韓国映画だけを取り扱ったブログ
by nameinuuuu
にほんブログ村ranking
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
アナザー・カテゴリ
カテゴリ
全体
あいさつ
つぶやき
俳優_INDEX
俳優_FILE
REVIEW INDEX
1.美しき野獣
2.タイフーン
3.あしながおじさん
4.親切なクムジャさん
5.オールド・ボーイ
6.復讐者に憐れみを
7.赤い靴
8.力道山
9.受取人不明
10.春の日は過ぎゆく
11.顔のない女
12.コースト・ガード
13.サウラビ
14.シンソッキ・ブルース
15.達磨よ、ソウルへ行こう
16.大韓民国憲法第1条
17.黄山ヶ原
18.どこかで誰か~略~ホン班長
19.コックリさん
20.女子高生嫁に行く
21.サイの角のように一人で行け
22.僕らのバレエ教室
23.死んでもいい
24.踊るJSA
25.ラスト・プレゼント
26.君は僕の運命
27.プライベートレッスン青い体
28.オー!スジョン
29.氷雨
30.大変な結婚
31.家門の危機-家門の栄光2
32.木浦は港だ
33.悪い女 青い門
34.アナーキスト
35.ライターをつけろ
36.南極日誌
37.私の頭の中の消しゴム
38.恋する神父
39.シングルス
40.ジェイル・ブレーカー
41.ジャングル・ジュース
42.シルミド
43.大統領の理髪師
44.マイ・ボス マイ・ヒーロー
45.誰が俺を狂わせるか
46.人生の逆転
47.マラソン
48.夢精期
49.ぼくらの落第先生
50.作業の定石
51.Some(サム)
52.ハッピーエロクリスマス
53.われらの歪んだ英雄
54.銀杏のベッド
55.燃ゆる月
56.誰にでも秘密がある
57.スパイダー・フォレスト 懺悔
58.美しい夜、残酷な朝
59.シン・ソンイルの神隠し
60.風の伝説
61.リベラ・メ
62.インタビュー
63.我が心のオルガン
64.愛と、死を見つめて
65.箪笥
66.酔画仙
67.クワイエット・ファミリー
68.なせば成る
69.新装開店
70.SPY リー・チョルジン
71.ラン・アウェイ
72.彼らだけの世界
73.LIES 嘘
74.ゴースト・ママ
75.ドクター・ボン
76.悪い男
77.ワニ&ジュナ
78.私の男のロマンス
79.人形霊
80.花嫁はギャングスター
81.花嫁はギャングスター2
82.恋愛は狂気の沙汰だ
83.天国からの手紙
84.DMZ非武装地帯
85.天国からのメッセージ
86.英語完全征服
87.囁く廊下
88.少女たちの遺言
89.狐怪談
90.VOICE ヴォイス
91.愛のゴースト
92.あぶない奴ら
93.ARAHAN アラハン
94.魚座
未分類
95.THREE/臨死
96.リング・ウィルス
97.3人組
98.彼女を信じないでください
99.スーパースター カム・サヨン
100.トンマッコルへようこそ
101.猟奇的な彼女
102.恋愛の目的
103.ボーン・トゥ・キル
104.ホワイト・バッジ
105.TUBE
106.サグァ
107.マジシャンズ
108.ホワイトクリスマス
109.トンケの蒼い空
110.ラブリー・ライバル
111.Run2U
112.散策
113.口笛姫
114.盗られてたまるか
115.B型の彼氏
116.まぶしい一日
117.顔のないものたち
118.ショッキング・ファミリー
119.ソウル・ガーディアンズ
120.ヒューマニスト
121.ホリデー・イン・ソウル
122.サークル
123.オー!マイDJ
124.ゲオ・ロボトミー
125.肌
126.覗き
127.マイ・ブラザー
128.スカーレットレター
129.ケンカの技術
130.マイ・リトル・ブライド
131.ゴーストタクシー
132.アンダーグラウンド
133.バス、停留場
134.真実ゲーム
135.グエムル
136.Sダイアリー
137.台風太陽
138.初恋白書
139.密愛
140.ワイルドカード
141.阿娘
142.浜辺の女
143.家族の誕生
144.夏が過ぎゆく前に
145.お母さん
146.ファミリー(家族)
147.みんな大丈夫?
148.多細胞少女
149.韓半島
150.弓
151.サッド・ムービー
152.相棒
153.約束
154.鬘 かつら
155.サプライズ
156.僕が9歳だったころ
157.ホロビッツのために
158.とかげの可愛い嘘
159.ダンサーの純情
160.王の男
161.ピアノを弾く大統領
162.連理の枝
163.デイジー
164.HEAVEN ヘブン
165.ナチュラル・シティ
166.アメノナカノ青空
167.僕の、世界の中心は、君だ。
168.頑張れ!グムスン
169.君に捧げる初恋
170.モノポリー
171.ホリデー
172.オーロラ姫
173.インシャラ
174.夢精期2
175.闘師父一体
176.青春漫画
177.私の生涯で最も美しい一週間
178.情愛
179.私にも妻がいたらいいのに
180.墨攻
181.愛しのサガジ
182.デュエリスト
183.愛の傷
184.ウェディング・キャンペーン
185.6月の日記
186.淫乱書生
187.ラブ・インポッシブル
188.公共の敵
189.公共の敵2
190.うつせみ
191.サマリア
192.絶対の愛
193.天軍
194.アパートメント
195.クライング・フィスト
196.チェロ
197.霊 -リヨン-
198.愛なんていらない
199.クレメンタイン
200.お姉さんが行く
201.Mr.ソクラテス
202.僕は彼女をはなさない
203.従軍慰安婦
204.真由美
205.KUMIHO/千年愛
206.ビート
207.ラブ 最愛の人
208.サイボーグでも大丈夫
209.私たちの幸せな時間
210.花嫁はギャングスター3
211.初雪の恋
212.愛と悲しみのマリア
213.中天
214.子猫をお願い
215.君はジャズを信じるか?
216.深い悲しみ
217.百万長者の初恋
218.夏物語
219.角砂糖
220.青燕
221.いかさま師
222.愛を逃す
223.フェイス
224.奇跡の夏
225.あいつの声
226.親知らず
227.あなたを忘れない
228.麻婆島
229.終わらせよう!
230.かすかに
231.白い部屋
232.ウリハッキョ
233.1番街の奇跡
234.ライアー
235.優雅な世界
236.おまえを逮捕する
237.裸足のキボン
238.アイスケーキ
239.2月29日-ある日突然一番目
240.永遠の魂
241.肩ごしの恋人
242.息
243.京義線
244.ウララ・シスターズ
245.美女はつらいの
246.極楽島殺人事件
247.インビジブル・ウェーブ
248.密陽
249.ノートに眠った願いごと
250.ハーピー
251.ラブラヴ
252.浮気するのにいい日
253.黒い家
254.天下壮士マドンナ
255.ミスター・ロビンの口説き方
256.鰐
257.チャーミング・ガール
258.ムイ
259.奇談
260.ラジオスター
261.拍手する時に去れ
262.永遠なる帝国
263.宮女
264.黄真伊
265.許されざるもの
266.家門の復活-家門の栄光3
267.女教授の隠密な魅力
268.蝶
269.菊花の香り
270.ワイルド・アニマル
271.リアル・フィクション
272.20のアイデンティティ
273.11番目のお母さん
274.今、愛する人と暮らしていま
275.私の生涯で最悪の男
276.野獣と美女
277.卑劣な街
278.静かな世の中
279.二人だ
280.無影剣
281.セブンデイズ
282.アイアン・パーム
283.接続
284.手紙
285.キムチを売る女
286.レッド・アイ
287.道
288.不機嫌な男たち
289.私の恋
290.愛してる、マルスンさん
291.無防備都市
292.息子
293.ウォンタクの天使
294.強敵
295.光州5・18
296.まぶしい日に
297.国境の南側
298.私たちの生涯最高の瞬間
299.ザ・ゲーム
300.待つのが狂おしい
301.支離滅裂
302.フレームの中の記憶たち
303.白色人
304.ピーターパンの公式
305.けんか
306.ふざけるな
307.幸福
308.リターン
309.ユゴ 大統領有故
310.甘く、殺伐とした恋人
311.不朽の名作
312.カリスマ脱出記
313.明るい家族計画
314.極道修行・決着
315.用意周到ミスシン
316.6年目の恋愛中
317.愛するときに話すこと
318.D-WAR
319.フライ・ダディ
320.ハレルヤ
321.あきれた男たち
322.ビューティフル・サンデー
323.最後の贈り物...帰休
324.なつかしい庭
325.ロマンス
326.ワンス・アポン・ア・タイム
327.M
328.アドリブ・ナイト
329.美しい
330.鯨とり
331.青春スケッチ
332.モーツァルトの街
333.銀河解放戦線
334.クロッシング
335.ハラギャティ
336.アダダ
337.旅人は休まない
338.マイ・ニュー・パートナー
339.マイ・ファーザー
340.アフリカ
341.木のない山
342.夜と昼
343.花美男連続ボム事件
344.ハーブ
345.大胆な家族
346.最強ロマンス
347.セックスインポッシブル
348.ヘンゼルとグレーテル
349.最強☆彼女
350.熱血男児
351.ひまわり
352.ハミング
353.ドレミファソラシド
354.映画は映画だ
355.バカ
356.ジェニ、ジュノ
357.チェンジ
358.リハーサル
359.チム
360.太陽はない
361.追撃者
362.俺たちの街
363.ソウルが見えるか?
364.ス SOO
365.悲夢
366.暴力サークル
367.覆面ダルホ
368.娼
369.チャン
370.魚と寝る女
371.秘密 Desire (欲望)
372.2424
373.オー!ハッピーデイ
374.春夏秋冬そして春
375.クァンシクの弟クァンテ
376.ジャカルタ
377.ミスにんじん
378.モダンボーイ
379.解剖学教室
380.救世主
381.良い奴,悪い奴,変な奴
382.映画館の恋
383.僕と人形遊び
384.死んでもハッピーエンド
385.セックス イズ ゼロ
386.セックス イズ ゼロ2
387.スカウト
388.血の涙
389.後悔なんてしない
390.トラック
391.非常口がない
392.雨は愛にのって
393.ラブ・トーク
394.招待
395.彼の結婚式
396.星
397.恋愛術士
398.戀風戀歌
399.ファースト・キス
400.妻が結婚した
401.神機箭
402.霜花店
403.愛 サラン
404.情熱のステップ
405.キッチン
406.幼い王子
407.残酷な出勤
408.愛してるから大丈夫
409.ミスター主婦クイズ王
410.目には目、歯には歯
411.ビースティ・ボーイズ
412.あなたは遠いところに
413.悲しみよりもっと悲しい物語
414.ガールスカウト
415.オアシス
416.浮気な家族
417.大誘拐
418.ダメ男の愛し方
419.ボイス
420.友引忌
421.ガチデン 堤防伝説
422.宿命
423.昼間から呑む
424.タチマワ・リー
425.マリン・ボーイ
426.楽しき人生
427.秘密
428.今、このままがいい
429.うちにどうして来たの?
430.小言
431.牛の鈴音
432.旅人
433.よく知りもしないくせに
434.ロマンチック・アイランド
435.達磨はなぜ東に行ったのか
436.天国までの60日
437.純情漫画
438.息もできない
439.執行者
440.渇き
441.亀、走る
442.その男の本198ページ
443.美人図
444.女と男 愛の終着駅
445.桃花
446.シバジ
447.外人球団
448.ディープ・ブルー・ナイト
449.過速スキャンダル
450.走れ自転車
451.甘いウソ
452.誤発弾
453.長雨
454.荷馬車
455.仮面
456.おいしいマン
457.女高怪談5:心中
458.師の恩
459.私は私を破壊する権利がある
460.超感覚カップル
461.うちの学校のET
462.お熱いのがお好き
463.娼婦の羽
464.イテウォン殺人事件
465.仁寺洞スキャンダル
466.空を歩く少年
467.飛べ、ペンギン
468.ビバ!ラブ
469.太っちょ大家族
470.一人あそび
471.ある『誠心』の力
472.銃後の朝鮮
473.朝鮮 私たちの後方
474.朝鮮の愛國日
475.日本実録
476.朝鮮時報 第11譜
477.朴さん
478.常緑樹
479.ハンネの昇天
480.青い自転車
481.シンデレラ
482.自殺同好会
483.夕べのスキャンダル
484.GOGO70s
485.虹鱒
486.HAAN ハン・ギルス
487.蒼空へ...
488.コ死:血の中間考査
489.海雲台
490.公共の敵1-1
491.キム氏漂流記
492.ノーボーイズ、ノークライ
493.正しく生きよう
494.ぼくら特殊発掘捜査隊
495.二つの顔の猟奇的な彼女
496.夜のゲーム
497.カッコーの啼く夜 別離
498.愛の望郷・激流を越えて
499.娼婦物語・激愛
500.炎のように蝶のように
501.海辺に行く
502.キングコングを持ち上げる
503.彷徨の日々
504.彼女には秘密です
505.生徒会長
506.愉快なお手伝い
507.宿題
508.作戦
509.憎くてももう一度 2002
510.大人たちはわからない
511.ハーモニー
512.私の愛、私のそばに
513.リメンバー・ミー
514.ある訪問
515.私のヤクザのような恋人
516.彼岸島
517.サヨナライツカ
518.礼儀なき者たち
519.食客
520.食客:キムチ戦争
521.サンデーソウル
522.ベイビィ・パニック
523.キル・ミー
524.訪問者
525.ウェディングドレス
526.フェア・ラブ
527.クリーニング・クィーン
528.秘密愛
529.ベストセラー
530.ヨガ教室
531.10億
532.携帯電話
533.アンティーク
534.イリ
535.オガムド
536.男性の証明
537.止められない結婚
538.嫉妬は我が力
539.赤ちゃんと僕
540.資本主義党宣言
541.ここよりどこかへ
542.死生決断
543.4時間目 推理領域
544.容赦はない
545.下女 1960年版
546.下女 2010年版
547.マイ・ボス マイ・ヒーロー3
548.追われし者の挽歌
549.石ころの夢
550.結婚式の後で
551.19
552.楽園
553.妖術
554.虹
555.緊急措置19号
556.小さな池
557.菜食主義者
558.破壊された男
559.偉大なる系譜
560.詩
561.トライアングル
562.顔と心と恋の関係
563.天国への郵便配達人
564.7級公務員
565.Rポイント
566.GP506
567.ペントハウス エレファント
568.きみに微笑む雨
569.少年は泣かない
570.シークレット
571.パラレルライフ
572.ナタリー
573.シラノ;恋愛操作団
574.星から来た男
575.微笑
576.セイ・イエス
577.羽根
578.アイ・ラブ・ユー
579.偉大なる遺産
580.ソフィーの復讐
581.母なる証明
582.自転車少年
583.盲人はどんな夢を見るか
584.我知らず
585.深夜のFM
586.インフルエンス
587.Happy Together
588.出会いの広場
589.名作の条件
590.マンダリン・ゴースト
591.味噌
592.フェスティバル
593.うさぎとリザード
594.グッドモーニング・(略)
595.帰らざる海兵
596.アカシア
597.わたしと彼の秘め事
598.おじさん
599.悪魔を見た
600.国家代表
601.ささやきの夏
602.ソウルのバングラデシュ人
603.ドント・ルック・バック
604.バタフライ
605.愛してる、愛してない
606.グローブ
607.朝鮮名探偵
608.血闘
609.マイ・ブラック・ミニドレス
610.ダーツ
611.パープルマン
612.ふたりの夜
613.波瀾万丈
614.ニオイ
615.初仕事
616.少年、少年に会う
617.二階の悪党
618.品行ゼロ
619.無分別な妻、(略)
620.シシルリ 2km
621.幸福な葬儀屋
622.小さな恋のステップ
623.つぼみ
624.若い男
625.白夜行
626.牛と一緒に旅する方法
627.義兄弟
628.愛の運命 -暴風前夜-
629.黒く濁る村
630.世界で一番美しい別れ
631.幻想劇場
632.不良男女
633.影殺人
634.逮捕王
635.ヘッド
636.アコースティック
637.伝説の故郷
638.かわいい
639.ダンス ダンス
640.24
641.コン・ピルドゥ
642.聞くなファミリー
643.チャウ
644.黄海
645.みみっちいロマンス
646.猫
647.私たちの隣人の犯罪
648.パパは女の人が好き
649.U.F.O.
650.女子万歳
651.都市
652.土曜勤務
653.消えた夜
654.死んだ犬を探して
655.告白
656.ムーンウォーク
657.ただよう想い
658.エジャ
659.REC
660.ガールフレンズ
661.ママ
662.モビーディック
663.豊山犬
664.ムサン日記
665.ビー・デビル
666.オッキの映画
667.解決士
668.よいではないか
669.嫁入りの日 1956年版
670.キルソドム
671.パンガ? パンガ!
672.戦火の中へ
673.男たちの挽歌
674.ジョンフンさんの恋愛日記
675.生き残るための3つの取引
676.依頼人
677.ブラインド
678.成春香
679.春香秘伝
680.豆満江
681.チョン・ウチ 時空道士
682.あなたの初恋探します
683.特捜本
684.トガニ
685.記憶の中の僕たちへ
686.雲を抜けた月のように
687.最終兵器 弓
688.カウントダウン
689.ひきこもり
690.ヒマラヤ、風がとどまる所
691.黒い地の少女
692.アリラン
693.このまま死ねるか
694.Mr.アイドル
695.獣
696.ワンダフル・ラジオ
697.ちりも積もればロマンス
698.もう少しだけ近くに
699.グランプリ
700.チョコレート・バトラー
701.第7鉱区
702.クイック
703.ネバーエンディング
704.建築学概論
705.追憶
706.ピアノ・エチュード
707.父と息子
708.ファニーゲーム
709.ペースメーカー
710.失踪
711.火車
712.凍える牙(ハウリング)
713.珈琲(カビ)
714.死体が帰ってきた
715.母のぬくもり
716.きみはペット
717.コリア
718.マジック&ロス
719.痛み
720.素晴らしい一日
721.パパ
722.春の日のクマは好きですか?
723.ドクターK
724.恋の潜伏捜査
725.同い年の家庭教師
726.ボス上陸作戦
727.男の香り
728.秘愛 Secret Love
729.ボリウルの夏
730.チャ刑事
731.お金の味
732.マイウェイ
733.パーフェクト・ゲーム
734.人類滅亡報告書
735.眠れぬ夜
736.合唱
737.歌う君は誰よりも美しい
738.葬式
739.未熟な犯罪者
740.グレープ・キャンディ
741.ピエタ
742.ごめんね、ありがとう
743.イヴの誘惑 第1話
744.イヴの誘惑 第2話
745.イヴの誘惑 第3話
746.イヴの誘惑 第4話
747.18歳、19歳
748.ハートに一発!
749.レイト・オータム
750.ダブル・キラー
751.ホワイト
752.ワンドゥギ
753.サニー
754.ハロー!?ゴースト
755.未確認動画
756.二つの月
757.ただ君だけ
758.同い年の家庭教師レッスン2
759.容疑者X
760.会社員
761.カエル少年失踪殺人事件
762.未確認生命体
763.超能力者
764.青い塩
765.家を出た男たち
766.間諜
767.ヨンガシ
768.隣人
769.私が殺人犯だ
770.共謀者
771.魔法のカメラ
772.リターン・トゥ・ベース
773.出藍の誉れ
774.愛のジャンケン
775.Departure
776.REC
777.蛍の光
778.2度の結婚式と1度の葬式
779.マネキンと手錠
780.テレビを当てよう!
781.禁じられた愛
782.フェティッシュ
783.りんご畑で
784.おばあちゃんの海
785.かげろう
786.淡い期待
787.俺らヒップホップボーイズ!
788.彼女
789.審判
790.Jury
791.あの夏、突然に
792.南へ
793.白夜
794.西遊記リターンズ
795.スンピル失踪事件
796.怪盗ホン・ギルドン一族
797.私とS4の話
798.バービー
799.ドント・クライ・マミー
800.新世界
801.容疑者S
802.もう我慢できない
803.空と海
804.愛が怖いっ!
805.敵との初恋
806.ミス・ギャングスター
807.大韓民国1%
808.美人占い師
809.家門の栄光4 家門の受難
810.泥棒たち
811.男子取扱説明書
812.怪しい隣人たち
813.決闘の大地で
814.セーフ
815.起爆
816.レッド・ファミリー
817.少年とひつじ
818.D-24
819.夏の終わり
820.家族_短編
821.九月が終わる時
822.人生は塞翁が馬
823.生きとし生けるもの
824.月が欠けゆく時
825.生贄
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2013年 11月
more...
メモ帳
☆My Link

なめ犬のとことん中国香港台湾映画

---------------------
☆お願い
コメント大歓迎です。
しかし、スパム系やアダルトサイトのコメントだけは、こちらの判断で削除させていただきます。
また、最低限のブログマナーを守らない場合や本ブログに多大な損害する行為がある場合は、こちらの判断で削除およびアクセス禁止にさせていただきます。
検索
タグ
(23)
(22)
(20)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • Please don't copy without the permission.
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:未分類( 8 )
韓国映画以外レビュー その7 「追跡者 SHOT GUN」
イ・ギウとヤン・ドングンが出演しているのでレビューにした。
Vシネマが好きな人向けかな。

b0097051_1838142.jpg追跡者 SHOT GUN
制作国:日本
制作年:2012年
監督:室賀厚
出演:小沢仁志、白竜、中野英雄、イ・ギウ、ヤン・ドングン
ジャンル:アクション
鑑賞:日本版DVD


黒木組の組長である黒木(小沢仁志)は、韓国で覚醒剤取引で逮捕されて、刑務所で残りの刑期が終わるのを待っている。そんなとき、ソウル警察のチャン警部(ヤン・ドングン)とイム刑事(イ・ギウ)は、黒木に面会しにきて、ある取引をすれば恩赦で出所を早めることができると持ちかけた。それは、ケサン組幹部の梶(白竜)を殺すことが条件であった。黒木は、その条件を受け入れ刑務所を出所し、イム刑事が逃げないよう一緒に行動する。黒木は、イム刑事の隙をみて気絶させて、拳銃と財布からお金を抜き取り逃走し、自分のやり方で梶に接触しようと動く。昔の仲間を通して黒木は、梶の直属ボスのハンと接触して、新規で覚醒剤の取引を要望し、担当している梶と会いたいことを注げる。その夜、ビルの屋上で待ち合わせをした黒木と梶は初めて対面し、黒木は梶に後ろから銃を突きつけられる。しかし、梶は黒木にメッセージを残して姿を消してしまう。日本に戻った黒木は、自分の組へ行き、二人の子分と共に情報を共有する。現在、日本のホクト会と韓国のケサン組が揉めており、ホクト会幹部のサメジマ(中野英雄)は、ケサン組の組員たちと銃撃戦になり子分が撃たれた。暴力団同士が抗争中に、黒木はソウル警察から取引を受け入れて梶を消すことができるのかというお話。

監督は、『スーパーカブ』『湾岸ミッドナイト THE MOVIE』の室賀厚監督。
出演は、黒木組組長の黒木彰一を演じるのは『マッドドッグ』『仁義の聖戦~ジャックナイフ~』の小沢仁志、ケサン組幹部の梶達彦を演じるのは『ハードロマンチッカー』『仁義の聖戦~ジャックナイフ~』の白竜、ホクト会幹部のサメジマを演じるのは『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』『アウトレイジ』の中野英雄、ソウル警察のイム刑事を演じるのは『ウェディングドレス』『私たちの隣の犯罪』のイ・ギウ、ソウル警察のチャン警部を演じるのは『グランプリ』『パーフェクト・ゲーム』のヤン・ドングン、黒木と兄弟分の男を演じるのは『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』『劇場版 目を閉じてギラギラ』の哀川翔。

前半はソウル、後半は東京を舞台にして、ソウル警察と取引をして出所を早めた黒木は、ケサン組幹部の梶を殺害しようとするが、ケサン組とホクト会の抗争が絡み、黒木と梶の関係は変化していく。

前半はソウルが舞台になっていることで、韓国の暴力団ケサン組を中心にみせながら、ホクト会幹部サメジマが直接ケサン組の上層部に話しをつけにいったり、黒木が偽売人として売り込んだりして、全体像がみえてくるのだ。韓国語が中心になって少し日本語が混ざるような感じになっている。韓国人俳優の日本語台詞の発音が悪くて、何を云っているのかよく聞き取り難いときがある。恐らく逆もあって、向こうの人からすれば、日本人俳優が韓国語を話すと何を云っているのか聞き取り難いと感じるのであろう。

黒木と梶が初対面したとき、梶が黒木に「お前も捨て石に過ぎない」ということが終盤に連れてその意味がわかってくるのである。追う黒木と追われる梶をみせながら、徐々にお互いのことがみえてくるのである。初対面で何かをお互い感じるものがあって、それが中盤に登場する梶の妹のことに繋がるのかもしれない。

黒木が梶を追っていくうちに、日本で韓国料理屋を経営する梶の妹と接触して、梶の情報を知ることでソウル警察が何も語らなかったことがわかるのだ。黒木と梶が敵対するのか、連携するのか、このあたりが見所かもしれない。梶の妹という駒が出てきていることで、直ぐに先の展開がみえるけど。

中盤から終盤の展開はヤクザものとして定番の展開になっている。Vシネマのにおいがぷんぷんする内容なので、好き嫌いが分かれる作品であろう。俳優も小沢仁志、白竜、中野英雄と定番のメンバーで、そこに特別出演でおいしいところで登場する哀川翔、友情出演としてソウル警察の刑事を演じるイ・ギウとヤン・ドングン。

アクション面が弱いのと終盤に不可思議な出来事が起こる。終盤でみせる機関銃のように連射しているけど銃の構造上、どうみても無理でしょ。常識的で最低限の設定はして欲しいところだ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★
[PR]
by nameinuuuu | 2013-08-09 18:41
韓国映画以外レビュー その6 「スマイルバス」
これも、SSFFで日韓観光振興プロジェクト(韓国人監督x日本ロケ)として企画され製作された作品。これ、一週間で三回も観たので飽きちゃった。

b0097051_19203174.jpgスマイルバス (短編)
制作国:日本
制作年:2011年
監督:パク・サンジュン
出演:パク・コニョン、リュ・ヒョンギョン、田中要次
ジャンル:ラブストーリー
鑑賞:SSFF&ASIA 2011


ユナ(リュ・ヒョンギョン)は、三年間交際していた恋人サンホ(パク・コニョン)に別れを告げて、日本の旅行業界で働きだす。ユナは、鎌倉や江ノ島といった湘南地域を韓国人観光客相手にバスガイドをして、バスの運転手(田中要次)とコンビを組んでいる。ある日、観光客の出席をとっていた所、サンホの名前があり、ユナを追って日本にやって来た。韓国人観光客と一緒に歩きガイドをするユナに近づくサンホは、何故一方的に別れを切り出したのか真相が知りたく、更にユナと婚約もしていたから縒りを戻したい。果たして、二人の愛は元に戻るのかというお話。

監督は、『生徒会長 (原題:私たちの学校代表) (短編)』のパク・サンジュン監督。
出演は、サンホを演じるのは『ダンサーの純情』『ガチデン 堤防伝説 (原題:堤防伝説)』のパク・コニョン、ユナを演じるのは『房子伝』『みみっちいロマンス』のリュ・ヒョンギョン、バスの運転手を演じるのは『つむじ風食堂の夜』『桜田門外ノ変』の田中要次。

復縁を迫るサンホと揺れるユナの感情を描きながら、この地域の名所の伝説と絡めて二人の気持ちが近づいていく恋愛もの。

ユナがサンホをずっと避けていたが、サンホとユナが近づくことになったのは、韓国人観光客の子供が迷子になって、サンホが迷子の子供を捜しだしたことで、会話らしい会話が続くようになっていくのである。ユナの感情は、終盤になって分ってくる仕組みになっており、そこまでサンホがユナの感情を引き出すのが、この地の昔からの言い伝えとされてきた龍と天女にまつわる伝説である。その伝説を教えるのがバスの運転手で、日本語と英語を混ぜながら説明しているのがちょっと面白いシーンでもある。

韓国にいるときにユナがサンホに縁切寺について話したことがあったから、サンホがユナを容易にみつけることができたのがわかる。縁切寺といえば、鎌倉の東慶寺が有名なので、外国人も旅行ガイドでもみればすぐに分る場所である。縁切寺と反対で愛を結びつけるのが、縁切寺から近くにある江ノ島の龍恋の鐘で、素材としては面白いものである。

江ノ島のある場所がポイントになってサンホとユナの感情をぶつけあうことで解決していくので、ラブストーリーとしてはシンプルで観やすい作品である。ユナの愛に対する問題があり、そこを理解するのにちょっと戸惑ったところであった。韓国でのサンホの行動がみえないことで、彼の言葉が真実なのか誤解なのかは鑑賞者側が判断するところであろう。

昔、鎌倉や江ノ島に行ったことがあるので、懐かしい気持ちになって景色をみてしまった。随分変わったところもあったり、昔のまま残っていたりと感傷的になってしまう。鎌倉だと鶴岡八幡宮、鎌倉の大仏、江ノ島だと江ノ電、江島神社、龍恋の鐘とか有名な場所で撮影している。面白いところとしては、冒頭シーンでユナが韓国人観光客にアニメ版「スラムダンク」のオープニングシーンの海が見える場所を説明している。韓国でも「スラムダンク」は人気があったらしく、オープニングシーンの実写化に取り組んだサイトがあるので興味があればどうぞ。ニコニコ動画自分でDLサイト

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-06-28 19:34
韓国映画以外レビュー その5 「スーパースター」
SSFFで、日韓観光振興プロジェクトとして企画され製作された作品。制作国が日本となっているので、韓国映画としてではなくこのような形でアップする。途中で、制作国が日本と韓国の合作と定義されたら変更する。

b0097051_1727283.jpgスーパースター (短編)
制作国:日本
制作年:2011年
監督:萩原健太郎
出演:櫻井淳子、キム・ウンス
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:SSFF&ASIA 2011


韓流スターのジュノに憧れる敏子(櫻井淳子)は、韓国で行なわれる彼のファンイベントに申し込んでいた。敏子は、自作のファングッズとジュノへの誕生日プレゼントを用意する。当日、予定時刻に遅れた敏子は、イベント会場に行くため、近くを通る黄色車に乗り込み、タクシーだと思って行き場所を告げる。パク運転手(キム・ウンス)は、敏子が日本語で話しながら地図をみせて行きたい場所を示すことで、意味が通じて車を走らせる。イベント会場を目指すが、予想外の出来事に遭遇する二人を描いたお話。

監督は、『Pomegranate』『Peart』の萩原健太郎監督。
出演は、敏子を演じるのは『旅の贈りもの-0:00発』『特命係長 只野仁 最後の劇場版』の櫻井淳子、パク運転手を演じるのは『影殺人』『ありがたい殺人者』のキム・ウンス。

韓国人俳優に熱狂する日本人女性の敏子が、韓国でファンイベントに参加する予定でいたり、ジュノがよく行く店に訪ねたり、テレビドラマの撮影場所に行ったり、彼女の運転手をするパクとの珍道中を描いている。

敏子の光景をみていると近年の韓国ブームに熱狂する女性の姿を映し出している。好きな俳優ジュノのために、自作の団扇を作り、誕生日プレゼントを自作して、プレゼントを渡すために韓国語で話す言葉を覚えて必死になっているのである。

敏子が乗り込んだ車は、タクシーではないのはサイドミラーをみれば直ぐに気づく筈なのだが、何故かタクシーだと思って、パク運転手にポストイットを張りまくった「地球の歩き方 ソウル」という本の地図をみせながら、ムチャブリをしているのである。もしかしたら、実体験をした韓国のタクシー運転手がいるかもしれない。

パク運転手は、親切ながらも敏子をサポートして、行きたい場所に連れて行くが、なかなか韓流スターのジュノに会えないでいるのだ。その道中で、ロデオ通り、仁寺洞、明洞、漢江などといったソウルの有名スポットを映し出している。この作品の企画である「日韓観光振興プロジェクト(日本人監督x韓国ロケ)」が成功しており、ソウルの名所をストーリーが進行することでみせている。敏子は、テレビドラマで放送していたキスシーンの場所に来たが、中年のパク運転手の顔をみてがっくりしたりとコメディ作品をみているようだ。

韓流ファンの日本人女性(敏子)に対して、韓国人の冷淡な態度や考えは分る気がする。ファンイベントの青年スタッフがぼやいていたり、若い女性店員の無表情な返答であったり、飲食店の男性店員が困った姿をみせているのだ。これは、立場が逆転していれば、日本人も同じ感情になるだろう。

敏子がジュノに会えるのか、パク運転手は何者なのかといったところを終盤にみせている。ラストシーンで、敏子とパク運転手のやりとりはなかなかよかったところだ。本当のスーパースターは、パク運転手を演じている俳優さんなんだけどね。あと、櫻井淳子さんでなく、うつみ宮土理さんに敏子を演じさせて、この作品を観てみたい。リアルすぎるかな。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★
[PR]
by nameinuuuu | 2011-06-26 17:30
韓国映画以外レビュー その4 「奇跡のシンフォニー (原題:AUGUST RUSH)」
女優リストにク・ヘソンを追加したので、この作品のレビューをアップする。

b0097051_14432597.jpg奇跡のシンフォニー (原題:AUGUST RUSH)
制作国:アメリカ
制作年:2007年
監督:カーステン・シェリダン
出演:フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リス・マイヤーズ
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:日本版DVD


ニューヨーク州ウォルデンの児童養護施設で育った11歳の少年エヴァン・テイラー(フレディ・ハイモア)は、生まれつき音感が優れており、音楽を通じていつか両親に出逢えると信じている。児童養護施設の職員リチャード(テレンス・ハワード)は、エヴァンに養子になることを勧めるが、両親と逢えることを信じており消極的である。11年前、チェロ演奏家のライラ(ケリー・ラッセル)とロックミュージシャンのルイス(ジョナサン・リース・マイヤーズ)は、ニューヨークの酒場の屋上で出会い、そこで一夜を過ごす。これからというときに、ライラの父トマス(ウィリアム・サドラー)が二人の間を引き裂き、二人は再び会うことができなくなる。ライラは、ルイスの子を妊娠しており、交通事故に遭ってしまい、緊急手術をして目が覚めたライラに父トマスから赤ちゃんは流産したと知らされる。チェロ演奏家として忙しい日々であったが、精神的なショックから演奏をやめて故郷のシカゴに戻り、平凡な生活を送っていた。失恋によって音楽を捨てたルイスは、音楽をやめて、故郷のサンフランシスコで金融関係の仕事をする。ライラとルイスは、息子が生きていることを知らないで11年の月日が流れていた。エヴァンは、施設を抜け出し、ニューヨークのマンハッタンに一人でやってきた。街角でギターを弾く少年アーサーに興味を持ったエヴァンは、アーサーに誘われるまま、親を失った子供たちが共同生活する劇場跡に行き、元ストリート・ミュージシャンのマックスウェル(ロビン・ウィリアムズ)と出会う。マックスウェルは、エヴァンの音楽の才能を見抜き、「オーガスト・ラッシュ」という芸名をつけて売り込み活動を始める。音楽の才能を持つ少年エヴァン、チェロ演奏家のライラ、ロックミュージシャンのルイス、この三人が音楽を通して軌跡を起こすお話。

監督は、『Disco Pigs』のカーステン・シェリダン監督。
出演は、本名エヴァン・テイラーで芸名オーガスト・ラッシュを演じるのは『チャーリーとチョコレート工場』『プロヴァンスの贈りもの (原題:A GOOD YEAR)』のフレディ・ハイモア、エヴァンの母ライラ・ノヴァチェクを演じるのは『M:i:Ⅲ』『ウェイトレス』のケリー・ラッセル、エヴァンの父ルイス・コネリを演じるのは『M:i:Ⅲ』『マッチポイント』のジョナサン・リス・マイヤーズ、児童養護施設員リチャード・ジェフリーズを演じるのは『フォー・ブラザーズ』『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』のテレンス・ハワード、マックスウェル・'ウィザード' ・ウォラスを演じるのは『ファイナル・カット』『ナイト ミュージアム』のロビン・ウィリアムズ、ノークレジットで韓国人が出演しており、孤児の子供を演じるのは女優ク・ヘソン、歌手タブロ。

少年エヴァンのストーリーと両親(母ライラと父ルイス)のストーリーが平行して進行していき、二つのストーリーが収束していくことで重なる流れである。音楽と家族がテーマになっており、運命によって離れ離れになった三人が、音楽を通して引き合わされるのである。

エヴァンの音楽的才能を冒頭からみせており、エヴァンの耳に聴こえてくるあらゆる音が音楽として感じとっているのである。施設での生活で自然発生する音が、エヴァンの聴覚には不思議な形で捉えているのである。マンハッタンでストリート・ミュージシャンの少年アーサーと出会い、エヴァンがギターを弾くようになるのだが、弾くというよりは弦を叩くといった方法をとっており、それが音楽になっている。中盤あたりで、教会で出会う少女に音階とピアノを少し教わっただけで、膨大なメロディーを譜面にしていくのである。ここまでいくと何でもありになってしまい、現実離れしているのである。音階を教わっただけで、音符の長さ、拍子、テンポ、ビートというものが神がかり的に持ってしまっており、教会のパイプオルガンを弾きだしたり、おとぎ話のようになってしまっている。その後、牧師がエヴァンを音楽学校に推薦して、そこで音楽理論を勉強していくのであるが、独創的な作曲理論を持っていたりと天才を強調しているのである。

母ライラと父ルイスのストーリーも同時に進行しており、自分たちに子供が存在していることを知らないのである。中盤あたりでライラの父が末期を悟って、ライラに交通事故で昏睡状態のときに赤ちゃんを取り出し、ライラに内緒で養子に出していたことを白状したことで、ライラの息子探しが始まるのである。同時にライラは、チェロ演奏家として本格的に再始動していくのである。

ルイスは、音楽業界を離れており、偶然乗ったタクシードライバーが昔のバンド仲間であったことから、昔のバンドメンバーである兄マーシャルに会いに行き、心が揺れ動いていき、音楽活動を始めるのである。ルイスは、最後まで自分に子供がいることを知らないでいるところに面白さがある。マンハッタンでギターを持っていたエヴァンが、ミュージシャンをしていると名乗るルイスと接触するところがあり、二人でギターを演奏するところは感動的なところでもある。音楽によって導かれた二人の姿が印象的に映し出されているのだ。

親子三人が主になっているが、素晴らしいスパイスになっているのが、悪者的な存在のマックスウェル(ロビン・ウィリアムズ )とエヴァンを心配する良心的な児童養護施設員リチャード(テレンス・ハワード)である。マックスウェルを表面的にみれば、行き場のない子供たちを利用しているピン撥ねするクズ野郎にみえる。子供たちを利用して金儲けしているからである。だが、マックスウェルが果たせなかった夢を自分の経験を教え込むことで子供たちに託している面もあるのだ。そして、リチャードは施設から脱走したエヴァンを探すのであるが、エヴァンとライラを親子だと結びつける重要な役割をしている。リチャードの苦しい過去が影響されており、ライラの感情に同調するところがみられるのだ。

この作品は、ストーリーとしては単純なもので、全体を盛り上げているのは「音楽」である。オーケストラを演奏するチェロ演奏家ライラの音とロックを演奏するルイスの音が、融合する形をとっており、心地よいハーモニーを奏でるのだ。もちろん、単独でオーケストラやロックも流れているが、音を重ねる編集はよく出来ている。終盤のエヴァンの狂詩曲も聴き所のひとつであろう。残念な点としては、指揮者のエヴァンの動きと演奏者たちが発する音と合っていないところがあり、映像と音のズレを修正して欲しいところである。エヴァンの指揮者としての演技が下手なので、子役にそこまで求めるのは酷かもしれないが必要であろう。

終盤の展開は賛否両論だと思われるが、個人的にはあれがベストな選択のようにみえた。音楽に吸い寄せられたライラとルイス、その姿をみるエヴァン、言葉ではなくあくまでも音楽に拘っている。元々ライラとルイスの出会いもストリート・ミュージシャンの音楽に吸い寄せられて出会っているからである。あのストリート・ミュージシャンが、マックスウェルかどうかは本編では明かしておらず、どちらでも解釈できるようにしているのがみられる。

エンディングロールのクレジットで主人公を芸名の「オーガスト・ラッシュ」となっているが、本レビューでは本名のエヴァン・テイラーという形で表記した。混乱しないように統一性を求めた。芸名「オーガスト・ラッシュ」は「8月の興奮」という意味を持っており、マックスウェルが名をつけてからその名前で最後まで呼ばれている。ノークレジットで出演している韓国人女優ク・ヘソンのワンシーンをキャプチャーした。たった一秒ぐらいのシーンなんだけど。

b0097051_15544040.jpg


【なめ犬的おすすめ度】 ★★★

【追記】 2011.05.01
 キャプチャーした画像をオリジナル編集(イラスト化)して差し替えた。
[PR]
by nameinuuuu | 2011-03-21 14:49
韓国映画以外レビュー その3 「変わりゆく地、プーケット (原題:プーケット)」
この作品のレビューをアップすることを決めたので、ブログ内を改造して左上に「アナザー・カテゴリ」という項目を作った。「韓国映画以外レビュー」は、北朝鮮の作品および韓国の俳優や監督が絡んだ作品を取り扱う予定でいる。
この作品の台詞は、英語が基本になっている。時々、韓国人イム・スジョンが話す韓国語、タイ人ソラポン・チャートリーが話すタイ語、現地の人のタイ語も含まれている。

b0097051_2259488.jpg変わりゆく地、プーケット (原題:プーケット) (短編)
制作国:タイ
制作年:2009年
監督:アーティット・アッサラット
出演:イム・スジョン、ソラポン・チャートリー
ジャンル:ヒューマンドラマ
鑑賞:SSFF&ASIA 2010


韓国人の人気女優ジン(イム・スジョン)は、休暇でタイのプーケットに休みに来ている。ジンは、朝起きたばかりなのに、鳴り止まぬ電話や泊まっているホテルにファンが押し寄せる事態になっていた。地元女性ガイドは、ジンのマネージメントをしており、ジンと一緒にホテルのリムジン運転手ポン(ソラポン・チャートリー)が運転する車に乗り込み、ドライブをして観光をする。落ち着かないジンを救ってくれたのが運転手ポンであった。運転手ポンは、ジンの要望通りに人がいないビーチに連れていき、ジンが5才の頃に両親と一緒にこのビーチに来たことを思い出していた。その後、ジンとポンは一緒に行動するようになり、若い韓国人女優と中年運転手との友情を描いたお話。

監督は、『ワンダフル・タウン』のアーティット・アッサラット監督。
出演は、韓国人女優ジンを演じるのは『サイボーグでも大丈夫』『ハピネス (原題:幸福)』のイム・スジョン、タイ人の運転手ポンを演じるのは『ビューティフル・ボーイ』『マッハ!弐』のソラポン・チャートリー。

ジンは結婚を控えて不安な気持ちを抱えながら、幼き頃に両親と一緒に旅行した思い出が詰まった土地にきて、父と同じぐらいの年齢の中年運転手ポンと心の交流をする。

序盤では、休暇で外国に来てもファンに囲まれ、心と体を休めるところがないのをみせている。地元女性ガイドが間に入ってジンの世話をするのであるが、事務的に行動しているので、ジンはプーケットに来てもいつもと変わらないと感じているのをみせている。

運転手ポンの計らいで、人がいないビーチに連れてきてもらったジンは、過去の記憶を思い出しながら、昔と同じ場所に立って感情的になるのだ。ジンは、幼き頃来たときに建物がなかったのに、ビーチから建物がみえて、運転手ポンがその建物がいつできたのかを説明してくれるのだ。思い出の地であるプーケットのビーチも変わっていく姿を感じることで、徐々に心の整理をしていくジンである。

その後、ジンは地元女性ガイドやファンをまいて、運転手ポンの車に乗り込み二人で出かけていく。その場所は、海の上であり、船に乗って、船の運転手であったり、地元の若い夫婦が乗っていたり、ジンとポンの二人がいるのだ。ジンがポンに家族のことや自分のことを語ることで、複雑な感情を露にしていくことで心を癒されていくのだ。

実はジンだけでなく、ポンも同じように心が癒されていくのである。ポンは、既に妻を亡くしていることでジンの父とダブらせるように設定されており、夢を実現できないまま中年になってしまった人生を切々と語っているのが印象的なシーンでもある。そして、ジンとポンの出会いはその場限りでなく続いており、終盤に出てくるあるアイテムが効果的な感動を与えている。

ティーチ・インで監督が来ており、プーケットの観光PR映画であることを説明していた。韓国人女優イム・スジョンの起用については、韓国の女優を使いたく、知り合いの韓国人プロデューサーに連絡して英語を喋れる女優さんを探してもらい、紹介してもらったのがイム・スジョンだったようだ。

【なめ犬的おすすめ度】 ★★★
[PR]
by nameinuuuu | 2010-06-21 23:17
No Korean Movie Review
・韓国映画以外のReview

韓国映画以外の映画レビューを書いたときのindexページです。
エキサイトブログの仕様でカテゴリ追加を行うと、非常に時間と労力がかかることで、このような方法で新規にカテゴリを作って対応しています。

<最終更新:2013/08/09>

 1. 僕の彼女はサイボーグ (2008年 日本) ★★★
 2. 月尾島 (1982年 北朝鮮) ★★
 3. 変わりゆく地、プーケット (原題:プーケット) (短編) (2009年 タイ) ★★★
 4. 奇跡のシンフォニー (原題:AUGUST RUSH) (2007年 アメリカ) ★★★
 5. スーパースター (短編) (2011年 日本) ★★
 6. スマイルバス (短編) (2011年 日本) ★★
 7. 追跡者 SHOT GUN (2012年 日本) ★
[PR]
by nameinuuuu | 2008-04-09 13:00
『ウリハッキョ~われらの学校』の追加お知らせ
韓国映画レビュー その232 「ウリハッキョ~われらの学校」に【おまけ】を追加しました。
[PR]
by nameinuuuu | 2007-09-12 12:01
オム・テウン
b0097051_21305858.jpgオム・テウン
엄 태웅
1974年4月5日生

<映画出演作品>
b0097051_21314146.jpgあきれた男たち
制作: 1998年韓国  監督: チャン・ジン
出演: チェ・ジョンウォン、ヤン・テクチョ 他
b0097051_2132434.jpg春の日のクマは好きですか?
制作: 2003年韓国  監督: ヨン・イ
出演: ペ・ドゥナ、キム・ナムジン、ユン・ジヘ 他
b0097051_21325722.jpgシルミド
制作: 2003年韓国  監督: カン・ウソク
出演: ソル・ギョング、アン・ソンギ、ホ・ジュノ 他
b0097051_21331117.jpgファミリー (原題:家族)
制作: 2004年韓国  監督: イ・ジョンチョル
出演: スエ、チュ・ヒョン、パク・チビン 他
b0097051_21333868.jpg公共の敵2
制作: 2005年韓国  監督: カン・ウソク
出演: ソル・ギョング、チョン・ジュノ、カン・シニル 他
b0097051_21335268.jpg家族の誕生
制作: 2006年韓国  監督: キム・テヨン
出演: ムン・ソリ、コ・ドゥシム、オム・テウン、コン・ヒョジン、キム・ヘオク、ポン・テギュ、チョン・ユミ 他
b0097051_21343461.jpg私たちの生涯最高の瞬間
制作: 2007年韓国  監督: イム・スルレ
出演: ムン・ソリ、キム・ジョンウン 他
b0097051_21432641.jpg私の恋
制作: 2007年韓国  監督: イ・ハン
出演: カム・ウソン、チェ・ガンヒ、オム・テウン、チョン・イル、イ・ヨニ、リュ・スンニョン、イム・ジョンウン 他
b0097051_1035199.jpgあなたは遠いところに
制作: 2008年韓国  監督: イ・ジュニク
出演: スエ、チョン・ジニョン、チョン・ギョンホ、オム・テウン 他
b0097051_942742.jpgイリ
制作: 2008年韓国  監督: チャン・リュル
出演: ユン・ジンソ、オム・テウン 他
b0097051_2112546.jpg携帯電話
制作: 2009年韓国  監督: キム・ハンミン
出演: パク・ヨンウ、オム・テウン 他
b0097051_2334439.jpg人喰猪、公民館襲撃す! (原題:チャウ)
制作: 2009年韓国  監督: シン・ジョンウォン
出演: オム・テウン、チョン・ユミ、チャン・ハンソン、ユン・ジェムン 他
b0097051_10581360.jpgシラノ;恋愛操作団
制作: 2010年韓国  監督: キム・ヒョンソク
出演: オム・テウン、イ・ミンジョン、チェ・ダニエル、パク・シネ 他
b0097051_095475.jpg特捜本
制作: 2011年韓国  監督: ファン・ビョングク
出演: オム・テウン、チュウォン、チョン・ジニョン、ソン・ドンイル 他
b0097051_0184336.jpgネバーエンディング・ストーリー
制作: 2012年韓国  監督: チョン・ヨンジュ
出演: オム・テウン、チョン・リョウォン、ユソン、パク・キウン 他
b0097051_20593852.jpg建築学概論
制作: 2012年韓国  監督: イ・ヨンジュ
出演: オム・テウン、ハン・ガイン、イ・ジェフン、スジ 他
b0097051_051928.jpgトップスター
制作: 2013年韓国  監督: パク・チュンフン
出演: オム・テウン、キム・ミンジュン、ソ・イヒョン 他
b0097051_16384929.jpgTHE DOG
制作: 2013年韓国  監督: シン・ジョンウォン
出演: オム・テウン、ハン・イェスル 他

[PR]
by nameinuuuu | 2007-07-07 10:12