終盤の盛り上がりに繋がるのであろう。

ミスターチルドレンがメインで歌っているのが「SUMMER DREAM」という曲名である。これは日本の音楽バンドのTUBEの曲であり、歌詞を韓国語にし、アレンジをして歌っている。改めてTUBEって上手いのが確認できた。TUBEのコンサート(横浜スタジアム)に行ったことがあるので歌唱力と演奏力(サポートメンバー含む)が分かり、劇中の踊り&口パクのパフォーマンスがしょっぱく見えてしまった。一応エンディングのところだけは、バンド形態になって良く出来た演出になっている。あと、「Mr.Children」って日本の音楽バンドと同じ名称なんだけど、使っていいのかな。曲やグループ名ぐらいは、既存していないものにして欲しかったのでマイナス面になった。

音楽ものだから、歌手の出演が非常に目立つものになっている。ミスターチルドレンのライバルであるアイドルグループ「ワンダーボーイズ」(U-KISS)、女性歌手ミオ(ナム・ギュリ)、名前は知らないけどガールズグループが出演しており、韓国音楽に詳しい人なら興味深い作品かもしれない。

若者向けか韓国音楽好き向けの作品のように感じられる。期待していたコメディ要素もいま一歩といった感じであり、ドラマ要素であるアイドルグループ「ミスターチルドレン」とグジュPDにスポットを当て、悪者にサ社長がいるといった感じだ。個人的なことだが、韓国音楽に興味がないので、その部分の要素を楽しむことができなかった。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2012-04-05 20:48 | 694.Mr.アイドル
韓国映画レビュー その519 「食客」
TVドラマでも放送された「食客」。TVドラマは観ていないので比較ができない。昨年、日本で一般上映したから続編も上映するかな。続編の『食客:キムチ戦争』でも日本を絡めたものになっていたな。

b0097051_20213693.jpg食客
制作年:2007年
監督:チョン・ユンス
出演:キム・ガンウ、イム・ウォニ、イ・ハナ
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:韓国版DVD


幼い頃から、老舗料亭「雲岩亭」で料理の腕を磨きあった天才料理人ソン・チャン(キム・ガンウ)と店主オ・マンシク(キム・ジンテ)の孫オ・ポンジュ(イム・ウォニ)は、料理長の座をかけて勝負をする。ソン・チャンが提出したフグ料理は、毒処理がなぜか不十分だったことから、ソン・チャンは対決に敗れて料亭を去り、ポンジュが料理長の座を得た。五年後、日本人の藤原(村上ケンイチ)が韓国で記者会見をして、日本で発見された朝鮮王朝最後の王スンジョンに仕えた宮廷料理人が残した包丁を賞品として、文化庁共催で大規模な料理コンテストを行う。それによって、現代最高峰の料理人にこの包丁を正統な持ち主とする。テレビ局の女性プロデューサーのキム・ジンス(イ・ハナ)は、料理コンテストに天才料理人ソン・チャンを引きずり出そうと、彼が住んでいる田舎へ出向き、祖父(チョン・ジン)と雌牛と一緒に住んでいるソン・チャンを無理矢理出場させようとする。オ・ボンジュがこの料理コンテストに出場することで、ソン・チャンは仲間たちの後押しもあり、料理コンテストに出場することを決意する。果たして、現代最高峰の料理人は誰になるのかというお話。

監督は、『ベサメムーチョ』『僕の、世界の中心は、君だ。(原題:波浪注意報)』のチョン・ユンス監督。
出演は、天才料理人ソン・チャンを演じるのは『台風太陽』『野獣と美女』のキム・ガンウ、雲岩亭の料理長オ・ボンジュを演じるのは『シルミド』『クライング・フィスト (原題:拳が泣く)』のイム・ウォニ、テレビ局の女性プロデューサーのキム・ジンスを演じるのは本作スクリンデビューのイ・ハナ、ソン・チャンの助手ホソンを演じるのは『ナチュラル・シティ』『DMZ非武装地帯 追憶の三十八度線』のチョン・ウンピョ、オ・ボンジュの助手ウ・ジュンゴを演じるのは『タチャ イカサマ師 (原題:いかさま師)』『楽しき人生 (原題:楽しい人生)』のキム・サンホ、ソン・チャンの元同僚で友人チャン・ドッキを演じるのは『ブラザーフッド (原題:太極旗を翻して)』『私たちの幸せな時間』のチョン・ジン、ソン・チャンの祖父ソン・ヒョンを演じるのはベテラン俳優のチョン・ジン、オ・ボンジュの祖父マンシクを演じるのは『ボリウルの夏』『拍手する時に去れ』のキム・ジンテ。

漫画が原作になっているこの作品は、様々なエピソードを繋ぎ合わせたものに仕上がっており、映画として纏まりきれずに早送りのような形になっている。そのためか、立派な料理コンテストが開かれているのに、料理をあまり映すことがなく、手短に説明して進んでいるので、各料理に対しての美や味の余韻がなく、物足りなさがある。料理コンテストとしては、「鳥」「魚」「炭」「牛」といった感じでお題が決まり、それに沿って料理人たちは、その材料を使って料理していくのである。各々のテーマによって、人間関係を中心にしたエピソードが用意されており、人間ドラマを主としてストーリーが展開されていくのだ。

「雲岩亭」を辞めたソン・チャンは、祖父と二人で田舎暮らしをし、料理人でなく野菜を売る商売をしてオバサマたちから人気者なのだ。そんな平穏な暮らしに割り込んできたのが、テレビ局の女性プロデューサーのキム・ジンスであり、料理コンテストに出場させようと口説いているのだ。ソン・チャンを密着取材するキム・ジンスだったり、ソン・チャンと田舎で仲良くしているホソン(チョン・ウンピョ)が後にソン・チャンの助手になったり、「雲岩亭」を辞めて夫婦で食堂を営むソン・チャンの元同僚友人チャン・ドッキ(チョン・ジン)といった仲間たちが集まり、ソン・チャンを手助けしていくのである。

複数のエピソードとして、「炭」をテーマにした料理のときに炭火職人の死刑囚に会いにいったり、炭火職人の人生を描いていたり、「牛」をテーマにした料理のときに飼っていた雌牛を食材にしたり、ライバルのオ・ボンジュの助手ウ・ジュンゴ(キム・サンホ)とソン・チャンの助手ホソンとの軍隊時代仲間のラーメン味物語、ソン・チャンの祖父が呆けているのがある精神的ダメージによるものだったり、スンジョンに仕えた宮廷料理人の秘密といった多くのものがある。それぞれのエピソードは、人間関係及び人間と動物との関係を描いたドラマになっており、料理コンテストよりもこちら側の方が面白くなっている。

どうしても避けられないのが日本との歴史を語るところであろう。韓国映画でお約束のように登場する「スンマソン日本人」が、ご先祖さまがしたことに対して謝っているけれど、なんで謝る必要があるのかと感じてしまう。料理コンテストの最終決戦で、ソン・チャンとオ・ボンジュのガチンコ勝負になるのであるが、勝敗のカギが歴史的背景になっているので、それでいいのであろうかと疑問に感じてしまう。自尊史観が強調されており、客観的な「食」の勝負から方向がずれてしまった感じがする。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-07-26 20:32 | 519.食客
韓国映画レビュー その424 「タチマワ・リー -悪人よ 地獄行急行列車に乗れ」
したまちコメディ映画祭の総合プロデューサーのいとうせいこうが、本作品の字幕監修をして上映した。翻訳はねもとさんだけど、所々でいとうせいこうっぽい表現が出ており、笑いのセンスがみられた。上映終了後に、司会者といとうせいこうが登場して、字幕に関することや作品に関することをコメントしていた。もう一度、いとうせいこう字幕監修版を上映してほしいなぁ。
司会者が主人公イム・ウォニのことを石原裕次郎のモノマネ芸人「ゆうたろう」に似ていると何度も言っていたが、やっぱり一般人からするとイム・ウォニは無名マイナー俳優になるのかな。

b0097051_16345796.jpgタチマワ・リー -悪人よ 地獄行急行列車に乗れ
制作年:2008年
監督:リュ・スンワン
出演:イム・ウォニ、コン・ヒョジン、パク・シヨン、ファン・ボラ
ジャンル:アクション、コメディ
鑑賞:第2回したまちコメディ映画祭


1942年、機密文書が収められた朝鮮の国宝である仏像が盗まれた。その仏像を取り返すために、女性諜報員クム・ヨンジャ(コン・ヒョジン)が東京に向かったが、ミッション中に姿を消してしまった。そこで、朝鮮臨時政府は伝説的なスパイのタチマワ・リー(イム・ウォニ)に依頼して、新しい相棒の女性諜報員マリ(パク・シヨン)と一緒に仏像の行方を追って満州に向かった。彼らは最初のミッションに失敗して、タチマワ・リーは記憶を失ってしまい、相棒マリと逸れてしまう。タチマワ・リーは、一人で敵のところに乗り込んでいくのである。果たして、タチマワ・リーは記憶を取り戻し、機密文書が収められた仏像を取り戻すことができるのかというお話。

監督は、『クライング・フィスト (原題:拳が泣く)』『相棒 シティ・オブ・バイオレンス』のリュ・スンワン監督。
出演者は、伝説的なスパイのタチマワ・リーを演じるのは『死んでもハッピーエンド (原題:死んでもハッピーエンディング)』『食客』のイム・ウォニ、女性諜報員クム・ヨンジャを演じるのは『家族の誕生』『M』のコン・ヒョジン、女性諜報員マリを演じるのは『九尾狐家族』『愛 サラン』のパク・シヨン、少女を演じるのは『よいではないか』『ラヂオ・デイズ』のファン・ボラ、中国人ワンを演じるのは『よいではないか』『ファム・ファタール (原題:無防備都市)』のキム・ビョンオク、怪しい諜報員タマネギを演じるのは『ハミング』『ワンス・アポン・ア・タイム』のキム・スヒョン、真相6号を演じるのは『食客』『ワンス・アポン・ア・タイム』のアン・ギルガン、国境山猫を演じるのは『死生決断』『ラヂオ・デイズ』のリュ・スンボム、マダム・チャンを演じるのは『シングルズ』『奇跡の夏 (原題:アンニョン、兄ちゃん)』のオ・ジヘ。

2000年に制作した短編を長編作品としてセルフ・リメイクした作品。伝説のスパイであるタチマワ・リーが、機密文書と女性諜報員ヨンジャの行方を探すスパイコメディである。「007シリーズ」や「オースティン・パワーズ」っぽいところ、香港映画や日本映画っぽいところ、昔の韓国映画っぽいところ、といった様々な要素を含んでいる。日本、満州、上海、アメリカ、スイスと世界中を飛びまわるところが良く、それぞれの場所でタチマワ・リーが活躍しているのだ。

序盤でマダム・チャン(オ・ジヘ)が機密文書が収められた仏像を奪うところから始まり、朝鮮臨時政府は彼女を探すために諜報員を使って奪還しようとする。タチマワ・リーに依頼するときには、彼の実力を確かめようと、和服姿の男たちと戦うのであるが、決め技が下品なのだ。確かにタチマワ・リーは強いのであるが、反則技のような下品な行動が目立ってしまう。そこがコメディ要素として強調されており、ときには正統な技で敵と戦うので、バランスよく戦っているのである。携帯用オシュレットみたいな特殊武器で水攻撃したり、大量のよだれ&鼻水を顔面付近に垂らしたりと、笑いのツボが合えばかなり笑えるだろう。

朝鮮臨時政府の敵となっているのが、日本軍人や中国人ワン(キム・ビョンオク)や怪しい諜報員タマネギ(キム・スヒョン)などである。彼らの会議シーンが何度も挿入されており、滅茶苦茶な日本語や中国語で会話しているので、適当すぎてかなり笑えるのである。いとうせいこうが字幕監修をしていることもあり、上手く日本語字幕を作っており、「~アル」とかカタカナを入れたり、何を話しているのか理解できるようにしている。音声と英語字幕と日本語字幕を同時に見聞きするとかなりおもしろく感じるだろう。

変装の名手である女性諜報員ヨンジャの登場によって、中盤から終盤はタチマワ・リーとのコンビで戦っていくのである。二人が揃うことで、ストーリーが更にパワーアップするようになっており、終盤の展開も楽しめるようになっている。ある人物が敵だったり、ヨンジャだけでなくタチマワ・リーも変装したりと見せ場があるのだ。

エンディングでは昔の香港映画みたいにNGシーンをみせながら、失敗シーンを面白可笑しくみせている。いろいろな要素を取り入れているので、評価に個人差がでるだろう。個人的には、リュ・スンワン監督の作品の中で一番面白かった気がする。過去のリュ・スンワン監督の作品で面白いと思ったことがなかったので。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-09-28 16:53 | 424.タチマワ・リー
韓国映画レビュー その384 「死んでもハッピーエンド (原題:死んでもハッピーエンディング)」
ブラックコメディが好きな人は気に入る作品かもしれない。多少、下ネタがあるのでそれも受け入れることができれば。

b0097051_1085070.jpg死んでもハッピーエンド (原題:死んでもハッピーエンディング)
制作年:2007年
監督:カン・ギョンフン
出演:イェ・ジウォン、イム・ウォニ、チョ・ヒボン、パク・ノシク
ジャンル:コメディ
鑑賞:日本版DVD


クリスマスの夜、カンヌ映画祭で主演女優賞の知らせを受けた女優ジウォン(イェ・ジウォン)は、授賞式に出席するため数時間後には飛行機に搭乗しなければならない。ジウォンは、マネージャーのドゥチャン(イム・ウォニ)と一緒にマンションに帰宅したとき、在米韓国人デニス(リチャード・キム)、暴力団ボスのチェ社長(チョ・ヒボン)、ジウォン出演作のパク監督(パク・ノシク)、大学教授のユ教授(チョン・ギョンホ)が同時に訪ねてきた。彼女とクリスマスを過ごし、プロポーズをするために集まった四人であった。更に、ジウォンのマンションの前には、暴力団ボスのチェ社長の部下二人が車で待っていたり、最近出没するサンタの衣装を着た泥棒(ウ・ヒョン)を捕まえるために二人の刑事が車で張り込みをしている。四人の男とジウォンとの話し合いは平行線のままになり、リビングでジウォンとデニスが二人っきりになったとき、ちょっとした事故でデニスは死んでしまった。ジウォンはデニスの死体を隠そうとするが、次々とトラブルが起こり、次々と訪問客が死んでいく。更に、思いも寄らない訪問客が訪れてくることで、ジウォンと死体遺棄を手伝うマネージャーのドゥチャンが必死に隠そうとする。果たして、ジウォンのマンションに多くの訪問客が訪れるなかで、ジウォンたちはこのピンチを乗り越えることができるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のカン・ギョンフン監督。
出演者は、女優ジウォンを演じるのは『オールド・ミス・ダイアリー 劇場版』『まぶしい日に』のイェ・ジウォン、ジウォンのマネジャーのドゥチャンを演じるのは『シルミド』『クライング・フィスト (原題:拳が泣く)』のイム・ウォニ、暴力団ボスのチェ社長を演じるのは『明るい家族計画 (原題:よい暮らしをして見よう)』『花嫁はギャングスター ソウルウエディング (原題:極道の妻3)』のチョ・ヒボン、ジウォン出演作のパク監督を演じるのは『グエムル』『カンナさん大成功です! (原題:美女はつらいの)』のパク・ノシク、大学教授のユ教授を演じるのは『甘く、殺伐とした恋人』『角砂糖』のチョン・ギョンホ、在米韓国人デニスを演じるのは本作スクリンデビューのリチャード・キム、ジウォンの妹ウンジを演じるのは『甘く、殺伐とした恋人』『妻の恋人に会う』のチョ・ウンジ、同じ映画出演者ドゥホンを演じるのは『相棒 シティ・オブ・バイオレンス』『1番街の奇跡』のチョン・ドゥホン。

ジウォンの心を射止めようとする四人が死亡し、死体を隠そうとするジウォンとドゥチャンを面白く描いたブラックコメディ作品であろう。

在米韓国人デニスが足を滑らせて冷凍魚に刺さって死んでしまうところから、死の連鎖が始まっていき、デニスの死体を隠そうとユニットバスに運ぶがユ教授に出くわすことで、ユ教授は便器に頭を突っ込んだ形で溺死、パク監督は階段から突き落とされて転落死、チェ社長は三人の死体をみて逃げようとするが結局タンスが倒れてきて押し潰された形で死んでしまう。四人が死ぬまでに、ドゥチャンがジウォンに協力するプロセス、ジウォンとドゥチャンの必死な行動、トイレを借りにくる刑事たちとのやりとり、四人の死に様をみていた泥棒、といった笑いを入れながら進行していく。

パロディ要素を取り入れているところがあり、デニスの冷凍魚で死ぬところはキム・ギドク作品『ワイルド・アニマル (原題:野生動物保護区域)』をパロったり、死体を隠そうとするのは『甘く、殺伐とした恋人』をパロったり、終盤でみせる壊れたテレビから長髪の人間が現れる『リング』をパロったりしている。キム・ギドク作品のパロディのところは意図的にしているのがわかり、チェ社長の部下二人が車の中でキム・ギドクの批評をしており、「魚と寝る女は怖かった」「妙な映画ばかりだな」という会話は笑ってしまった。『甘く、殺伐とした恋人』は、デニスが死ぬまえにジウォンがテレビで観ているシーンが伏線だろう。気づかないだけで、他にもパロディ要素を取り入れているかもしれない。だって、パロディ映画『おもしろい映画』のイム・ウォニが、この作品に出演しているから。

ストーリー展開としては、テンポよく進行しており、新たな者たちの登場によって面白く演出している。妹ウンジ(チョ・ウンジ)が数回かジウォンに電話をかけてくるところが伏線になっており、中盤以降にド派手なファッションで現れたり、映画の共演者ドゥホン(チョン・ドゥホン)や映画プロデューサーや音楽隊などがジウォンのマンションに集結してからが、この作品の第二ラウンドといった感じだ。そこに刑事たち、泥棒、部下ヤクザたちが絡んできたり、死んだと思っていた人物の行動があったりアイデアを豊富に使い込んでいる。

主人公イェ・ジウォンの役名が本名と同じだったり、マネージャーのドゥチャンの苗字が「イム」という点も本名と同じだったり、妹ウンジや映画共演者ドゥホンも本名と同じなところをみると、笑いのネタとしているのであろう。

コメディとして笑えるところと笑えないところがあるので、笑いのセンスとしては微妙な感じだ。でもストーリーの進行は、これでもかといった感じでスピード感があるので観やすかった。ブラックコメディだからこそ、本題名がちょっと変わっているのが納得できるところだ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-05-16 10:26 | 384.死んでもハッピーエンド
イム・ウォニ
b0097051_20591286.jpgイム・ウォニ
임 원희
1970年10月11日生

<映画出演作品>
b0097051_210083.jpgあきれた男たち
制作: 1998年韓国  監督: チャン・ジン
出演: チェ・ジョンウォン、ヤン・テクチョ 他
b0097051_2101847.jpgSPY リー・チョルジン 北朝鮮から来た男
制作: 1999年韓国  監督: チャン・ジン
出演: ユ・オソン、パク・イナン、パク・チニ 他
b0097051_2103438.jpgダイ・バッド ~死ぬか、もしくは悪になるか~
制作: 2000年韓国  監督: リュ・スンワン
出演: リュ・スンワン、パク・ソンビン、リュ・スンボム 他
b0097051_2104824.jpgゴーストタクシー
制作: 2000年韓国  監督: ホ・スンジュン
出演: イ・ソジン、イム・ホ、チェ・ユジョン 他
b0097051_2242022.jpgタチマワ・リー (短編)
制作: 2000年韓国  監督: リュ・スンワン
出演: イム・ウォニ、イ・ユンソン、ハン・スンヒ 他
b0097051_2245466.jpgカミングアウト (短編)
制作: 2000年韓国  監督: キム・ジウン
出演: シン・ハギュン、ク・ヘジュ 他
b0097051_211339.jpgガン&トークス
制作: 2001年韓国  監督: チャン・ジン
出演: シン・ヒョンジュン、シン・ハギュン、ウォンビン、チョン・ジェヨン 他
b0097051_2112156.jpgこれが法だ
制作: 2001年韓国  監督: ミン・ビョンジン
出演: イム・ウォニ、キム・ミンジョン、シン・ウンギョン 他
b0097051_2113724.jpg血も涙もない
制作: 2001年韓国  監督: リュ・スンワン
出演: チョン・ドヨン、イ・ヘヨン、チョン・ジェヨン、リュ・スンボム 他
b0097051_2115381.jpgおもしろい映画
制作: 2002年韓国  監督: チャン・ギュソン
出演: キム・スロ、イム・ウォニ、キム・ジョンウン 他
b0097051_2143416.jpg聞くなファミリー
制作: 2002年韓国  監督: パク・サンウォン、パク・クァンヒョン、イ・ヒョンジョン
出演: チョン・ジェヨン、チャン・シニョン、リュ・ドックァン、キム・イルン、パク・ソニョン 他
b0097051_2151294.jpgシルミド
制作: 2003年韓国  監督: カン・ウソク
出演: ソル・ギョング、アン・ソンギ、ホ・ジュノ 他
b0097051_2152813.jpgラブリー・ライバル (原題:女先生 VS 女弟子)
制作: 2004年韓国  監督: チャン・ギュソン
出演: ヨム・ジョンア、イ・セヨン、イ・ジフン 他
b0097051_2154231.jpgクライング・フィスト (原題:拳が泣く)
制作: 2005年韓国  監督: リュ・スンワン
出演: チェ・ミンシク、リュ・スンボム 他
b0097051_2253764.jpgコマ (TV映画)
制作: 2005年韓国  監督: コン・スチャン、ユン・ジュンソク、チョ・キュオク、キム・ジョング
出演: イ・セウン、ミョン・ジヨン、イム・ウォニ、イ・ヨンジン、イ・ジョンホン、チャ・スヨン 他
b0097051_2155868.jpg食客
制作: 2007年韓国  監督: チョン・ユンス
出演: キム・ガンウ、イム・ウォニ、イ・ハナ 他
b0097051_11235822.jpgパンチ・レディー
制作: 2007年韓国  監督: ユ・ウンジョ
出演: ト・ジウォン、ソン・ヒョンジュ、パク・サンウク 他
b0097051_013353.jpg
制作: 2007年韓国  監督: イ・ミョンセ
出演: カン・ドンウォン、イ・ヨニ、コン・ヒョジン 他
b0097051_2163694.jpg死んでもハッピーエンド (原題:死んでもハッピーエンディング)
制作: 2007年韓国  監督: カン・ギョンフン
出演: イェ・ジウォン、イム・ウォニ、リチャード・キム、チョ・ヒボン 他
b0097051_16431730.jpgタチマワ・リー -悪人よ 地獄行急行列車に乗れ
制作: 2008年韓国  監督: リュ・スンワン
出演: イム・ウォニ、コン・ヒョジン、パク・シヨン、ファン・ボラ 他
b0097051_17111152.jpg黄金時代
制作: 2009年韓国  監督: 多数
出演: 多数 他
b0097051_23212268.jpg大韓民国1%
制作: 2010年韓国  監督: チョ・ミョンナム
出演: ソン・ビョンホ、イム・ウォニ、イ・アイ 他
b0097051_22194523.jpg素足の夢
制作: 2010年韓国  監督: キム・テギュン
出演: パク・ヒスン、コ・チャンソク 他
b0097051_11384129.jpgクイズ王
制作: 2010年韓国  監督: チャン・ジン
出演: キム・スロ、ハン・ジェソク、リュ・スンニョン、チャン・ヨンナム、リュ・ドックァン 他
b0097051_16395633.jpg逮捕王
制作: 2011年韓国  監督: イム・チャニク
出演: パク・チュンフン、イ・ソンギュン、イ・ソンミン 他
b0097051_13204550.jpgMr.アイドル
制作: 2011年韓国  監督: ラ・ヒチャン
出演: パク・イェジン、チ・ヒョヌ、キム・スロ 他
b0097051_21495525.jpg私は王である
制作: 2012年韓国  監督: チャン・ギュソン
出演: チュ・ジフン、ペク・ユンシク、ビョン・ヒボン 他
b0097051_22525745.jpgミナ文房具店
制作: 2013年韓国  監督: チョン・イクファン
出演: チェ・ガンヒ、ポン・テギュ 他
b0097051_2254866.jpgフェニックス ~約束の歌~ (原題:熱いアンニョン)
制作: 2013年韓国  監督: ナム・テクス
出演: イ・ホンギ、マ・ドンソク、ペク・チニ、イム・ウォニ 他
b0097051_22531353.jpg怖い話2
制作: 2013年韓国  監督: チョン・ボムシク、キム・フィ、キム・ソンホ、ミン・ギュドン
出演: コ・ギョンピョ、キム・ジウォン、ペク・チニ、キム・スルギ、チョン・インソン、ソンジュン、イ・スヒョク 他

[PR]
by nameinuuuu | 2007-09-07 00:16 | 俳優_FILE
韓国映画レビュー その195 「クライング・フィスト (原題:拳が泣く)」
現在劇場公開中の『相棒 シティ・オブ・バイオレンス』の一つ前のリュ・スンワン監督作品。過去の作品も鑑賞した結果でわかったことは、個人的にリュ・スンワン監督の作品が苦手みたいだ。

b0097051_16571784.jpgクライング・フィスト (原題:拳が泣く)
制作年:2005年
監督:リュ・スンワン
出演:チェ・ミンシク、リュ・スンボム、イム・ウォニ、ピョン・ヒボン
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:日本版DVD


かつてはアジア大会のボクシング銀メダリスで人気ボクサーのカン・テシク(チェ・ミンシク)が、事業に失敗して多額の借金を抱えてしまい、妻と息子にも逃げられてしまった。テシクは食べる資金もなくなり、食べていくために路上で殴られ屋をして生活をする。一方、ユ・サンファン(リュ・スンボム)は父と祖母と暮らしており、喧嘩やカツアゲばかりの日々を送っていたが、金持ちの老人をターゲットに強盗したが失敗して少年院に送られた。サンファンは少年院の中でちょっかいをしてきたボクシング部のクォンノク(キム・スヒョン)と殴り合いの喧嘩になり、その戦いをみていた刑務官がサンファンをボクシング部に入ることを薦める。ボクシングに興味がなかったサンファンで、腕力に自信があり、クォンノクを相手にリングに上がるとボコボコにやられてしまった。サンファンは次第にボクシングの魅力にひかれていった。そのような二人が、人生のどん底にいた元銀メダリスの40歳テソクと人生の再スタートをきる若きサンファンが、新人王戦で対決するお話。

監督は、『血も涙もない』『ARAHAN アラハン』のリュ・スンワン。出演者は、元ボクシングの銀メダリスで今は殴られ屋のテシクを演じるのは『酔画仙』『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク、少年院のボクシング部のサンファンを演じるのは『品行ゼロ』『ARAHAN アラハン』のリュ・スンボム、テシクの後輩ウォンテを演じるのは『これが法だ』『シルミド』のイム・ウォニ、サンファンのコーチになったパクを演じるのは『ぼくらの落第先生 (原題:先生キム・ボンドゥ)』『ラブリー・ライバル (原題:女先生 VS 女弟子)』のピョン・ヒボン、サンファンの祖母を演じるのは『クワイエット・ファミリー』『英語完全征服』のナ・ムニ。

過去の栄光は今はもうなく借金まみれで妻と息子と別居して殴られ屋で生活をするテシク、喧嘩ばかりの生活でついに少年院に送られボクシングに目覚めたサンファン、二人の人生を交互に描き、二人が困難を乗り越えて対決するまでを描いたものだ。構成としては、テシクとサンファンはそれぞれ交互にストーリーが進んでいく。だからテシクとサンファンはそれぞれ接点がなく、二人が出会うのは最後のボクシング新人王での対決のときだけだ。テシクとサンファンの人生を別々に描き、二人の生きかた、肉親との関係、それぞれのコーチとの仲から人間ドラマを表現している。

テシクは、すべてを失い殴られ屋をしていたところにTVの取材班にリポートされて一時は有名になったが、そこからプロのボクサーに復帰するのである。お金もないためセコンドが雇えないが、後輩ウォンテの優しさによって彼が引き受けてくれる。ボロボロのテシクを近くでずっとみていた後輩ウォンテの男の友情がみえるのだ。なによりも息子を愛しているのだが、なかなか会えない苛立ちがある。妻も交際している男性がいて、その男性は経済的に安定していることでテシクから心が離れかけている。悪条件が重なっていくことで今後妻が再婚するような状況になっていくと愛する息子に今以上に会えなくなるのである。テシクは、自分がボクサーとしての復活よりも妻や息子のために戦うのがわかる。

サンファンは、父と祖母と一緒に生活していても父とはあまりよい関係ではなかった。少年院に送られて、父は差し入れをしてくれることに徐々に父に心を開き始めようとする矢先に事故で亡くなり、サンファンの心に変化がおきた。少年院のボクシング部を仕切るパクに自分の気持ちを伝えサンファンはボクシングに熱中していき、残された肉親の祖母、亡くなった父のために戦うのである。

このような二人が新人王戦まで、一回戦から順々に戦いをみせて、決勝戦で二人は対決する。ボクシングを通じて人生の再起を願う二人、肉親やコーチらの人情をみせて感動を与えようとしている。褒める点としては対決する二人が最後まで会わないことで二人の主人公を見せていることだ。両方に感情移入させて、どっちにも勝たせてあげたい気持ちにさせていることである。人情の表現力がもう一歩なために感情移入しきれないところもあった。マイナスな点としては一回戦から決勝戦までのボクシングの対決シーンに臨場感にかけていたところである。映画でボクシングをテーマにしている作品が多いことで比較すればわかるはすだ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2007-03-25 17:05 | 195.クライング・フィスト
韓国映画レビュー その58 「美しい夜、残酷な朝」
b0097051_18463265.jpg
美しい夜、残酷な朝 (原題:スリー・モンスター)
制作年:2004年
監督:三池崇史、パク・チャヌク、フルーツ・チャン
出演:長谷川京子、渡部篤郎、イ・ビョンホン、カン・ヘジョン、イム・ウォニ、ミリアム・ヨン、レオン・カーフェイ、バイ・リン
ジャンル:ホラー
鑑賞:一般上映 (日本)


日本・韓国・香港の共同製作で手掛けられたホラーオムニバス。『着信アリ』の三池崇史、『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク、『メイド・イン・ホンコン』のフルーツ・チャン、3人の監督が人間の深い欲望を描く。

■第一話『dumplings』
香港映画、監督は、フルーツ・チャン、出演は、ミリアム・ヨン、バイ・リン、レオン・カーファイ。

リー夫人は、若返りの力を持った餃子を作るメイの部屋を訪れる。メイは、見た目は30歳前にみえる女性であるが実はかなり年をとっていると本人が言う。餃子のおかげであると豪語する。若い時に有名俳優だったリー夫人は、若い女に会う夫のせいで、さびしさと嫉妬をしており若くなりたい欲望があった。毎日餃子を食べた彼女は、若さを取り戻した。ある日、リー夫人はその餃子の秘密を知ってしまう。餃子の具は堕胎した胎児で作られている。だが、もうリー夫人は中毒になってしまった。
香港では、今回の短編とはエンディングも展開も違う90分のロングバージョンが存在する。メイが餃子を作っているシーンやリー夫人が餃子を食べるシーンがちょっとグロテスクかもしれない。そして、女子高生が中絶するシーンやその女子高生の家族模様、その後のリー夫人の行動も恐怖に怯える。三本中で一番怖くて面白い作品である。


■第二話『box』
日本映画、監督は三池崇史、出演は、長谷川京子、渡部篤郎。

原稿を手書きする謎の美人作家の彼女ショウコ(長谷川京子)は担当編集者(渡部篤郎)の好意に対しても全く心開く様子がない。突然、17年前に死んだはずの双子の姉キョウコが尋ねて来た。過去に、サーカス団員である双子の姉妹ショウコとキョウコは、父(渡部篤郎)とサーカスのショーを開いていた。父は姉のキョウコばかり愛情を注ぐのをみて嫉妬から、ショウコが原因で火事を起こしてキョウコは死んでしまう。そんな過去があるショウコのもとに姉が現れる。
監督は、静かで張りつめるような感じを表現したかったのだろう。会話が少ないのでサイレント映画に感じてしまう。ストーリーとしては、恐怖はまるで感じない。出演者の長谷川京子と渡部篤郎で注目を集めている感じがする。


■第三話『cut』
韓国映画、監督はパク・チャヌク、出演は、イ・ビョンホン、カン・ヘジョン。

才能があり、裕福で善良な人気映画監督(イ・ビョンホン)。彼が帰宅すると、ピアニストの彼の妻(カン・ヘジョン)をピアノ線でしっかり縛り、ピアノの前に座らされている。怪しい男が、映画監督の家を占拠して、路上から連れて来た子供を縛りつけて、子供を殺さなければ妻の指を切ると脅す。映画監督は、妻の指か、子供の命か、どっちをとるか。
『オールド・ボーイ』を作った監督だけあって、内側からくる恐怖をうまく表現している。怪しい男や路上で連れてきた子供の正体がポイント。金をかけていないようにみえるし、ストーリーだけでひきつけるこのシナリオはすばらしい。


三本とも、それぞれ特徴をもった作品であるが香港映画と韓国映画の出来がいいので、日本映画のダメっぷりが目立ってしまった。
日本でも大人気のイ・ビョンホンがノーギャラで出演しているのは驚きである。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-06-07 18:55 | 58.美しい夜、残酷な朝