韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:イェ・ジウォン ( 9 ) タグの人気記事
韓国映画レビュー その700 「チョコレート・バトラー THE KICK (原題:キック)」
タイと韓国の合作もの。

b0097051_186142.jpgチョコレート・バトラー THE KICK (原題:キック)
制作年:2011年
監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演:チョ・ジェヒョン、イェ・ジウォン、ペットターイ・ウォンカムラオ、ジージャー・ヤーニン・ウィサミタナン、ナ・テジュ、Kキム
ジャンル:アクション
鑑賞:日本版DVD


テコンドー世界大会で韓国代表選手として出場したムン(チョ・ジェヒョン)は男子準優勝、ミジャ(イェ・ジウォン)は女子優勝の成績を残す。大会から20年が過ぎた現在、ムンとミジャはタイのバンコクに移住し、長男テヤン(ナ・テジュ)、長女テミ(Kキム)、次男テプン(トンズィーフ・スジョントジャントン)の三人の子供を持つ親である。ムンは師範としてテコンドー道場を開き、ミジャは韓国料理店を経営し、三人の子供たちはムンからテコンドーを教わっている。ある日、タイの国宝のひとつで王朝の秘剣が返還されたことがテレビのニュースで報道され、3000万ドルの価値があり、この剣を所有する者は世界を支配すると言い伝えがある。その剣が盗まれる事件が起こり、その犯人の強盗団を目撃した長男テヤンは事件に遭遇し、偶然そこに通りかかった長女テミも加わり、強盗団と戦ってその剣を取り戻した。更に強盗団の仲間の車が、ムンとミジャと次男テプンが乗る車にぶつかり、その後カーチェイスになり、強盗団の仲間が道を塞がれたことで車を棄てて逃亡していった。王朝の秘剣が戻ったことで、ムンたち韓国人一家はタイ国の関係者たちから歓迎されたが、この事件によって強盗団から襲われるようになる。強盗団が自宅に襲撃してきたことで、ムンとミジャは子供たち三人をタイ人の友人モム(ペットターイ・ウォンカムラオ)の家に預け、ムンとミジャは仕事があるから自宅に留まる。動物園を経営しているモムは、姪のワワ(ジージャー・ヤーニン・ウィサミタナン)と一緒に生活しており、三人の子供たちがやってきたのを歓迎する。テコンドーの稽古をする子供たち三人は、ワワがムエタイの達人で強いので興味を持つ。子供たち三人とモムとワワは、楽しい時間を過ごしていた。そんなとき、強盗団は子供たちの居場所をつきとめて襲撃を企んでいる。強盗団との戦いに巻き込まれていく韓国人一家とタイ人一家のお話。

監督は、『トム・ヤム・クン!』『チョコレート・ファイター (原題:チョコレート)』のプラッチャヤー・ピンゲーオ監督。
出演は、韓国人一家の父ムンを演じるのは『マリン・ボーイ』『執行者』のチョ・ジェヒョン、韓国人一家の母ミジャを演じるのは『夏夏夏』『月の光をくみ上げる』のイェ・ジウォン、動物園経営者のタイ人モムを演じるのは『マッハ!弐 (原題:オンバック2)』『マッハ!参 (原題:オンバック3)』のペットターイ・ウォンカムラオ、モムの姪でタイ人ワワを演じるのは『チョコレート・ファイター (原題:チョコレート)』『チョコレート・ソルジャー (原題:ジージャー強情で美しく荒々しい)』のジージャー・ヤーニン・ウィサミタナン、韓国人一家の長男テヤンを演じるのは『ヒーロー』のナ・テジュ、韓国人一家の長女テミを演じるのは本作スクリンデビューのKキム、韓国人一家の次男テプンを演じるのはトンズィーフ・スジョントジャントン、強盗団ボスのサックドゥーを演じるのはイ・グァンフン。

王朝の秘剣を盗もうとする強盗団ボスのサックドゥー(イ・グァンフン)とその仲間たちが、韓国人一家に阻まれたことで、ある計画を企んで韓国人一家を利用して、王朝の秘剣を手に入れようとしていくのである。

出演者をみると、韓国側にチョ・ジェヒョンとイェ・ジウォン、タイ側にペットターイ・ウォンカムラオとジージャー・ヤーニン・ウィサミタナンと両方とも有名俳優を起用しているから、彼らが主役かと思いきや実のところ長男テヤンと長女テミがメインになっている。そして、悪役となっているのが韓国語を話す強盗団ボス、女中堅ボス、現地マフィア部隊である。

冒頭に若い頃の父ムンと母ミジャのテコンドー世界大会の試合の行方をみせ、母ミジャが優勝し、父ムンが相手の反則気味な行為もあって決勝で敗れて準優勝になり、その結果を引きずって現在へと流れていくのである。父ムンは、自分の道場で長男テヤン(兄)と長女テミ(妹)、年の離れた幼児の弟テプンにテコンドーを教えているのである。父ムンは、世界大会で自分が果たせなかった夢を長男テヤンに託しており、厳しく稽古する。スポーツ好きの長女テミは楽しくやっているが、長男テヤンは迷いながらやっているのである。長男テヤンは、父ムンからのプレッシャーを感じながら、歌手になりたい自分の夢と葛藤しているのである。ダンスミュージックを聴いたり、音楽に合わせて踊ったり、父に黙って歌手のオーディションに受けたり、自分の道を作ろうと悩むのである。父と息子が対立することで家族内で亀裂が生じたり、家族の危機によって二人が分かり合うのである。ドラマ的な面としてはこの点であり、そこに母が両者の気持ちを知りながら支えている。

強盗団の自宅襲撃によってモムとワワが暮らす動物園に舞台が移り、三人の子供たちが自然と触れ合いながらの生活が始まるのである。動物を使ってコメディタッチに描いた形になっており、平穏な風景を映しているようであるが、終盤の伏線をここでしているのだ。長男テヤンがオーディションに出かけている間、強盗団が動物園にやってきて襲撃し、長女テミとワワで応戦するがやられてしまい、次男テプンが捕らわれてしまい、次男テプンの保護のため取引させられ、物語が大きく動いていくのである。

中盤から終盤は、王朝の秘剣の所持の行方によって、強盗団と韓国人一家&タイ人一家(愉快な仲間たちも含む)の全面対決へと流れていくのである。この監督の特徴でもある体当たりのアクションに仕上がっており、タイ映画のアクションものになっている。エンディングロールに撮影現場での風景が映されており、傷の絶えないアクションになっており、格闘シーンで本当に当たっている所をみせているのだ。格闘アクションを主にして、これにコメディ要素をちょっと強めに入れ、ダンスをしながらの蹴り技やテコンドーの技を使った攻撃で韓国色を混ぜた感じになっている。

言語構成も変わっており、韓国語、タイ語、英語が使われている。台詞は、韓国人一家や強盗団ボスが韓国語とタイ語、モムやワワや現地マフィア部隊がタイ語、テレビから流れるニュースなどで英語が話されている。韓国人とタイ人の間での会話は、タイ語が中心になっており、韓国人一家の中での会話は韓国語になっている。

ちょっと感じたことで、タイ映画をよく観る人なら、ワワを演じるジージャー・ヤーニン・ウィサミタナンの無駄遣いと思うかもしれない。しかも、ムエタイの達人という設定なのにあまり強くない。韓国版も観たが、日本版では長男テヤンとワワの交流シーンがカットされているのに気づいた。どちらのバージョンでも無駄遣いは変わらないだろう。タイ版は未見なので、どうなっているのか観てみたい。

合作ということで、異文化の融合というところもあり、ちょっと変わった感じの作品にみえた。プラッチャヤー・ピンゲーオ監督が、韓国人キャストを中心にした形で構成していることで、今までの作品と変化している。所々にコメディ要素を入れ、激しいアクションものになっているので、一昔前の香港映画を思い出す。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2012-05-10 18:21 | 700.チョコレート・バトラー
韓国映画レビュー その638 「かわいい」
b0097051_18145759.jpgかわいい
制作年:2004年
監督:キム・スヒョン
出演:キム・ソックン、チョン・ジェヨン、イェ・ジウォン
ジャンル:コメディ
鑑賞:韓国版DVD


ソウルのチョンゲチョンで、三人の親子が貧乏なアパート暮らしをしている。女性に免疫がないバイク配達員の長男フッカシ(キム・ソックン)、親孝行者でレッカー運転手をしている次男ケコ(ソヌ)、過去にカルト宗教の教祖であった父スロ(チャン・ソヌ)。刑務所から出所した暴力団員の三男ムォシギ(チョン・ジェヨン)は、親分フンタク(キム・ジュンベ)の下で働いており、父や兄が住むアパートに出入りする。教祖だった父スロが、女性信者に子供を生ましたことで、三人の兄弟たちは全員母親が違う。ある日、次男ケコが住所不定の女性スニ(イェ・ジウォン)を車に乗せて、家まで連れてきた。スニは、そのまま家に居座ってしまい、四人の男たちがメロメロになってしまい、振り回されてしまうお話。

監督は、本作デビュー作のキム・スヒョン監督。
出演は、長男フッカシを演じるのは『燃ゆる月』『TUBE』のキム・ソックン、三男ムォシギを演じるのは『シルミド』『小さな恋のステップ (原題:知り合いの女)』のチョン・ジェヨン、スニを演じるのは『気まぐれな唇 (原題:生活の発見)』『大韓民国憲法第1条』のイェ・ジウォン、父チャン・スロを演じるのは映画監督のチャン・ソヌ、次男ケコを演じるのは本作デビュー作のソヌ、暴力団のマンネを演じるのは『ボス上陸作戦』『ファミリー (原題:家族)』のパク・ヒスン、ミス・ソウルのソ・ウンギョンを演じるのは『パラダイス・ヴィラ』『イエスタディ』のイ・ジソン、暴力団親分のフンタクを演じるのは『ジャングル・ジュース』『黒水仙』のキム・ジュンベ、ピョンアリを演じるのは『Rポイント』『スパイダー・フォレスト 懺悔 (原題:蜘蛛の森)』のキム・ヒジョン。

主人公である親子たちが住んでいるソウルのチョンゲチョンは、国が推進する都市開発のため、住民たちは移動しなければいけない状況にいる。暴力団員の三男ムォシギは、都市開発地域に住んでいる人たちを追い出すために、暴力で叩き出そうとしているのである。都市開発のために住民を追い出すのは、行政が行う仕事であるが、実力行使で暴力団の力を利用するのは、国の裏の顔でもある。廃墟のようなボロアパートで生活している親子たちの前に、謎の女性スニが現れたことで日常が変化していまう姿をみせて、都市開発に関するところを軽く触れながら進行していく。

スニに一目惚れをしてしまった長男フッカシは、バイクの後部座席にスニを乗せて走ったり、スニへの想いを日記に綴っているのである。その日記が次男ケコに拾われてしまい、みんなの前で音読してしまうことで長男フッカシの気持ちを全員が知ってしまう。これ日記でなく、官能小説っぽくなっているのが面白いのである。

次男ケコがスニを家に連れてきたことで二人は付き合っているようにみえるが、深い関係にならないのである。三男ムォシギは、スニ目当てで家に来ているのがバレバレになっているのである。更に、女好きの父スロは、宗教的な言い回しによって、スニを口説いているのである。四人の男たちから、愛を注がれているスニであるが、スニの態度はそっけないのだ。このバランスを保っているスニの精神的な強さをみて、賞賛してしまう。

次男ケコを狙っているのが、ませた子供のピョンアリ(キム・ヒジョン)である。口紅をつけて背伸びしたり、こんな子供でも嫉妬心を持ったり、スニに対してライバル心を持っているのだ。結局のところ、次男ケコの恋愛には何も進展がないのであるが、スニとピョンアリの仲がもっと深まるような形になっている。

三男ムォシギの暴力団世界を描いており、親分フンタクとの関係であったり、暴力団員マンネ(パク・ヒスン)が絡んでいたりと終盤に波乱がある。暴力団の世界は、サイドストーリー的な扱いであるが、三男ムォシギをしっかり描写するためにいれているようにみえる。

題名の「かわいい」は、女性スニをイメージしているかもしれないが、四人の男たちがメロメロになる姿をみると、全員に当てはまり、上手い題名をつけている。ストーリーの展開としては、あまり盛り上がるようなエピソードもなく、淡々としているので退屈になるかもしれない。スニを想う四人の男がどのように動いているのかをみていると、それなりに楽しめるであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-09-28 18:21 | 638.かわいい
韓国映画レビュー その616 「少年、少年に会う」
本日からアジアクィア映画祭(AQFF)が始まったので、その中の上映作品を一つアップする。

b0097051_18584039.jpg少年、少年に会う (短編)
制作年:2008年
監督:キム・ジョグァンス
出演:キム・ヘソン、イ・ヒョンジン、イェ・ジウォン
ジャンル:ラブストーリー
鑑賞:動画


通学バスに座っている高校生ミンス(キム・ヘソン)は、鞄からカメラのフィルムを落としてしまう。転がるフィルムを目で追うミンスは、背が高くて野球帽を被る高校生ソギ(イ・ヒョンジン)の足に当たる。それに気づいたソギは、フィルムを拾って手に取る。ミンスは、ソギの容姿をみて好意を抱いてしまい、緊張をしながらフィルムを取りに行き、ソギからフィルムを手渡された。ミンスは、元の席に戻るとすでに他の乗客が座っており、仕方なく手すりにつかみ立っていた。バスから降りたミンスは、この感情が抑えられないでおり、後ろばかりみている。ミンスは、ソギに対する気持ちを伝え、この恋を成就できるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のキム・ジョグァンス監督。
出演は、ミンスを演じるのは『ジェニ、ジュノ』『暴力サークル』のキム・ヘソン、ソギを演じるのは本作スクリンデビューのイ・ヒョンジン、キューピットを演じるのは『まぶしい日に』『夕べのスキャンダル (原題:あなたが寝ている間に)』のイェ・ジウォン。

二人の男子高校生が出会い、同性間での恋を描いている。全体構成としては、三つに分けて作られている。二人の男子高校生が出会うバスの中、住宅街を歩くミンスにみえるキューピット(イェ・ジウォン)が歌って踊る姿、ミンスが以前にかつあげされた事件。

ミンスにだけみえるキューピットがアニメーションをバックに歌って踊り、アニメーションの中では二人の男の子がお互いに意識している姿をみせている。アニメーションに登場する男の子の心境を歌詞にしていることで、キューピットが恋の天使のようにみせている。

バスの出来事とかつあげ事件を少し工夫して表現している。ミンスの視点で描かれていたところから、ソギの視点へと切り替えるところである。序盤から中盤まで、ミンスの仕草や表情の良さが出ており、同性愛という感情をすぐにわかるようにみせているのだ。その表現力によって、終盤への流れがスムーズに入り込める。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-07-08 19:00 | 616.少年、少年に会う
韓国映画レビュー その550 「結婚式の後で」
b0097051_21391521.jpg結婚式の後で
制作年:2009年
監督:キム・ユンチョル
出演:シン・ソンウ、イェ・ジウォン、ペ・スビン、キム・ボギョン
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:日本版DVD


大学時代にバンド仲間として一緒に過ごしたジホン(ン・ソンウ)とユリ(イェ・ジウォン)が結婚することになり、結婚式会場の郊外の教会にバンド仲間だった大学時代の友人たちが集まる。当時ボーカルを担当していた新郎ジホン、当時コーラスを担当していた新婦ユリ。当時ドラムを担当しており現在弁護士をしているソンホ(ペ・スビン)、当時ベースを担当しており現在大学教授をしているヒョンウ(イ・ヘヨン)、当時ギターを担当しており現在テレビ局のプロデューサーをしているキョンホ(ユン・ヒソク)、当時コーラスを担当しており現在女性実業家をしているソンジュ(キム・ボギョン)、当時コーラスを担当しており現在専業主婦をしているミニ(ソ・ユジョン)。結婚式の日に、新郎ジホンの元に訪れた前妻は、急遽仕事が入ったことで幼い息子ジェウォンを預かって欲しいと云って仕事場に向かってしまう。結婚式は、大学時代のバンド仲間たち、ジホンの母、ジホンの息子ジェウォン、ユリの親、といった親しい者たちだけで行われた。結婚式が終わって夜、新郎新婦が経営するペンションに集まったバンド仲間たちは、当時キーボードを担当していたジョンヒ(チャ・スヨン)の姿がみえないことに気づく。そんなとき、ペンションの入り口から、ジョンヒの娘だと名乗る15歳の少女ミレ(コ・アソン)が現れた。ミレは、未婚の母ジョンヒが数ヶ月前に交通事故で亡くなったことを話し、生前にこの結婚式に出席することを知らされていたことで出向いた。もうひとつ、ミレが出向いた目的があり、それは母ジョンヒの大学時代のバンド仲間に父親がいることを知り、誰が父親かを探すためであった。ミレは、その父親に母ジョンヒが生前に書き記した手紙を渡したい。果たして、ミレの父でジョンヒが本当に愛した男性は誰なのかというお話。

監督は、本作デビュー作のキム・ユンチョル監督。
出演は、新郎ジホンを演じるのは本作スクリンデビューのシン・ソンウ、新婦ユリを演じるのは『死んでもハッピーエンド (原題:死んでもハッピーエンディング)』『夕べのスキャンダル (原題:あなたが寝ている間に)』のイェ・ジウォン、弁護士ソンホを演じるのは『エジャ』『飛翔』のペ・スビン、女性実業家ソンジュを演じるのは『蒼空へ...』『奇談』のキム・ボギョン、大学教授ヒョンウを演じるのは『黒い家』『正しく生きよう』のイ・ヘヨン、専業主婦ミニを演じるのは『清潭菩薩』のソ・ユジョン、テレビ局のプロデューサーのキョンホを演じるのは『なつかしの庭 (原題:古い庭園)』『お熱いのがお好き』のユン・ヒソク、亡くなったジョンヒを演じるのは『オガムド』『ヨガ教室 (原題:ヨガ学院)』のチャ・スヨン、ジョンヒの娘ミレを演じるのは『グエムル』『冬の小鳥 (原題:旅人)』のコ・アソン。

この作品は、日本の脚本家がオリジナル作品を書き、韓国の人気俳優・監督で製作する日韓共同ドラマプロジェクト「テレシネマ」のひとつである。脚本を日本のTVドラマ「ごくせん」を手がけた横田理恵である。

大学時代に男性陣から好かれていたジョンヒは、ソンホと交際していたが卒業して直ぐ別れた。だが、大学時代に一度だけジョンヒと肉体関係を持ったことを自白するキョンホ、イギリスに留学していたヒョンウのところにジョンヒが旅行で訪れてきたときに肉体関係を持ったことを自白する。そのために、候補者が三人いることで誰が父親なのか分からず、一人ずつミレが会話をしていくのである。ミレの父親探しをみせながら、バンドを一時的に再結成して小さな店でコンサートを開くことが決まり、練習する中で彼ら彼女らが抱えている問題を描いている。

7人のバンド仲間は、個々に現在の問題を抱えており、それを一人ずつみせるので、ミレの父親探しよりもバンド仲間の小さなドラマの方に比重がある。新郎ジホンは、離婚歴があり息子ジェウォンが再婚して欲しくないので困っている。新婦ユリは、義母から更に孫を欲しがっているが、不妊症のことで悩んでいる。弁護士ソンホは、アナウンサーの妻と結婚しており周囲から羨ましくみられているが、夫婦関係は壊れており、何とか戻そうとしているが修復不能になり悩んでいる。独身のソンジュは、女性実業家として成功し、整形手術をして若返り、12歳年下の恋人ヒョンジュン(キム・ムヨル)と上手くいっているが、恋人との歳の差を考えたり、将来の不安や浮気に悩んでいる。専業主婦ミニは、姑や夫や子供の世話で忙しく、今の生活に不満を感じている。大学教授のヒョンウ、テレビ局のプロデューサーのキョンホも問題を抱えており、これは終盤に繋がるところなので伏せておく。

大人視点の7人のバンド仲間と同様に、子供視点をみせているのがミレとジェウォンである。ミレは、父が生存していることがわかり、単純に父を知りたいだけなのだが、父親候補者のソンホ、ヒョンウ、キョンホが恐怖を感じているのである。今の生活がある大人たちの戸惑いをみせながら、母が愛した父を知りたいだけのミレとのギャップを面白く描いているのである。ジェウォンは、ジホンが再婚したことでユリに父を取られてしまうことに恐れていたり、母ともう一度三人で一緒に生活したい思いがあり、抵抗できない子供の心をみせている。

大学時代の回想シーンを何度かみせており、主に亡くなったジョンヒを中心に映している。男性関係を表現する必要があるから当たり前なのだが、ジョンヒがみんなに好かれており、お酒が強いことでみんなの介抱する優しい姿をみせて、ジョンヒの性格や仕草をミレと重ねるようにしているのである。

終盤には、ミレの父親が誰なのかがわかるようになっているが、そこに至るまでの7人のバンド仲間たちの小さなドラマで盛り上げている。8人のバンド仲間たち、ジョンヒの娘ミレ、ジホンの息子ジェウォンを均等に描いたことで、上映時間を考えるともう少し尺が欲しいところであろう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-10-20 21:51 | 550.結婚式の後で
韓国映画レビュー その483 「夕べのスキャンダル (原題:あなたが寝ている間に)」
最近観た日本版DVDのレビューを初めに片付けたいのでそうしている。最近輸入した新しめの作品や珍しい作品は、後でアップする予定でいる。

b0097051_22464492.jpg夕べのスキャンダル (原題:あなたが寝ている間に)
制作年:2008年
監督:キム・ジョンミン
出演:イェ・ジウォン、タク・チェフン、キム・ヒョンスク、イ・ジェフン
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
鑑賞:日本版DVD


自称インターネット作家で酒癖が悪く呑み過ぎると記憶をなくすOLのユジン(イェ・ジウォン)は、会社の同僚たちと会食をする。一次会ではダンスをして踊り、二次会で上司が部下たちに説教をしていた。記憶をなくし酔っ払っていたユジンは、上司に向かって暴言を吐き、会社を辞めるとまで言ってしまう。翌朝、会社に出勤したユジンは、同僚たちから心配そうな目線でみられ、そんなとき上司に呼び出され、昨晩の失態によって解雇されてしまう。ユジンは、インターネット作家でありながらアクセスが少なく、彼女の会員は友人たちだけである。仕事を失っても、仲良しのルームメイトのヒョンジュ(キム・ヒョンスク)がいたり、学生時代からの男友達チョルジン(タク・チェフン)、チョルジンの後輩ジョンマン(イ・ジェフン)といった仲間がいる。チョルジンは、会社を辞めて転職をするために就職活動をしている間、コーヒーショップを経営しているジョンマンの店でアルバイトとして手伝っており、新しい就職先の内定が決まりかけていた。無職になったユジンは、チョルジンの代わりにユジンがジョンマンの店で仕事をすることになった。学生時代の仲間たちと飲み会をやったユジンは、またも記憶をなくすまで酔っ払ってしまい、気がついたらホテルのベッドの上で裸の状態で一人で寝ていた。ユジンは、フロントで420万ウォンも請求され、スイートルームでルームサービスで高級ワインを飲んだからである。持ち合わせがないユジンは、カードで分割払いすることになった。ユジンは、昨夜一緒にベッドで共にした相手を憶えておらず、その男を捜そうとするお話。

監督は、『ある日突然 4番目の話 死の森』のキム・ジョンミン監督。
出演は、主人公ユジンを演じるのは『まぶしい日に』『死んでもハッピーエンド (原題:死んでもハッピーエンディング)』のイェ・ジウォン、ユジンの友人チョルジンを演じるのは『私の生涯で最悪の男』『幼い王子』のタク・チェフン、ユジンのルームメイトのヒョンジュを演じるのは『チャンピオン』『カンナさん大成功です! (原題:美女はつらいの)』のキム・ヒョンスク、チョルジンの後輩ジョンマンを演じるのは『裸足のキボン』『離れの選手とお母さん』のイ・ジェフン、ユジンの初恋相手のソッキュを演じるのは本作スクリンデビューのキョンジュン。

酔っ払って一夜を共にした男を捜すユジンをコミカルに描いたラブ&コメディである。ストーリー的には、かなりベタな描写なので、このジャンルが好きな人なら楽しめるであろう。

ユジンは、酒に酔うと記憶をなくし、失敗ばかりする女性である。人気のないインターネット作家であったり、後輩ジョンマンのコーヒーショップで仕事をするがサボってばかりで悪くみえるが、女友達ヒョンジュには何でも話す親友であり、男友達チョルジンにも素の自分をみせて心を開いており、仲間を大切にする性格なのがみえてくる。コーヒーが飲めないのにコーヒーショップで働くユジンの設定も笑いのネタにしており、このことが恋愛にも絡んでくるのだ。

チョルジンの存在は、ユジンの尻拭いをする役目になっている。やりたい放題のユジンを全て受け止めており、酔っ払ったユジンを介抱したり、話し相手になったり、心を許せる腐れ縁な関係なのだ。序盤から、チョルジンがユジンに対して気があるような視線でみていたり、そのような雰囲気を出しているので、ユジンがチョルジンを恋愛対象としてみるのかがポイントになってくるのだ。ユジンには、初恋相手のソッキュ(キョンジュン)に恋焦がれているからだ。

酔っ払って一夜を共にした男探しで、飲み会に参加していたメンバーで該当しそうな人物が、三人浮かび上がってくるのだ。一人目は元同僚のジュナン(チェ・スンギョン)、二人目はサークル仲間だった刑事のジョンテ(キム・ヒョンボム)、三人目は初恋相手のソッキュなのだ。ユジンが、一人一人に真相を迫っていくのだ。中盤の展開としては、酔っ払って一夜を共にした日が原因で、妊娠していることが発覚し、大きく流れが変わっていくのである。

後輩ジョンマンの小さなドラマが笑えるところかもしれない。お客さんとしてやってきた美人女性に惚れてしまうが、実は昔の知り合いであるのだ。そのところは、是非鑑賞して確かめて欲しい。

結末がみえるロマンスコメディだから、男が誰であるのかよりも、ユジンの恋愛に視点を向けて描いている作品にみえる。中盤でチョルジンがユジンに告白することで、ユジンがチョルジンを友人から男としてみることができるのかを悩んだり、ソッキュに未練があり踏ん切りがつかない心情をみせている。32歳の女性だからそれなりに恋愛をしているから、酔っ払ってワンナイトラブをするぐらい気にしてないのはわかっている。事故に遭ったと思って自分を納得させている姿をみせているからだ。コメディを絡めたベタな恋愛ものが好きな人には良いかもしれない。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-04-05 22:59 | 483.夕べのスキャンダル
韓国映画レビュー その384 「死んでもハッピーエンド (原題:死んでもハッピーエンディング)」
ブラックコメディが好きな人は気に入る作品かもしれない。多少、下ネタがあるのでそれも受け入れることができれば。

b0097051_1085070.jpg死んでもハッピーエンド (原題:死んでもハッピーエンディング)
制作年:2007年
監督:カン・ギョンフン
出演:イェ・ジウォン、イム・ウォニ、チョ・ヒボン、パク・ノシク
ジャンル:コメディ
鑑賞:日本版DVD


クリスマスの夜、カンヌ映画祭で主演女優賞の知らせを受けた女優ジウォン(イェ・ジウォン)は、授賞式に出席するため数時間後には飛行機に搭乗しなければならない。ジウォンは、マネージャーのドゥチャン(イム・ウォニ)と一緒にマンションに帰宅したとき、在米韓国人デニス(リチャード・キム)、暴力団ボスのチェ社長(チョ・ヒボン)、ジウォン出演作のパク監督(パク・ノシク)、大学教授のユ教授(チョン・ギョンホ)が同時に訪ねてきた。彼女とクリスマスを過ごし、プロポーズをするために集まった四人であった。更に、ジウォンのマンションの前には、暴力団ボスのチェ社長の部下二人が車で待っていたり、最近出没するサンタの衣装を着た泥棒(ウ・ヒョン)を捕まえるために二人の刑事が車で張り込みをしている。四人の男とジウォンとの話し合いは平行線のままになり、リビングでジウォンとデニスが二人っきりになったとき、ちょっとした事故でデニスは死んでしまった。ジウォンはデニスの死体を隠そうとするが、次々とトラブルが起こり、次々と訪問客が死んでいく。更に、思いも寄らない訪問客が訪れてくることで、ジウォンと死体遺棄を手伝うマネージャーのドゥチャンが必死に隠そうとする。果たして、ジウォンのマンションに多くの訪問客が訪れるなかで、ジウォンたちはこのピンチを乗り越えることができるのかというお話。

監督は、本作デビュー作のカン・ギョンフン監督。
出演者は、女優ジウォンを演じるのは『オールド・ミス・ダイアリー 劇場版』『まぶしい日に』のイェ・ジウォン、ジウォンのマネジャーのドゥチャンを演じるのは『シルミド』『クライング・フィスト (原題:拳が泣く)』のイム・ウォニ、暴力団ボスのチェ社長を演じるのは『明るい家族計画 (原題:よい暮らしをして見よう)』『花嫁はギャングスター ソウルウエディング (原題:極道の妻3)』のチョ・ヒボン、ジウォン出演作のパク監督を演じるのは『グエムル』『カンナさん大成功です! (原題:美女はつらいの)』のパク・ノシク、大学教授のユ教授を演じるのは『甘く、殺伐とした恋人』『角砂糖』のチョン・ギョンホ、在米韓国人デニスを演じるのは本作スクリンデビューのリチャード・キム、ジウォンの妹ウンジを演じるのは『甘く、殺伐とした恋人』『妻の恋人に会う』のチョ・ウンジ、同じ映画出演者ドゥホンを演じるのは『相棒 シティ・オブ・バイオレンス』『1番街の奇跡』のチョン・ドゥホン。

ジウォンの心を射止めようとする四人が死亡し、死体を隠そうとするジウォンとドゥチャンを面白く描いたブラックコメディ作品であろう。

在米韓国人デニスが足を滑らせて冷凍魚に刺さって死んでしまうところから、死の連鎖が始まっていき、デニスの死体を隠そうとユニットバスに運ぶがユ教授に出くわすことで、ユ教授は便器に頭を突っ込んだ形で溺死、パク監督は階段から突き落とされて転落死、チェ社長は三人の死体をみて逃げようとするが結局タンスが倒れてきて押し潰された形で死んでしまう。四人が死ぬまでに、ドゥチャンがジウォンに協力するプロセス、ジウォンとドゥチャンの必死な行動、トイレを借りにくる刑事たちとのやりとり、四人の死に様をみていた泥棒、といった笑いを入れながら進行していく。

パロディ要素を取り入れているところがあり、デニスの冷凍魚で死ぬところはキム・ギドク作品『ワイルド・アニマル (原題:野生動物保護区域)』をパロったり、死体を隠そうとするのは『甘く、殺伐とした恋人』をパロったり、終盤でみせる壊れたテレビから長髪の人間が現れる『リング』をパロったりしている。キム・ギドク作品のパロディのところは意図的にしているのがわかり、チェ社長の部下二人が車の中でキム・ギドクの批評をしており、「魚と寝る女は怖かった」「妙な映画ばかりだな」という会話は笑ってしまった。『甘く、殺伐とした恋人』は、デニスが死ぬまえにジウォンがテレビで観ているシーンが伏線だろう。気づかないだけで、他にもパロディ要素を取り入れているかもしれない。だって、パロディ映画『おもしろい映画』のイム・ウォニが、この作品に出演しているから。

ストーリー展開としては、テンポよく進行しており、新たな者たちの登場によって面白く演出している。妹ウンジ(チョ・ウンジ)が数回かジウォンに電話をかけてくるところが伏線になっており、中盤以降にド派手なファッションで現れたり、映画の共演者ドゥホン(チョン・ドゥホン)や映画プロデューサーや音楽隊などがジウォンのマンションに集結してからが、この作品の第二ラウンドといった感じだ。そこに刑事たち、泥棒、部下ヤクザたちが絡んできたり、死んだと思っていた人物の行動があったりアイデアを豊富に使い込んでいる。

主人公イェ・ジウォンの役名が本名と同じだったり、マネージャーのドゥチャンの苗字が「イム」という点も本名と同じだったり、妹ウンジや映画共演者ドゥホンも本名と同じなところをみると、笑いのネタとしているのであろう。

コメディとして笑えるところと笑えないところがあるので、笑いのセンスとしては微妙な感じだ。でもストーリーの進行は、これでもかといった感じでスピード感があるので観やすかった。ブラックコメディだからこそ、本題名がちょっと変わっているのが納得できるところだ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2009-05-16 10:26 | 384.死んでもハッピーエンド
韓国映画レビュー その296 「まぶしい日に」
ヤクザ、子供、難病の三点セットは韓流の十八番。実績のある監督なんだから、もう少しストーリーを練ろうよ。ちょっと辛口かな。それよりも日韓ワールドカップの映像をたくさん使っているけど、ちゃんとFIFAに許可を取っているのかが知りたい。

b0097051_13463875.jpgまぶしい日に
制作年:2007年
監督:パク・クァンス
出演:パク・シニャン、ソ・シネ、イェ・ジウォン、リュ・スンス
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:韓国版DVD


コンテナを改造した家に住むチンピラのジョンテ(パク・シニャン)。友人ドンス(リュ・スンス)たちがカードを使った露天賭博をしているときに、文句を言う複数の学生たちと乱闘になったジョンテは暴行容疑で警察に捕まった。見ず知らずの女性ソニョン(イェ・ジウォン)が面会しにきて、ジュン(ソ・シネ)という子供をジョンテが数日間面倒みてくれたら被害者に示談金を渡して刑務所から出してあげると言う。ソニョンは、ジュンがジョンテの実の子供であることを説明して、ジュンが海外養子に出るまでの数日間、ジュンの希望だった父親と一緒に過ごしたいという思いを叶えさせたいのである。刑務所から釈放されたジョンテは、生活費と養育費をソニョンが出してくれることで、嫌々ジュンを引き取った。ジュンと出会う約束の日に、ジョンテはジュンが小さな女の子であることに驚いた。外を走りまわり浮かれるジュンは、熱烈に父ジョンテを慕い、ジョンテの心は次第に開かれていく。ジョンテは、初めは一緒に生活していたが、すぐにめんどくさくなって、妻と子供がいる友人ドンスの家に預かってもらった。だが、ジュンは父ジョンテに会いたいためにドンスの家を抜け出してしまい、行方不明のジュンをみんな必死で探す。そして、ジュンは父ジョンテの家のまえに現れ、あまりにも人でなしな父親だと感じたソニョンはジュンを車に乗せて去ろうとしたが、父親を愛するジュンは車から降りて父ジョンテのもとに戻った。体調を崩したジュンを病院に連れて行ったジョンテたちは、そこで衝撃的な事実がわかる。果たして、父ジョンテと娘ジュンの父子愛はどのような展開をみせるのか、そしてジュンに隠された秘密とは何なのかというお話。

監督は、『チルスとマンス』『イ・ジェスの乱』のパク・クァンス監督。
出演者は、チンピラのジョンテを演じるのは『4人の食卓』『達磨よ、ソウル行こう』のパク・シニャン、ジョンテの娘ジュンを演じるのは『ミスター主婦クイズ王』のソ・シネ、ジュンが入っていた孤児院の先生を演じるのは『大韓民国憲法第1条』『かわいい』のイェ・ジウォン、ジョンテの親友ドンスを演じるのは『大統領の理髪師』『スーパースター カム・サヨン』のリュ・スンス、ジョンテのボスのソテクを演じるのは『ひとまず走れ!』『僕らのバレエ教室 (原題:バレエ教習所)』のイ・ジョンソプ。

片目が悪いジョンテは、インチキ賭博をするチンピラで、それ以外にも裏世界の危ない仕事も行う男である。前科二犯で、執行猶予中なのに暴行事件で捕まるようなバカな男である。人生のどん底にいるジョンテが、娘ジュンと生活していくことで少しづつ変わっていくのである。だが、人間急には変われるものでなく、ゴミのような家に住んでいるジョンテは、子供を育てる環境ではなく、彼に子育ては不可能なのはみていればわかる。ジョンテはジュンを仕事場に連れていって子供という特権を利用したり、召使いのように扱ったり、クズのような人間をみせている。中盤まで、手のつけようのない大人ジョンテを表現することで、終盤のジョンテのギャップをみせる構成にしているのであろう。

ジュンは、初めて父に会えたことの喜びで、ジョンテに思いっきり愛情を注ぐのである。無垢な少女のジュン、クズのような大人のジョンテのアンバランスなところで、一層ジュンテのダメっぷりを印象づけしているである。ジュンの設定が、初めから伏線として体調が悪いのがバレバレになっていることから、中盤以降の展開がある程度予測できてしまうのがマイナスになっている。隠すのであれば中盤ぐらいまで気づかないような展開にするか、初めから明らかにして病気の設定を全面に押す展開であれば中途半端にならずに済むと感じた。

ソニョン先生の存在としては、ジュンにすごく思い入れているのがみえるであろう。ソニョン先生は、いつもジョンテに対して激しく怒っているのが印象的である。口説いたり、無理な要求をしたり、ジュンをほったらかしにするからである。ソニョン先生の過去に原因があったり、現在のプライベートの問題もあるので、ストーリーが進むに連れてみえてくるので納得するであろう。

父娘の人間ドラマが主体であるが、裏世界(闘牛&闘犬&暴力)のジョンテをかなりみせていることで中盤以降にみせるジョンテとジュンに迫る病魔との闘い、二人の運命、ソニョン先生の過去、父娘の真実といった感動的なシーンもぼやけてしまい、感情移入ができないのである。ベタな展開なために先が予測できていたので、それほど感情が高ぶらなかったと思われる。感動的なシーンに行くまでのプロセス、サイドストーリー的なつくり、主役を取りまく登場人物たちの感情表現などをみて、全体像が弱く感じてしまった。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-05-30 22:40 | 296.まぶしい日に
イェ・ジウォン
b0097051_18424615.jpgイェ・ジウォン
예 지원
1976年2月6日生

<映画出演作品>
b0097051_18431180.jpg96桑の葉
制作: 1996年韓国  監督: キム・ドンミョン
出演: チェ・ジュボン、チョ・ヒョンギ、チェ・ジョンウォン 他
b0097051_18354260.jpg恋人
制作: 2000年韓国  監督: キ・ウンソク
出演: イェ・ジウォン、キム・ムリョン 他
b0097051_18432789.jpgアナーキスト
制作: 2000年韓国  監督: ユ・ヨンシク
出演: チャン・ドンゴン、チョン・ジュノ、キム・サンジュン、イ・ボムス 他
b0097051_18434188.jpg気まぐれな唇
制作: 2001年韓国  監督: ホン・サンス
出演: キム・サンギョン、チュ・サンミ、イェ・ジウォン 他
b0097051_18435527.jpgキム・レウォンの引越し大作戦 (原題:2424)
制作: 2002年韓国  監督: イ・ヨヌ
出演: チョン・グァンニョル、チョン・ウンイン、キム・レウォン 他
b0097051_184498.jpg大韓民国憲法第1条
制作: 2002年韓国  監督: ソン・ギョンシク
出演: イェ・ジウォン、イム・ソンミン 他
b0097051_18362756.jpgお父さんこっそりと (短編)
制作: 2003年韓国  監督: チャン・ジン
出演: チョン・ボソク、イェ・ジウォン 他
b0097051_18442277.jpgかわいい
制作: 2004年韓国  監督: キム・スヒョン
出演: キム・ソックン、チョン・ジェヨン、イェ・ジウォン 他
b0097051_18443670.jpgオールド・ミス・ダイアリー 劇場版
制作: 2006年韓国  監督: キム・ソギュン
出演: イェ・ジウォン、チ・ヒョヌ 他
b0097051_1845282.jpgまぶしい日に
制作: 2007年韓国  監督: パク・クァンス
出演: パク・シニャン、ソ・シネ、イェ・ジウォン 他
b0097051_18451747.jpg死んでもハッピーエンド (原題:死んでもハッピーエンディング)
制作: 2007年韓国  監督: カン・ギョンフン
出演: イェ・ジウォン、イム・ウォニ、リチャード・キム、チョ・ヒボン 他
b0097051_17161285.jpg夕べのスキャンダル (原題:あなたが寝ている間に)
制作: 2008年韓国  監督: キム・ジョンミン
出演: イェ・ジウォン、タク・チェフン 他
b0097051_17235941.jpg少年、少年に会う (短編)
制作: 2008年韓国  監督: キム・ジョグァンス
出演: キム・ヘソン、イ・ヒョンジン、イェ・ジウォン 他
b0097051_0281848.jpg結婚式の後で
制作: 2009年韓国・日本  監督: キム・ユンチョル
出演: シン・ソンウ、イェ・ジウォン、ペ・スビン 他
b0097051_16124750.jpg夏夏夏
制作: 2010年韓国  監督: ホン・サンス
出演: キム・サンギョン、ユ・ジュンサン、ムン・ソリ 他
b0097051_0391037.jpg月の光をくみ上げる
制作: 2010年韓国  監督: イム・グォンテク
出演: パク・チュンフン、カン・スヨン 他
b0097051_11195054.jpgチョコレート・バトラー THE KICK (原題:キック)
制作: 2011年タイ・韓国  監督: プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演: チョ・ジェヒョン、イェ・ジウォン、ペットターイ・ウォンカムラオ、ジージャー・ヤーニン・ウィサミタナン、ナ・テジュ、Kキム 他
b0097051_18162697.jpg私が告白したら・・・
制作: 2012年韓国  監督: チョ・ソンギュ
出演: キム・テウ、イェ・ジウォン 他
b0097051_21322070.jpgまさかそんなはずでは
制作: 2012年韓国  監督: チョ・ソンギュ
出演: チェ・ユンソ、イ・ヌンリョン 他
b0097051_149536.jpg誰の娘でもないヘウォン
制作: 2013年韓国  監督: ホン・サンス
出演: チョン・ウンチェ、イ・ソンギュン、キム・イソン、ユ・ジュンサン、イェ・ジウォン 他
b0097051_2012085.jpg高齢化家族
制作: 2013年韓国  監督: ソン・ヘソン
出演: パク・ヘイル、ユン・ジェムン、コン・ヒョジン 他
b0097051_00012552.jpg私たちのソニ
制作: 2013年韓国  監督: ホン・サンス
出演: チョン・ユミ、イ・ソンギュン、キム・サンジュン、チョン・ジェヨン 他
b0097051_00030272.jpgOngoing Smile (原題:彼の微笑)
制作: 2013年イギリス  監督: モフセン・マフマルバフ
出演: キム・ドンホ、ジュリエット・ビノシュ、キム・ギドク 他
b0097051_00034437.jpg私たちのスニ (短編)
制作: 2013年韓国  監督: キム・ギョンヒ
出演: イェ・ジウォン、キム・ギョンヒ 他

[PR]
by nameinuuuu | 2007-09-04 19:03 | 俳優_FILE
韓国映画レビュー その16 「大韓民国憲法第1条」
b0097051_17292015.jpg大韓民国憲法第1条
制作年:2002年
監督:ソン・ギョンシク
出演:イェ・ジウォン、イム・ソンミン、アニタ、キム・ヨンゴン
ジャンル:コメディ
鑑賞:シネマコリア2005


野党の一人の国会議員が与党の総裁の陰謀で送られてきた女殺し屋に腹上死したように殺される。与党と野党は各136席ずつ同数となり、政界は補欠選挙が始まるスラク市に視線が集中する。スラク市の補欠選挙で与党と野党はどちらも主導権を握るために選挙戦が始まる。スラク市の風俗街で娼婦として働くコ・ウンビ(イェ・ジウォン)は、真夜中に同じ娼婦の友達が路上で婦女暴行事件の被害者にあう。警察は現場に金が投げ捨ててあったことから婦女暴行事件と認めず、被害者の泣き寝入りになる。警察に文句を言いにコ・ウンビはけしかけ、娼婦でも国民であると主張しても話を聞いてくれない。職業差別されて、まともに捜査をしてくれない理不尽さに怒り、娼婦のコ・ウンビが国会議員補欠選挙に立候補するお話。

監督は、本作品が第二作目のソン・ギョンシク。出演者は、娼婦で国会議員に立候補する主人公コ・ウンビを『アナーキスト』『気まぐれな唇』のイェ・ジウォン、主人公の友人でアナウンサーに夢をもつセヨンをイム・ソンミンが演じる。

政治を扱った内容ではあるが、政治を真面目に捉えるのではなく、コメディータッチに仕上げている。題名に使われている大韓民国の憲法第1条は「大韓民国は民主共和国であり、大韓民国の主権は国民に存じ、すべての権力は国民から由来する」。国民主権を謳う条文で、作品の内容のように社会的弱者のコ・ウンビがこれを訴えて選挙活動をくりひろげる。

主人公が娼婦ということでエッチなシーンを幾つか使っているが、このような表現があるからコ・ウンビやその仲間が娼婦であると強く印象づける。風俗女コ・ウンビが国会議員補欠選挙に立候補することがネットを通じて広がり、若い人にも政治に関心を持ちだした。ウンビの店にウンビとヤリたくて男性客がいっぱいくるが、ウンビは選挙期間中のために勤務が激減して選挙活動を優先、がっかりした男性客が印象的である。ウンビは、党に所属せずに無所属での立候補。立候補者3人はそれぞれ党に属して立候補してあり、ウンビの無所属が最後のオチにもなっている。風俗女の国会議員というインパクトで若者の選挙者が増えたのがおもしろい。大阪だったらAV女優とか現役風俗女が衆議院に立候補したら受かる雰囲気がある。だって横山ノックが参議院議員や大阪府知事をやったところだし、みんなおもしろ半分で票を入れそうだから。

韓国でもこの作品が公開されたのが、ノ・ムヒョンの大統領選と公開期間がかぶったのでヒットした。今回のシネマコリア2005の公開期間も日本の衆議院選挙期間中ということでタイムリーな作品でもある。ティーチ・インで監督が説明していたが、エンディングロールで韓国の国会議事堂の門をウンビが登って入っていくシーンがあるが、これはゲリラ的に行ったこと。国会議事堂をロケで使用する許可がでなかったのでゲリラのように撮影された。それを聞くと「電波少年」を思い出してしまう。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2006-05-14 17:32 | 16.大韓民国憲法第1条